朝の風景 

2016-08-27 10:00:05 | 船橋ケイバ
朝の調教時間

新井清重厩舎 ダイヤルミナスと高橋利幸騎手


ダイヤルミナスはJRAでデビュー、園田を経て2015年12月から新井清重厩舎所属として出走。
地方では15戦9勝2着6回 ここまで連帯率100%という成績です

(4月13日 船橋競馬場 矢野貴之騎手騎乗 1着)

リュウノフリック(齊藤敏厩舎)と高橋利幸騎手
競馬場内で会うといつもさわやかな笑顔であいさつしてくれる高橋騎手


歩き回っていたら・・・

ラガッソ(渡邊貴光厩舎)と本田正重騎手に遭遇しました





こちらは澤田龍哉騎手


笠野雄大騎手


林正人厩舎のラッパッパ


夏草の向こうに 柿本政男調教師



この記事をはてなブックマークに追加

2歳能力試験のひとこま パワーフォンテン(波多野健厩舎)

2016-08-26 10:05:31 | 能力調教試験
8月23日に行われた2歳能力試験。



1Rに出走したパワーフォンテン(牡馬 波多野健厩舎 父スターリングローズ 母スズキャンドル 馬主:吉橋計様)


西村栄喜騎手を背に、471キロ 800m 53.1で合格しました




http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/

この記事をはてなブックマークに追加

森泰斗騎手 スパーキングサマーカップ(SIII)をブルーチッパー(大井)で制覇しました

2016-08-25 13:09:13 | Weblog
昨日行われた第13回 スパーキングサマーカップ(SIII)を制したのは森泰斗騎手騎乗、ブルーチッパー(大井 荒山厩舎)でした。



森泰斗騎手
「ここ何走か悔しい競馬が続いていたので、
この馬らしい競馬で1着をとれて嬉しいです。
いい意味で前走と変わらずという感じ。
徹底先行、逃げにこだわりました。

ペースはかなり厳しいペースでした。、
マークされるのは当然ですし、
2番手、3番手にも力がある馬が来ていたので厳しかったですね。

でも、直線に向くと手ごたえ以上に頑張って勝負根性を見せてくれる馬なので、
厳しい競馬ではありましたが、振り切ってくれるんじゃないかなと信じていました。

もともと力もスピードもある強い馬ですね。
自分の形を持っているというのも強みだと思います」




森泰斗騎手は先週の黒潮盃(SII)から2週連続の重賞制覇となりました


1番人気のレガルスイ(矢野義幸厩舎)は4着。

石崎駿騎手
「4コーナーでも手ごたえは良かったのですが、直線で止まりすぎ。
馬体重が重かった(プラス9キロ)印象でした。
3番手にずっと並びかけられたのも厳しかったですね」



マークされての厳しい競馬だったレガルスイ。

(馬房にて)

今回は残念でしたが、これからの走りにも期待したいと思います。
顔がそっくりの3歳の半弟も同じ矢野義幸厩舎に入厩していますよ。

もう1頭、船橋から出走したインプロヴァイズ(川島正一厩舎)は8着。
このレースが南関東転入初戦でした。

どの馬も蒸し暑い中での出走でした。
それぞれ疲れを残さずに・・・と思います
競馬場での元気な姿を楽しみにしていたいですね





この記事をはてなブックマークに追加

20160823 船橋競馬2歳能力 2R

2016-08-23 14:31:08 | Weblog

この記事をはてなブックマークに追加

20160823 船橋競馬2歳能力試験1R

2016-08-23 14:30:44 | Weblog


この記事をはてなブックマークに追加

渡邊貴光厩舎 チャロレイ(父クロフネ)

2016-08-21 10:50:30 | 船橋ケイバ
8月8日の1Rで勝ったのはJRAからの転入2戦目となった渡邊貴光厩舎の3歳牝馬・チャロレイ(馬主:高樽さゆり様)でした

山中悠希騎手を背に6番人気での勝利


3馬身差をつけて余裕のある先頭ゴール





「気分良く、リズム良く走らせることを心がけました」と山中騎手。
調教も手掛けているそうです



渡邊貴光調教師
「悠希(山中騎手)にうちの厩舎での初勝利をプレゼントできてよかったですよ」と笑顔。

そういえば、渡邊貴光調教師と山中騎手は2012年に開業、騎手デビュー。
以前は岡林光浩厩舎で同じ時間を過ごした間柄。

そんなお二人だからこそ、喜びもひとしおだったことでしょう。



チャロレイにとっても嬉しい初勝利となりました

この記事をはてなブックマークに追加

第50回 黒潮盃(SII) 佐藤賢二厩舎ミスミランダー優勝

2016-08-18 14:29:13 | 調教師会特別記事
昨日、大井競馬場で行われた3歳重賞・第50回黒潮盃(SII ダート1800)で
佐藤賢二厩舎のミスミランダー(馬主:(有) 新生ファーム様)が1番人気に応えて優勝しました

勝ちタイムは1:55:0。
牝馬での同レースでの優勝は2012年のアスカリーブル(川島正行厩舎)以来となります。


追切り時計でも3歳牝馬とは思えないほどのタイムを出していたというミスミランダー。

森泰斗騎手を背に、先手を取りそのままゴールまで逃げ切り勝ち。
2着のカツゲキキトキト(愛知・錦見勇夫厩舎)に1・1/4馬身差をつけて重賞2勝目をあげました





森泰斗騎手
「馬のリズムを大切に乗りました。
折り合いもついていたのであとは絡まれないようにと思っていました。
追えば伸びるなと思っていたので、追走組は苦しいだろうなと思いました。
乗るたびにすごく変身して、力強くなっていますね。
さらに力をつけていくと思います。
交流で中央馬を倒せるよう、ミスミランダーと頑張りたいですね」



佐藤賢二調教師
「追切りが強すぎたので、その反動がなければいいなと思っていましたが自信はありました。
牝馬で、さらにこの暑い時期にあれだけ強い追切りだったけど、力は抜けていると思いますよ。
馬体がプラス2キロで臨めましたのも良かったですね。
いい路線に乗れると思うので大事に使っていきたいです。
距離の心配はありませんが、できれば2、3番手で折り合いをつけて競馬をしたいですね。
今後は川崎の戸塚記念(SII 9月13日)を予定しています。
その後はJBCかロジータ記念か・・・オーナーと相談します」



ミスミランダーは2015年5月28日の門別で松本隆宏厩舎からデビュー。
その後、笠松の尾島徹厩舎を経て、この春、佐藤賢二厩舎所属となりました。

父はアッミラーレ、母はミスプロ。
生産・オーナーは日高町の(有) 新生ファーム様です。

関係者の皆様おめでとうございました

この記事をはてなブックマークに追加

宮下貴明厩舎 レゼルブランシュ

2016-08-16 06:05:29 | 船橋ケイバ
8月5日の4R

とっても素敵な横断幕が出ていました

宮下貴明厩舎のレゼルブランシュ(Les Ailes Blanches 4歳牝馬 馬主:酒井孝敏様)





パドックを後にする管理馬と騎手を見送りながら指示を出す宮下貴明調教師です

この記事をはてなブックマークに追加

リアトリスデビュー2歳新馬戦

2016-08-15 10:23:18 | 船橋ケイバ
7月22日に行われたリアトリスデビュー2歳新馬戦。

2鞍目 5Rの勝ち馬はパイロ産駒のツルガオウ(矢野義幸厩舎 馬主:西村亮二様)でした。

パドックではパイロ産駒らしい気性の難しさを見せていましたが、
石崎駿騎手を背に、後方の大外から一気に先頭へ
勝ちタイムは1:02:8(ダート1000 不良)。




2歳新馬戦3鞍目 6Rは2頭が除外になる波乱。
除外になった2頭をはじめ、
騎手を乗せたまま待機していた馬たちにとっても試練のレースとなってしまいました。

勝ったのは伊藤滋規厩舎のジョワラルム(父トビーズコーナー 馬主:遠藤裕之様)

左海誠二騎手を背に、5馬身差の快勝でした。
勝ちタイムは1:02:3(ダート1000 不良)。






この記事をはてなブックマークに追加

スカイサーベル リアトリスデビュー2歳新馬

2016-08-14 08:00:02 | 船橋ケイバ
今回は7月の船橋開催の2歳新馬戦を写真で振り返りましょう。

ひと鞍目、3R(ダート1000)で勝ったのは
松代眞厩舎のスカイサーベル(牡馬 父ディープスカイ 母ヒラボクウィン 生産:浦川 辻牧場 馬主:小島俊治様)でした。
勝ちタイムは1:03:2(不良)

485キロ 笠野雄大騎手騎乗




松代眞調教師




笑顔いっぱい











スカイサーベルはヒラボクウィンの初仔で、叔父に平安Sの覇者ヒラボクキングがいる血統です。

関係者の皆様 おめでとうございました

この記事をはてなブックマークに追加