通り雨の旅路

天気ネタ・生き物ネタ……なんでもありの日記です。mixi始めてから過疎化してますが(笑)、コメント等お気軽にどうぞ♪

子どもの躾・バッタの足をちぎってたら?

2014-09-26 | 雑記

フジテレビで、子どもの躾についてやっていた。

7歳の子どもがバッタの足をちぎって遊んでいた。
どのようにするのがベストか?

A:自分で悪いことだと気づくまで見守る
B:「子どもはそういうことするもんだ」と理解を示す
C:殴ってでも辞めさせる

回答は……↓















……Cだという。
もちろん「殴ってでも」というのは言葉の綾で、
それくらい必死に止めるという意味だとのことだ。

これは納得OK

では、次は難問。

7歳の子どもから
「バッタの足をちぎるのはいけないのに、
なぜ花を切って飾るのはいいの?」
と聞かれたら、なんと答えるか。

模範解答が……↓










バッタの足をちぎっても誰も喜ばないけれど、
花を切って飾ればみんな喜んでくれるでしょ、だという。

この模範解答には首をかしげざるを得ない考えてる顔

露骨な人間目線で、バッタや花の立場が考慮されてない。
人間の勝手な都合で、植物も動物も好きなようにしていい
と教えることになりかねないだろう。


では自分だったらどのように答えるか。
7歳といっても学力はピンキリだろうから、
それぞれの子どもの学力に合わせられるよう、複数の回答を考えてみた。

「○○も、髪の毛を切られるのはいいけれど、手をちぎられるのはイヤでしょ?」
「バッタの足はもう生えてこないけれど、花はまた生えてくるから」
「バッタは痛みを感じるけれど、花は痛みを感じないって言われてるから」
…………

パッとしない答えしか思いつかなかったが、こんなところだろう。

なにか別の妙案を思いついたら、ぜひ教えてくださいウインク

コメント (4)

はじめての酷評

2014-09-13 | 日記風

この前、本に対して初めて酷評を頂戴したあせあせ

商業出版した以上、不特定多数の人が読むのだし、
かならず酷評は来るものだと思っていたが(汗)あせあせ(飛び散る汗)……。

指摘内容は、最も想定内の内容である。

研究者や学者の方は同じように感じると思うので、
私の考えを書き綴っておくことにしたペン


メソ気象の研究者からのメール。
大雑把にはこんな内容であった。

内容の厳密性や表現方法に賛同できない。
スーパーセル、爆弾低気圧などの刺激的な言葉の定義がさっぱりわからない。
ゲリラ豪雪、ピンポイント豪雨、ミニスーパーセルなど
新設用語・造語も多く、しかも定義づけがされていない
科学書としていかがなものか……
といった内容が厳しめの言葉で書かれていた。


私は、以下のように返信した。

本書では、気象エンターテインメント、
とにもかくにも、楽しく親しみやすいことを目指した。
わかりやすさ重視のため、些か厳密性が犠牲になったことは否めない。

多くの読者は、定義などにはあまり興味がないだろうと思い割愛した。

勉強嫌いの中学生くらいの子でも読めるよう、
なるべく科学書っぽくないテイストを目指し、
「気象は堅苦しいものでも難しいものでもない」というメッセージを込めた。

尚、私の不勉強や表現力不足に起因する部分については改正する。

と……。


著者は往々にして、自分の書籍を「子ども」と表現する。

子どもが不始末をしたら詫びることは必要だが、
「うちの子は腐ったミカンじゃないんです。ダイヤモンドなんですぴかぴか(新しい)
と言ってやることも絶対に必要だ。
(もちろんモンペにならないようTPOを弁えて……)

今回、私は主にそういう立場を取った。


乱暴な言い方をすれば、
正確な知識なんて、どっか見りゃ書いてあるし、
私がそれを伝えることに、あまり価値を感じていない。

何はともあれ、興味を持ってもらうこと。
おもしろいと思ってもらうこと……。
興味を持ったら、クラシックな教科書で勉強するといいと思う。

興味をそそるのが私の仕事で、
そこから先は、おそらく私の担当する仕事ではあるまい(笑)。
と開き直ってみるウッシッシ


尤も「大雑把」というのは私の大きなウイークポイントであることも確か。

プログラマの新人時代に、
「あちこちいじくってたらプログラムがおかしくなりました」
と上司に報告したら、発狂されたことがある爆弾衝撃

どこをどのようにいじったら、どのような症状が出たか、
を報告するのが、本来の科学的な態度なんですよね……。

コメント

脱・モンスターにとっても優しい社会

2014-09-10 | 雑記

■「土下座」動画を投稿=コンビニ恐喝容疑の男2人逮捕―大阪府警
(時事通信社 - 09月10日 01:28)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3046208


ニュースに関連して、こんなシチュエーションを考えてみよう。

AさんがBさんに何かを説明したとする。
Bさんは説明を理解できなかった。

Aさんが「こんなのも理解できないなんて馬鹿かっぷっくっくな顔
と怒鳴れば、Bさんは思わず「すみません」と言うかもしれない。
Bさんが悪いことになってしまう。

一方Bさんが「わかりにくいんだよっ!まじめに説明する気あるのかちっ(怒った顔)!?」
と逆ギレすれば、Aさんが謝ってAさんが悪いことになる可能性が高い。

そう、現在の日本では図々しい人や怖い人がとにかく強い。
とってもモンスターに優しい社会なのだバッド(下向き矢印)


先日ツイートしたけれど、こうした背景には
日本人はディベートが苦手なことと関係していると思う。

議論になったとき、日本人は、
論破したり相手を言い負かした方が勝ちだと思う傾向がある。

感情的になって、議論が口論になり、そしてケンカになってしまう。
ものすごく攻撃的と言える衝撃

私が考えるに、ディベート・議論とは本来、
「純粋に会話を楽しむゲーム」という性質のものだと思っている。
相手の話を聞いて、ときには自分の意見が変わって相手に賛同したり……
などというのもディベートの醍醐味だ。

学校教育でもそういう経験を重ねさせることで、
暴言や恫喝が幅を利かす野蛮な社会を払拭し、
モンスターが生きにくい社会へと進歩していくのではなかろうかぴかぴか(新しい)

コメント

たった2つの効果?

2014-09-07 | 日記風

■神宮外苑でデング熱感染か=都内の60代男性―厚労省
(時事通信社 - 09月06日 19:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3041825


代々木公園を始め、都内各地のデング熱騒動。
最も恐れていることが実現されつつあるげっそりげっそりげっそり

それは、都内の貴重な自然に殺虫剤が大量にまかれること……。

都会の緑地には、想像以上に豊かな生態系がある。
代々木公園でも、
ノウサギやオオスズメバチ、オオタカがいると聞くし、
明治神宮でも多数の絶滅危惧種の昆虫が確認されている。

そこへ殺虫剤をばらまくなんて、
原爆慰霊碑に立小便をするくらい失礼な、
そう、自然・地球に対して失礼な行為ではないだろうかぷっくっくな顔


不謹慎を覚悟で言ってしまうが、
たかがデング熱ごときで、そんなに騒ぐことないと思う。
致死率はきわめて低いし、通常1、2日で熱は下がるというのだし。

そもそも、デング蚊をすべて駆除するのは無理。
現に、すでに薬剤散布された代々木公園で
デング蚊が採集されているのだから。


殺虫剤散布で得られる効果はたった2つ。

1.行政が「一応何か対策はしました」アピール
2.殺虫剤メーカーの宣伝

そして、たくさんの生物が無駄死にする。
「生物濃縮」という現象があるから、影響は計り知れない。


どうでもよいけれど、
私は殺虫剤を作ってる会社の製品は買わない主義である。

コメント

うざい人、うざくない人

2014-08-17 | 雑記

「親戚」
この単語にどんなイメージがあるだろうか?

お盆の時期は、何かと親戚付き合いが多くなる。
私は、「親戚付き合い」にかなりプラスイメージがあるぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

花火大会に大勢の親戚が泊まりに来たり、
旅行に行ったり、墓参り、正月のドンジャラやトランプ、ゲーム……
小さい頃から、とかく愉しい思い出ばかりである。

今でもときどき、従姉妹たちとディズニーランドへ行ったりもする。
私が一人っ子であるため、従姉妹(従兄弟)が
兄弟姉妹のようになった例ともいえるかもしれない。


しかし、ネットや新聞を見ると、
「親戚付き合い」は「うざい」ものの代表ともされてるようだバッド(下向き矢印)


いったい何が違うのだろう、と考えた瞬間、あることを思い出した。

ある友人が、ブログの自己紹介で
好きなタイプ「うざくない人」、嫌いなタイプ「うざい人」
と書いていたのだ。

うざいか、うざくないか。
これがすべてを物語っている。

親戚付き合いも、近所付き合いも、職場の人間関係も、
いい人に囲まれてれば「うざくない」どころか、ものすごく愉しい。
一方、嫌なヤツがいれば、一気にうざいものとなる。

ボキャ貧の若い人が、なんでも「うざい」で済ませるとしばしば槍玉に挙がるが、
「うざい」という単語、意外に
人間関係の正鵠を射た単語なのかもしれない。


自分は、たまたま親戚に恵まれた。
それで、まったく「うざい」と感じることがなかったのだ。


いろいろな干渉や束縛にあふれる日本社会だから、
うざくない人になるのも楽ではないかもしれない。

それでもやっぱり、私は「うざくない人」になりたいウインク

コメント

本の出版と厳しい現実……

2014-07-31 | お知らせ・報告

本を出してまもなく三週間……。
読んでくださった方、本当にありがとうございますわーい(嬉しい顔)

Thank you
謝謝
Merci
Gracias
Danke
Asante sana
Баярлалаа
Ευχαριστω
…………

どんな言葉でも言い難いほど大感謝していますぴかぴか(新しい)〜!


夢が叶った多幸感を味わったのも束の間、厳しい現実も襲い掛かってくる。

本は、発売1か月で「勝ち組・負け組」が決まるという。
今のままだと、勝ち組に残れるか微妙……という通達げっそり

「勝ち組」になれなければ、2冊目以降が出せないバッド(下向き矢印)
本の売れ行きデータは、すべての出版社で丸わかりなので、
たとえ他の出版社へ持ち込んでも同じということだ。

いろいろな作戦を考える……。
まずできることとして、小・中・高・大の卒業アルバムを引っ張り出し、
片っ端から「出版のお知らせ」のハガキを出す。

十数年まったく連絡を取っていなかった人、さらには、
同じクラスでも一回・二回しか話したことのない人も含めて。

突然の手紙で驚かせてしまうかもしれない。でも、
JUDY AND MARYの『そばかす』じゃないけれど、
「思い出はいつもきれい」なもの。
「あのときの金兵衛かあ。懐かしい〜」ぐらいに思ってくれれば嬉しい。

計算上は、
「友達の友達の友達の友達」まで含めると、
地球上のすべての人間が含まれることになるのだそうだ。
なので、まずは「知人」レベルの友達も大切にすることだろう。

けっこうな「力仕事」だったけれど、
なんらかの効果がありますように〜チャペル


また皆様にお願いしたいことがあります。

お時間のあるときにでも、アマゾンにレビューを書いて頂けますか。
また、知人等に本のことを拡散してしまってください。

厚かましいお願いですが、ご協力いただけたら嬉しい限りです〜!


※私は、のび太くん並みに悪知恵(?)だけは働くので(笑)、
「もし勝ち組になれなかったらどうする」というストーリーも何パターンか
考えていますが、なるべく実行したくないものばかりですあせあせ

コメント (2)

文化放送、無事(?)終了〜!

2014-07-22 | 日記風

21日朝8時20分から8時30分まで、
文化放送の「グッモニ」に出演させて頂いた。

祝日の朝、浜松町は静かだった。
文化放送に入局する。ビルの中は、
まだ休日の7時過ぎだというのに、とても活気がある。

高まる緊張感グッド(上向き矢印)……。
口パクで「きゃりーぱみゅぱみゅ」「東京特許許可局」「マンギョンボン号」
と言ってみる。

台本を出してイメージトレーニングをしていると、
一人の女性が歩いてきた。
文化放送の気象情報担当の予報士だ。

緊張感がマックスのときに声をかけてくれるのはとても嬉しい。
女性予報士は、コーヒーを持ってきて置いてくれた。
そして、手を振ってスタジオに入っていく。
う〜ん、さすがマスコミの方。いちいちかっこういぴかぴか(新しい)い……。

開始5分前。。。自分の心臓の音が耳で聞き取れる揺れるハート。。。
ウイスキーを小瓶に入れてきて、トイレ等でちびりと飲んでしまおうか。
そんなよからぬ考えも浮かんだ。
(もちろん決行しなかったけれど)

8時19分……。

いざ始まってしまうと、すぐに台本から脱線衝撃
するとおもしろいもので、緊張感が解け、
いろいろ話したいことがどんどん湧き上がってくる。

気象の話だけでなく、アリ、ヒグラシ、スズメバチなど
大好きな昆虫の話もたくさんしてしまった。

お話するのが愉しくなってきたところで終了。
もう少し話したかった(笑)あせあせ

ものすごい緊張感だが、
多くのリスナーが聞いてくれている中で話すのは純粋に愉しい。
「場数を踏んで慣れる」ことができるよう、
またこのような機会をもらえたら嬉しい限りである。

お世話になった方々、どうもありがとうございましたひよこ


追伸:
「今日(22日)に関東は梅雨明けします〜!晴れ
と断言してしまったので、今ドキドキである……。

コメント (2)

おかげ様で書籍を出せました!

2014-07-05 | お知らせ・報告

おかげ様で子どもの頃からの夢が叶い、
書籍が7月11日に発売されることになりました指でOK

『こんなに凄かった! 伝説の「あの日」の天気』
という、読み物調の「気象本」です。
自由国民社さんからの出版です。

大人の初心者の方はもちろん、中学生くらいの方にも
愉しんでもらえたらという願いをこめて書いています。

今回、執筆そのものをものすごく楽しむことができました。

「暴走したら止めてあげるから、のびのびと自由に書いてくださいぴかぴか(新しい)
と、細かい指示はしないで悠々と泳がせてくれたのです。

私には、とても心地よいスタイルでした。
編集者の方って、書籍を作るばかりか、
書き手が力を発揮できる環境を提供することの天才なのかもしれません。


●『こんなに凄かった! 伝説の「あの日」の天気』
http://www.amazon.co.jp/dp/4426117852


目次はこんな感じです↓

------------------------------------------
1章:竜巻と台風の恐怖台風
1.史上最強の竜巻!!  1990年12月11日:茂原竜巻、
2.青森など史上最強の暴風!!  1991年9月28日:リンゴ台風
3.史上最大級の暴風雨、  1996年9月22日
コラム:天気予報をする虫たち

2章:夏の頃のあの日波
4.呪われた花火大会  2013年7〜8月
5.夜中に36℃!?  1991年9月27日〜28日
6.グレープフルーツ大のヒョウ  2000年5月24日
コラム:気象予報士あるある

3章:豪雨と雷雷
7.1時間に153ミリってどのくらい?〜  1999年10月27日
8.練馬豪雨・典型的な都市型ゲリラ雷雨〜  1999年7月21日
9.都心・超ゲリラ雷雨   2005年9月4日
10.ミニスーパーセル?  1999年8月24日
コラム:気象から考える「河童忌」

4章:ゲリラ豪雪、冬も油断はできない!雪
11.西は大雪、東は大雨  2001年1月8日
12.ゲリラ豪雪、内陸で80センチ級!?  1986年3月23日
13.2000年2月8日:ポーラーローという暴れん坊
コラム:いつか見たい東京のホワイトクリスマス

5章:注目の天気図ー(長音記号2)
14.かっこいいと話題になった天気図  2012年10月17日
15.生まれた瞬間から「猛烈」だった台風  2006年8月27日
16.爆弾低気圧 2004年12月5日
コラム:こんなに凄い天気記号

6章:冬のびっくり天気雪
17.雪、雪、雪……一冬に29回、総積雪量92センチ  1984年
18.氷点下の雨  2003年1月3日
19.東京にもなだれ注意報!?  1998年1月
20.史上最も遅い雪  2010年4月17日
コラム:海外旅行は、ぜひ窓際席をゲットしよう!
------------------------------------------


ご興味がありましたら、
ぜひ手に取っていただますと嬉しい限りです^^。

応援してくださった方、どうもありがとうございました。

コメント (4)

●●を好きになる方法

2014-05-14 | インタープリター

「虫を好きになる方法ってないですか?」
中学生女子からこのような質問を受けた。

「●●を好きになる方法」
あるいは、
「▲▲を嫌いになる方法」っていうのはこれまた難しいがく〜(落胆した顔)

「好き嫌い」というのは、根拠のない直感的なものだから、
それを系統的に制御するマニュアルも存在しないのだ。

ネットで調べてみると、出てくるわ、出てくるわ……。
「虫好きな人で虫を好きになる方法があればおしえてください」
「虫を好きになれる方法をご存じの方、いませんでしょうか…? 」
「怖くないと頭では理解してても、生理的にダメなんです」

子どもが虫好きで、いろいろな虫を連れてくる、
BBQやキャンプも、虫のことを考えると憂鬱に、
南国に旅行したいが、虫や蛇が……。

虫が苦手という悩みは、けっこう深刻なのである。

昆虫ではないけれど、さまざまな「恐怖症」がある中で、
世界で最も多いのが蜘蛛恐怖症(アラクノフォビア)だと言われているし。

一方で、地球上で一番多い生物は昆虫、
地球は昆虫の惑星といっても過言ではあるまい。

虫を好きになれば、
元祖ドラゴンボールのOPのように「この世はでっかい宝島ぴかぴか(新しい)」だが、
虫が苦手だと「この世は無間地獄爆弾」になりかねない。


軽度の虫嫌いや、嫌いな虫が限定的な場合には、
比較的容易になんとかなることも多い。

でも、虫偏の漢字を見ただけで鳥肌が立つ
というレベルになってしまうと、正直歯が立たない。

ネットでも、最高レベルの虫嫌いに対応できそうな
方法は見つけることができなかった。

偏差値40から東大理靴房かった人の体験談が貴重であるように、
「みつばちハッチ」という単語を聞くのも嫌だった人が
ナウシカみたいになったという体験談は、
ものすごく貴重なものになるだろう。


虫を好きになるプログラムはないか、本気で悩んでいる。

もし、経験者がいらっしゃいましたら、
教えていただけると嬉しいです。

コメント (2)

そこもかしこもゴーストタウン……

2014-03-31 | 雑記

さっきツイッターでもつぶやいたネタだけれど、
ミクシィは、とにかくコミュニティが充実しているぴかぴか(新しい)
コミュ数は40万近くあるらしい。

一般的な「虫が好き」「気象予報士」系のコミュは、
それこそ何十、何百とあるし、
「××小学校」「●●大学」のような
出身校のコミュも、まずあると思ってよい。

「マイペース」
「血液型A型」
「誕生日7月25日」
「すぐ寝てしまいます」
…………………
思いつくようなコミュなら、ほぼ間違いなくある。

また、「なんじゃそりゃ〜」というものを見つけることもあるし、
「まさか、そんなコミュないよね?」と検索してみると
あるわ、あるわウインク

私が入っている中では、たとえば以下のようなのがある。

「スペースマウンテンに住みたい。」
「マイナー生物大好き♪」
「毛虫の道路横断を応援する」
「ゴキブリを愛でる」
「路上に落ちた蝉を救う会」
「面白トイレ発信☆」
「蚊もゴキブリも殺しません」
「ゴキブリの気持ち」
…………………

また、有名どころでは「変な寝言が忘れられない」というコミュがあり、
「この……リンス泥棒!……」と叫んでる動画が印象的である。

そしてすみません、管理人の力不足であまり盛り上がってませんがあせあせ
私が管理人になってるのは以下のコミュである。

「『虫育』を考えよう」
「蛾の魅力を世界に伝えよう!」

最近残念なのは、「おっ!」と思うコミュを見つけても、
メンバーのほとんどが「最終ログイン3日以上」と
「ゴーストタウン化」してることが多いことである。

残念ながら、ミクシィが衰退ムードになって久しい。
自分が未だにミクシィを使ってるのは、
もちろんミクシィで繋がってるマイミクさんがいるから、という理由もあるけれど、
もうひとつ、コミュニティの充実が魅力的だというのがある。


「こんなこと考えるの、自分だけだよね」と思ってた人が仲間を見つけるには、
絶好の場であっただけに、廃墟化は非常に残念である。

再び多くの人がミクシィに戻ってくる日がくるのか、
あるいは、
FBにもミクシィ並みにコミュ(グループ)が充実する日がくるのか……。

どちらかが実現して欲しいと思う。

コメント