通り雨の旅路

天気ネタ・生き物ネタ……なんでもありの日記です。mixi始めてから過疎化してますが(笑)、コメント等お気軽にどうぞ♪

関東地方にとって、恐るべし台風のコース

2015-08-20 | 天気・気象

台風16号、関東地方へ接近の可能性は低くなってきたあせあせ

夏の台風は変則的なコースを取りやすい。
個人的に恐れていたのは、
赤い矢印のようなコースを取ること。

もし、大型で非常に強い台風がこのコースで接近したら、
関東地方は、身の毛もよだつような
恐ろしい事態になってしまってた可能性があるげっそり

歴史上、こんなコースで接近した台風は
片手で数えるほどしかない。
その中でシャレにならなかったのは、明治の「足尾台風」だ。

足尾台風では、一万戸以上が全壊し、
「空前にして絶後であってほしい、
形容詞のつけようがないほどの凄まじい暴風雨」だったという証言がある。

足尾台風はあまりに古いので、
詳細な記録はあまり残っていない。
気象の専門家でも、若い人は知らない人がいるほど。

百万が一、勢力の強い台風が
このようなコースを取りそうになったら……
そのときは覚悟が必要だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世にも奇妙なオフ会〜ゴキブリを求めて山口へ

2015-08-14 | 旅行・オフ会・イベント

先月、こんなニュースが目に留まる。

★【閲覧注意】徳山動物園さんが壊れた!
「夏だ! ゴキだ! ごきぶり展」なる地獄のイベントを開催ぴかぴか(新しい)


こ、これは絶対行かねばならぬ!目がハート

身近でゴキに会いに山口まで行くツワモノはいない。

が、今はネット社会。
ツイッター、facebook、ミクシィで
「かなりの生き物好き」な方に声をかけ、6人で行くことになった。
しかも、こんな企画なのに参加者は私以外、女性だ。


12日。ずっと晴れていたという山口は雨雨
参加者の中には、徳山動物園の飼育員もいたので、
まるでガイドさんのような、詳しいお話を聞きながら、
動物たちと対面できた。

徳山動物園の動物は、みんな愛想がいい。

チンパンジーなどは、柱に隠れてはこちらに顔を出して(いないいないバー)
遊んでくれたし、こちらに拍手までしてくれた。

性格が悪い個体だと、
唾を吐きかけたり、雲庫を投げてきたりするというから
かなりすばらしいチンパンジーと言えるだろう。

※チンパンジーに関しては、
見るのに夢中になってしまって写真はありません。

そして、いよいよごきぶり展へわーい(嬉しい顔)

「ゴキブリ〜♪ゴキブリ〜♪」と歌いながら
展示コーナーへ入っていく子どもたち。

日本人の中で、ゴキブリのイメージはほぼ「妖怪」と化してるが、
こういう企画でイメージがアップするのだろう。

ふれあいタイムには、触れ合ってきました♪

虫好きの友達は、ヒトと触れ合うことで
ゴキブリのストレスを心配していたが、
ふれあいタイムはごく短時間なので、心配はない。

以下、ゴキブリ展の写真だが、とてもシュールである。

その後、飼育員の方に
周防大島のなぎさ水族館にも案内していただいた魚

一般の水族館と違って、ここも「触れ合う」ことがメイン。
子どもや生き物好きな人であれば、
何時間いても飽きないスポットだ。

徳山で一泊し、翌日は新山口からレンタカーを借りて
秋芳洞、別府弁天池などへ。
あいかわらずの雨だが、まあ仕方ない。

秋芳洞は、
日本でないような、地球外のような光景が広がっている。

一枚、暗くて失敗して写真だが、複数の白いオーブが写っている。
さすが秋芳洞! 清らかな高級霊にずっと守られているのだろう。

ということで、虫好きな方々で集まると
あんなにも自然が愉しいことに驚きだった。

ぜひまた、類似の企画をしたいものである。

とにかく、はるばる山口まで行ってよかったグッド(上向き矢印)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まずはメールでの欠勤連絡を認めるべき

2015-08-11 | 社会・法律・労働

■「欠勤連絡にメールやLINEダメ」派の不可解な主張 「非常識」「失礼」「欠勤率が上昇する」
(キャリコネ - 08月10日 18:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=210&from=diary&id=3559886


記事のラストのところ、凄くいいことを言っているウインクぴかぴか(新しい)

『電話派が8割を超えるというアンケート結果は、
日本の職場がそれだけ働く人たちを信頼せず、
思いやりを持っていないということの証明ではないか。』

→そのとおり!がってん、がってん、がってん!!

メール・裸陰での欠勤連絡を認めると、
会社を休むことへのハードルを大きく下げるのは事実だろう。

だからこそ、
有休取得率を上げるに、メールでの欠勤連絡を認めるべきだと思う。

シンガポールやオーストラリアで働く人によると、
有休申請も、ウェブ上のカレンダーで
希望日をポチッとクリックするだけ。

「誠に申し訳ないのですが、今度の金曜日、
お休みを頂くことは可能でしょうか?(おどおど……)」
と、上司の機嫌がよさそうなときに、おっかなびっくり、
話を切り出す必要なんてまったくないのだ。

「休まれて困る」というのは、人が足りてない証拠衝撃

世の中には、何百万もの失業者がいる。
ギリギリの人数で回そうとか、
人数を増やすくらいなら一人の人を死ぬまで使い潰してやろう
というセコい考えはいい加減に捨てるべき。

一人や二人抜けただけで回らないなんて、
組織としてすでに終わってる。

インド人経営のカレー屋さんなんかにいくと、
従業員がたっぷりいて、余裕の体制を組んでるのが見て取れる。
下手すれば客よりスタッフのが多いほど。
あのようなところはマネすべきだ。

できるっしょ。簡単、簡単。
役員報酬を削ればいいだけ(笑)。


最期にひとつ毒を吐いて終わりますウッシッシ

『メールやラインの欠席報告を
『あり』と思っている奴等の思考が理解できない、というか理解したくない』

→じゃ言ってやりませう。
「たかがビジネスのルールくらいで感情的になるような野蛮で幼稚な奴の
思考が理解できない、というか理解したくない」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むしろ80万人を目指しては?

2015-08-09 | 雑記

●日本は人口8000万を維持できれば滅びない 
深刻な人口減を食い止めるには何をすべきか |
東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/79442



個人的には、これ以上日本の人口を増やしたり、
人口をキープすることには大反対である手(パー)

むしろ80万人を目指し、数百年単位で
人口減少政策を行う方がいいのではなかろうか?

すると隣家との距離もたっぷりと取れるようになり、
騒音問題・ご近所とのごたごたもほぼ解決、
アウシュビッツのガス室みたいな満員電車もなくなり、
痴漢も痴漢冤罪もなくなるぴかぴか(新しい)

また、人の住むところを限定することで、
他の動物との共存もしやすくなる。
国土を、なるべく多く自然のままで他の生物に残してやれば
害虫・害獣に悩まされることもなくなるブタ

人間と同じ空間にいるとどうしてもうまくいかない
ドクガ、クマ、イノシシ、スズメバチなどは
人のいない地域へと帰っていくだろう。

さらに、現状では人口が異常に多いことで
自然災害の危険が大きい所にも人が住んでいる。
そんなところにわざわざ住む必要もなくなるのだ!


日本の人口密度はオーストラリアやカナダの約100倍、
モンゴルの300倍に近い。
こんなにひしめき合っていたら、
ストレスでお互いに攻撃的になるのも無理ないがく〜(落胆した顔)

こんなクソ狭い国土に一億人もいるほうが極めて異常。

国力が落ちる?
たしかにそうかもしれないが、人口を増やしたところで
これ以上の経済成長はたぶんもうない。
人類は、経済発展以外に生きがいをそろそろ見つけるべきだ。

あるスピリチュアルな考え方では、
地球の人口が増えすぎると神(仏?)は、
ヒトラーもどきを産んで世界大戦を起こしたり、
巨大隕石を地球に衝突させたりして、人口を減らすらしい。

そんなことにならないよう、
人間が自ら謙虚になる時期に差し掛かってると思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

占い講座〜自分らしく輝く方法

2015-08-06 | 心理・占い

江戸川区西小岩。大栄商事の三階では、
『小岩寺子屋』という勉強会がときどき開かれるえんぴつ

私は授業をするのも好きだが、授業を受けるのも好きなので
この手の勉強会にはよく参加する。

今回の講師は、占い師の創洋嘉祥先生。
占いは大好きで、創洋先生の講義を受けるのは3回目。

テーマは算命学。
算命学を使って『自分らしく輝く方法ぴかぴか(新しい)を考えていく。

算命学では、生年月日から
まず自分の「人体図」を作る。



上が私の「人体図」である。

全体に、動乱の時代に向いていて、
不安定な環境で力を発揮できるという。

人生に変化が多い。なんでもできるが
一芸に絞ったほうがよい(天報星)。

人付き合いがよく、周りと協調したいという本能が
ものすごく強いようだ(石門星が3つ)。

※石門星が多いタイプは、目下からは好かれるが、
目上からは生意気に思われやすいらしい。
上下関係よりも、横の関係を作っていくとよい。

一方でマイペース、単独行動を好む(貫索星)。

そして、第一印象というよりも、
こつこつと信頼を得ることで好かれたいという欲求が強く、
どちらかというと家庭的・現実的(司禄星)


……当たってるような気もする。

何にでも手を出して、本職が何だか不明瞭になってきてるし、
世界中の人すべてと友達になりたいと本気で思ってる一方で
「組織」というものが死ぬほど嫌い、
自分の時間・自分のペースは、酸素と同じくらい大切。

う〜む。。。

超基本なら一応理解したつもりなので、
生年月日がわかれば占えます手(チョキ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近所の心霊スポット

2015-08-05 | 雑記

東京も、猛暑日の連続記録を更新晴れ
連日クソ暑いので、ちょっと怖い話でも投下したいいい気分(温泉)

地名を出してよいものか迷ったが、
ネットですでに話題になってるし、実名を出してしまおうと思う。

江戸川区東篠崎周辺の、江戸川沿いの道が
知る人ぞ知る、心霊スポットであるという。

たとえば、ネットでこんな書き込みを見つけた。

■■■■■■■■■■■■■■
あの辺の川沿いの道、俺も今日通過したんだけど
ポンプ場(?)付近で、ものすごく嫌な感じがして
“うわぁーっ”って声が出そうになったほど嫌な道だったよ。
なんか、あの辺って全体的に古臭い感じと
空気や雰囲気が、長時間いたり、自転車・バイクとかで通るのは
絶対に無理だと思った。
■■■■■■■■■■■■■■■

この「篠崎ポンプ所」、
実は複数の凶悪事件が発生してるいわくつきの場所。

1988年には、若い女性のバラバラ死体が発見された。
犯人はおろか、被害者の身元すら判明せず、
事件は迷宮入りしてしまった。

そして、2002年にはタクシー運転手が殺害される事件が発生。
この事件も未解決のままだ。

こんな狭い敷地内で、
いくつも凶悪事件が起こること自体ちょっと不自然。
このポンプ所周辺で、怪しい目撃談がいくつかあるのだ。


その他、心霊スポットと呼んでいいのかわからないが、
近所には次々と住人が変わる家がある。
見るからに凝ったデザインで、
ホラー映画の舞台になりそうな一軒家だ夜
その家に引っ越してきた家族、
必ず離婚し、その家を去ってゆく。

その家が建つ前からその場所は知っているが、
私が知る限り、いわくつきの場所というわけではない。
これもなかなか怖い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏らしく……。

2015-08-04 | ひとこと

久しぶりに、テンプレートを変更してみました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜ勉強するのか?

2015-08-04 | 雑記

「なぜ勉強するのか?えんぴつ
その答えが、ふと、ひとつ思いつく電球

『一人でも楽しい時間を満喫できるようになるためぴかぴか(新しい)
ではないだろうか。

頭の中に、たくさんの知識が詰まっていれば、
読みたい本、見たい絵画、聞きたい音楽、
勉強したいこと、研究したいこと、考えたいこと……
が無数にあるはずである。

いくら時間があっても暇を持て余すことはない。

暇つぶしの才能が問われる場面は、けっこう多い。
仕事が暇でしょうがない、失業した、何時間も待たされてる、
そして定年退職後に何をするか。

やりたいことがたくさんあれば、
暇な時間は宝物になるが、
頭が空っぽだと『小人閑居して不善を為す』になりかねないふらふら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺は俺の死を死にたい♪

2015-08-04 | 雑記

■安保反対の学生「利己的」=ツイッターで自民・武藤氏
(時事通信社 - 08月03日 17:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3548201


懐かしい歌を思い出す。

THE BLUE HEARTSの『俺は俺の死を死にたい』だるんるん
http://j-lyric.net/artist/a00734c/l013bbc.html

「死ぬときぐらい束縛しないで自由にしてくれ」という歌で
些か過激な歌詞である。


私は、「人間ごときのために」組織ごときのために」
だけは、ぜ〜〜〜〜ったいに死にたくはない衝撃

「人間のために」死ぬ例としては、
ヒトラーやポル・ポト、始皇帝などの大虐殺、
そして殺人事件などがある。

「組織のために」死ぬ例としては、
戦死(国家のため)と過労死(企業のため)だ。

この二つで、人生を終わらせるのだけは絶対イヤである。
ほとんどの人がそう思うのではないだろうか。

そして、これがわがまま!?がまん顔

他人の命を、自分(組織)の傲慢のために奪う方が
よほどわがままではないだろうか。


ちなみに、個人的には、
自然災害や他の生き物に命を奪われるのは、
ある程度仕方ないと思っている。運命だと受け止めることができる。

でも、組織のために死ぬのだけは絶対にごめんだ手(パー)
戦死するくらいなら、自らサバンナに行ってライオンのエサになってやる!


「♪誰かの傲慢のせいで 俺は死にたくはないんだ。
俺は俺の死を死にたい♪」

このフレーズが脳裏に蘇る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昆虫のようなコミュニケーション

2015-08-03 | 雑記

最近特に、「空気読め」とか「察しろ」という風潮が
強くなってきてるのを感じる。

だが、それではヒトが『言語』というものを
開発した意味がなくなってしまわないだろうか。

「察しろ」というのは、言語を持たない(とされる)動物の
原始的なコミュニケーションと言える。
昆虫界などは、まさに「察して」「空気読んで」のオンパレード。

※蛾やハエが空気を読まずに、カブトムシやスズメバチよりよい場所で
樹液を吸おうとしてオシオキを受けるのは、よく見かける光景だ。
https://www.youtube.com/watch?v=XdVCn4HZkZ4


せっかく言語があるのだから、
人に何かをして欲しかったり、して欲しくなかったら
言葉で明確に表現するのが、一番シンプルで疲れない。

幼児が自分の考えをうまく伝えられず、
ぐずったりふて腐れたりして
「口があるんでしょ。言いたいことがあるならちゃんと言いなさい」
とよく叱られるが、あれこそ正鵠を射ている。


尤も、他人に反対する意見を述べたり、
「これをして欲しくない」「これは嫌だ」とは
やはり言いにくいもの。

そこがホモサピエンスの腕の見せ所。

相手の気分を害せずに、否定や反論を伝える!
それこそが『インテリジェンス』だろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加