通り雨の旅路

天気ネタ・生き物ネタ……なんでもありの日記です。mixi始めてから過疎化してますが(笑)、コメント等お気軽にどうぞ♪

文化放送、無事(?)終了〜!

2014-07-22 | 日記風

21日朝8時20分から8時30分まで、
文化放送の「グッモニ」に出演させて頂いた。

祝日の朝、浜松町は静かだった。
文化放送に入局する。ビルの中は、
まだ休日の7時過ぎだというのに、とても活気がある。

高まる緊張感グッド(上向き矢印)……。
口パクで「きゃりーぱみゅぱみゅ」「東京特許許可局」「マンギョンボン号」
と言ってみる。

台本を出してイメージトレーニングをしていると、
一人の女性が歩いてきた。
文化放送の気象情報担当の予報士だ。

緊張感がマックスのときに声をかけてくれるのはとても嬉しい。
女性予報士は、コーヒーを持ってきて置いてくれた。
そして、手を振ってスタジオに入っていく。
う〜ん、さすがマスコミの方。いちいちかっこういぴかぴか(新しい)い……。

開始5分前。。。自分の心臓の音が耳で聞き取れる揺れるハート。。。
ウイスキーを小瓶に入れてきて、トイレ等でちびりと飲んでしまおうか。
そんなよからぬ考えも浮かんだ。
(もちろん決行しなかったけれど)

8時19分……。

いざ始まってしまうと、すぐに台本から脱線衝撃
するとおもしろいもので、緊張感が解け、
いろいろ話したいことがどんどん湧き上がってくる。

気象の話だけでなく、アリ、ヒグラシ、スズメバチなど
大好きな昆虫の話もたくさんしてしまった。

お話するのが愉しくなってきたところで終了。
もう少し話したかった(笑)あせあせ

ものすごい緊張感だが、
多くのリスナーが聞いてくれている中で話すのは純粋に愉しい。
「場数を踏んで慣れる」ことができるよう、
またこのような機会をもらえたら嬉しい限りである。

お世話になった方々、どうもありがとうございましたひよこ


追伸:
「今日(22日)に関東は梅雨明けします〜!晴れ
と断言してしまったので、今ドキドキである……。

コメント (2) | 

おかげ様で書籍を出せました!

2014-07-05 | お知らせ・報告

おかげ様で子どもの頃からの夢が叶い、
書籍が7月11日に発売されることになりました指でOK

『こんなに凄かった! 伝説の「あの日」の天気』
という、読み物調の「気象本」です。
自由国民社さんからの出版です。

大人の初心者の方はもちろん、中学生くらいの方にも
愉しんでもらえたらという願いをこめて書いています。

今回、執筆そのものをものすごく楽しむことができました。

「暴走したら止めてあげるから、のびのびと自由に書いてくださいぴかぴか(新しい)
と、細かい指示はしないで悠々と泳がせてくれたのです。

私には、とても心地よいスタイルでした。
編集者の方って、書籍を作るばかりか、
書き手が力を発揮できる環境を提供することの天才なのかもしれません。


●『こんなに凄かった! 伝説の「あの日」の天気』
http://www.amazon.co.jp/dp/4426117852


目次はこんな感じです↓

------------------------------------------
1章:竜巻と台風の恐怖台風
1.史上最強の竜巻!!  1990年12月11日:茂原竜巻、
2.青森など史上最強の暴風!!  1991年9月28日:リンゴ台風
3.史上最大級の暴風雨、  1996年9月22日
コラム:天気予報をする虫たち

2章:夏の頃のあの日波
4.呪われた花火大会  2013年7〜8月
5.夜中に36℃!?  1991年9月27日〜28日
6.グレープフルーツ大のヒョウ  2000年5月24日
コラム:気象予報士あるある

3章:豪雨と雷雷
7.1時間に153ミリってどのくらい?〜  1999年10月27日
8.練馬豪雨・典型的な都市型ゲリラ雷雨〜  1999年7月21日
9.都心・超ゲリラ雷雨   2005年9月4日
10.ミニスーパーセル?  1999年8月24日
コラム:気象から考える「河童忌」

4章:ゲリラ豪雪、冬も油断はできない!雪
11.西は大雪、東は大雨  2001年1月8日
12.ゲリラ豪雪、内陸で80センチ級!?  1986年3月23日
13.2000年2月8日:ポーラーローという暴れん坊
コラム:いつか見たい東京のホワイトクリスマス

5章:注目の天気図ー(長音記号2)
14.かっこいいと話題になった天気図  2012年10月17日
15.生まれた瞬間から「猛烈」だった台風  2006年8月27日
16.爆弾低気圧 2004年12月5日
コラム:こんなに凄い天気記号

6章:冬のびっくり天気雪
17.雪、雪、雪……一冬に29回、総積雪量92センチ  1984年
18.氷点下の雨  2003年1月3日
19.東京にもなだれ注意報!?  1998年1月
20.史上最も遅い雪  2010年4月17日
コラム:海外旅行は、ぜひ窓際席をゲットしよう!
------------------------------------------


ご興味がありましたら、
ぜひ手に取っていただますと嬉しい限りです^^。

応援してくださった方、どうもありがとうございました。

コメント (4) | 

●●を好きになる方法

2014-05-14 | インタープリター

「虫を好きになる方法ってないですか?」
中学生女子からこのような質問を受けた。

「●●を好きになる方法」
あるいは、
「▲▲を嫌いになる方法」っていうのはこれまた難しいがく〜(落胆した顔)

「好き嫌い」というのは、根拠のない直感的なものだから、
それを系統的に制御するマニュアルも存在しないのだ。

ネットで調べてみると、出てくるわ、出てくるわ……。
「虫好きな人で虫を好きになる方法があればおしえてください」
「虫を好きになれる方法をご存じの方、いませんでしょうか…? 」
「怖くないと頭では理解してても、生理的にダメなんです」

子どもが虫好きで、いろいろな虫を連れてくる、
BBQやキャンプも、虫のことを考えると憂鬱に、
南国に旅行したいが、虫や蛇が……。

虫が苦手という悩みは、けっこう深刻なのである。

昆虫ではないけれど、さまざまな「恐怖症」がある中で、
世界で最も多いのが蜘蛛恐怖症(アラクノフォビア)だと言われているし。

一方で、地球上で一番多い生物は昆虫、
地球は昆虫の惑星といっても過言ではあるまい。

虫を好きになれば、
元祖ドラゴンボールのOPのように「この世はでっかい宝島ぴかぴか(新しい)」だが、
虫が苦手だと「この世は無間地獄爆弾」になりかねない。


軽度の虫嫌いや、嫌いな虫が限定的な場合には、
比較的容易になんとかなることも多い。

でも、虫偏の漢字を見ただけで鳥肌が立つ
というレベルになってしまうと、正直歯が立たない。

ネットでも、最高レベルの虫嫌いに対応できそうな
方法は見つけることができなかった。

偏差値40から東大理靴房かった人の体験談が貴重であるように、
「みつばちハッチ」という単語を聞くのも嫌だった人が
ナウシカみたいになったという体験談は、
ものすごく貴重なものになるだろう。


虫を好きになるプログラムはないか、本気で悩んでいる。

もし、経験者がいらっしゃいましたら、
教えていただけると嬉しいです。

コメント (2) | 

そこもかしこもゴーストタウン……

2014-03-31 | 雑記

さっきツイッターでもつぶやいたネタだけれど、
ミクシィは、とにかくコミュニティが充実しているぴかぴか(新しい)
コミュ数は40万近くあるらしい。

一般的な「虫が好き」「気象予報士」系のコミュは、
それこそ何十、何百とあるし、
「××小学校」「●●大学」のような
出身校のコミュも、まずあると思ってよい。

「マイペース」
「血液型A型」
「誕生日7月25日」
「すぐ寝てしまいます」
…………………
思いつくようなコミュなら、ほぼ間違いなくある。

また、「なんじゃそりゃ〜」というものを見つけることもあるし、
「まさか、そんなコミュないよね?」と検索してみると
あるわ、あるわウインク

私が入っている中では、たとえば以下のようなのがある。

「スペースマウンテンに住みたい。」
「マイナー生物大好き♪」
「毛虫の道路横断を応援する」
「ゴキブリを愛でる」
「路上に落ちた蝉を救う会」
「面白トイレ発信☆」
「蚊もゴキブリも殺しません」
「ゴキブリの気持ち」
…………………

また、有名どころでは「変な寝言が忘れられない」というコミュがあり、
「この……リンス泥棒!……」と叫んでる動画が印象的である。

そしてすみません、管理人の力不足であまり盛り上がってませんがあせあせ
私が管理人になってるのは以下のコミュである。

「『虫育』を考えよう」
「蛾の魅力を世界に伝えよう!」

最近残念なのは、「おっ!」と思うコミュを見つけても、
メンバーのほとんどが「最終ログイン3日以上」と
「ゴーストタウン化」してることが多いことである。

残念ながら、ミクシィが衰退ムードになって久しい。
自分が未だにミクシィを使ってるのは、
もちろんミクシィで繋がってるマイミクさんがいるから、という理由もあるけれど、
もうひとつ、コミュニティの充実が魅力的だというのがある。


「こんなこと考えるの、自分だけだよね」と思ってた人が仲間を見つけるには、
絶好の場であっただけに、廃墟化は非常に残念である。

再び多くの人がミクシィに戻ってくる日がくるのか、
あるいは、
FBにもミクシィ並みにコミュ(グループ)が充実する日がくるのか……。

どちらかが実現して欲しいと思う。

コメント (0) | 

レッツ・サボタージュ!

2014-03-20 | 社会・法律・労働

■首都圏で交通スト 「料金返せ」「放送ぐらいしろ」
(朝日新聞デジタル - 03月20日 12:03)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=2810142

関東バスや相鉄がストライキを決行した。
「客の迷惑を考えろむかっ(怒り)!」などという怒声が飛び交い、
ストの張り紙をはがして投げつける光景もあったという。

かつては、鉄道・バスのストライキは珍しくなかった。
わざと電車やバスを遅らせる「サボタージュ」という亜種もあったらしい。

※サボタージュ
「サボる」の語源。ストライキの亜種。
わざとだらだら仕事をして雇い主に圧力をかける行為。

しかし現代日本では、
ストライキやサボタージュへの風当たりは強い。
でも、ストライキやサボタージュがほとんど行われなくなったのと、
ブラック企業が大きな顔をし始めたのとは無関係ではなかろう。

政府は「民間企業の賃上げドル袋」を連呼しているが、
労働者が積極的にサボタージュをすることで、
賃上げは効率的に進むのではなかろうか。

つまり「薄給だと思ったら手を抜く」こと。
「いい仕事をして欲しかったら、もっと高賃金を」
と雇い主や顧客に圧力をかけるのだ。

「お客様に迷惑をかけちゃう……」
「仕事があるだけでもありがたく思わなければ」
「1円でももらったらプロ。手を抜くなんてとんでもない」
…………。
日本人だとそう思ってしまうが、
そう考えてしまうと、ブラック企業の思うツボ。
ブラック経営者やモンスター顧客は、笑いが止まらないですぜもうやだ〜(悲しい顔)。。。

非情なようだが、
ストライキやサボタージュは、れっきとした労働者の権利だ。
この前、インドでは医師がストライキをしてたくさんの死者が出ているそうだが、
「ストライキなら仕方ないよね」というのが国民の捉え方らしい。

日本では、労働者の権利がとかく蔑ろにされている。
労働者=奴隷、滅私奉公するのが当たり前、
という風潮には、ぜひともブレーキをかけなければならない。

生身の人間なのだから、
「少しでも楽をして高給を求める」権利があることを忘れてはならないだろう。

願わくは、都市機能が麻痺しても
「ま、ストライキなら仕方ないよね^^」というような
労働者に優しく、ゆる〜い社会である。

コメント (0) | 

科学者たちの苦悩

2014-03-19 | 自然科学

小保方さんの件、本当に残念である。

アイドル性のある方だったので、
「リケジョ」のトップとして日本をリードし、
科学者を目指す子ども(特に女子)のスターとなることを期待してたのに。

科学者は、基本的に不器用な人が多いように見受けられる。

「いったいどんな脳みそしてたら、そんな理論を思いつくんだ?」
というようなことを考える人が
自国の首相が誰か知らない、なんていう例はいくらでもある。

歴史上の人物にしても、
ニュートンが卵と間違えて時計をゆでてしまった、
アインシュタインは洗濯用洗剤と洗顔用石鹸を区別できなかった、
などという「天然」な逸話もあとを絶たない。

「不思議ちゃん」だったという小保方さんにしても、
理研に利用されただけではないか、という記事もある。
はたして真相は……。


また、科学者たちは個性的な人が多く、
人間模様は、芸能界並みに複雑になりやすい。

今や、手術執刀医や調理師が衛生に気をつけるのは常識となってるが、
「細菌が病気を引き起こす」という発想が生まれる前は、
死体を解剖した手を洗わずに手術を行う、というぞっとするようなことが
当たり前に行われていたそうである。

消毒の重要性に気づいたのがゼンメルワイス。
彼は、医師たちに手の消毒を徹底させたところ、病気の発生が激減した。

しかしゼンメルワイス、
当時医学界の権威だったウィルヒョーを始め、医学界から袋叩きにされてしまう。
ゼンメルワイスの説を認めると、
医師たちで病気を広めてたことを認めることになってしまうからだ。

ゼンメルワイスはウィーンを追われ、
自説を認められなかった悲しみで精神を病んで入院。
皮肉にも、病院で感染症によって死亡してしまう。

彼の死後、ゼンメルワイスの説が完全に正しいことを証明したのが、
まじめな科学者として名高いパスツールである。

ゼンメルワイスのように、生きているときには説が認められず、
下手すれば迫害されてしまう科学者の例はけっこう多い。
ガリレオ、メンデル、ロザリンド・フランクリン……。

あのアインシュタインにしても、
だまされて原爆を作らされたという言い方もできる。
日本を大好きだったアインシュタインだから、
日本に落とすことがわかっていれば、作ったはずがない。


小保方さんの件は、まだ真相がわからないことも多い。
ただ、科学者はこうも苦悩が多いことは確かである。

個人的に「努力してどん底から這い上がりました」系の話は好きでない。
しかし、よくも悪くも彼女は世界中で有名になってしまった。
「不思議ちゃん」らしく、思いもよらないリベンジを果たして、
新たなレジェンドを作って欲しいと願ってしまう。

コメント (0) | 

愚痴ですが、よかったら教えてください^^

2014-03-15 | 雑記

愚痴ですが、よかったら教えてくださいウインク

リアルでは「ストレスや悩みがなさそう」と言われる私だが、
10年に一回くらい、死ぬほどささいなことが気になることもある。

たとえば、facebookでもらう「いいね」が極端に少ないこと、
ツイッターで2000人以上のフォロワーさんがいるのに、
リツイートしてもらうことが極端に少ないこと……。

どちらも、ささいな楽しみとしてやっているのだし、
「成績」なんて気にするつもりはないのだけれど、
物書きの端くれとしては、実はフェータルな問題でもある考えてる顔


思い当たることは、仕事・労働が「神」のように崇められてる日本で
アンチ労働(労道)、アンチ仕事、アンチ企業……
な発言をすることで、引かれてしまったこと(笑)あせあせ。。。

もしこれが原因なら、仕方ないと思う。

たとえ99%の日本人に嫌われようと、
「労道」をディスり、「仕事様」を神の座から引きずりおろしてやることは、
ブラック企業経験者の自分のミッションであると考えるから……。


しかし、もし他に原因があるのなら、教えていただけると嬉しいです。

フォロワーさんや友達が増えると、なかなかこちらから絡みきれておらず、
忘れられてしまってるのかもしれないあせあせ(飛び散る汗)

あるいは単に、目立たない、興味がわかない、
ということなら、まだまだ物書きとして修行が足りないということだろう。
勝間和代さんの『目立つ力』でも精読して、勉強するしかあるまい。

コメント (2) | 

受験生へ。。。

2014-02-22 | 雑記

この時期、これから受験に向かうと思われる人を見かけることが多い。
そんな受験生は無性に応援したくなるウインク

中学受験、高校受験、大学受験、大学院受験――
すべてで第一希望に滑った私だが(笑)、
受験はそれなりに愉しい思い出だ。

自分は理系でだが、計算や理論が好きだったのではない。
興味の対象が、たまたま社会よりも自然であったというだけである。

手相を見ると、あきらかに文系っぽいし三日月
(頭脳線が垂れ下がるように月丘の下方へ入っている)


東大理三などの超難関を突破した人の話を聞くと、
1日の平均勉強時間が20時間を越えたとか、
解いた問題集を積み上げたら天井に届いたなど、
凄まじい話をいくらでも聞くけれど、
自分には、そんなことはとてもできなかったあせあせ

とりあえず授業はまじめに聞いてるけれど……
という程度の、なんとも中途半端な受験生だった。

家庭学習もろくにしないで受験に望もうなんて、
今考えると恐ろしいけれど、
「なんとかなるんじゃね?」という根拠なき自信があったのだ。

受かる自信があるわけではないのだけれど、
落ちる恐怖がまったくないような。

そんな、セロトニンドーピングでもしてるかのような、
「根拠のない自信ぴかぴか(新しい)」って大事だと今では思う。

だから、受験勉強でイライラしたことはなかったし、
落ちたときの精神的ダメージも、
イヌのフンを踏んだとき未満で済んだのだろう。


それでもやっぱり思う。
「もっと勉強しておけばよかった」と。。。

アメリカの霊能者・アリソン・デュボアさんによると、
「もっと家族を大事にすればよかった」と言う死者は多いが、
「もっと働けばよかった」という人は皆無だそうだ。

でも「もっと勉強しておけばよかった」と言う人は、
きっと多いのではないだろうか。

せっかくこの世に生まれたのだし、
世界のこと、宇宙のこと、人の心のことなどを
もっと知りたい思うのが人情だろうから。

コメント (0) | 

人生最大の大雪!〜積雪を大きく伸ばした背景〜

2014-02-09 | 天気・気象

こ、これはどうしようもないべ……。

朝、玄関を開けたときの率直な感想だ。

門を開けるのも一苦労。。。

途方にくれて、雪かきする気もなくすほどの積雪である。

と言いつつも、がんばって雪かきしたけれど(笑)……。
この雪の量では、融けきるのに2月いっぱいかかるのではないか??

各地の最深積雪深は、

熊谷:43センチ(60年ぶり)
千葉:33センチ(史上1位)
東京:27センチ(45年ぶり、戦後3位)
横浜:16センチ

今回の降水量は、昨年1月14日(64ミリ)より少なくたった29.5ミリ。
しかし、気温の低さが特徴的だったのだ。

昨年成人式のときは、プラスの0.8〜0.9℃での降水だったが、
今回は降雪中、ほとんど氷点下の気温だった。
正午の都心の気温も−0.4℃という恐ろしい低さ。

マイナス1℃〜プラス1℃というのは、雪にとって非常にデリケートで、
わずかな気温差で積もり方がぜんぜん違ってくる。

氷点下の気温だったことが、積雪深を大きく伸ばした要因であり、
氷点下の怖さを思い知らされた事例といえよう。

コメント (0) | 

東京、大雪レベルはいかに!?

2014-02-07 | 天気・気象

■昨年の成人の日に匹敵する大雪 雪の降りだす時間は
(日本気象協会 - 02月07日 13:10)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=174&from=diary&id=2754522

東京では明日、大雪に見舞われる可能性がきわめて高まってきた。

昨年の成人式は記憶に新しいが、
過去の東京都心の大雪を振り返ると……。

★レベル1雪
昨年の成人式のとき。大雪注意報レベル。
・2013年1月14日:8センチ

★レベル2雪雪
16年前にさかのぼると、こんな大雪も。
皇居の前でスキーをする人の姿も見られた。
・1998年1月15日:16センチ

★レベル3雪雪雪
さらに20年前にさかのぼればこんな豪雪。大雪警報レベル。
・1994年2月12日:23センチ

★レベル4雪雪雪雪
45年前には、まだまだ驚くべき大雪が。
・1969年3月12日:30センチ

★レベル5雪雪雪雪雪
78年前には、さらにおっそろしい大雪。
・1936年2月23日:36センチ

★レベル6雪雪雪雪雪雪
東京での最強記録は、131年前のこれ!
・1883年2月8日:46センチ


今回、場合によってはレベル3以上を覚悟する必要があるかも。
気温はゆっくり上昇傾向で、後半は雨に変わってくる可能性があるが、
いつ雨に変わるかが問題である。

関東平野は、地表に寒気がへばりつきやすい特徴があり、
上空に暖気がどんどん入ってこようが、
それを無視するかのように、雪のまま経過してしまうことが少なくないのだ。

はたして今回は、どこまで積雪を伸ばすのか。。。

コメント (0) |