鋼鉄の蛙。

好きなもの→メタルや蛙、他いろいろ。
書いてるのはYUMIKAという者です。
時々思い出してもらえたら喜びます☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★Welcome★

2016-05-06 14:07:06 | しょもない つぶやき。
+ /// + /// Twitter /// + /// +
表示をこちらに変更したので、「Twitterまとめ記事」はやめました。気が向いたらご覧くださいませ~。
下に表示されている以外のツィートは、カエルのアイコン画像の右側の名前のところをクリックすると表示されます。
……が、そのようなモノ好きの方がいらっしゃるかどうか(笑)。まぁ、とりあえず。



                        ブログの記事は、この下からになります 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快挙!……だと思ふ。

2011-06-04 18:16:53 | THERIONの部屋。
かなりかなーりお久しぶりです! 皆さん、ご機嫌いかがでしょうか? ワタクシ、忙しいけど生きております。
最近はもっぱら Twitter の方しかアップしていませんが……。

時間がないので、取り急ぎ肝心なことだけ書いておきまする。

7月21日(木) NHK BS!
「Amazing Voice」という番組にて放送!
「オペラとメタルの肉体関係」 北欧では「名テナー=名ヘビメタ歌手」!
セリオンのヴォーカル、トマス・ヴィクストロムに迫る。


この回も夜9時からなのかなー。7月は北欧特集なんだそうです。

番組のオフィシャルサイトは コチラ♪

……何故、「肉体関係」?(汗)




ところで、編集画面が新しくなってから初めて記事書いたけど……めっちゃ使いにくい~。
遅いし、カーソルが急に消えるし、処理が止まるし。どうしてくれようか……。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18990歩だと?

2010-10-17 18:51:06 | メタル他、音楽話。
行って来ましたー、LOUD PARK 10! 昨日16日(土)だけの参戦でしたが、楽しかったです♪ お会い出来た方・
残念ながら出来なかった方、今日もまだ盛り上がっている方、お疲れ様です。

2007年以来行っていなくて今回はちょっと久しぶりでした。あの時は THERION を最前列で観ることができてとても
シアワセで、心の充実度&燃え尽き度はこの上なかったのですが、今回は観たい or 観てみたいバンドがわりと
あったので、そういう意味ではなかなかよかったです。

では、観たバンドの簡単な感想。

▼ CHTHONIC(12:20~13:00)
初っ端から結構な迫力でした。アグレッシヴな音の合間に時々入るメロディアスなフレーズがグッと来ます。今回
Key.の人の姿が見えなかったようですが、どうしたんでしょ?(脱退とは出ていないみたいですけど) でも、音は
ちゃんと入っていたので曲の印象には大きな影響なかったです。
後半、二胡も登場してVo.のFreddyさんが東洋のメロディを情感いっぱいに奏でていました。そのへん期待して
いたので嬉しかったです。Dorisたん、眼福。イェイ♪

▼ AMON AMARTH(13:05~13:50)
飛び飛びで何枚か持っているにも関わらずあんまりちゃんと予習していなかったのですが(汗)、うぉーん、カッコ
よかったです! 曲にはクサクサなメロディというのはほとんど含まれていないのですが(そのへんが私の好みとは
少しずれている次第)、勇壮なこのタイプのバンドが観られるのは嬉しいことです。思わず頭でリズム取っちゃって
ました。今後もっとこのタイプのバンドに来日してほしいです……! Vo.のJohanさん、MCの時の声が大変イイ声
でした。「何としても前で観たい!」と行っていた皆がちゃんと前に行けたようで、よかったよかった♪

▼ EDGUY(13:55~14:40)
メンバー全員調子よさげで相変わらずな姿に安心したんですが……えーと、すみません、今回のセットリストは
私にはちょっとつらかったです(涙)。でも場内の盛り上がりはなかなかでした。

▼ ACCEPT(17:30~18:25)
「日本でも懐かし系セットリストか!?」と期待していた通り、ワタシ的に嬉しい曲の数々がプレイされて、途中で
思わず涙しそうになってしまいました。AMON AMARTHなんかのそれとはちょっと違いますが、勇壮な元祖「漢」
バンド……。「Fast As A Shark」は私がジャーマン系に興味を持つキッカケになった曲のひとつで、何度聴いても
スリリングです。「Princess of the Dawn」も嬉しかったなぁ♪

▼ HALFORD(19:40~20:40)
「Resurrection」からスタートしました。実は生ロブは初めてでしたが、やはり貫禄ありましたねー。あのオーラは
やはりタダモノではありません。思わず拝みたくなってしまうような……(笑)。観ることができてよかったです。
全盛期よりは多少落ちているのかもしれませんが、それでも年代を感じさせない歌いっぷりには驚かされました。
プロンプターが見えたけど、私は別に構わないっす。あまり露骨に見ていられたらちょっとヤですけども。


今回も合間にいろんな方とお会いできたのですが、嬉しいですね☆ 声かけてくださった方、どうもありがとうござい
ました~。わざわざ出向いてくださった皆さんもいらして、感謝です♪

面白かったのは、一時的にはありますが図らずも mixi の GRAIL KNIGHTS コミュに入ってくださっている方々のうち
約1/10 集結してまったこと(笑)。いや、かなりザックリな計算ですが。お初にお目にかかる方もいまして、嬉しゅうご
ざいました。


ところで、私が今使っている携帯には歩数計機能がついているんですけど、昨日の夜寝る前にちょっと記録を見て
みたら「18990歩」という自分にはあり得ない数字が表示されました。ヘドバンした分も含まれているんだろうけど、
できればその内訳が知りたかったわい(笑)。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クリップ×4。

2010-10-14 19:10:15 | THERIONの部屋。
以前、Nuclear Blast が「Sitra Ahra のビデオ・コンテスト」っていうのをやっていて、その勝者が発表されたと
先日 Twitter で見かけたのでリツィート。今日そこから観ようと思ったら「悪いけどアンタの国ではダメなんだよ」と
いうのをもっと丁寧にした文章が表示されてしまったので、仕方なく別ルートで見ることにしました。

って、ただ単に Nuclear Blast のサイトなんだけど(笑)。

ご興味ある方は ココから 直接行けます。4つアップされていますが、今回の勝者は Fredrik Mattsonさんという人
のようですね。左上のやつ。おめでとー、おめでとー。←馴れ馴れしい上、エヴァの最終回みたいである。

そんなこんなで私は今日も時間が無くなってしまったので、また後日観ます!

アルバムの感想も書きたいんですが、実はまだそこまで聴きこめていないのでそれはまた後日……。一言で言うと
「とても好きなアルバム」です♪

ところで、もう明後日となった「Loud Park 10」。私は THERION がやって来た2007年以来です。また来てくれたら
いいのに。でも、できたら単独フルで観たい……。超切望。

私とダンナは16日(土)しか行かないんですが、いろんな人にお会いできそうでそれも楽しみ。さて何のメタTを着て
行こうかね……。

本当は「Sitra Ahra」と一緒か少し後にこれのTシャツかガーリィをゲットして着て行こうかと目論んでいたんですが、
未だに注文叶わずな状態なのでその計画は流れました。血迷って「ケロロ軍曹」のTシャツとか着て行っちゃうかも
しれない(笑)。


……ウソっす。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生サイバラ。

2010-09-26 18:23:52 | プチ本棚。

昨日の夕方、江口寿史先生&西原理恵子先生のトークショーがあったので、行ってまいりました。

駅ビルのロンロンがアトレ吉祥寺にリニューアルして先日全館オープンしたので、その記念イベントのひとつとして企画
されたようです。「熱く! 熱く! 吉祥寺を語る」と題されたこのトークショー、一度場所を確認した後30分ほど前に戻って
来たのですが、既に人が多かったです……。それほど広くないイベントスペースで立ち見だったのですが、もう前4列分
ほどは人の壁。

とりあえずその時点で「よい」と思われる位置で待っていたのですけれども、始まって見たら95%ぐらいは江口先生しか
見えませんでした……(笑)。りえぞお先生は時々チラッチラッとチラリズムな感じで。ちなみに、仕切りはりえぞお先生の
マンガでもおなじみ、小学館の八巻さんでした。

トークは40分ぐらいでしたか。本当は30分の予定だったそうですが、少しオーバーしていたと思います。お二人とも
テンポよく喋る方なので、聞いていて面白かったです。毒々した辛口トークも勿論飛びだしておりました(笑)。

以下、思い出せる範囲で箇条書きにしてみました。順番はテキトーです。

・二人が素面で会ったのは初めて。
・ホルモン「わ」派と「闇太郎」派の話(いずれも漫画家さんが集まるお店)。サイバラと福本伸之先生はよく「わ」に出没。
 江口先生は「闇太郎」にほぼ毎日。←住んでるんでしょうか……?(爆)
・大友克洋先生のギャラについて(笑)。アトレのポスターは江口先生、サイバラ先生を含めた何人かが手掛けていまして、
 そのメインは大友先生でした。 江口先生は本人に聞いたと言っていたけど、その場では公表せず……。後で直接サイ
 バラ先生に話したものと思われマス。
・江口先生は楳図先生を一日三回見かけたことがある。
・楳図先生は全然立ち止まらない。
・楳図先生の家を建築中、とても個人の家を造っているとは思えないぐらいの重機が入っていた。
・伊勢谷(有名な飲み屋)の隣に断酒の会があるのはまずいと思う。挫折する人続出らしい…。
・何かを大声で吟じるおっさんの話。←夜8時頃に駅周辺に出没するおじさんがいて、私も何度も遭遇したことが。すっごい
 通る大きな声で、3行ぐらいのセンテンスを延々と朗々と叫んでいます……。
・サトウのメンチは並ぶ価値あり。散々肉をこねた後にまた衣をつけて揚げるなんて面倒なことをやってくれるし…とサイ
 バラ先生イチオシ。
・吉祥寺にもう靴屋と眼鏡屋はいらん。←実際多いです。私も常々…。
・画材屋がほしい。
・ユザワヤのレジはいかん。
・井の頭公園の中の食堂の店員の態度はいかん(本気でお怒りの様子…)。

もっとここには書けないような話もたくさんありましたが、後で何か問題になってもいかんので(笑)やめておきます。テーマが
テーマなので吉祥寺の地元ネタが多くて、かの地をよく知らない方が見ると意味がわからないかもしれませんが、説明する
時間もないのでこれでお許しを。

始まって間もなくスケッチブックが登場し、「本人確認のため」と絵を描いてもらう企画もありました。サイバラ先生が「皆さん、
描くところ見たいんじゃないのかな?」とスケッチブックを垂直にして背を向けることを提案(先生、さすがです)。

サイバラ先生は「かあさん」とひよこさんカップル(交尾中/爆)、江口先生は可愛い女の子のバストショットを描くも、服の
模様が横ストライプだったためサイバラ先生に「楳図さん?」と突っ込まれていました。

他、アトレのキャラクターを描く企画も。「(ないだろうけど)本当に採用されたら大きなお金が動きますよ」という八巻さんの
言葉に、一瞬マジになるお二人が面白かったです。

人も多くてちょっと熱かったのですが、行ってよかったです。楽しくてあっという間でした。個人的になじみの場所だけに、
もし知らないで見逃していたら多分すっげー悔しかったと思いますし。全体を見渡せなかったので実際はよくわかりません
が、200人ぐらいは集まっていたかもしれませんね。もしかしたら、もっといたかも。

ところで、「闇太郎」のシャッターの絵って、やっぱり江口先生の筆じゃないのかなぁ……?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「Until~」もネット配信。

2010-09-02 17:41:17 | メタル他、音楽話。
「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」 で放映された作品が、11月17日(水)よりネット配信開始だそうです!

つい最近の「Until The Light Takes Us」も、勿論リストに入っていましたよ。見逃した方はチャンスです。サイトに
よると「1作品ワンコイン(500円)で72時間」ということらしいですが、詳細は下記の専用サイトでご確認ください。

「未公開映画祭 // 日本未公開の映画39作品を11/17(水)より全編WEB公開」は コチラ

現在、各作品のトレーラーは観ることができるようになっています。

公開が始まったら、「600万のクリップ~ホロコーストを学ぶ~」(Paper Clips)を観たいなぁ。前編は見逃してしまい、
後編しか観られなかったので。

ホロコーストで殺された人数を実感するために同じ数のクリップ(文房具のアレ)を集める……という内容なの
ですが、その数がどれだけ多いのかが観ているこちらにも実感できるような、またその恐ろしさや愚かさに
観ていて胸が痛くなるような内容でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行って戻って。

2010-08-27 04:08:46 | THERIONの部屋。
水曜の朝、仕事に行く途中でちょっと Twitterをチェックしていたら、フォローしているメタラーさんがスノーウィが今度
どこに落ち着いたか書いてある とあるメタル・ニュースのサイト をリンクしていたのです。

加入したのは DIMMU BORGIR(来月アルバムが出ますなぁ)で、B.とクリーンVo.を担当するとありました。

「はーん、なるほどね、やっぱり離れた時に出ていたウワサ通りだったんだー」と思っていた私なのですが……

なんと、THERION に戻ったんだそうですよ。

おや~、こりゃまた意外な展開です!

上記のサイトに「It's Official: SNOWY SHAW Is The New Bassist/Clean Vocalist For DIMMU BORGIR」とアップ
されたのが8月24日。「SNOWY SHAW 'Quits' DIMMU BORGIR, Rejoins THERION」と出たのが8月25日(いずれも
現地時間)。

なんだか忙しいです(笑)。詳しい経緯はわかりませんけれども。

オフィシャルサイトにも同じく25日付けで「Snowy Rejoins Therion」とニュースがアップされているので、間違いないと
思います。文章をコピペしておきます。


【Snowy Rejoins Therion】  25th August 2010

Snowy rejoins Therion and will perform on the upcoming tour, as Christofer announces: "We are very happy to
announce that Snowy has rejoined Therion. We welcomed him back with open arms, and we will now be making
a mix between the new show we had planned, and the last one which involved Snowy. We think the merger
between the two concepts will be incredible, and we look forward to taking the band's live performance to the
next level.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるな、TOKYO MX☆

2010-08-22 19:24:09 | メタル他、音楽話。
TOKYO MXの番組を観られるようになってから1年と2ヵ月ほど経ちました。普段そんなにたくさんの番組を視聴している
わけではありませんが、「5時に夢中!」の木曜日が特に大好きで、いつも楽しみにしています。

生放送で岩井志麻子さんと中瀬ゆかりさんがコメンテーターなんて、かなりデンジャラス。面白すぎます(笑)。最近だって
夏休みでお子供衆も観ているかもしれないのに、フツーの番組ではまず聞けないような単語(シモ関係)が2人の口から
バンバン出てくるし、話もすごく面白い。知らないで観た人はビックリでしょうなぁ……。

YouTubeにいっぱい動画があるので、どんだけはじけた雰囲気なのか知りたい方は、番組名とお二方のお名前どちらかで
検索してみてください。

そんなわけで、「MX、タダモノじゃねぇな!」と常々思っていたわけですが、つい先日さらにそれを強めるものが ある番組に
登場。「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」 に、あの「Until The Light Takes Us」が……!

   【番組オフィシャルHPの紹介文より】
      「過去のノルウェーのブラックメタルの一連の一連の殺人事件に関するヴァーグ・ヴァイカーネスの
      独占インタビューと、初期の黒魔術傾倒によって引き起こされた教会放火の歴史、社会現象に
      なったブラックメタルのイデオロギーを記録したドキュメンタリー」

ごくたまにチェックしていた番組でしたが、今回のコレは Twitter で知りました。町山智浩さんとは昔から縁があって(と言っ
ても、別に知り合いとかではなく読者としての一方的な縁)フォローをしていまして、そこでご本人が「放映します」とつぶや
いていたのを見たわけです。7月だったから、放映が決まってすぐとかだったんでしょうかね。

放映日をマメにチェックしていたら8月20日(前編)と27日(後編)とわかったので、ソッコー録画予約しました。

番組はいつも最初に町山さんが松嶋さん(オセロ)に映画の内容をザックリと説明するところから始まるのですけれども……
今回は松嶋さんに引き続き画面に映し出されたのがコープスペイントでメタリックな扮装の男性。町山さんがコスプレしてい
たんですが、一瞬わからなかったです(汗)。話し方はいつもの感じでしたが。

ブラックメタルと他のメタルの違いなんかを町山さんがいろいろ説明している時に Burzumの「Jesu D遵kd」が流れたりして、
なんかもー いろいろ驚かされてばかりです。お茶の間に Burzum かぁ……いや、すごいな(ちょっと動揺した)。
ちなみに、その説明内容については一部異論もありましたが、メタル素人さんに対してはああなってしまうんだろうなぁ。

あ、でも、Vargは確かもう出所していたはずでは……? 「今、刑務所にいる」って町山さんは言っていましたけども。

しんみりとした音楽が流れる中、静かに始まった本作はまず Dark Throne の Fenrizの姿を映し出し、しばらく進んでから
「Dark Throne が発表したアルバムは、ブラックメタルの先駆けだった」という Varg(Burzum:Count Grishnackh) の語りが
入ります。

今回の前編は、多くのの部分が彼ら二人へのインタビューで占められています(多分、後編も)。お互いのことや自身のこと、
バンドのこと、MAYHEM のこと、宗教に対する見解などなど。いろいろ天晴な TOKYO MX ですが、さすがに MAYHEM の
「Dawn of the Black Hearts」のジャケにはボカシが入っておりました。まぁ、さすがに無理もないですね……。

後編は本格的に教会放火の件や、殺人事件にスポットが当たるようです。前編でも前フリ的に出てはきていますけれど。

ぶっちゃけ、この映画に出てくるバンドって普段はまったくと言っていいほど聴かないのでありますが(Burzum は2~3枚
持ってはいるけれど、実家に置きっぱなしだわ/笑)、元々犯罪心理とか犯罪の背景にあるものについて読んだり観たり
するのが好きなので、興味深い作品ではあります。メタルやオカルト絡みでもあるので、余計にひかれます。

ただ、私は犯罪を起こすことについては まったく賛同しかねますし、よく知らないで観た人に「ブラックメタル=この映画に
描かれているものが全て」と思われるのは ちょっと、いや、かなり困ります。確かにいろんな事件が起こったのは事実です
しね、それは否定しませんが……。

キリスト教とその他の宗教の関係についての見解には私も同意する点はありますが、それが行き過ぎてしまうとね……。

途中、Varg が仲間達数人とマクドナルドを襲撃したという話をした時に 時々笑いも交えながら楽しげに語っていたのを目に
すると、やっぱり「それは違うだろう」と感じたし、ちょっと怖かったです。

昨年1月に日本語訳版が出た本「ブラック・メタルの血塗られた歴史」(結構なボリュームです)、映画「ヘッドバンガーズ・
ジャーニー」のDVD特典映像である「知られざるダークサイド・オブ・HM」と併せてご覧になるのも面白いと思います。それ
ぞれの立ち位置は同じような感じですけれども。

園子温 監督もこのへんの話を映画化するということでしたが、とりあえず今は事情があって延期している模様です(いず
れも以前の「映画秘宝」による情報)。まぁ、動きがあればまた何か載るでしょうから、チェックしたいと思います。


 ※ 公式なものかどうかは不明ですが、「Until The Light Takes Us」のDVD(国内盤)発売や、ネット配信が年明けにある
   のでは?という情報を聞きました。私がコメントを残してきたブログさんのレスにありました。

 ※ 2008年の記事ですが、この映画についていろいろ資料的なものが盛り込まれているブログさんがありましたので、
   ご興味ある方は こちら からどうぞ。

 ※ 先日、配信情報出ました! 11月半ばからスタートですが、詳細は コチラ からどうぞ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとつの長い詩のような。

2010-08-22 15:11:58 | プチ本棚。
「いけちゃんと ぼく」 に続く、サイバラ絵本の第2弾が7月下旬に発売になりました。角川書店からで 1300円+税。

サイバラ先生が今まで自分の目で見て来た風景や子供達、そしてその生活などが元になって出来上がった作品だと
思います。部分的に これまで発売された本に出てきた話もあるので、著作を何冊が読んでいると、「ああ、前にこんな
こと書いてあったね」と思い出すこともあるでしょう。

いろんな国、いろんな境遇で暮らしている子供達。環境的に恵まれていない子も描かれているけれど、皆それぞれに
力強く生きている姿が眩しいです。サイバラ先生は本当に慈愛のお人だなぁ……。どの国の子供達ともすぐに友達に
なれるんだろうなぁ……。

各ページに少しずつ入っている文章は、まるでひと続きの長い詩のようです。絵の柔らかいタッチ、目の覚めるような
色使いも「いけちゃん」同様 本当に美しく、印象深いです。小さい子が読むと、もしかしたら書いてある文章の意味が
わからないかもしれないけれど、その色彩は心に刻まれることでしょう。

コチラ にこの本についてのサイバラ先生のコメントが掲載されています。

たくましくて慈愛に満ちたサイバラかあさん。締めくくりの言葉が「らしい」です(笑)。

話は変わりますが、今サイバラ先生は TOKYO MX 「5時に夢中」の木曜日、「TSJお稽古クラブ」という高須先生と
ジョナサン(黒船特派員)とともにいろんなお稽古ごとをやるコーナーに出ているのですが、収録途中でよくすやすやと
お眠りに……(笑)。

一生懸命 働くかあさんはお疲れなんですね。

西原理恵子

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私も間違えてたもんね。

2010-08-20 10:25:25 | ごちそうさま♪
                                  

やはり話題の品なのか、この1週間ほどとろなまドーナツ関係の検索でここに立ち寄ってくださる方が少なくないようです。

でも、「検索ワード」を見ていると「ふわとろドーナツ」でお調べの方が多い模様。当初私もうろ覚えで間違ってたもんね(笑)。

正解は「とろなまドーナツ」ですよ~ん  (惜しかった!)

これで検索かければ一発ですが、ついでなのでお店のHPを再掲。→ Love Sweets Antique(ラブスウィーツ アンティーク)

もひとつついでに、通販の方も。買うに当たって少し制約があるようです。→ ぐるなび食市場

肝心の とろなまドーナツの味については書いてありませんが(売り切れで買えなかったから)、「こくとろドーナツアイス」に
ついてのちょこっと関連記事は コチラ。 よろしければどぞ。

時間帯にもよりますが、吉祥寺のお店に行かれる場合は暑さ・紫外線対策を十分にされた方がよろしいかと思います。
屋根のないところに並ばないといけないので。

近所にあるサトウのメンチを買う場合も同様ナリ(ちなみに、同じ人数ならドーナツの方が列の進みが早いんじゃないかと
思います)。


  ※ 8月21日追記
    現在は とろなまドーナツの単品売りはやっていないようです。確か箱入りセットの4個・6個・9個・12個入りのみ
    (味は予め決まっていて選べません)で、1人につき1箱しか買えないみたいです。しばらくはこんな感じの販売
    かもしれないですね……。

                                  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加