宮古島の旅

絶景 伊良部大橋クルージングと宮古諸島5島めぐり3日間の旅をしました。
沖縄本島には何度も行きましたが宮古島は初めてです。
羽田から直行便で3時間まだ寒い信州から南国に着きました。

1-2日

3日目

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

くりっく・わんバスハイク

4月5日恒例のくりっく・わんのバスハイクが有りました。
目的地は関市の名無き池「モネの池」です。
モネの絵画の「睡蓮」にあるモネの池を模して造られた池です。
思ったより小さい池でしたが澄んだ水の中泳ぐ大きな鯉に魅せられました。
汲谷山華厳寺までの桜はまだ2分咲き位で、急遽墨俣城址に回りました。
そこは満開で大勢の人があふれていました。
満開の桜とお城を見る事が出来満足の旅になりました。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

クロッカスと桜咲く

春遅い庭もやっと花が咲きだしました。
一番の花クロッカスがあちこちに色々な花を咲かせました。
今日春分に日に毎年頂く桜が咲きました、まだほんの一部ですが。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

2月温室の花

2月も後少し、立春を過ぎても寒い日が続いています。
それでも温室では花盛り、春が待ちどうしいこの頃です。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

立春の諏訪湖

2月4日立春の朝、穏やかな日差しに誘われて
湖畔を歩きました。
真っ青な空が湖面に映り藍色の諏訪湖が広がっていました。

(今日は一転銀世界です)

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

諏訪湖畔夜と朝

第19期老大卒岡谷地区の新年会が諏訪市の「朱白」で有りました。
大勢居たお仲間も年ごとに少なくなり寂しくなりましたが
元気で集まれた人達は楽しいおしゃべりと美味なる食事に
満足の会になりました。
「朱白」の前が丁度美しいイルミネイションで飾られていて
写してみましたが、うまく撮れませんでした。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

我が家の花と花屋の花

温室に入る前の花が咲きだしました。
手入れが悪くバラバラですが金のなる木は満開です。
先日のパソコンクラブ諏訪湖の忘年会の時に寄った花屋の
美しい花も載せてみました、参加されなかった方のために。
(値段が付いて居るのも知らず写してしまいました)

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

紅葉の奈良(談山神社と大和路)

紅葉の奈良を尋ねました。京都は行く機会が有りましたが奈良は久々です。
Ⅰ日目はあいにくの雨でしたが奈良公園・東大寺大仏殿・二月堂を見学
興福寺国宝館(阿修羅像をはじめ国宝・秘宝の数々を見る事が出来ました。
ここは撮影禁止でした)

2日目は晴れて楽しい旅になりました。
談山神社(紅葉が美しく、関西の日光と云われる)
室生寺(国宝五重塔と紅葉のコラボレーション)を見学。
紅葉は少し遅かったのですが落ち着いた古都奈良を満喫してきました。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

秋を探しに

10月27日パソコンクラブの勉強会の後、皆で秋を探しに行ってきました。
おにぎりを持って「御泉水自然園」に行きました。
良い天気に恵まれ美しい紅葉の中を満喫してきました。
その後横谷峡に回り紅葉を見てきました。
「フィトンチッド」に包まれて元気になりました。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

能登の旅

10月23日から25日まで能登半島を回ってきました。
心配した雨にも会わず楽しい旅が出来ました。

1日目

長野から北陸新幹線に乗り富山まで、富山からはバスで新湊まで
新湊遊覧船に乗り七尾に着く、七尾駅より「のと里山里海号」に乗り
能登中島駅では「国内にわずか2両のみの鉄道郵便車」を見学
石川県羽咋のホテルに泊まりました。


2日目

2日目は漆器工房で能登の伝統工芸品作りを見学、あと輪島の朝市を見ました。
輪島キリコ会館では能登伝統の祭りののぼりなどを見る事が出来ました。
次は海へと連なる白米の千枚田見学、昼食の後は「珠州製塩」にて塩の作り方を見ました。
次は禄剛埼灯台(能登半島最北端)に登り息を切らして大変でした。
次は珠州岬の展望台(パワースポット)よりの眺めを楽しみ
見附島(軍艦島とよばれる)を見1日の行程を終わました。(疲れました)



 3日目

3日目は曹洞宗大本山「總持寺祖院の特別拝観をし、ヤセの断崖(義経の舟隠し)に行く。
次は能登金剛・厳門遊覧(クルージング)、千里浜レストハウスで昼食後
千里浜なぎさドライブウエイ(砂浜を車で走る・・世界でも3ケ所だけ)
富山城址公園をまわり最後は富山の薬売りで有名な「池田屋安兵衛商店」を見学。
富山駅より長野・岡谷と帰路に就く。忙しいが面白い旅でした。

 


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ