山とバイクと時々お遍路

近畿北部、北陸の山(特に白山が好き)歩き。バイクツーリング、自転車で遊んでいます。

神社仏閣探訪 出雲大社

2017年04月18日 | 神社
2017年4月12日13日(水、木)晴れ

何度となく訪れている出雲大社ですが、今回はゆっくりと くまなく境内を巡りその歴史にふれてきました。2日めは早朝に神門通り宇迦橋大鳥居から歩いて勢溜鳥居、下り参道、祓橋、松の参道を進むと、ちょうど荒垣内境内の開く午前6時になりました。
朝の凛とした静寂な空気に包まれ、心身ともにシャンとします。この参拝は忘れられないものとなりました。

【以下出雲大社ホームページより】

出雲の国は、神の国、神話の国として知られています。
その“出雲の国”には、今もなお古の神社がいたるところにあります。
そして、その中心が「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」をおまつりする出雲大社(いづもおおやしろ)です。
大国主大神は、「だいこくさま」と申して慕われている神さまです。
だいこくさまは、「天の下造らしし大神」とも申しますように、私達の遠い遠い親達と喜びも悲しみも共にせられて、国土を開拓され、国づくり、村づくりに御苦心になり、農耕・漁業をすすめ、殖産の法をお教えになり、人々の生活の基礎を固めて下さいました。
また、医薬の道をお始めになって、今もなお人々の病苦をお救いになる等、慈愛ある御心を寄せて下さったのです。
だいこくさまは、救いの親神さまであると共に、すべてのものが「おのずから」の姿にあるように護って下さる親神です。

【御祭神】
  大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)・・だいこくさま
【見どころ】
  全てです

出雲大社社務所
699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
電話 0853―53―3100
FAX 0853―53―2515
お問合せ 午前8時30分~午後5時

御朱印


宇迦橋の大鳥居


勢溜の鳥居


祓橋


松の参道


銅鳥居(ここから荒垣内境内)


拝殿
現在の拝殿(はいでん)は、昭和34年5月に竣功しました。通常は参拝者の御祈祷が行われ、古伝新嘗祭等のお祭の他、さまざまな奉納行事が行われます。


東回廊と八足門


御本殿
御本殿(ごほんでん)は、大国主大神さまがお鎮まりになっておられ、大国主大神さまの御事蹟に対して建てられた宮です。高さ約24メ-トルの偉容は、御神徳(ごしんとく)にふさわしく比類のない大規模な木造建築の本殿です。「大社造り」と呼ばれる日本最古の神社建築様式の御本殿は、現在国宝に指定されています。御本殿をつつむかのようにそびえる八雲山(やくもやま)を背景にした姿は、たくましい生命力を感じさせ、見るものに感動を与えます。




ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒカゲツツジが満開でした(... | トップ | 神社仏閣探訪 出雲大社(NO2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。