古川FPのブログ「勝手気ままなFP独り言」

古川FPが島根と松江市を中心にクチコミとITを駆使して企業コンサル・地域観光興し・個人家計見直しを、自由に感じたままに!

久々のテレビ出演~超低金利住宅ローン・FPアドバイス

2012-09-18 17:25:34 | マネーの達人Webコラム&マスコミ取材

6年ぶりにTSKに出演しました


2006年2月には


週刊ヤッホーで「がっちりマネー特集」でライフプランについて


6年後の今回は


TSKスーパーニュースでの


「超低金利住宅ローン」について


 


今利用している住宅ローンを借り換えた方が有利なのか?どうだろう?


ファイナンシャルプランナー(FP)に聞いてみよう!のコーナーに


撮影は12日2時間余りで打ち合わせなど含め取材を受けました


現在、銀行は企業向け融資が低迷する中


個人向け住宅ローンに力を入れ


長期金利の低下を背景に金利引き下げ競争が激化しています


 


10年固定などは都市銀行で1%台前半です


今までマイホームを建て2%台の住宅ローンを借りている人には


この超が付くほどの史上最低の低金利は朗報です


つまり借り換えをすることで返済負担軽減出来るため


大きな家計の節約が可能となります


では具体的な例で見てみましょう


10年前に


新築で3000万円、返済期間は35年、ボーナス返済はなし、元利均等返済


当初ローン金利は2.1%で11年目からは3.5%だったら


10年目までは月々返済額は100,925円


11年目からは月々返済額で117,846円


元金+利息分17,464,914円=借入返済総額は47,464,914円


残り25年の残債元金は23,539,990円となります


更に引き続き当初予定通り返済すると、残り25年間で35,353,914円を返済することになります


そして、10年後の今年に超低金利を利用して残債元金2,360万円にして25年間返済でローンを借り換えると


当初金利を1.6%で11年目から2.1%だったとすると?


10年目までの月々返済額は95,497円


11年目からは月々返済額は98,990円


借入返済総額は29,277,948円になりますので


借り換えしなかった場合の返済総額35,353,914円から新たな返済総額29,277,948円を引くと


なんと6,075,966円も借換によってお安くなります!


 


驚きですね!


借換に際しては別途諸費用などが掛かりますが・・・如何されますか?


見直したファンドを何に使いますか?


あなたのご家庭の住宅ローン金利は?


借り換えると、損しますか?お得になりますか?


古川FPに相談してみませんか?


★画像は著作権、肖像権を侵害するものではありません。
★画像に著作権、肖像権に申し出があれば即時、削除します。


ホームページが新しく変わりました!FP相談コースを大幅プライスダウン!!!

詳細はサイトをご覧下さい 

アメブロ始めました→此方はデジタル・トイカメラの写真とFPのつぶやきを・「気ままFPフォトメモ」で 

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへにほんブログ村



古川FPも個人と事業所として応援しています!~リメンバーしまね~
  ↓ ↓ ↓
リメンバーしまね
『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  高齢者3000万人を超す!... | トップ | 高齢者の見直しで人生90年! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。