ワンコが息子

イヌ
ペット

看病。

2017-02-17 12:40:38 | Weblog
久しぶりに風邪を引いた。
幸太郎が看病という添い寝をしてくれた
でも枕を取られていたのでちょっと辛かった。


熱はすぐに下がったけど咳が止まらない。


そんな中、朝一度起きたのに二度寝してしまいその間に幸太郎が緩いうんちをしていて、
サークル内だけでは収まらなかったようで、カーペットの上に緩いうんちと、うんちを踏んだ足跡の掃除でスチームモップまでの掃除をした。泣きそうになった



カーペットを拭いたくらいでは全く綺麗にならず、シミも残るし香る
だけど、カーペットを敷いている方がりくや幸太郎の足の関節の負担は減るはず。
カーペットを剥がしたい衝動を抑えつつ今日も掃除を頑張る



本当に綺麗に暮らしたいなら動物との生活は難しい。
頑張って掃除をしても限度がある。
具合いが悪い時なんて自分の事で精一杯だし、だけどやっぱり一緒に居たい。



写真は横になりながら自撮りって言うのをやってみました
自分の指が写ったりぶれたりして難しい。
使いこなせる人凄いね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2017-01-13 14:53:29 | Weblog
年末大掃除したと思ったら、もう新しい一年が始まり。
あけましておめでとうございます



今年の元日は目が覚めたら幸太郎がうんこを踏み歩いた跡が部屋中にあり、
新年早々スチームモップをかけながら泣きました



仕方がないとはいえ、パパになかなかのキレ具合いで新年の挨拶もせずケンカからスタートする事態になりました
生きていればそういう事もあるわけで、パパもひどい事を言われても馴れたとの事。
新年、夫の打たれ強さに感謝と、りくと幸太郎を怯えさせた反省から始まった。
毎日良い事があるわけではないだろうけど、毎日感謝しながら生きていきたい。
具合いが悪くて寝ているしかない時は、疲れたって健康な方が良いと思うのに、いざ何かあるとイライラするワガママをなんとかしたい。
健康に過ごせているんだから良いじゃないと穏やかに過ごせますように



年末にパパの実家で撮った写真。
りくと幸太郎は意外にも大人しかったが、パパの実家のワンコが遊べと吠え続けていた。
まだまだ若いから気持ちは分かるが、体格差がありすぎて遊びにならないのが切なかった
りくと対面してもどうして良いのかも分からずのようだし、
幸太郎にはめちゃくちゃ唸られて触れ合いどころじゃなかった。
相性とかあるし難しいね
久しぶりに幸太郎の本気の怒りを見た。可愛い怒りさえも可愛い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気が付いて驚いた。

2016-12-31 01:59:55 | Weblog
もう今日で今年が終わる
掃除して掃除して掃除してたらもう年末。


今年はチロルが亡くなって生き死にを身近に感じた。
いつもは死なんて遠くに思うけど、それは本当にありがたい事。
来年と言わず健康に幸せに暮らしたい


後悔しないようにりくと幸太郎にもたくさん愛していると伝えよう
チロルに会いたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たなる散歩道。

2016-12-13 12:43:55 | Weblog
先日、川越運動公園へ散歩に出かけるために車に乗ったら驚く程幸太郎が震え寒いからなのか体調不良か考えた。
ただりくはもう散歩する気満々だったので近くで直ぐに帰れる場所、そして日が射していると思われる場所を目指した


車もさほど通らず、行き止まりではないにしても人通りも少ないこの道。
写真の左側に看板が出ているのですが、ここはどういう施設なのだろう。



随分前に、川越の保健センターの方が話していたのはここの事かな?
川越の保健センターで前に動物愛護フェスティバルが開催されていて、私はそこに迷子になった犬や猫が収容されているのだと思っていたのだが、
職員さん曰く、ここには収容施設はなく別の場所との事。
その場所がここ?



川越の保健センターで行われていた動物愛護フェスティバルは数年前から犬のしつけ教室に変わった。
以前は馬や蛇やモルモットに出会えたのだが
触られまくる動物にしたらなくなって良かったのかも知れないけど、しつけ教室だと今更しつけも何もの我が家は出かける事がなくなった。
でも動物愛護って考えたら、しつけ教室の方が良いのかな。



これからますます寒くなる。
収容される子、捨てられる子がいないと良いな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭駆け回らないタイプ。

2016-11-28 11:44:54 | Weblog
先日、雪が降りました。
犬は寒さに強く雪に喜び庭駆け回るなどと聞きますが、先代の実家のポメラニアンに始まり、
我が家で過ごしたチロル今現在のりく幸太郎の誰も喜びに胸踊ってなどいない


昨日の朝は寒かったが、雪もなかったので散歩に行こうとしたら、
そういう気分でもなさそうだったので家でまったり過ごしました。
最近散歩に行く時は洋服を着ていますが、それでも足は裸足の状態なので凄く震えお腹が緩くなる。


犬に散歩は必要だとも聞きますが、人間が面倒臭くて散歩に行かないのは問題なのかも知れないけれど、犬にも都合ってあると思う時、カートで散歩に行くのも良いものだと思っています。



時々パパの仕事の帰りを駅で待ちます
カートにりくと幸太郎を乗せて。
年を重ねて色々変わってきたけれど、その中で楽しめる事を楽しみたいと思う。
犬でも人間でも無理はいけない


昨日の朝、パパの腕枕でまったりなりくとパパの横を陣取って眠る幸太郎。
散歩に行きたくない気持ちお察しします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除の季節。

2016-11-17 09:42:27 | Weblog
もうすぐ12月、大掃除の季節。
いつだったかな~ベランダ掃除して雨戸を外から閉めてしまって数時間ベランダで耐えたな
寒い時期だと早く終わらせたくて雑になるし、手も凄く荒れる。
早めに頑張ろうとこの間障子は張り直した



今の障子紙は便利で、和紙とは違って糊で貼らなくて良いの
両面テープで貼るのにしているからずれたらやり直しも出来る。
何回もやり直すと変に皺が入るから難しいけど、一人でやりたい私にはありがたい。




あまりにも早く終わらせると年末にまたあそこもここもやっておけば良かったって気になるし、毎年どこまで掃除すれば良いのか分からなくなる。
疲れはしても終わったって時に頑張った分幸せな気持ちになるからまた今年も頑張ろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

理想はミニマリスト、無理だから出来る事をする。

2016-11-02 09:45:04 | Weblog
年末の大掃除に楽をしたいがために掃除をしていた数日間。
要らない物はないが、使っていれば使用感も出てくるしサイズが合わなくなる事もある。
捨ててしまって新たに購入しなければ、私が理想とするミニマリストになれるのかも知れないけど、そうすると不便
なかなか難しい。



しかも捨てるって事にも罪悪感ないですか?
洋服で毛玉が出来てもパジャマとして着るかもとかタオルが古くなっても雑巾にすればまだ使えるかもとか。
自分で働いて買ったのではなくてパパの働いたお金から買っているからなのか一度は何かに再利用をと考えてきたけど最近は溜め込む事をしなくなった。



洋服は実家に送る。凄まじくボロボロになる前に送れば両親が趣味にしている畑仕事で着てくれる。その後で捨てたとしても新しい洋服で畑仕事をするのをやはり勿体無いと考える両親なら無駄にはしないでくれる。



タオルや、りくと幸太郎に使っている小さい毛布は破れる前に動物の愛護団体さんに送る。
使えるのに勿体無いと考えると確かにそうかも知れないけど、送った先の子達が少しでも暖まる姿を想像すると無駄には思わないから。
送料とかも掛かるから、パパには申し訳ないけどその分化粧品とか一年通して買わないから許して欲しいところ。



夏は化粧水はおろか日焼け止めもしないし、冬はアトリックスのみ
外出時は眉毛だけ描く。
シミも皺も凄いけど生きていくのに困りはしないし




私は極端かも知れないけど、これから新年に向けて新しい物に取り替えるっていう時、もし少しでも送料掛かっても良いかなって思ったらぜひとも動物の愛護団体さんに寄附という選択肢を考えていただけたらと思います
犬、猫用品でなくても文房具とかごみ袋とか募集している団体さんもあるのでぜひともお願い致します
古いタオルや毛布は色々な団体さんで募集しています



写真はパパの隣に眠るりくです。
本当は愛護団体さんにいる犬や猫と家族になれたらそれが一番幸せなんだけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うっかりやってしまった事。

2016-10-19 19:25:47 | Weblog
先日の川越祭りの夜。
洗濯の終わった衣類を見て驚いた
祭りの際に配られたポケットティッシュが無惨な姿になっていた



お風呂場でバダバタしても取れない。
掃除用のゴロゴロで取ろうとしても取れない。
数回洗い直してやっと取れたけど、大変だった
洗う前に確かめないとね。パパのズボンのポケットだったんだけどねー



良い事ばかりじゃないね
でも悪い事がティッシュで済むなら全然良い。



写真は先日川越の運動公園に行った時のりく。
太ってしまったのか毛がボーボーだからなのか着られる服が無くなった
新しい服を買うにしてもそれまではこの服を守らなければ
ティッシュにまみれたのがパパのズボンと私の洋服で良かったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川越祭りに行きました。

2016-10-16 21:13:57 | Weblog
昨日と今日は川越祭りだった
地元の大きなお祭りです。
パパの仕事が休みだったので二人で出かけてきました。デートです



りくのお腹の調子が心配だったのと、幸太郎は怖がってしまうのでお留守番。
神戸牛の串焼きとベビーカステラをお土産にしたら、りくは串焼きに夢中。幸太郎はベビーカステラに夢中。
全部を食べきる程はもちろん渡せないけど
少しは喜んでくれていたと思う。



それから、以前川越のワンタイムさんと言うお店で里親会が開催されていると知り、祭りの時にお邪魔したら調度さんがいて写真を撮らせていただいたポテコちゃん。



今日もまたお店へと向かうと店先にポテコちゃん発見確かポテコちゃんは里親さんが決まったのでは?と思い近づくとやっぱりポテコちゃんで、一緒にいらした方が里親さんで本当に幸せそうだった。お店のお手伝いにいらしていたようだ。




数年前にお邪魔した際一緒にいたゆう君にも里親さんが見つかったそうで今でもポテコちゃんとゆう君は会えるみたい。
仲良さそうだったから良かったね
ポテコちゃんとゆう君の気持ちを汲んでくれる方と一緒に暮らせるって幸せだろうな



もう里親さんが見つかったポテコちゃんに会えるとは思わなかったから嬉しかったけど、ワンタイムさんが閉店されるようなのでこれからは里親会が開催される事はないのだろうか、忙しそうだったので詳しく聞けなかった。
自分の家の犬ではなくても幸せそうな姿を見ると嬉しくて変なテンションになる
今日もお祭りに一緒に来ている犬を見てはニヤニヤした。楽しい一日だった。



写真は肉にロックオンのりくと舌がベロンの幸太郎。
喜んでくれるお土産を買えて良かった良かった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お金も好きですが、嬉しい気持ちも価値がある。

2016-10-09 18:58:46 | Weblog
今年の結婚記念日毎年のように「何か買ってくれるのかな」とパパに問う。



「うちはそういう事しないルールだから」と返ってきたけど、夫婦の中で決めたつもりのないルールが我が家の夫一人によって制定された



しかも誕生日とかクリスマスもって付け足されていた気さえする。そうね、毎年そんな感じね
はっきり言うと記念日さえ忘れている気配が自分の中にあるから気にならない。
だから逆に友達から誕生日にメールを貰うとすごくうれしい



今年からはチロルいないなってばかり考えてた。
この家で暮らすようになってからパパが一緒にいない記念日もチロルと一緒にいられたから寂しいとか感じなかったのに、チロル私は寂しい。



だけど、親友のさっちゃんがメールをくれたチロルが亡くなった事伝えてなかったけど、ブログで知っていてくれた。それに何て言えば良いか考えて難しく思ったから誕生日を見計らってメールくれたんじゃないかと嬉しかった。本当に嬉しかった。



昔一緒に働いていた女性ともメール、お互い誕生日が近いからこの時期だけのやり取りでもう数年会ってないけど、近況を話せる人がいるのは本当に幸せな事だ。



パパには誕生日に手紙を書いてとお願いし、テーブルに便箋とボールペンを残し、お風呂に入ったらその間にぱぱっと書いてくれていた。
お礼を言おうにも寝ていたのでりくと幸太郎に見つめられて私も寝ました
普通の1日の幸せ。それに勝るものはない。でも時々誰かが私の存在を知っていて誕生日にメールまで貰える幸せ。お金はお金の価値があるけど、メールや手紙にも価値基準なんかじゃ表せないものがある。
感謝です



誕生日にメールをくれた男友達、数十年の付き合いで会う事もないが年賀状でお互いの家族構成くらいは知っているのだが、試しに「最近は恋人とかはいるの?」とメールを返したら「おじさんだからモテないよ」って返信着たけど、奥様も娘二人もいても感謝しない奴もいるんだなと世の中の切なさを感じました。
こういう人だからメールした事も奥様には話すようにとか年賀状の内容も気を使う
しかし、幸せでいてくれよと思うので大事な友達。



誕生日はパーティーをするとか、プレゼントを貰うとかではなく誰かに私が生きているかの生存確認してもらう日なのかも知れない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加