知識は永遠の輝き

学問全般について語ります

名探偵デュパンの時代--(2)ポー『盗まれた手紙』より

2017-03-04 06:40:24 | その他、雑記
 推理小説や探偵小説の古典を読んでいると時代の違いを感じさせられることもあります。推理小説の始祖ともされるエドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)が生んだ世界最初の名探偵と言われるオーギュスト・デュパンが活躍する、『盗まれた手紙(1844)[The Purloined Letter]』から、遠い昔の時代だと痛感させられる場面を紹介する、その2回目です。 . . . 本文を読む
コメント

名探偵デュパンの時代--(1)ポー『盗まれた手紙』より

2017-03-02 06:14:18 | その他、雑記
 推理小説や探偵小説の古典を読んでいると時代の違いを感じさせられることもあります。推理小説の始祖ともされるエドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)が生んだ世界最初の名探偵と言われるオーギュスト・デュパンが活躍する、『盗まれた手紙(1844)[The Purloined Letter]』から、遠い昔の時代だと痛感させられる場面を紹介しましょう。 . . . 本文を読む
コメント

主人公は組織? 『機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ』より

2017-02-20 06:25:24 | 架空世界
 日本のテレビやマンガのヒーロー物、に限らず世界的にも多くの小説・ドラマ等でも、主人公は一人と決まっていることがほとんどでした。それが日本のテレビではたぶん戦隊シリーズで5人ほどの主人公がチームとして戦うという設定がでてきました。それでも彼らは大概はバックに何の組織も持たず孤軍奮闘することがほとんどで、ワールドトリガーのように組織が前面に出てくる物語は極めて珍しいかったと言えるでしょう。そして2015年秋からテレビで始まったガンダムシリーズの鉄血のオルフェンズの鉄華団です。これはまさにひとつの企業?が主人公といった趣です。 . . . 本文を読む
コメント

ブルーノ・ラトゥール『科学が作られているとき』

2017-01-29 08:30:59 | 哲学
 ブルーノ・ラトゥール(Bruno Latour)『科学が作られているとき』という本を読んでみました。実験室(研究室か?)において科学理論が作られているまさにその時の様子を人類学的手法で観察し、その原理を明らかにしたらしいとか、その理論付けがゆきすぎて、科学的知識そのものまで「社会的に構成されたもののみである」と言い切って、トンデモな方向に行ってるらしい、とかそれは誤解だとか色々噂を聞いていました。事実は果たして・・・。 . . . 本文を読む
コメント

日本人は飲酒に世界一寛容?

2017-01-19 05:56:59 | 社会
 ダイヤモンドオンラインに「日本人は飲酒に世界一寛容」と題した4ページに渡る記事が出ました。しかし、どうも不可解に思えます。 . . . 本文を読む
コメント