注文住宅を建てる。家のデザイン、住宅設計あれこれ

家のデザインは、人によって想いが千差万別。注文住宅の間取りや悩み勝ち。住宅設計のあれこれをお届けします。

【契 約】(土地の場合)信頼度チェック!クライアント物語編(3/3)

2017年05月20日 | 日記
設計事務所開設10周年を向かえた建築家 森川 稔が語る「家づくり物語」
==============================================================vol.007======


 【デザイン住宅を建築家とつくる!】について


 設計事務所を開設して10周年を向かえたDEN設計、60組程度のクライアント
 の「家のデザインへの思い」と建築家の体験記をお贈りします。あまり知られていない
 「家づくり」に特化してお話していきます。


 そのデザイン住宅が出来上がるまでに必ず遭遇する諸問題。建築法規や工事費
 、近隣問題、心構えなどを、必要な部分をピックアップして説明していきます。


 住宅設計と言う専門分野であるため、難しい言葉など専門用語もたくさん出てきま
 すが、たくさんの他WEBで紹介されていますので、詳細な説明は、最低限必
 要と思われる事柄のみとさせていただきます。


 このブログは、一方通行の発信媒体ではなく、皆さんの知りたい情報もたく
 さん盛り込んでいきますので、ご要望があれば、連絡ください。

 ブログの構成は、家づくりを進める上で必要になる知識を解説している【解説編】と、
 その議題に対して実際にあった、クライアントとの出来事【クライアント物語】の
 二部構成としています。



                            主宰  森川 稔
 

 無料プランニングサービス





 
***********【家を建てるために!これだけは!】(第7話)***************************


 本文中[ポイント○]と明記されているところだけでも読んで見てください!
 参考に必ずなると思います。

 「クライアントとの物語」は、全てDEN設計にご相談にこられた方々との
 実際にあったお話です。


■■■■■   【家を建てるために!これだけは!】(第7話)   ■■■■■
         
         ≪ステップ2≫【契約】
         (土地の場合) その契約、まった!もう一度考えよう!
          【 CHECK1 】信頼度チェック! 
■■■■■           クライアント物語(3/3)               ■■■■■




~~~~~クライアント物語~~~~~Story-005~~~~~~~~~~~~~~

 今回も、前回に続き、”建築条件付土地”にDEN設計がデザインする家を
 建てようと試みるが、クライアントU氏と森川が挑む、横柄な建売会社との
 やりとり(対決?)をお話します。
 



 ・・・・その数日後、契約を急ぐ建売業者の社長の気持ちも分かる・・・。


 なんとかスケジュールを調整して不動産会社の設計部の方達とミーティングを
 行った。


 森川:「先日、社長は、”できる”って言ってましたけど、大丈夫ですか?」


 自分の感触では、限りなく不可能に近いと思えていたからだ。


 ○○部長:「社長が(できるって)言っているんだから
                    良いんじゃないですかね。」


 (なんとも頼りない返答・・・


 そのミーティングで設計部の二人の反応は、こちらの説明に対して、普段は、
 コピーで造る建売の設計と違い、新鮮な気持ちで、かなり興味を示しているよ
 うだった。


 そして、二人が帰ると・・・・


 U氏ご夫婦が、わざわざ事務所に来られて、


 U氏「不動産会社の社長からの電話で、今回の○○の土地は売れてしまい、
    U氏がご希望の区画はなくなりました、その隣でしたら、販売を検討し
    ても良いですが・・・」


 と、社長自身が私達と約束した優先順位を簡単に跳ね除けた瞬間だった。


 (残念な事ではあるが、あの社長さんだったら、”難しく時間のかかる儲け
  の少ない内容”よりも、”自社のみで造る簡単で早い内容”を優先するのも
  想像はしていた・・・
 
  それも、先ほどまでこちらが時間を割き用意したミーティングで、
   細かく説明を行ったのは なんだったんだろう・・・

  期待を胸に膨らまして、楽しそうに帰っていったあの設計部二人は、
              なんだったんだろう?・・・

  その奇妙な行動こそが、怪しく思えていた。・・・


 もともと希望していたのは二区画ある日当たりの良いほうで、残っている
 土地は、ゴミ置き場と隣接している条件のはるかに悪い土地。

 建売業者の社長は、その人気のない土地を無理やり選択させようとしたのだ。 

 そして出した結論が、


    ”その建売会社からの土地購入はやめましょう”


 でした。


~~[ポイント7]~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ○建売業者は、お金の流れが速いほうが利益になる。

 ○ユーザーには、迷惑はかけるが、条件の良い土地購入希望者を優先する。

 ○買付証明を出したとしても、優先順位は、”売り側”にある。

 ○”建築条件付”とは、自社自ら造ること、又は、指定した業者がつくることを条件

   にして、土地販売をするため、設計事務所などが介入する注文住宅をつくる事は

   できない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 現代でもこの古臭い手法を使っている業者がいる事に思い知らされた
 形になった。

 その後、U氏には、DEN設計と長く付き合っている黒子さん(いい物件を
 探すんのが得意だけど、いい物件だけに時間はかかるオジサン)を紹介したり、

 ご自分でも近隣不動産に声をかけ探してもらった・・・・

 その後、偶然にも、上記の建売業者の販売物件のすぐ近くに、良い物件が出
 てきて、その土地に、DEN設計と納得した個性的な家を建てる事ができた。

 その後入居され、一年程経ち、偶然クライアントU氏奥様と出会った・・・


 奥様:「家の近くで、あの建売業者が、外観を真似て造っているのよ。
     森川さんの著作権でなんとかしてください~!」


 少し笑いながらの会話でしたが・・・


(以前、あの建売業者設計部の人にデザイン主旨や意匠について説明した
 事を思い出した・・・
 普段手に入れる事のない”DEN設計のデザイン”を盗作したな?
 あの社長のやりそうな事・・・


 森川:「真似ているだけですよね、よく真似されるんです。
     同じではないですよね?
     物まねは、物まねでしかありませんよ。」


 自分がデザインした建物には、私もプライドがあります。自信を持って
 問いかけました。 


 奥様:「同じはず無いわよ、だって、家のほうが断然美しいもの!」


 (嬉しかった・・、奥様も自分達で造り上げた”家”への”美”の意識を
  誇りに思ってくれている・・・


 建売業者の悪意を感じず、真似る貪欲さには、皮肉にもタフな感じもするが、
 クライアントに、他にはないデザインを誇りにしていただいている様子を
 窺わせて頂けたのは喜ばしい限りだった。


 今回は、以上です。


 今回お話したような不動産会社ばかりではない事をお断りしておきます。

 私達も数社、不動産会社とはお付き合いしていますが、皆さんプロ意識を
 もって、クライアントがこれから新しく住む”環境”を一緒に探してくれます。

 

 一部の倫理観に欠ける業者のお話をさせていただきました。




<土地契約の注意点>


(次回お楽しみに!)次回は


         ≪ステップ2≫【契約】(土地の場合)その契約、まった!もう一度考えよう!
          【 CHECK2 】 土地情報・土地購入条件チェック!
                                

                      です!----to be continue――――――――>


 土地を含めたご相談も受け付けています。

 DEN設計ご相談受付サイト
 
===========================================================================
 次回予告:
  ■ 連載 【家を建てるために!これだけは!】(第7話)
       ≪ステップ2≫
      【契 約】(土地の場合) その契約、まった!もう一度考えよう!
            CHECK2.土地情報・土地購入条件チェック! 

 家をたてるには?いろいろ、本・WEBは、見たんだけど・・やっぱりわから
 ない・・ と言う方、必見!!
===========================================================================    




ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【契 約】(土地の場合)信... | トップ | 【契 約】(土地の場合)土... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。