学び

人生日々学び! 一日一日自分のペースで自己向上しよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天才の勉強術 木原武一

2013-12-08 08:54:47 | 学び
 
モーツアルトの「レクイエム」ミヒャエル・ハイドンの「レクイエム」を模倣 (先生と弟子の関係)
ミヒャエル・ハイドン (ヨゼフ・ハイドンの弟)

グレン・グールド----->「創造的行為と模倣的行為との違いは、年月が経過するにつれて比較的わずかな差となる可能性がある」
 
学ぶとは、まねぶ、まねぶとは真似をすることである。
つまりものを学ぶとは真似をすることである。
真似とは「真」に似ること。
「真」とは先生であり、手本のこと。
時に生徒が先生に越えることがある。「出藍の誉れ」
「真似」は手本を超えて真の「真似」である。モーツアルトは「真似」の天才
 
ことばの習得----->真似をする能力(人間に備わった最も基本的な能力)
モーツアルトの生まれた環境、一日中音楽がなり 響いていた(父のレオポルド・モーツアルト----->姉のナネルルを教育
 
無からの創造は不可能、豊富な知識こそ、創造の源泉
 
アメリカの哲学者エマソン----->「新に独創的な人のみが、他人から借りることを知っている」 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳を最高に活かせる人の朝時間/茂木健一郎

2013-06-25 13:04:18 | 学び

好奇心⇒年齢に関係なく新しい神経回路が強化される
朝起きた時に「ネガティブ・バイアス(否定的偏向)」を取り除く
「目覚めてから3時間」は脳活のゴールデンタイム
「脳に快感を与える」習慣を積極的に取り入れる⇒「常に好奇心を持つ」
ドーパミン⇒海馬、思考や判断を司る「前頭前野」、運動をコントロールする「運動野」が活性化
プラスの充実感や達成感⇒脳=脳は強化される:「快感報酬システム」
「朝の日課=自動的にやる」と習慣づける
「ノマドワーク」---カフェ、ファミレス、ファーストフード店
ちょとした脳へのご褒美を早起きの対価として準備する---チョコレート、コーヒーを与える ⇒脳内の「ポジティブ・オフセット」が起動する

「サカディアン・リズム」(約一日のリズム)
(体内時計)「視交叉上核」---眠り、睡眠のりズム
人間は25時間のリズムが生じている、約1時間のズレ
脳の「松果体」が朝の到来を判断、睡眠ホルモンのメラニンの分泌を停止

「フロー状態」、一心不乱に集中している状態ではなく限りなく集中しているもののリラックスしている状態

脳の行動回路を強化する、人生で初めてのことが最高のトレーニング

「引き込み現象」偶有性に満ちたもの、予測不可能なこと⇒集中力が持続し更に深みに引き込まれる

マンネリ化を打破 居心地の良い「ホーム」ばかりで活動しない
「今までとは違う環境=アウェーの状態に見を置く⇒脳の可塑性

何事にも積極的に取り組む⇒朝のジョギングで人生が180度変わった
前頭前野:情報処理や判断を司さどってる
強化することで仕事や勉強において集中力を高かめる

「ベータエンドルフィン」(快感物質)が脳内の視床下部や脳下垂体から分泌
ストレス解消、心がだんだん幸せな気持ちにのなる 軽く汗が滲み出る最低30分間の運動が必要

sleep on it(それを頭の中で一晩寝かせる)
「ネオフィリア」---人間は新しいものを好む

脳にとって退屈なことが最大の敵、脳は退屈するとネガティブ思考に陥ってしまう。
朝時間に新しい行動を積極的に取り入れる(
例 朝時間に今まで一度も読んだことの無い新しい本を読む)

すぐに変われないと思うかもしれませんが大丈夫! 脳はいつからでも変われます。大切なのは脳をポジティブにする行動を積み重ねていくこと。 とにかく脳が喜ぶことを実行していきます。

ネガティブに陥りやすい脳をポジティブに
⇒毎朝、目標や夢を書き出したり、声に出して自分に言い聞かせる
自分の願望を「視覚化」「聴覚化」する

「信じ込み」がメンタルに与える絶大な効力
「プラシーボ効果」 「病は気から」----->私たちの脳はたとえ間違った情報でも、それが「正しい」と信じ込むことで心にも身体にも変化をもたらしてくれる。
脳を信じ込ませることで、自分のメンタルをコントロールできる
ネガティブワードからポジティブワードへ ポジティブワードのシャワー

仕事ができる人は「寝る前」の過ごし方も上手い
自分のやる気のピークは夜ではなく、脳も身体もフレキシブルな状態にある朝に持っていく。
夜では作業をある程度区切りをつけ、翌朝に早起きして行う準備を習慣づける
(朝からトップスピードで何かをするためには、寝るまでの準備を変えることが欠かせない)

脳にも休息というメンテナンスが必要
寝る前は心身ともにリラックス---アロマテラピー、ハープティー、心安らぐ音楽、その他
「忘れる儀式」 (嫌なこと、悩んでいることを忘れる)
◎ 38~39℃くらいのぬるめのお風呂にゆっくりつかる
◎ ストレッチやヨガのような軽めの運動で一日の緊張をほぐす

× 就寝直前までテレビやインターネット、ゲームをすること(交感神経に過剰に刺激)
新しい本は就寝前に読まない

寝る前に明るい気持ちになる出来事を三つ思い出す。
短時間でも深く上質な睡眠を取り、脳をゆっくり休ませることがすっきりした目覚めに繋がる

脳----->「眠る脳」 + 「眠らない脳」
「眠る脳」---「大脳(新しい脳)」
「眠らない脳」---間脳・中脳などの「脳幹(古い脳)」(睡眠や覚醒をコントロールする部分がある)
脳の一部の大脳皮質が睡眠を必要としている

深く上質な睡眠を取るための理想的な環境----->室温25度程度、湿度50%程度
エアコンによる温度、湿度環境調整
食事は「就寝3時間前」に済ませる
寝る前の水分補給----->コップ一杯の水
アルコールの飲み過ぎ----->身体が一時的に麻酔状態になっており、眠りも浅い眠り(レム睡眠)の状態、「早朝覚醒」状態を起こしやすい。

感情に影響力大の神経伝達物質
「ドーパミン」---好奇心、やる気、集中力、新しいことに挑戦
「ノルアドレナリン」---不安や恐怖などのネガティブな感情を引き起こす
不安、恐怖、ストレスと対峙するとノルアドレナリンが分泌されて、覚醒や痛みの抑制を行う働きがある。過剰に分泌されると激しい興奮状態を引き起こす。
「セロトニン」---精神の安定に深く関与し、身体の調整機能にもかかわっている
食欲、睡眠、体温などのバランスを保つ。
「ベータエンドルフィン」---モルヒネをはるかに上回る鎮痛効果、”脳内麻薬”の異名を持つ
「アセチルコリン」---学習や記憶を司る

朝の時間に脳の切り替え力を強化
朝一番の太陽光を浴びる----->セロトニンが分泌、体内時計をリセット、精神の安定をもたらす。

「ベストエフォート方式」---今からできることをしっかり、少ずつでも続けていこう
脳のスイッチを切り替える
前頭葉~「眼窩前頭皮質」「背外側前頭前夜」
「眼窩前頭皮質」---現状を察知、脳の活動を調整する働き
「背外側前頭前夜」---脳の司令塔、取るべき行動を指示
何度も繰り返し訓練し、回路を鍛えていく

ひらめきを生みだす「デフォルト・ネットワーク」
「デフォルト・ネットワーク」---特定の目的を持たない行動、ぼーっとすることでこの神経回路が起動し、脳のメンテナンスを行う
「アイデアがひらめく瞬間」に出逢える
脳内に散らばった情報が、デフォルト・ネットワークの起動によって再整理され、新しいアイデアを生みだす。
デフォルト・ネットワークは「禅」で鍛えられる、脳をリセットする
朝に禅を取り入れる
「歩行禅」---無の境地で歩く 何も考えずに、ゆっくりした呼吸で歩く

「セレンディピティ」---偶然の幸運に巡り合う能力
何かを探しているときに、別の価値あるものを発見する能力や才能
「偶然」----->「必然」 by 「行動」、「気づき」、「受容」
(脳を活かす仕事術)(php)

頭のオン・オフスイッチを意識的にチェンジ
発想の煮詰まり、思い込みから抜け出し次のステージにブレイクスルーするためには、本業に8割、自分のやりたいことに2割の時間を費やす~Googleの「20%ルール」
----->デフォルト・ネットワーク、セレンディピティ
新たな人との出会いや交流---脳のスイッチを切り替え、活性化させる

「音楽」----->「情報」、「感情」を解析 週末のコンサート---脳に刺激、リラックス効果
カレーはストレス疲労抑制効果を持つ、アミラーゼの唾液に含まれる分量が多い
アミラーゼは炭水化物を分解する酵素物質でストレスのレベルに関与する
茂木の提案:
①朝の目覚めとともに太陽の光を浴びながら歩行禅。----->②家に戻ってからスパイスたっぷりの朝カレーを食べる。

自分の過去や現状を素直に受け入れ、オープンにする---脳にプラスの刺激
部屋の窓を開けて、光や新鮮な空気を入れ、掃除をする。

感謝の気持ちを表現する、「ありがとう」を発する----->「ゆとりの引き出し」を作る
感謝の気持ち、愛情の「ブーメラン効果」

時間にコスト感覚を持つ=j時間を無駄にしない 計画的に目標を掲げ、有効活用している。
限られた時間内でできることを明確にし、それを達成するために必要な準備をする。
(ネガティブ思考に陥らない、前向きに行動)

「ワークライフバランス」---仕事と私生活のバランスをうまく保つ
誰にも邪魔されない、拘束されない自由な時間帯を自分の好きなことに挑戦する

隙間時間に集中し一つ一つやり遂げる、一瞬でギアがトップスピードに

「タイムプレッシャー」を設定して、自分を追い込む
いかなる場面や状況においても、自分の行動や作業に、自分自身で「制限時間」を設ける
メリット: ①どれくらいで自分が目の前のテーマができるのかを把握する「メタ認知」の能力が発達する。②何事にも集中して取り組めるようになり脳を一瞬にフロー状態に導くことが可能

ツイッターやフェイスブックを駆使---時代の流れや社会の”表情”をリアルタイムで察知
朝時間にソーシャルメディアを活用する
「社会や人と繋がることで、脳の報酬系が活性化される」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳科学がビジネスを変える/ 荻原一平

2013-04-28 07:10:07 | 学び

 ニューロIT(ニューロインフォマティックスと人口知能の融合領域) BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)

韓国:超高磁場MRI、超高解像度OET(陽電子放射断層撮影法)を利用したPET-MRIハイブリッドシステムの開発

日本:脳研究と情報通信技術(ICT)の融合 「ネットワーク型BMI」 高齢者、要介護者などの自立可能とする技術 

~NTT、島津製作所、積水ハウス、慶應技術大学の共同プロジェクト IBM、

マイクロソフト「CogniBloxtm」の開発----->HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)の開発に活用の可能性 Google:16000個のCPUをネットワークし、人間の脳を模倣したアルゴリズムのシステムにユーチューブの静止画像を見せ続けると猫の写真を認識した。

3M: VAS (Visual Attention Service)クラウド上のシミュレーションシステム 視認率、注視率を推測----->広告宣伝フィルムで圧倒的シェア

ユニリーバ: 多感覚器官の統合~さまざまな感覚器官からの情報を脳が統合的に処理を行っている

スイスのジボダン:世界最大の香料メーカー 香りと気分や感情の関係に関するマッピングシステムを構築、顧客のニーズに合わせた香りの調合ができる体制 チョコレートのフレーバー----->安心した気分、リラックスした気分

フィルメニッヒ:嗅覚が誘発する情動反応に関する神経科学的な基盤を明らかにする研究 IFF(メンタルケア企業):さまざまな匂い----->脳損傷患者へのリハビリ効果(過去の記憶が蘇ったり、口数が増えたりする)

ロレアル(化粧品メーカー):敏感肌の神経機構をfMRIを利用して肌を刺激に対して特有の神経反応を示すことから、肌敏感の人に特有の神経メカニズムが活動ディている可能性を示唆 将来的には間違いなく脳科学の知見をベースに行われる、 ニューロビジネス

ぺリパーソナルスペース(身体近接空間):道具によって空間のスペースが自在に変わる、自動車、スマートフォン、脳からみれば道具は身体の一部 道具によるぺリパーソナルスペースの拡張性、柔軟性を発見、脳科学的に解明----->入來 篤史/理化学研究所

スティーブ・ジョブス: 脳がiPodを身体化できるか

バージニア大学の心理学者ティモシー・D・ウイルソン~ 人間の資格、聴覚などの感覚器官には同時に1100万子の情報が入ってくるが、その中で意識して扱っている情報は多くても40個ほど 無意識に脳は情報を処理する- 生存に必要

マサチューセッツ大学のジェラルド・ザルトマン 私たちの認知活動の95%は無意識に行われており、意識しているのはわずか5%である。 ニューロマーケティング、ニューロエコノミクスはこの95%の無意識の領域に焦点をあてる。

無意識での認知活動は0.5秒:意識するおおむね0.5秒前には脳は意思決定を行い、命令を出している。

脳のトップダウン処理とボトムアップ処理: ボトムアップ処理~ 末梢の感覚器官からの情報が脳に伝達され、その情報に基づいて脳が反応すること。

トップダウン処理~脳内に記憶されたイメージからそのものを認識すること。 (目の前に見えているものはリンゴである) 脳のトップダウン処理、無意識に行われるの認知、意思決定のプロセスが、意識や行動に大きく影響する。

共感覚:数字や曜日に色が付いて見える現象 200人に1人- 脳の中で、無関係に思える者どうしを結び付ける能力。メタファーを作りだす力は小説家、芸術家に多い 会社名称、ロゴデザイン、商品名と商品デザインの関係の重要性

ダニエル・カーネマン~認知バイアスが意思決定に影響を及ぼす 経済学に心理学、脳科学を持ち込み、経済学の枠組みを変える。 fMRIを使って利益と損失では活性化する脳部位が異なることや報酬の予測だけでも快が得られることを発見 

「プロスペクト理論」 不確実性のある状況において、人が満足度を決めるのは得られる富の絶対量ではなく、変化量である。

不確実性のある状況での人の選択に関する重要な特徴は以下の二つである。 ① 人は名に変える時よりも何かを失う時の方に強く反応する(損失回避性)。 ② 人は負の選択をするときには、リスクを追求する傾向があり、正の選択をするときはリスクを回避する傾向にある。 人は不確実性のある状況においては、決して合理的な選択をするとは限らない。

脳にある認知バイアスが影響するから ヒューリスティック: 意思決定を短時間で行うため、脳に蓄積された経験をもとに無意識に判断を下す 脳は結果を早く出すが、必ずしも合理的・客観的でない間違った結果を誘導することがある。 このヒューリスティックによって、認知バイアスが生じる。

代表的なヒューリスティック3つ ① 利用可能性ヒューリスティック (availability heuristic):脳が検索容易な事柄や事項を優先して評価して判断・意思決定する ex. 身近にある成功事例を見て、その裏側にある会社の違いを無視して、他社の真似をする場合。 ② 代表性ヒューリスティック (representative heuristic):特定のカテゴリーに典型的と考えられる事柄や事項を過大評価して、判断意思決定すること。 ex. 海外ベンチマークして、文化の違い、市場に違い、国民性の違いもジャンが得ず、その指標を重視してしまう場合。 ③ 固有性ヒューリスティックまたは係留と調整 (anchoring and adjustment) 最初に示された情報を基準に、その中に含まれ特徴を重視し、その後の意思決定がその結果に引っ張られる。 そのため、いつまでたっても解決策が得られない。 ex. 売上を上げないと成長しない----->利益を増やして成長することを忘れ、売上増加に向けた施策に囚われてしまう。 人は知らず知らずのうちに勝手に何かを基準にして、またはある物事にフォーカスして枠組みを作ってしまう。 社会学、心理学、行動経済学などの分野でフレーミング効果、フレーミング理論と呼ばれるもの


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動脈硬化防止策

2013-04-25 09:01:28 | 健康

動脈硬化を防ぐための4つのコツ
1.まず太らないこと。
2. 暴飲暴食しないこと。
やけ食い、甘い物ばかり口にしていたら血管はダメージを受ける。
糖は血管のコラーゲンと結びついて血管を硬くするからね。アルコールの飲みすぎもだめ。ほろ酔い加減でやめる。
3. たばこをやめること。たばこは百害あって一利なし。
4. 室温で固まる脂を控えること。 牛や豚は恒温動物でいつも体温が高い。それらの脂を室温に置くと固まる。ということは血管の中でも固まる。こ ういう脂を“飽和脂肪酸”という。それに対して、室温で固まらない油は体にいい。

例えば魚は変温動物、冷たい水の中では体温は低いけれど、体は動いている。つまり魚の油は低温でも固まらないんだ。ということは血管の中でも固まりにくい。これを“不飽和脂肪酸”という。

同じように、室温で固まらない植物油も不飽和脂肪酸。特にオリーブオイルは、ビタミンも豊富でいいね。
ただし同じ植物油でも、マーガリンのように人工的に固まるようにしたものは、“トランス脂肪酸”といって、血管の中でも固まるから危険。トランス脂肪酸の摂りすぎには注意しよう。
バランスの取れた食事を摂るように心がけようね。
※女性セブン2013年4月18日号から

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震 パキスタンとイランの国境で地震発生 震度7.8

2013-04-16 20:24:48 | 学び

Heftiges Erdbeben erschüttert Iran

 

An der Grenze von Iran und Pakistan hat es ein extrem starkes Erdbeben gegeben. Das Beben hatte die Stärke 7,8, meldet der Geologische Dienst der USA.

An der Grenze von Iran und Pakistan hat es ein extrem starkes Erdbeben gegeben. Das Beben habe die Stärke 7,8, meldet der Geologische Dienst der USA (USGS). Beben dieser Stärke gibt es weltweit nur etwa zweimal pro Jahr. Über die Tiefe des Bebens gibt es bislang unterschiedliche Angaben internationaler Bebendienste. Über die Folgen der Erschütterungen ist bislang nichts bekannt.

Mehr in Kürze auf SPIEGEL ONLINE.

Geologische Dienst 地質調査所、die Stärke 7,8 マグニチュード7.8

die Tiefe des Bebens 地震の強さ (Intensitaet、Staerke)


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ブッダの〈呼吸〉の瞑想」ティク・ナット・ハン/島田啓介著 

2013-04-16 10:50:00 | 学び

無常は言葉や概念とは別次元のところにありそれを理解するには瞑想の実践しかない。

無常は同時に、無我(アナートマン) 森羅万象の本質に対する仏教の基本的な考え 一瞬⇒クシャナ(刹那) 最も短い時間の単位

たった一秒にたくさんの刹那が含まれている⇒この種の無常のことをクシャナ・アニッチャ = 一瞬ごとの無常(刹那無常)と言う 現象が生まれ、持続し、終息する循環を終えた時、はっきりした変化が認められる⇒これらの無常を循環の中の無常(相続無常)と言う。

無常は、相互依存(縁起)の法則とも通じている 無常は固定した形が無い(アラクシャナ=無相)とも言える。 存在のありのままの姿は、どんな概念や言語表現によっても捉えられない。

知覚と思考は固定した形(相)の世界のもの

波と水のたとえ 実体(スヴァバーヴァ=自性)⇒あらゆる現象の本質そのものであり、私たちの本性。

ブッダは、衆生が苦しみから自由になれるように、無常と無我という真実の鍵を手渡した。 

万物の無常と無我の本質を深く見つめる時、私たちはこの鍵を使ってありのままの世界、ニルヴァーナ(涅槃)への扉を開こうとしている。 

この世の全ては変化し続ける。 「息を吸いながら、無常の本質を観る。息を吐きながら、無常の本質を観る。」

把握できない万物の本質を空とも呼ぶ。空は存在に対する非存在とは違う。 それは夢窓であり、生と死、存在と非存在、増と減、浄と不浄といったあらゆる概念の檻から自由であること

般若心経:「あらゆる現象は空の現われである。それは作られることも壊されることもなく、汚れていることも浄いということもなく、ふえることも減ることもない

(是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減)

空とは未来にあてをつくらないこと(アプラニヒタ=無願)あらゆる存在の意味は、究極の目的を達成する事ではない。 一つ一つの現象の実体の中にこそ、悟りの本質が完成された形で存在する。

無常はまた、集中の1種であるサマーディ(三昧)である。 日々どんな瞬間にも無常の洞察を保とうと訓練を続けること。⇒智慧と幸福が不動になる。 人生と現実は無常である。だからこそ、私たちは不安になる。

無常こそが、ありのままの真実への扉を開く鍵であり、それは、集中であり瞑想である。

あらゆる法(ダルマ)ーすべての現象は、生まれ 持続しやがて消滅する。それぞれの段階を経ていく。

瞑想をする時は、すべては無常であり消滅する運命にあることをはっきりと観なくてはいけない。

課虚の洞察:物事をあるがままの姿で見つめる。 あるがままの現実こそ真の解放の礎。

人生はあまりに早く過ぎ去り、その突然の終わりは何者にも止められない。 実際に存在している自分自身を狭くとらえず、自らを創り上げたこうした制約を超えて意識を広げていければ、自分の命がすべてのものに宿っていることが見えてくる。

そして、波の生滅が水の存在に影響しないように、崩壊しゆく現象がいのち自体を傷つけることは不可能であることがわかる。

観察の瞑想によってこうして崩壊しゆく対象に1つ一つ光を投げかければ、生死に直面した時でも微笑むことができる。 そして、人生に深い安らぎと喜びが訪れる。 ブッダの教え:対象を気づきと集中によって深く見つめなさい、そうすればその真の正体が現れてくる。 

「渇望の不在(欲の消滅)を感じながら息を吸う」という瞑想の目的。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人のための数学勉強法 永野裕之 

2013-03-17 09:18:29 | 学び

典型的な文系人間である者(数理的な思考法ができないとあきらめている者)にとってこの本はなぜ数学ができなかったかを説明してくれる良き手引書であると思います。

・「暗記はしない」 「物語をつかむ」 「教える」 

論理力(=数学的思考力)…筋道を立てて考えていく力 

国語力(文章を読んだり書いたりする力)-----> 数学は必ずできる

・数学を学ぶことは論理を学ぶこと

・勉強したことを理解するときに、できるだけ覚えないで済む方法を「考える」

・勉強が面白いと感じられるようになるのもこの「覚えない」勉強の醍醐味を味合うこと

「なぜ?」と自分に問いかける 勉強は能動的でなければならない

・新しいことを学んだら、それが既知のこととどう繋がるかを考える 

・「忘れないために」意味づけをする----->機械的な記憶は忘れる、エビングハウスの忘却曲線

・「知識」でなく「知恵」を増やす 「知識」は忘れていくもの、「知恵」は忘れないもの

・「論理力」とはまさに石を一つ一つ積み上げるかのごとく、物事を考えることができる力

また、勉強方法のプロセスとして法的な学習法と共通する部分があるように思える。 

「聞く----->考える----->教える」の3ステップ

わからない所がわかること、そしてそれを言葉にできること

「わかる」ということはそれを知らない人に対してわかりやすく説明できること

理解しているかどうか、ここが全てにおいて肝である。

語学の学習にしてもしかり、Input----->Output 知識を知恵に変えるレベルまで昇華させる

以下に使えるか、どうかである。

孔子の「論語」 “黙してこれを識(しる)し、学びて厭(いと)わず、人に教えて倦(う)まず。”

(黙って聞いて物事を知る。勉強に飽きることはない。人に教えて嫌になることもない。)

「聞く----->考える----->教える」がまなびの基本姿勢

1.聞く----->「難しさがわかる」ことの大切さを感じる

2.考える----->「なぜ」能動的に勉強 机の前より、お風呂の中、乗り物の中、寝る前の布団の中、等  イメージを醸成する 右脳をフルに働かせる

3.教える----->自分の言葉で言い換える  ホワイトボードで授業、自分の「数学ノート」を作る

また数学ができなかった根本的理由はおそらく次の説明にあると思います。

「わかる」と「できる」は違う

問題を解いて、解けない場合、解答を読んで「ああそうか・・・」と納得し次に進める、これでは記憶が定着しないし応用がきかない。

----->数学の勉強とは、「ひらめき」にしか思えなかった発想が「当たり前」の発想に思えるようにすること   これがまさしく必要でこの日々地道な積み重ねが大事であると言えよう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Luzern: Drei Tote bei Schießerei in Schweizer Holzfabrik

2013-02-28 06:52:37 | 出来事

Ein Großaufgebot der Polizei hat das Gelände einer Holzfirma bei Luzern abgeriegelt: Drei Menschen sind dort bei einer Schießerei getötet worden, mindestens sechs wurden verletzt. Schweizer Medien sprechen von einem Amoklauf. Der Vorfall soll sich in der Frühstückspause ereignet haben.

Luzern - Bei einem mutmaßlichen Amoklauf in einem Schweizer Unternehmen sind am Vormittag mehrere Menschen erschossen worden. "Wir wissen aktuell, dass es drei Todesopfer gegeben hat und sechs Verletzte", sagte der Sprecher der Luzerner Polizei, Kurt Graf. Schweizer Medien sprechen unterdessen von sieben Verletzten und berufen sich dabei ebenfalls auf Polizeiangaben. 

Klar ist indes, dass es sich bei einem der Toten um den mutmaßlichen Täter handelt - entsprechende Meldungen bestätigte der Polizeisprecher. Das Motiv sei allerdings noch unklar. Das Gebiet um den Tatort - ein Holzverarbeitungsbetrieb in Menznau, etwa 25 Kilometer westlich von Luzern - wurde inzwischen großräumig abgesperrt.

Viele Rettungskräfte seien im Einsatz. Die Schweizerische Rettungsflugwacht REGA setzte drei Helikopter ein und flog vier Schwerverletzte in verschiedene Krankenhäuser, wie eine Sprecherin sagte. 

Augenzeugen zufolge hätten Arbeiter der Firma Kronospan gerade eine Frühstückspause gemacht, als plötzlich geschossen wurde. Laut Polizei wurde die Bluttat in dem Gebäudeteil begangen, in dem die Kantine liegt. Die Behörde will um 14 Uhr über die genauen Umstände der Tat informieren. Für Angehörige richtete sie eine Hotline ein. 

"Ich bin sehr erschrocken. Wir sind fassungslos, dass so etwas in unserer Gemeinde passiert ist", sagte der Menznauer Gemeindepräsident Adrian Duss dem Rundfunksender Radio 24. "Momentan fehlen uns aber noch genaue Details, was sich in der Firma zugetragen hat." 

Kronospan ist laut der Präsidentin des Vereins für die lokalen Gewerbebetriebe der größte Arbeitgeber in der Region. "Dort unten arbeiten 400 Leute", sagte Therese Mayer dem "Tagesanzeiger". Das Unternehmen ist eigenen Angaben zufolge in 27 Ländern vertreten, gegründet wurde es in Österreich. 

"Wir sind alle in einem Schockzustand", sagte Urs Fluder, Mitglied der Konzernleitung von Kronospan, im örtlichen Radiosender Pilatus. "Wir machen alles Menschenmögliche, um die Angehörigen adäquat zu betreuen und finanziell zu unterstützen."

sich berufen

〈再帰〉 〔h〕  sich auf j/et (〈人〉/〈何〉を)引き合いに出す,  証拠(証人)として出す.―sich auf j als Zeugen ~ 〈人〉を証人に立てる.  sich auf ein Gesetz ~ 法律を引き合いに出す. 

mutmaßen [mútmas()n]     〔過分: gemutmaßt; 〈他〉 〔h〕  (vermuten) 憶測する, 想像する.

mutmaßlich [mútmaslç]   〈形〉  付加語として 憶測による, 推測だけの.―der ~e Täter 犯人とおぼしき者, 容疑者.

Mutmaßung [mútmas]  〈女〉 ~/~en  憶測, 想像. 

Amok [ámk,amk]    〈男〉 ~s/   アモク(一種のヒステリー性攻撃発作).―次の成句で ~ laufen 発作的に狂暴になって走り回る.  ~ fahren 車で狂ったように暴走する. 

indessen [nds()n]  〈副〉  (英 meanwhile; inzwischen) その間に.―Ich mache das Essen fertig, ~ kannst du in Ruhe arbeiten. 食事は僕が作るから, 君はその間ゆっくり勉強してていいよ.

(英 however; jedoch) しかし, それにもかかわらず.―Er sagte mir, er wolle gerne kommen, er kam ~ nicht. 彼は私に喜んでまいりますと言ったが, しかし彼は来なかった.                            〈接〉  従属; 定動詞は後置 雅    同時性を表して (英 while; während) の間に.―Indessen er das Essen bereitete, arbeitete sie in ihrem Zimmer. 彼が食事を作っている間に彼女は部屋で勉強(仕事)していた.  対比を表して であるのに対し[一方では].―Die einen gingen schwimmen, ~ die anderen zu Hause blieben. 泳ぎに出かけた者がいるかと思えば, 家に残っている者もいた.

Aufgebot [fbot]   〈中〉 ~es/~e          単数で [総] 動員; 動員された人員.―mit dem ~ der letzten Kräfte 最後の力を振り絞って.

abriegeln [ápri()ln]      →変化11 〈他〉 〔h〕  (ドア・門などを)かんぬきで閉める; (道路・地区などを)遮断(閉鎖)する.

zufolge [ufl]  〈前〉  3格と; 後置 ◆   (gemäß) に従って, に基づいて, の結果.―dem Vertrag ~ 契約に従って.               (nach) によれば.―einem Gerücht ~ 噂によると.

fassungslos [fásslos]     〈形〉 〔‐est〕    あぜんとした; 度を失った, 取り乱した.

zutragen [útra()n]                                   〈再帰〉 〔h〕  sich 起こる, 生じる.

menschenmöglich [mklç]         〈形〉  人ができる[かぎりの], 人力の及ぶかぎりの.

ad·ä·quat Adj. ad·ä·quat

(geh. ≈ angemessen) einer Sache in ihrer Bedeutung, Wichtigkeit o.Ä. entsprechend Die Strafe sollte dem Vergehen adäquat sein.Wir müssen noch eine adäquate Wohnung finden.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GEISELDRAMA IN ALGERIENS WÜSTE - Bild de

2013-01-22 07:11:34 | 出来事

So schlichen sich die Terroristen auf dem Gasfeld ein
60 tote Geiseln – die Aktion der Islamisten war minutiös geplant. Es heißt, einige der Terror-Krieger hätten sogar zuvor in der Anlage gearbeitet

21.01.2013 - 19:02 Uhr

Das Geiseldrama in Algeriens Wüste – es ist vorbei, doch der Schock sitzt tief. 90 Menschen kamen ums Leben, fast 60 von ihnen sollen Geiseln gewesen sein, heißt es aus japanischen Regierungskreisen.
Unter den Toten waren neun Japaner. Auch Amerikaner, Briten, Franzosen, Norweger und Rumänen verloren auf dem Gasfeld nahe der Stadt In Amenas ihr Leben.
Algerische Soldaten fanden am Sonntag die Leichname von 25 Geiseln, viele werden noch immer vermisst.
Mehr als 700 algerische Arbeiter und mehr als 100 ausländische Mitarbeiter konnten entkommen.
Vergrößern
Lage der Gasförderanlage Tigantourine in der Nähe von In Amenas (Algerien)
Was war passiert?
Mittwochmorgen in der algerischen Sahara: Terroristen rasen auf zwei Busse zu, besetzt mit Mitarbeitern der vom Energiekonzern BP, der norwegischen Statoil und Sonatrach betrieben Gasförderanlage.
Der bewaffnete Sicherheitsdienst schlägt die Angreifer offenbar zunächst zurück, doch dann wendet sich das Blatt. Die Islamisten kapern das gesamte Gelände, nehmen hunderte Gefangene. Die algerischen Gefangenen lassen sie schnell wieder frei, ihr Interesse gilt den westlichen Geiseln.
Ihre Forderung: ein Ende der französischen Militärintervention im benachbarten Mali. Am Wochenende stürmten algerische Elite-Kämpfer dann die gekaperte Anlage, töteten alle elf verbliebenen Entführer in einer heftig umstrittenen Aktion.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンティイタリア首相、イタリア危機に対して基本計画を表明

2012-12-25 08:36:13 | 学び

Er ziert sich vor dem Wahlkampf, dennoch hat Mario Monti einen ziemlich detaillierten Plan für sein Land. In einem 25-seitigen Papier präsentiert der Reformer seine Strategie gegen Italiens Schuldenkrise - und erhält dafür die Unterstützung des Vatikans.

Rom - Er möchte für das Amt des Ministerpräsidenten kandidieren, aber aus Angst vor einer Niederlage traut er sich nicht. Entsprechend betreibt Mario Monti - vor gut einem Jahr als gestartet als Hoffnungsträger, als großer Reformer, gegen Italiens Schuldenkrise - eine Art Wahlkampf über Bande. So schließt er eine Kandidatur für die Wahlen im Februar aus - veröffentlicht aber gleichzeitig im Internet eine Strategie, um Europas drittgrößte Wirtschaft aus der Krise zu führen.

Titel des 25-seitigen Masterplans: "Italien verändern, Europa reformieren". Am Freitag ist Monti zurückgetreten und seitdem nur noch geschäftsführend im Amt, am Sonntagabend veröffentlichte er sein Wirtschaftsmanifest. Dessen Kernpunkte:

  • mehr ausländische Investoren ins Land holen;
  • mehr Investitionen in Forschung und Entwicklung;
  • bessere Vermarktung von Italiens Kulturschätzen;
  • konsequenter Kampf gegen Korruption und Steuervermeidung;
  • Bekämpfung der Jugendarbeitslosigkeit;
  • eine effizientere, schlankere Verwaltung.

Mit seinen Vorschlägen knüpft Monti an seine bisherige Politik an. Ab 2015 soll die Verschuldung durch seine Strukturreformen um jährlich fünf Prozent gesenkt werden, verspricht Monti. Ziel sei es, den Schuldenstand von derzeit rund 126 auf 60 Prozent der Wirtschaftsleistung zu senken.

Fans im Vatikan, schwindender Rückhalt im Volk

Dass Monti die Reformen selbst durchführt, gilt derzeit als unrealistisch. In der Bevölkerung hatte der Politiker durch seine Spar- und Reformpolitik zuletzt immer mehr Sympathien verloren. In Umfragen liegt die sozialdemokratisch orientierte Demokratische Partei mit ihrem Spitzenkandidaten Pier Luigi Bersani weit in Führung. Parlamentarier, die den parteilosen Monti unterstützen, sind inzwischen abgeschlagen.   [parlamntári]

Dennoch könnte Montis Wirtschaftsprogramm die Agenda der nächsten Regierung prägen. Denn der Ökonomieprofessor gilt als scharfsinniger Analytiker, viele Fachleute goutieren seine Vorschläge - sie könnten in die Agenda der nächsten Regierungskoalition mit einfließen. In einem offenen Brief an die Bevölkerung offerierte Monti allen reformwilligen Parteien "meine Unterstützung und, falls gewünscht, meinen Rat".

Nach Angaben der Nachrichtenagentur ANSA wurde Montis Agenda von einigen Parteien am Montag enthusiastisch diskutiert. Befürworter sind demnach Zentrumsparteien wie der Union der Christdemokraten um Pier Ferdinando Casini oder die Italia Futura um Ferrari-Chef Luca di Montezomolo.

Die Kirche stärkt Monti ebenfalls den Rücken.  j den ~ stärken 比 〈人〉を支援する

Kardinal Angelo Bagnasco, der Chef der Bischofskonferenz, nannte Montis Vorschläge "innovativ". Auch der Vatikan unterstützt nach Angaben der Nachrichtenagentur Reuters den Reformkurs des 69-Jährigen. Der Rückhalt der Kirche wird im katholischgeprägten Italien für die politische Karriere als äußerst wichtig erachtet.

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加