Think, Earthday? Everyday!

~グリーンとデジタルから垣間見える未来都市~

生物多様性を、一人ひとりに届ける。

2017年08月10日 | 2.自然と共生する未来
「国連生物多様性の10年日本委員会」の運営部会へ一般社団法人CEPAジャパンのメンバとして出席しました。なぜ、生物多様性を、一人ひとりに届けるなのか、そして、今、2020年の愛知目標達成に向けて、論点整理を行いました。 . . . 本文を読む
コメント

夏の日差し→緑の力

2017年07月17日 | 0.近況とか
涼しい夕暮れに、オープンガーデンの手入れ。 7月になり、いよいよ過剰なほどの一面の緑の庭に。 . . . 本文を読む
コメント

オープンガーデンはじめました

2017年05月01日 | 0.近況とか
アースデイ・エブリデイの拠点のガーデンがほぼ完成しました。 お立ち寄りくださいませ。 . . . 本文を読む
コメント

アースデイ・エブリデイ Smart Nature研究所[仮称]

2017年02月05日 | 0.近況とか
アースデイ・エブリデイの国立事務所(本部)に、Smart Nature研究所[仮称]を設立しました。次世代スマートシティ/スマートな自然の競争力の要諦、「エコウェルス(地域のアメニティ)」を考え、調合する場所です。 . . . 本文を読む
コメント

新しい形で、自然を、敬おう。

2017年01月02日 | 2.自然と共生する未来
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。言っていることと、行動していることと、成果につなげる集中力を持てる一年としたいです。 . . . 本文を読む
コメント

スマートネイチャーを実現するためのキーパーソンの必要性

2016年12月18日 | 2.自然と共生する未来
冬になりました。 NPOの「在来種の庭」。拡張工事中です。 少しづつ進み、土も入り、植物も入り、ボーダーも設置されました。 拡張エリアでは、「共生農法」を試そうと、在来種ではない、農業・園芸品種も植わっています(写真)。 日当たりは良くない場所なのですが、町の中だからか、冷え込みは弱いようで、まだ落葉樹の葉が枯れきっていません。 さて、前回の考察の続き。 ◇自然と共生する社会は、デジタルで実現 . . . 本文を読む
コメント

コミュニティあるエディブルな都市の最適規模は?

2016年10月02日 | 2.自然と共生する未来
NPOの事務所の在来種の庭、5月の記事の場所は写真のように緑が茂った。 植物を日当たりの良い場所に植え、馬糞肥料を足した上で、混載すると、競うように伸びあう。身近な森を創る方法だ。 この場所は、住宅地の一角なのだが、蛙が棲み、セミの幼虫も蠢く場所に、ほんの半年で様変わりした。 . . . 本文を読む
コメント

自然と共生する地域は、「普通」ではない。「創る」ものだ。

2016年09月11日 | 2.自然と共生する未来
4年に一度の 国際自然保護連合(IUCN)のWorld Conservation Congressに、生物多様性の普及啓発の観点から、参加してきました。 . . . 本文を読む
コメント

環境科学から都市環境システム工学へ

2016年08月28日 | 0.近況とか
東北大学から九州大学に移籍。 都市環境システム工学専攻に。 . . . 本文を読む
コメント

グリーン・デジタル

2016年08月14日 | 1.スマートシティを創る
要旨: 都市・企業・インターネットといった「借り入れ」によって実現されている世界に我々は住んでおり、すなわち「未来の先食い」の活動を行っているが、ここに予知力の高い人工知能が入って来ると、グリーンビジネスのプロデュースがレバレッジされ、リソース再配置が最適化され、かなり良いソリューションを創造出来るかもしれない。 . . . 本文を読む
コメント