6613至上主義

「踊る大捜査線」や日々感じた事を徒然と書き綴っていきますのでどうか宜しく♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりです

2005-12-31 21:37:37 | Weblog
皆様、ご無沙汰しておりました。
落雷による急な停電でPCの調子が悪くなってから怒涛のように良くないことが続き、ブログを休んでおりました。体の不調から検査をしたり、15年間家族の一員として皆を楽しませてくれた愛犬の死、など等です。
あまりに色んな事が起こったので未だに「交渉人」も「踊るBOX」も手元にありながら見ておりません。
PCも本調子とはとてもいえないので当分の間、ブログも時折の更新となる事をお許し下さい。
2005年同様、2006年も何卒宜しくお願い致します。
コメント (27)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オドログにも書いたけれど

2005-11-16 22:20:38 | 踊る大捜査線
今週号のTVジョンの「踊る」コンプDVD-BOX記事。
(以下抜粋)

コンプ特典SPディスク
キャラ別にプレーバック!TVシリーズ1話からOD2までの踊るの映像を
キャラ別に編集した完全保存版・・(ここまでなら、買わずに我慢しようと思っていた)
青島・室井ら主要キャラを筆頭に12名&4組の名場面&名台詞を完全網羅。
特に、青島と室井ら主要キャラ5人はそれぞれの成長過程を段階的に紹介し、OD2時の彼らに至るまでの・・・(ってここで!この段階で!私は悪魔に魂を売りました・・)
「青島あああああああ!!」も「現場の君たちを信じる」「正しい事が出来ないんだ」「特捜本部など、くそくらえだ!」等など・・一度に見ることが・・(脳内暴走中につきご容赦下さい・・・)
冬タイヤも買わなくちゃいけないのにね。冬ワイパーだって・・あぅあぅ(;´Д`)


気になった記事が少しだけ。それはもちろん亀山さんのコメントです。
「今回のBOXは今後への橋渡しでもある」
と、いうことは・・今後もあるんですよね!?信じましょう・・信じて待ち続けましょうとも!
10周年アニバーサリー期待してまーす(・∀・)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

Gメン’75

2005-11-12 21:30:05 | Gメン’75

「踊る大捜査線」以前、ず~~~~っと昔、子供の頃に見ていた刑事ドラマ。
それが「Gメン’75」

ある程度の年代の方なら絶対に見ていたんじゃないのかなぁ??
土曜の夜は19:00「まんが日本昔話」19:30「巨泉のクイズダービー」20:00「8時だよ全員集合!」21:00「Gメン’75」というのが我が家の定番でしたが、皆さんはどうでしたか?あの滑走路をメンバーが一列に揃って歩く姿が印象的で、友人たちとよく真似をした事を思い出します。
Gメンは香港やヨーロッパにロケを敢行、特に香港カラテシリーズは大人気でしたね。
芥川隆之さんの「ハードボイルドGメン’75。熱い心を強い意志で包んだ人間たち」の名調子も懐かしく、また、今ではすっかり悪役のイメージが払拭された感のある、小林稔次さん、蟹江敬三さんらが何度となく犯人役で登場。逮捕されるどころか射殺されたり、時には物語の半ばで死んでしまう事も度々でした。

現在、ファミリー劇場で放映再開されましたので私も標準録画をしております♪
350話以上なので大変ですが・・頑張ります!

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

レンタル業界誌

2005-11-10 15:05:49 | Weblog

「交渉人 真下正義」

あと一ヶ月ちょっとでいよいよ発売!!
楽しみ、楽しみ。真下DVDは予約済み。

11月末に発売される踊るコンプBOXは買うか否か、未だ検討中。
だって、ほとんど持ってるし。持ってないのは「湾岸署婦警物語」と「深夜も踊る大捜査線」だけ。ただ・・ただね、今回のBOX、全作品トールサイズに変更になったっていう事にすご~~く心惹かれてますね、うん。
TVシリーズのDVDはジュエルサイズで嫌だったので、特にそう思うのかもしれませんけどね。あと・・広告も見たんですけど、OD2形式のケースに一枚単位で入っているのを見たんですけど装丁がなかなかカッコ良かった!
青島君のを見ましたが、レーベルは銃を片手に挑発してるっぽい姿の写真。装丁はモノクロで別の姿の青島君。
では、室井さんは!?レーベルはオドログで発表されてましたからわかりますが、装丁はどうなんでしょ。こういうのが16枚もあるんだから、う~~ん、やっぱり悩みます・・・。スリアミのは可愛くて面白そうだし、うう、欲しい><;

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

功名が辻

2005-11-10 10:20:28 | Weblog
↑来年の大河ドラマですね~♪
最近の大河としては楽しみにしています。
大河初出演?の舘ひろしさんの信長に大注目。「秀吉」での渡哲也さんの信長があまりに秀逸だったので、彼を超える信長はもう現れないだろうなぁとは思いつつ、期待しています(^^)

 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本・本・本・・・・

2005-11-09 21:07:12 | 趣味
趣味・・趣味と言えば映画、DVD鑑賞と読書、音楽・・ドライブ・・。
あと、旅行。

子供の頃から読書が大好きで、その中でも推理小説が好きでした。
江戸川乱歩の「怪人20面相シリーズ」と「明智小五郎シリーズ」
そこから派生してモーリス・ルブランの「ルパン」。コナン・ドイルの「シャーロックホームズ」エラリークイーン、アガサクリスティ、そして、横溝正史「金田一耕介と由利先生シリーズ」高木彬光「神津恭介」などなど様々です。

特に江戸川乱歩と横溝正史、高木彬光のお三方が書かれた本は本格推理小説と呼ばれ、何度も映画・TV化され、今でも親しまれていますね。
明智小五郎は土曜ワイド劇場で天地茂が好評でしたし、神津恭介も同じく、土ワイで近藤正臣さんと村上弘明さんが演じ、シリーズ化されていました。
金田一耕介は一番、ドラマ・映画化されており、ドラマではご存知、古谷一行さん・片岡鶴太郎さん・稲垣吾郎さん・上川隆也さんらがおりますし、映画では石坂浩二さん、中尾彬さん・渥美清さん・・片岡千恵蔵さん!!などなど沢山さんの方々が演じておられました。

金田一の映画ではやっぱり角川作品が大好きで、今でも時折、観ています。
音楽・俳優陣・映像・物語とすべてが一級品だと自分では思います。
「本陣殺人事件」での高峰三枝子さんの鬼気迫る演技や、島田陽子さんの綺麗さとは逆にドロドロとした複雑な人間関係、石坂浩二さんと坂口良子さんの漫才のような掛け合いにはホッと一息する一こまもあったりして十分に楽しめる作品です。演技力十分な役者を揃えて、なおかつ、お得意の映像美を追求した市川昆監督のこれぞ日本映画!!という作品です。

こういう良き時代の作品を観ると・・全部が全部とは言いませんが、昨今の日本映画は小手先だけの作り物って感じがするのが何とも寂しいような悲しいような^^;もうちょっと、どうにかならなかったのかな~って思う映画が多すぎるのが原因かな
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

官僚とオランダせんべい

2005-11-08 09:57:48 | 踊る大捜査線!?
「室井さん、これ受け取って下さい」
小原久美子の見送りを受けて数歩進んだ室井の前に、あの事件の渦中、何度も脳裏に浮かんだモスグリーンのコートが翻った。
「・・・青島」
(なぜ君がここにいる)

「なぁに鳩がまめ鉄砲食らったような顔してるんですか。」
(あちゃーやっぱ驚いてるよ。それとも呆れてるとか?あ~もう絶対、仕事サボってきたと思ってるよね。それともあんな事件の後じゃ会いたくなかったかな・・)

新城から連絡が入ったのは今朝だ。今日、室井が東京を発つと。署では小さな事件が立て続けに起こって猫の手も借りたい状態ではあったけれど、誰一人として文句も言わず笑顔で青島を送り出してくれた。すみれなどはここに至ってまだどうしようかとグズグズしている青島を蹴りだす勢いだったほどだ。

「・・・・これは?」
青島の手にはかつて実家・秋田でよく食べていた「オランダせんべい」

「森下君の実家から大量に送られて来たんすよ。だから室井さんにもと思って」
これ食べますよね?と言って室井の鞄に無理やり突っ込んだせんべいからは少しばかりパリパリっという嫌な音がした。

「だからって今じゃなくても良いだろう・・・」
(私はこれから飛行機に乗るんだぞ・・・)
久美子からもらった弁当とせんべいという組み合わせに、何とはななしに小さく溜息をついてみる。

「んなこと言ったって今日しかなかったんだから仕方ないじゃないですか」
(ああ~また眉間に皺寄せちゃったよ。けどさ、ホントに今日しかなかったんだよ、室井さん・・。きっとこれからもアンタに言う事は一生ないけれど今度の事件で俺は密かに沖田さんと新城さんの命令で動いてた。けど、これはアンタが知らなくても良い事だし、それでいいんだ)

「・・・わかった。森下君にも、湾岸署の皆さんにも宜しく言っておいてくれ」
青島が仕事をサボって見送りに来るような男じゃないことは知っている。だからきっとみんなが彼をここに寄越してくれたんだろうと思った。自分が拘置所にいた時分、神田署長以下いつもの3人組が普段見たこともないような表情で沖田に自分の事を頼んでいた事を思い出しながら、了解したとでも言うように頷いた青島に少し躊躇いながら、声をかけた。

「青島、あのな・・」
今回自分が関わった事件の事を少しでも良いから青島に伝えておこうと思った。一時は彼との約束を守れず己が信念のためとはいえ、捨てようとしたからだった。
けれども、そんな雰囲気を聡い青島はすぐに察してこう言った。

「俺、俺たちみんな待ってますから。あんたが、ここに、帰ってくるの待ってます。俺が知ってる室井慎次は泥だらけになっても、たとえ跪いても決してへこたれない根性の持ち主なんっすよ。」
「・・・そっか」
「そうなんス。知ってます?俺って人を見る目はあるんですよ」
「そうだったな」

互いは顔を見合わせクスリと笑った。もうこれだけで十分だと思った。何を言わないまでも彼は信じていてくれる。その思いに応えようと思った。今更ながらに和久が言った言葉が思い出される。こいつは何があってもあんたを信じる、と・・。

「・・・じゃ」
「行ってらっしゃい」
あ、すみれさんが広島の牡蠣を食べたいって言ってました、と申し訳なさそうに頭を掻く仕種をする彼の姿に苦笑した。今度必ず送ると約束を交わし、室井は新天地広島へと旅立った。まだまだ自分はやれる。やってやるのだという決意を新たに・・。




・・・・な~~~んちゃって「容疑者」勝手に補完小説を書いてしまいました。アラがありすぎますし、小説とも呼べないシロモノですがまぁ良いかなぁと。
どうせ素人の戯言です
ただ単に「オランダせんべい」ついて何を書こうかと思っているうちにこんな風にまで・・。お粗末様でしたm(__)m
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉もほぼ終わったので

2005-11-07 17:09:36 | Weblog
壁紙変更しました。 今度は「宇宙」です!!まぁ・・有体に申せば、踊る・室井熱が宇宙にまで届きそうだから、という事にしておいてやって下さいませ・・(;´Д`)
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

踊る大河ドラマ

2005-11-06 17:48:52 | 踊る大捜査線!?
って見てみたいとふと思いました。
(ええ、馬鹿です・・認めますとも・・)

主演はもちろん室井さんで。何が良いかな~
室井さんの織田信長って見てみたいなぁ。
(ただ単に歴史上の人物で信長がすきって事だけですが・・)
キリリとしてるし、野性味だってあるし、うん、良いね。

と、なると秀吉は青島君にお願いしよう。
あのほんわか笑顔で、きっと家中の争いでささくれ立った殿の心は和むはず!!

信長の妹・お市はどうしましょ。恩田さんかな。
あ、待てよ。恩田さんには殿のご正室・濃姫なんてどうでしょう。
ズバズバと殿に言いまくる濃姫・・最強です。

じゃ、お市は沖田さんに。おお、似合ってる。
和久さんは若年時代の殿の守り役・平手政秀。
・・・切腹しちゃうけど・・。(ごめんね、和久さん><)

じゃ、じゃ、新城さんは・・・徳川家康、かな?
一倉さんは明智光秀で。
(「容疑者」の影響でかなり新城株、上がってます)

真下は利家。青島秀吉と仲良し。
奥方まつは雪乃さんをおいて他にはないでしょう。

う、スリアミはどうしよう(笑
魚住さんや中西さんもまだでした
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

五能線・日本海の夕日

2005-11-05 19:20:02 | 風景
おまけです。
空気が澄んだ秋の夕晴れって良いですよね。
稀にですがもっともっと空も夕日も真っ赤になる事もあるんですよ~

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加