Dear Boss

今年から大学生。アメリカの大学生活を紹介しまーす。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RWC!!!!!!

2011-09-09 00:37:15 | スポーツ
今回の記事はかなり短いです。
興奮を抑えきれないので、書く事にしました。
後、約3時間でRWC、そうラグビーワールドカップ2011が開幕します!!!!!

ラグビーが世界で一番好きなスポーツ。
年々強くなって行く日本代表の皆さん。
ここアメリカから応援しています!!!!

さて、日本の初戦はフランス。
かなり手強い相手です。
日本は世界トップクラスのフランスに
どこまで立ち向かって行けるのか、、、、
とっても楽しみです。

日本代表がいるPool Aには
ニュージーランド、フランス、トンガ、そしてカナダがいます。
世界最強のニュージーランドに
シャンパンラグビーのフランス。
気性が荒くそして誇り高いイカレ・タヒのトンガ。
そして、フランス大会で引き分けたカナダ。
かなりの強豪達がそろっています。
日本がこの強豪達とどこまでやれるのか、
カーワンジャパン頑張れ!!!!!!!!!!!!!

ラグビーは日本ではメジャーなスポーツでは無いです。
しかし、大きな世界の壁に立ち向かって行く日本代表を
ぜひ応援してください。

あーーーーーーーーーーーー
ニュージーランドに行きたーーーーーーい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その9)

2011-09-06 03:08:30 | 旅行
この日はべガスの旅のメインイベントが待っています。
なので、体力温存をかねて午前中はボーっとして
ジムで体を動かす事に。
ずっと、こんな事をしているわけにもいかないので
外に出る事に。
歩いていて思いついたのが
ベラッジオの噴水ショーの見た目は昼と夜とでは違うのではないかと。
と言う事で、噴水ショーを観に行きました。
 
青空の下での噴水は中々のもんです

音楽に合わせて踊る、水。
 
爆音と共に空高く吹き上がる水。
コレは正直鳥肌もんでした。

さて、べガスの旅メインイベントがコチラ↓
 
シルクドソレイユの"O"です。
コレが見たくてたまらなかった!!!!!
 
劇場内はこんな感じで、天井も幻想的な色使い。
席は真ん中で、全体が良く見える席!!!!!
ショーが始まるのを待っている途中で出てきたのが彼等↓
 
出演者のピエロさん達。歩き回っておかしな事をし続けます。
そして、ショーの開始。
サーカス何だけれども、物語があり、
そして、すべてが美しかった。
あまりの美しさに涙が出てきそうでした。
"O"は楽しいショーと言うよりは
美しい芸術を見ているようで
面白かったと言うよりは
芸術的で素晴らしかったと言った感じ。

ショーの後外に出てみると
真っ暗でした。

夜のベラッジオはこんな感じ。
そしてショーはこんな感じ↓
 
やっている事は同じなのだが
ライトのせいかさっきと全然違う印象を受けました。
    
ホワイトバランスを色々といじってとってみました。
綺麗でしょう????

この日はべガス最後の夜。
なので、もう一度Fremont Street Experienceへ。
 
パフォーマンスをしている人達は殆ど同じ。
でも、やっぱり楽しい。
三味線を弾くお兄さんに、
何かの衣装を着ているお兄さんとお姉さん(?)

"O"も最高だったし、噴水も良かった。
ダウンタウンも前と同じで面白かった。
最高の1日でした。

次の日はただ帰るのみ。
また来たいな~。
べガスの旅はとっても楽しく、充実していました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その8)

2011-08-18 07:35:34 | 旅行
この日の予定はまるでなし。
行かなきゃいけないショーもないし、
ただ1つを除き見たい物は見てしまったので
その時間がくるまでゆっくりする事にしました。
べガスに来て初めての2度寝。
気持ちよかったっす。

体調を整え向かった先はT.Iです。
目的はもちろん
The Sirens of TI
この前は中止だったので。
中止になりません様にと祈りながらTIに向かいます。
30分前には到着。
真ん中ら辺で、でも水のかからない所をゲット。
ドキドキしながら待ちます。
 
女海賊にとらえられてしまう主人公。
そこに、仲間が助けに来ます。

女海賊V.S.男海賊の戦闘が開始。
大砲の音と共に水面が爆発します。
すると、緊急連絡路を見ていたスタッフが急にしゃがみ込む。
何してんだろっと思った瞬間。

ドッカーン!!!!!!
建物が爆発。
ビックリ&熱さが一気に襲ってきます。
コレを避ける為にしゃがんだのか。。。。。。

反撃に出る女海賊

男海賊の船は沈みそして

主人公も水の中に突き落とされる。

水の中から男海賊が女海賊の船に這い上がり。
ハッピーエンドって感じ。

感想は、、、、、、、
正直イマイチ。
男海賊の船と女海賊の船は橋を挟み
対立した形でいるので。
どこにいても
片方が見にくくなっている。
見にくい方の音も聞きづらいし。
色々と微妙。
ストーリーも微妙だし。
正直僕はCircus Circusでサーカス見てる方が好き。

ショーが見れたのに消化不良の僕。
なので、昨日いって楽しかったFremont Street Experienceへ。
今日も音楽がバンバン鳴り響いてました。
    
最初に見つけたのはパンクバンド。
やっぱり、80年代の音楽を弾いています。

そして次に見つけたのがこのおじさん↓

この箱の中に見事に入ってしまうと言うショーをやっていました。

半分位入った所で、カメラを構えている僕を見るおじさん。
“カメラの準備はOK?”的なサインを出されたので
を返すと

カメラ目線でポーズまでとってくれました。
良いおじさんだ
そして遂に、、、、

すっぽり入っちゃった!!!!!!!
もちろん拍手喝采。
このおじさんのアナウンスによれば
5分間隔でショーをやっているらしい。

次に見つけたのがこのバンド
   
やっぱりパンクバンド。
今日はパンクの日なのかな~なんて思いながら写真を撮りました。
ちなみに、僕が写真をとった時に演奏していた曲は
シンディー・ローパーのGirls Just Want to Have Fun。

昨日来た時は天井や周りのショーばかり見ていたな~
ってことでお店もチェックする事に。
やはり、ストリップと殆ど変わりはない。
お土産屋さんにカジノばかり。
でも、男諸君喜びたまえ
僕は発見した。
そう、Gentleman's Clubを!!!!

べガスにストリップクラブはない。
代わりに有るのがGentleman's Club
資料によるとストリップクラブと大差ないらしい。

道行く男集を呼び込むお姉さん。
遠くで写真を撮っている僕も手招きされた。
行かなかったけどね。

なんてしてる内にショーが始まる。

昨日は気づかなかったが床に寝そべって
ショーを楽しむ人がちらほらいる

土足で歩き回る所なので、
僕的には信じられなかった。。。。。


カジノの前で首飾りを餌に
客引きをするお姉さん。
でも、何故か険しい表情。
首飾り欲しさに中に入ろうとしたら止められた
“21歳以下は立ち入り禁止”っていわれた。
“21歳何ですけど”って言ったら
“ごめーん。娘と同じ歳に見えたから。でも、一応ID見せて”
IDを見せ、納得してもらいカジノの中へ。
ちなみに娘は16歳らしい。
ブラックジャックの席がいっぱいだったのですぐに外へ。

出て直ぐに人だかりを発見。
その中心にいたのが彼等↓

チップをバケツに入れると動き出すロボットです。
本当にチップを入れるまでは微動だにしない。

父親に無理矢理、チップを入れに行かされた女の子。
そんなに拒否らなくても良いと思うんだけどな~

動きも本当にロボットって感じ。
ロボコップの動きと似ているかも。
口でウィーンって感じの音も出していて
とっても良かったです。

この日最後に見たのがこの異色のユニット↓

オジー&ロブ・スチュアート(多分)
音楽のジャンルが全然違う!!!!!
だからこそ見て面白いのかも。

オジーは基本的にタンバリンを叩きながら歩き回るだけ。
カメラを向けたらポーズととってくれました。

スチュアートはギターを弾きながらずっと唄っています。

Fremontはイロイロな人や芸を見つけられて
本当に面白い。
カジノ掛け金も
ストリップのと比べると断然低かった
(ブラックジャックはの話)
夜のFremontは本当に楽しいです。
2日連続ですが、全然飽きません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その7)

2011-08-17 03:21:53 | 旅行
この日は夜まで予定がありませんでした。
行きたいフリーショーは殆ど行ってしまったし、
殆どのフリーショーは夜に行われるし
この日はべガスでの2番目のメインイベントが待っているので
夜までゆっくりしている事にしました。

ベルトが壊れてしまって
新しいのを探していた所なので
Fashion Show Mallに行く事にしました。
ココは、かなり大規模なショッピングモールで
名前の通りフッションショーが行われているそうです。
中には百貨店、靴屋、服屋、宝石店などなどイロイロなお店が有ります。
こんだけ大きいなら気に入ったベルトが見つかるだろうと
向かったわけです。
Men'sの服屋をしらみつぶしに探すも気に入った
または、ズボンと色の合うベルトが見つからない。
2時間ほど歩き回りやっと見つけ、ホテルへ。
夜の為に体力の回復をします。

さて、今回の旅2番目のメインイベントはコレです。

Blue Man Group!!!!!!
ずっと見たかったのに機会が見つからず
やっとチャンスを見つけました。
7時からのショーで
6時までにチケットを取りに行かなくてはなりません。
あまりにも楽しみだったので開始1時間半前に到着。
ちなみに会場はVenetianの中に有ります。

会場の中はこんな感じ
 
端の方でしたが前の方で
なかなか良く見える席でした
会場ある殆どの物がショーに使われ
ショーを引き立てています。

ショーの感想は
面白かった~
前衛芸術、ロック、とチャップリンの様なスラップスティックの合体した感じ。
Blue Man達は喋らないけれども、仕草や動きすべてが面白く
言葉が分からない人でも楽しめる用になっています。
音楽もロックが好きならかなり楽しめることでしょう。
チャップリンがモダン的な前衛芸術を学んだら
こういう事になるのではって言う感じのショーです。
会場の仕掛けは全部今まで見た事がないくらい
未来的というかコンピューター的な仕掛け。
本当に楽しかった。
人気が有るのが分かる。
 
ショーの後の会場内はこんな感じ。
どうしてこうなっているのかは自分で行って見てください。

会場の外に出ると凄い量の人だかり。
みんなグッツが欲しいんだな~なんて
思っていたが観客は違う所にいる。
その中心に居たのが↓
 
Blue Man本人達とスタッフ達!!!!
写真のスタッフは楽器の演奏者だと思われます。
本人もスタッフも客と写真を撮るのが大変だと思うのに(特にBlue Manは休みなく写真を要求されている)、
僕がカメラを向けるとカメラを向いてポーズを撮ってくれました。
(Blue Manは終止無表情)
ブロードウェイでは見た事のないファンサービス。
コレもBlue Man Groupが人気の秘訣かもしれないです。

メインイベントのショーを楽しんだ後は
まだ行っていないアル場所へと向かいます。
それがココ↓
 
Fremont Street Experience
ココはラスベガスのダウンタウンです。
良くテレビに映る場所はストリップであり、
ダウンタウンでは有りません。
ココに来た理由は毎晩8時~深夜、1時間おきに行われるショーを見る為です。
着いた時にはまだ30分以上時間があったので中を歩き回る事に。

彼の様に楽器を弾いたり、
コスプレをして観光客と一緒に写真を撮る人達が
ストリップよりも沢山居ます。
 
カジノの前で踊りながら首飾りを配るお姉さん。
カメラを向けたらニッコリ笑ってポーズをとってくれました。
さすがアメリカ人、ノリが良いです
Fremont Street Experience内ではあちこちで音楽がなっています。

彼等の用に道で踊っている人をどこででも見れます。

テレビで良く取り上げられる
スプレーで絵を描くショーをするお兄さん。
周りは絵の完成を待つ人でいっぱいです。
もちろん、この絵は買えます。

沢山の人だかりと
歓声、それから楽器の音が聞こえたので音の方へ。
 
バンドが演奏していました。
今、ダウンタウンべガスのコンセプトは80thらしく
彼等は80年代の音楽をずっと演奏していました。
観客はお酒を飲みながら音楽を楽しむ、
又は一緒に唄ったり、踊ったりしています。

10時。楽しみにしていたショーが始まります。
ショーは電飾アーケード天井です。
雷の音と同時にアーケード内が真っ暗に。

そして、映像が流れ始めます。
雷が鳴り止んだら
クイーンの代表曲“We Will Rock You”が流れ始めます。
  
天井にはライブ映像、歌詞、
ギターソロのパートでは
ブライアン・メイの手とギターが映し出され
ソロパートを弾きます。
コレは素晴らしい
アーケード内にいる9割近くの人が
立ち止まって天井を見上げる光景を初めて見た。
ショーの後は拍手喝采(僕もその1人)
アーケードの天井すべてを電子掲示板にするなんて
さすがアメリカ。やる事が
人の予想の45°ほど斜め上をいっている。

Blue ManもFremont Street Experienceもどっちも素晴らしかった。
べガスに来た時には是非とも2つとも行って欲しい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その6)

2011-08-15 23:37:43 | 旅行
べガスと言えばカジノにショー。
カジノは殆ど堪能したし、負けるし、知らない中にお金を吸い取られるので。
やっぱりショーが一番。
フリーの行きたいショーの名前と時間をメモし出発。

最初の目的地はCircus Circus。
ココには有名なあるフリーショーがある。
それが、サーカスだ。
毎日30分おきに開かれるショーで
小さいながらも面白く
そして、中々良いらしい。
ホテル内を歩き回るも中々見つからない。
あきらめかけ、出口に向かう時に歓声が聞こえる。
ふと上を見るとそこには

空中ブランコが!!!!
やっと見つけた!!!!!!!!
場所はなんとメインカジノの真上だ。
  
お姉さんが首に紐をつけクルクルと回り始める。
スゲー
ショーは一回が5分ほどで短い。
でも、1つ1つのショーが異なるので、1日いても飽きない用になっている。
次のショーまで周りのアーケード&カーニバルゲーム場で時間を潰す。
ココには子供連れの家族軍団&カジノに入れないチャラチャラした高校生軍団が大量にいる。
 
初めてもいないのに商品を確認するおじさん。
多分、子供に頼まれたのだろう。
ちなみに、このゲームは数日前にトライし
僕は失敗している
 
コイントスゲーム。
お皿に向けコインをなげ、上手く乗せる事が出来れば勝ち。
難しそうだ。。。。。

チキントスゲーム。
カタパルトでチキンを発射し鍋に入れれば勝ち。
ちなみに、この人は10回以上トライし
3個ほど商品を手に入れていた。
このホテルは子供が本当に楽しめる様になっていて
しかも、カジノで遊ばなくても
お客はお金をバンバン使う仕組みになっている。
中々やるなCircus Circus

5分ほど前になったので
また広場に戻る。

べガスのフリーショーには珍しく椅子が置いてあり
座ってみる事が出来る。
ここにも家族を配慮した感が見られる。
5分前ではもう席はいっぱい。
お客(特に子供は)興奮しっぱなし。
 
今回は中国から来たスーパージャグラーによる
ハットジャグリング。
投げた帽子が頭に乗っかる度に拍手。
本当に上手い。
僕なんてお手玉すら出来ないのに。。。。。。

サーカスを有る程度楽しんだ後は
次の目的地に向けて出発。
そこはココ↓

T.I トレジャーアイランドです。
ココでは毎晩
1時間半起きにショーが行われています。

この船が舞台のショーです。
楽しみ~!!!!
早く着きすぎたので中を散策。

入ってすぐ目に入ったのがこれ↑
メデューサのバイク。
格好いいような、怖いような
何とも言えないです。
カジノの奥に行き過ぎて道に迷い
外に出てきた時にはショーを見に来た人でいっぱいでした。
何とか場所を取り始まりを待ちます。
 
男海賊が女海賊の船に迷い込み戦闘に!!!!
写真を見直して思ったが女海賊みんなケバい。。。。
遠くからでセクシー&美人(そう)に見えたみたいだ。

戦闘が終わると反対側から男海賊の船登場!!!!!
男海賊を助けに来たようです。
男海賊達と女海賊達の会話終了後ダンス開始

この途中で事件が起きます。
なんと途中で音楽が停止。
観客がざわめき始め
そして、そのざわめきを止めるかの様にアナウンスが。
“機械の故障のため今回のショーを中止します。また10時にお越し下さい”
えーーーーーーーーーーーーー
ショック。仕方ないので次のショーへ向かいます。

次はコチラ↓

Volcano at the Mirage
Mirageホテル前に有る火山のショーです。
コレはBellagioの噴水ショーの様に範囲が広いので
場所を気にせずに済むので
いつ行っても大丈夫
 
音楽に合わせ最初は煙
そして、マグマが噴火します!!!!
 
音と共に大きな噴火が起き、
火山の割れ目からもマグマが!!!
中々素晴らしいです。

打楽器の演奏に合わせ水の中からも火が!!!!
炎のダンスと言った所でしょうか
上映時間は5分ほどだが
迫力も演出も十分。
楽しめます!!!!!

火山を堪能したらまたT.Iを目指します。
時間も遅く、小さい子供連れが減ったのか
さっきよりも空いている(ま、30分前だしね)
それでも、ロープの前は全部埋まってしまっている。
それでも良い場所を取り、開始を待ちます。
良い場所取ったし、カメラの準備もOK
でも、さすがに30分立ちっぱ疲れる
それでもショーの為と我慢、そして5分前
アナウンスが流れます
“ただいま機械が故障中です。早期復旧を目指していますが、やむ終えずショーの中止をする可能性があります”
え、、、、、、????
まさか又中止なんて事、、、
有りました。。
今日のメインイベントだったのに。
ショックーーーーーーーーーー

消化不良の僕。
バスに乗っていて思いつく
“また、サーカス見れば良いじゃん!!!!”
ホテルに帰るのを止めCircus Circusへ
ショー開始の5分前に到着。
前よりも良い場所で鑑賞します。

小さなショーの割に生演奏者がいるなど
さすがはべガス伝統のサーカスショーだ!!!!
 
今回はケニアから来たアクロバティック集団です。
音楽に合わせ飛び回り、踊り回りそしてリンボーが始まります。
最初からかなり低いのをビックリな姿勢でクリアしてゆく彼ら。

一番最後なんてあり得ないほど低い。
こんな低さもクリア。スゲーーーーーー
リンボーの後は縄跳び。

結構速い速度で回る縄をバク転などをしながら飛んでゆきます。
テレビで見た事は有るけど、生は初めて。
やっぱりスゲーーーーー!!!!!!
周りの小さな子供と一緒になって拍手と声援を送ってしまった
最後は合体です。
1人、2人とどんどん合体してゆき
最後はこうなりました↓

アメフトのチアリーダー2人が合体するのは見た事あるけど
5人が合体するのは初めて(かも)
ケニアンすんげーーーーーーーーーーー
今回見た3つのサーカスショーの中で
一番の歓声を受けていました!!!!!
Circus Circusのサーカスは見なくちゃいけない!!!!!

3つのショーの内
2つしか見れなかったが
その2つが中々の物だったので満足。
次はどのショーに行こうかな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その5)

2011-08-14 18:29:04 | 旅行
この日は朝かなり早くからジョンに起こされる。
帰る前にBest Buyに行ってヘッドフォンを買いたいそうだ。
ま、やりたい事も決めていなかったのでつきあう事に。
30分ほど掛けBest Buyに到着。
ヘッドフォンセクションへ向かうもお目当ての物が
見つからず、諦めて帰る事に。
ジョンは悲しそうな顔をして
“時間を無駄にしてゴメン”だそうだ。
まっ、別に良いけどね。
ホテルに着き、ジョンは帰り支度を開始。
10分ほどで支度を済ませ、ジョンは帰って行った。

お昼を食べ予定を考えて思った、
べガスにいるのにまだ1つもショーに行ってない。。。
べガスは沢山のナイトショーの他に
フリーのショーも沢山有るのだ。
てことで、ショー巡りに決定。
最初の行き先はココ↓
 
シアーズパレス フォーラムの中に有る噴水ショー。アトランティカ
この建物はとにかくでかい

こんな巨大な像とか

螺旋状になっているエスカレーターなど見てビックリの物が沢山。
15分ほど迷いまくりやっとの事で到着。
1時間に1回、毎日やっているので見逃す事はない。
到着してすぐに目に入ったのが看板。
とりあえず写真を撮り、読んでみる。

“改装中”
ノーーーーーーーーーーーーーーーー
楽しみにしてたのに。
出だしからキツイ1発をもらってしまった。。。
(ショックのあまり肝心の噴水の写真を撮り忘れた。。。。)

気を取り直し次にの目的地へ。
次のはショーでは内。内装が目的。
それがコチラ↓

そう、ベニス。
ホテルの中にベニスの町並みが再現されているのだ。
街の中にはちゃんと川もある。
  
ベニスに行った事がないので本物と比較する事は出来ないのだが、
それでもこの発想に脱帽。
さすが、アメリカ人。する事が面白い。
この川、船に乗る事が出来る。
 
船を漕いでいるおじさんはなんと唄っている。
さすがイタリア、ロマンチック感が漂いまくっている。
なので、1人で乗るにはかなり抵抗があり
結局乗らなかった。
乗らなくても街を見るだけでも十分楽しいです。
この街はこのホテル内に有ります↓


いつも以上に歩きそして外にいたので疲れきってしまった。
この後はホテルに直行し休憩する。
この後の目的の為には体力が必要だからね。

休憩した後は次の目的地へ出発。そこがココ↓

そう、Rioです。
目的はShow in the Sky
毎週木、金、土しかやっておらず、
この日を逃したら見れないので直行。
問題はこのホテルがストリップからかなりはなれている事。
Deuceが走っているが、それを目の前で逃したので、
歩いた方が速いと考え歩く事に。
僕がバカだった。速い事は速かったが、、、、、
遠かった
前向きにダイエットだと考え早速中へ
中はやっぱりカジノ。
 
スロットマシーンがどこにでもあり、ピロピロ五月蝿い。
迷いながら目的地を見付場所を取る。
 
僕は2回で始まるまで時間があったのでカジノやステージの写真をとる。
ステージを中心にスロットマシーンがズラリ。


ショーが始まってすぐ、ステージの床が上ってきて
そこからセクシーなお兄さん&お姉さん登場!!!!
先ずはお兄さんが歌を唄いながら他の出演者と踊ります。


お姉さんによるセクシーダンス↑
続々と出演者が登場しダンスも派手にそしてもっとセクシーになってゆく
 
1曲目が終わると奥から違うお姉さん登場

2曲目はこのお姉さんを中心に進む。
 
3曲目。ステージが大きなベッドに代わりそこに
超セクシー衣装のお姉さんたちが乗っかりダンス開始


すべての歌と踊りが終わった後は
子供達がお待ちかねのメインイベントです。
そう、ゴンドラの登場

最初に登場したのがこれ↑
白鳥に引っ張られる船。外観があまり光らないので
チョッチ地味だが普通に見えるので全然OK
乗っているのはさっきまで踊っていた人と一般客。
出演者は観客に向かって首飾りを投げる。
コレが始まるともう取り合いが始まる。
何個も一気に投げるのではなく、1つ1つを丁寧に投げるので取り合いになるのだ。
そして僕は必勝法を見つけた!!!!!
それは、、、、、、
目を合わせる事。
手を伸ばし、目を合わせるとこっちに向けて投げてくれるのだ。
ちなみに僕はこのロンゲのお兄さんと目が合い、
笑いかけてもらった上に首飾りを投げてもらった。
見た目も中身もイケメンだった

二つ目がこれ
 
周りがキラキラ輝く船のゴンドラ。

セクシーお姉さんに気を取られて、手を伸ばすのを忘れてしまった。。。
ま、1個とったしいっか
最後がコレ
 
草花のゴンドラ。他の2つよりも出演者が沢山乗っていて
しかもずっと踊りながら首飾りを投げている。
 
子供に笑いかけながら首飾りを投げるお兄さんに、一心不乱にセクシーダンスを続けるお姉さん。

ショーの最後にすれ違うゴンドラ。

無料とは思えない良さだった。
感覚はミュージカルの何曲かを聞いて見ている感じ。
1回1回曲は変わるらしいが
この回は今時のHipHopの曲ばかりで、若い人向けにもなっている。
最後に首飾りを配るなど子供にも嬉しいイベントが有るなど
さすがべガスって感じ。

本当はもう1つ行く気だったのだが思った以上に疲れてしまったので
ホテルに帰って写真を整理してすぐにベッドへ。
疲れたが一番充実した日だった。
次の日は何しようかな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その4)

2011-08-13 23:49:58 | 旅行
べガス4日目。
今日はジョンが滞在する最後の日。
次の日にはジョンは帰ってしまうので
出来るだけジョンが行きたい所に行く事に。
朝起きて直ぐに
お昼にまたWicked Spoonに行っても良いと
上から目線で言われる僕。
僕の旅行ポリシーの中に
1回の旅行で同じレストランには行かない。次回まで待つ
と言うポリシーがある。
だって、“旅行する=経験を積む”と言う考えなので
出来るだけ色んな所を試してみたいのだ(特に時間がある時は)
なので即刻却下
靴を持ってくるのを忘れたジョンのお陰で
殆ど歩き回れていないので
コレくらいのワガママは許されるだろう

食べる意外に何をしたいか聞いたら、
近場でギャンブルを楽しみたいそうだ。
なので、この日の予定はCircus Circus探検で決まり

まずは腹ごしらえ。
Circus Circus内にあるPizzariaでピザを食べる。

軽い食事のできる店は
基本的にカジノのすぐ近くに有る。
写真を見て分かるように
ピザ屋の外はもうカジノ。
お腹いっぱいになってすぐにカジノに戻れるようになっている。

食べ終わって直ぐにカジノに行こうとするジョンを静止し
2階へ誘う。
理由は簡単。
Circus Circusは子供連れの家族用のホテルで
小さな子供が遊べる用の遊園地が有るのだ。
中に入って直ぐに目に入ったのがこれ↓

"Disk O"
乗り物がクルクル回転しつつ、前後にバイキングの要に揺れる乗り物だ。
結構怖そう、でも面白そうで
中々の列だった。

↑絶叫しまくる乗客達
これの他にもメリーゴーランドや観覧車(普通の10分の1サイズ)などなど
小さい子供が本当に楽しめる乗り物が沢山。

絶叫マシーンの他の見せ物はこれ↓

カーニバルゲーム!!!!
日本で言うとこの射的や輪投げの類いだ。
一定の事をクリアすると商品がもらえる仕組み。
ちなみに写真のはチキンのぬいぐるみをカタパルトに乗せ
鍋に目がけて発射し、鍋に入れる事が出来れば勝ち、ってな感じ。

(何故かすんごい凝視された。。。。)
基本1ゲームが$1。
ちなみに僕はボールを籠に入れるゲームに何回か挑戦し
全部失敗。。。
隣の奥様は一発で成功してたのに、、、、、
なぜだーーーーーーーーーーー。
(籠は45°ほどに傾いていて、しかもそこには鉄板が入っている。なので、軽いプラスチックのボールは良く弾んで中々入らない)。
カジノだけでなく、カーニバルゲームにまで軽くあしらわれた

ジョンを無理矢理1時間ほど遊園地的場所にとどめた後は
いつも通り、ブラックジャック。
暇だったので、僕も少しお金を掛けて遊ぶ。
1時間半くらい遊んでホテルに帰る事に(ジョンが疲れたと言っていた)

ホテルで休んだあとまたカジノへ。
僕は遊びで、ジョンは本気でブラックジャックに望んだ。
本気だからかジョンは$50もチップに替えて望み、
僕が隣で負け続けている間
勝ち続けていた。
終わってみると僕の所持金は$15 ($24チップに替えた)
そしてジョンは、、、、、、
$119。。。。。。
どんだけラッキーなんだよ。
夜中ずーーーーーーーーっと自慢され続けた。
勝ったんなら酒ぐらい奢ってくれても良いのに、、、、
ヘッドフォンを買うとずっとウキウキしていた。
ジョンが勝ったのは僕が負けたお陰なんだからね
ホント、世の中分かんないっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その3)

2011-08-12 02:25:38 | 旅行
皆さんこんにちは。
今日は何しようかな~
なんて考えながら起床し
部屋を出ると、悲しい顔をしたジョンが。
ジョンのおじさんが心臓発作で倒れたらしく、
ジョンは土曜日に帰る事に。
ショーがあまり好きじゃなく、べガスに数時間ほど観光に来た事のあるジョン。
帰るまでイロイロ食べ歩き、そしてカジノで遊びたいとの事なので
予定は昨日とほぼ同じ(本当に人に優しい僕、なんちゃって)
パソコンで少しBuffettの下調べ&店を決め出発。

今日行ったのは、Planet Hollywood内にあるこのお店↓

この店は地下にあり、カジノのすぐ横にある
エスカレーターから入ります。
店内はこんな感じ
 
昨日の店とは違い
本当にアメリカの食べ放題って感じの店内。
食べ物の種類が豊富で
Seafood, Italian, Asian, American, Desert, Middle-eastern, Saladとセクション
こんな感じ↓に分かれている。
 
食べ物の質は昨日の店より劣ってしまうが、
不味いわけではなく、中々美味しかった。

左からSeafoodセクションより、パエリヤにエビの天ぷら。
Asianセクションより、肉饅頭(的な物)にマッシュルームポーク(そのまんまのネーミング)。
天ぷらにパエリヤは中々美味しくて、気に入ってしまった
他にもカレーやスパゲティーにピザなど本当に種類がイロイロ。
デザートも小さくて見た目がカワイイものが沢山。
  
これらの他にも、その場で作ってくれるクレープもある(お腹いっぱいで食べれなかった
店の内装、定員の質、それから料理の内容など昨日のお店には劣るが行って損するお店ではないだろう。

食事の後はFlamingoへ行きPlayer's Club Cardをゲッツ。
さすがスロット、お金を全部吸い取られてしまった(ジョンのみスロットをし僕は鑑賞)
この後に行ったのがHooters
Hootersは全米チェーンのスポーツバーで
べガスにはそのカジノとホテルがあり、ジョンはそこに行きたくて仕方なかったらしい。
余談だが、Hootersは他のスポーツバーと殆ど違わない。
大きな違いは、働いているウェイトレスが全員セクシーだと言う事。
ウェイトレスを見たいが為にHootersに行く人も少なくない。
ちなみにBGにはないのでToledoまで行かなくてはならない(友達のデイビッドと行く約束済み

ジョンがココに来たかった理由は
Player's Club Cardの得点で$200分のスロット遊び券がもらえるから。
ただし、この件が使えるのはカジノ内でただ1カ所で
しかもこのスロット、1Betが$5で最低&最高2Bet毎回賭けなければならず
しかも、勝っても賞金はなし。
ある一定の柄がそろわない限り商品はもらえない用になっている。
楽しみにしていたジョンの落胆ぶりと来たら。。。
開始10分ほどでジョンは全額使い果たし(しかも一度も勝てなかった)、ウェイトレスが持ってきたお酒を飲みつつ僕が終わるのを待っていた。
ちなみに僕は40Credit有ったのを200まで上げる事に成功。
もし、お金に換える事が出来ていれば$1000もらえる事になる。
40分ほど粘るも、商品の柄はそろわずに終わった

べガスは砂漠の真ん中に有るため
日中の気温はかなり高い。
そのため、歩き回るにも限界があり
限界に達したら直ぐにホテルに引き返すことに。
気温と歩き回った疲れで眠くなったのでホテルで仮眠。
仮眠から覚めた後軽い食事をとり、
Circus Circusにブラックジャックをしに出発。
昨日は少しばかしお金を増やして帰ってきた僕。
調子にのり昨日の倍ほどチップに変え望むも。
負けた。。。。。。。。。
少し勝った時点でもっと調子に乗らずに止めとけば良かった
引き際知った今日。
カジノは遊ぶ所で、設けようなんて考えちゃいけない。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon(その2)

2011-08-10 17:40:12 | 旅行
今日は8月10日
べガスに来て3日目です。
今日はダウンタウンにくり出す事にしました。
DEUCEというバスに乗り出かけます。
目的地はThe Cosmopolitan内にある↓

こちらのBuffetです。
去年の12月に出来たばかりで
しかも、美味しいと評判なので行く事にしました。
中はかなり広く
そして天井にはシャンデリア。

学校の近くにあるBuffetと違い、とてもオシャレ。
料理も品が良く、とても美味しかったです。

左端はオレンジ牛肉何とか(良く覚えてない)
上が見て通りエビ。
右端はみそ汁。
そして、下がパスタ。
容器も食べ物の見た目もすべてがオシャレ。
ウェイターのサービスも良く、食べ物のバラエティーも豊富ですべてが◎。
スイートは好きだけど、太るから。。。。
そんな女性達用にか、太り過ぎのアメリカ人用にか
Sugar Freeのデザートが沢山。

 
ジェラートにチョコに包まれたマシュマロとイチゴ。
チョコの容器に入ったブルーベリーなど、美味しそうなデザートが沢山。
美味しそうでしょう~。美味しかった~。

食べ過ぎで動きずらくなったので、Cosmopolitan内のスロットで遊ぶ事に。
カジノにはPlayer's Club Cardと呼ばれるカードがあり。
会員になると色々な得点があります。
例えば、Buffetに並ばずに入れるとか、クーポンがもらえるなど。
ここのカードはスロットで使える$10が入っています。
なので、コレを使ってスロットをする事に。
$10でどれだけ遊べるのかと思ったが、20分ほどで終わってしまった。
この$10を使う為には$1入れる必要があり、$1を入れスロットを開始。
結果$8が帰ってきました。
カードを使い切ってすぐ止めて戻ってきたのが$8。。。
普通にやってたら負けてるじゃん。。。。。。
やっぱりべガス怖い、なんて思いながらホテルに帰ってきました。

休んで夜になったら、サーカス・サーカスへくり出す予定です。
目的はもちろん、ブラックジャック!!!!!
ブラックジャックは確率が5割程度なので、少ないお金で長く遊べます。
せっかくのべガス、楽しまなくては!!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Las Vegas with Jon

2011-08-10 16:04:08 | 旅行
僕は今Las Vegasにいます。
サマークラスも終わり大学が始まるまで暇だし、
次のアパートに引っ越すのは19日と日があるので旅行する事に。
アメリカに何年もいるけれども
アメリカ国内を旅行した事が殆どないし
21歳になったのでSin CityつまりLas VegasにルームメイトのJonと来ました。

着いたのは8日の夜8時ごろ。
サマークラスの期末も終わり
徹夜で今まで住んでいたアパートの掃除と片付けを徹夜でし
クタクタのままべガスに。
二人ともその日は着いて直ぐにベッドに。

次の日はゆっくーり起床(12時)。
疲れているのでこの日は
ホテルの周りの散策、そしてホテルの探検をしました。
僕が泊まっているホテルの近くにあるのがコチラ↓

そう、サーカス・サーカスです。
GeoJourneyで来た時はまだ20歳だったので
カジノには入れなかったので
カジノに行ってきたのです。
カジノの中では写真を取れなかった(というか忘れた)ので、
写真はないっす。。。

カジノではブラックジャックをしました。
$8を使い、1時間ほど遊びました。
(8ドルなんかで儲けなんて考えちゃダメ)

カジノは危険な場所な感じがありますが
実はそうではないんです。
マフィアはカジノから一掃され
映画で観るような危険な場所ではありません。

嘘その1、カジノはマフィアが仕切っている。
ずっと昔に、マフィアは一掃されました。
嘘その2、ディーラーはイカサマをしている
ディーラーは機械的に動いているだけでイカサマはしていません。
それに、カジノの利益の7割はスロットから来ています。
嘘その3、何かしたら裏に連れて行かれる
普通に警察に突き出されるだけです。

このようにカジノは単純に博打を楽しむ所で、
危険な事は何もありません。
でも、博打に依存してしまう人が沢山います。
前回の負けを取り戻そうと戻ってきては
また、負けを作る。
割り切って楽しむのが一番だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加