虫のしらせ

労働相談やってます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

労働者は団結しよう

2011年04月30日 | はたらく事と権利
5月1日・小名浜メーデーのご案内

場 所:小名浜タウンモールリスポ脇・横町公園
駐車場:タウンモールリスポ駐車場をご利用下さい
時 間:9時集合・9時15分開会  集会後デモ行進
内 容:開会挨拶・来賓挨拶・各種決議採択・デモ行進
主 催:実行委員会


全国一般いわき自由労組のメーデーアピール

第82回メーデーアピール労働者の団結で生活・雇用を守れ!脱原発社会へ舵を切ろう 地震と津波という2っの天災に襲われ、家族を亡くし、財産を失い、生活の全てをを奪われ生き残ったものに、放射能と失業という2っの人災が、襲いかかってきています。
 放射能は地域社会を破壊し失業は労働者が今を生き抜くすべを奪っています。
 津波は沿岸部を壊滅状態にし、小名浜港も壊滅的打撃を受けました。
 火力発電所とコンビナート群の鉱石の荷揚げがストップし、歩合で働く大量の
トラック労働者が失業状態に陥りました。
 直後首切りが始まり、多くの下請け企業を有する磐城通運は、自宅待機の賃金
補償をしないままの、予告手当もなしの解雇を、全ての下請け企業に強要する暴
挙に出ました。
 私たちの組合に相談に来た下請け企業の運転手は、怒りと生活の不安でたばこ
を持つ手が震え、怒鳴り声でしか会話することができませんでした。
「恥を知れ」と、私たちの傘下組合の抗議と抵抗を突破口に、全ての下請け企業
で雇用調整助成金を利用しての雇用の継続が実現しました。
 この動きは小名浜地区労傘下組合でも広がり、雇用調整助成金は失業を防ぐ重
要な切り札となりつつあります。
 被災地では「便乗賃金未払い」「便乗整理解雇」が広がっています。
 これらに対抗するのは労働組合の、労働者の団結の力しか有りません。
 とりわけ、メーデーに結集した労働者の団結から始めなければなりません。

労働者は団結しなければならない!
失業という最大の災害を受けた労働者と寄り添って闘おう!
被災を利用した理不尽な解雇攻撃と闘おう!
全ての労働者の生活資金を政府と東京電力に要求しよう!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失業給付特例措置ってドウユ... | トップ | 原発で働く仲間たちへ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。