哲学以前

日々の思索を綴ります

三一書房

2017-01-30 11:25:49 | 日記

アマゾンに注文しておいた「世界革命」の本が早速とどけられた。

う~ん、何と言うか・・・(汗)。

「赤軍」なんだよね、やっぱり。私の中では単なる「犯罪者」としか位置づけられていなかった存在だが。

それで「世界革命」って書名に明らかにされてるように「世界革命<戦争>」なんだよね。世界戦争。当たり前だけど。

こういう本を出す出版社ってどういう出版社なのか?どういう企画なのか?と思うわけ。

発行者=社長を見ると田川敬吾。

ネット検索するとこの人も共産党員だったのを除名されたようだ。

赤軍には「大菩薩峠事件」というのがあったらしいけど、三一書房の本で大菩薩峠を唱えていた武道家は「革命の準備としての武道訓練」を示唆していたのは間違いない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治学と弁証法 | トップ | 歴史を使う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。