神社めぐり大好き!心筋梗塞経験者・現役看護師・河合紀行ブログ

自らの心筋梗塞を契機に真島消化器クリニックの食事療法を開始!動脈硬化改善、心筋梗塞・脳梗塞予防のための方法を発信中!

コンビニの感じの良い店員し悪い店員をどこで見分けているのか?

2016-11-02 | 独り言

コンビニの店員さんには、接客対応マニュアルに
ついての教育があり、接客対応について学んでい
るはずです。

しかし、現実的には、感じの良い店員さんと感じ
の悪い店員さんが存在します。

じゃあ、それをどこで分けているのか、
何を根拠に分けているのか、

根拠は、この法則にありました。


「7-38-55のルール」

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられた
ときの人の受けとめ方について、人の行動が他人に
どのように影響を及ぼすかというと、

話の内容などの言語情報が7%、

口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、

見た目などの視覚情報が55%の割合であった。

この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。


接客対応マニュアルの教育あるので、7%の部分は
変わらないとしても、口調や笑顔などの38%や55%の部分で、
感じの良い店員さんと感じの悪い店員さんを分けている
ということです!?


参考にして下さい

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87



問い合わせ先 noriyukinokikou@gmail.com
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三つ目のマインド・セット | トップ | ドライブレコーダー導入のメ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL