生き物好き&占い好き気象予報士・金子大輔(金兵衛)のブログ~通り雨の旅路~

天気ネタ・生き物ネタ等。mixi始めてから過疎化してますが(笑)、コメント等お気軽にどうぞ♪ リンク・拡散も大歓迎☆彡

抽象画~ビバルディのマネをしたい

2018-02-17 | 絵画

この前、2枚目の抽象画が完成!わーい(嬉しい顔)
前回は早春をイメージしたので、今回は初夏をイメージした晴れ


油彩絵具という画材を使い始めてほぼ一年だが、
すっかり気に入っている。
こんな風に厚塗りするのが特に好き。


次は盛夏をイメージして描こうと、こんなラフスケッチをしてみました。


もうここまで来たら、ビバルディの「四季」みたいなノリで、
すべてのシーズンを抽象画で表現してみようか……。

ところで、ビバルディの四季は、
Wikipediaで視聴できることがわかりました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/四季_(ヴィヴァルディ)

ビバルディの四季において、私がおもしろいと思ってる点がある。
それは、春夏秋冬の4曲のうち最も暗いのが「夏」だということ。
それも死を感じさせるとさえ言われる、
「ト短調」という陰気な調が使われてるのだ。

どんな曲なのかは、Wikipediaにも書かれているので、
読みながら視聴してはいかがでしょうか。

因みに「夏」の第二楽章ではハエやブユも表現される。
ハエを扱った曲というのは、私は他に知らない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メタンでできた積乱雲から雨が降る!

2018-01-13 | 自然科学

さきほど書店で、科学雑誌ニュートンを立ち読みサーチ(調べる)
木星の衛星「タイタン」には、海、そして雲が存在するという波曇り

タイタンは地球よりはるかに太陽に遠く、
よって温度もずっと低い。
水はとうてい液体では存在できないバッド(下向き矢印)

タイタンの海を作っているのは「液体メタン」だ。
地球上で、メタンは無色無臭の気体だが、
温度が低いタイタンでは液体となるのである。

そして、海からメタンが蒸発して雲を作り、
メタンの雨が降る。
タイタンでは、メタンでできた積乱雲(雷雲)も観測されているという雷

地球の生命を支えているのは液体の水だが、
仮にタイタンに生命が存在するとすれば、
液体メタンがその役割を担っているのかもしれない。

そう考えると、地球の常識では、
とてもじゃないが生命が存在しえないと思われがちな
低温下でも生命の可能性があると言えるではないか。


反対に、超高温の星では、
鉄が液体で存在して、海や雲を作る、なんてこともあるかもしれぬいい気分(温泉)

鉄の積乱雲から降る、液体鉄の雨、
体液が液体鉄ででき、高温に適応した生物……。


夢が膨らむ話であるぴかぴか(新しい)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法律を守らぬ人たち

2018-01-11 | 社会・法律・労働

私は些か頭が固いのかもしれぬ。

法律・条例で明確に決められてることを守らない輩には
相当イラっと来てしまうのだむかっ(怒り)

※マヤ歴的にみれば
「白い鏡」という紋章が効いてるのだろう。


ニュースで話題になってたのは、
信号のない横断歩道で、歩行者が待ってても、
9割の車が止まらないというもの車(セダン)

んなもん、お得意のネズミ捕りでかたっぱしから捕まえて
罰金1億円くらい取ればいいじゃん?

故意の行動なのだから、情状酌量の余地はないし、
消費税を増税しなくて済むようにもなるドル袋ドル袋ドル袋


同様に●ムウェイ等のマルチの勧誘!

もちろんねずみ講と違って、マルチ自体は合法だし、
法律を遵守してビジネスを営む人には、偏見を持ってない。

だが!特定商取引法を守ってくれよげっそり

「ランチでもしない?」と呼び出して
マルチの話を始めるのは違法なんだよ。
「マルチのお誘いをしたいんだけど、聞いてくれる?」
と呼び出さなければいけないことは、●ムウェイから指導されてないのかい?


似たようなのが、違法とまでは断言できないけど勧誘電話電話
ビラやメールならぜんぜん気にならない。
「見る・見ない」ならびに「いつ、どれくらい見るか」
は個人の自由に任されているからだ。

でも電話となると、こちらがどんな状況かに関係なく、
一方的に聞きたくない話を聞かされるのだ。
れっきとした時間泥棒、
いや「時間強盗、時間ひったくり」だ。


ヒトだって動物なのだから、基本、自己中なのは仕方ない。
でも、最低限、法律だけは守ろうぜ……。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トマト祭りみたいにビチャッと!

2018-01-09 | 絵画

前回に続いて、もう一枚、抽象画にチャレンジすることに。
とりあえず、ラフスケッチを描いてみましたアート


今回、絵具をビチャッ!とやって、
偶然の「跳ね」を生かした表現をしてみたいと思っている。
スペインのトマト祭りみたいなノリで野球……。

尤も屋内でやるのだから、
私のようなおっちょこちょいは、とりわけ周りに気をつけねばならぬ。


学生の頃、理科室でハムスターと遊んでたら、
手のひらに雲古をされたことがある。
何の気なしに、それをデコピンで飛ばしたら友達の顔に……
という前科もあるので。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年、勇を鼓せ!

2018-01-01 | 日記風

あけましておめでとうございます富士山




さっそく今朝、近所の浅間神社へ初詣に行ってきました。
東京の最低気温は0.4℃、かつ先日降水があったせいで、
一面の霜・霜柱が、朝日を浴びて白銀色に輝いていたのでありましたぴかぴか(新しい)

お参りをし、破魔矢、お神酒を買い、
そして恒例のおみくじを引いた。
結果は「末吉」

一番はじめの、【願望】分相応なら叶う
には心当たりがある。

つい最近、「夢を語る王冠という場面があった。

中途半端な夢を語るのはつまらん、、、
そう思って、大風呂敷を広げに広げて言った回答が、
ドル袋ドル袋気まぐれでウン十億円を寄付できるほどリッチになりたいドル袋ドル袋

誰でも憧れますよね(*´▽`*)
「今日は気分がいいから、〇〇博物館に30億円を寄付だ~」
みたいな生活って(笑)ウッシッシ

まあ、そんなこと言ってるから、
「分相応な願いを抱きなさい」と注意を受けたのかもしれぬ……。


また「引っ込み思案にならぬ様、勇を鼓して
意義ある未来を招こうではないか」には勇気づけられる。

最近犇々と感じるのだが、
どんなによいことを考えても、勇気、度胸、覚悟がなければ
実現しないばかりか、誰にも理解されない。

2018年、『勇を鼓す』をモットーにがんばろうと思う。

今年もよろしくお願いします指でOK

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生初の抽象画~気になる存在~

2017-12-28 | 絵画

「よいお年を」系のことを言ってしまいましたが、
もう一本ブログを書こうと思う。


今年最後の絵画教室で、
人生最初の本格的な抽象画を完成させましたアート

抽象画にもキュビズムの歪んだ程度のものから、
元ネタがわかりにくいものなもの、さらに、
「これ、何?」みたいにさっぱりイミフなものまである。

今回描いた絵は、同業者なら元ネタがわかってしまいますね。
そう、冬型の気圧配置です台風……。

冬型の中でも、春が近づいて
冬が激しくもがくようなイメージで創ってます桜台風雷


なお、「キナクリドン・オペラ」というこの色……。
個人的にも大好きだし、好んで使うアーティストも多いそうだ。

この抽象画にもかなり使っているが、
はっきり言って「じゃじゃ馬」な存在であるあせあせ
ほんの少し混ぜただけで、全体のイメージを左右しかねない。

だからこそ、気になる存在なのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢分析・夢占いを受講

2017-12-26 | 心理・占い

いつのまにか、もう年の瀬あせあせ(飛び散る汗)……。
先日もまだ12月上旬の気分でいたら、
クリスマスイブイブだと気づいて
大慌てでクリスマスカードを作ったのでした。

イブイブの23日、ぴかぴか(新しい)夢占い・夢分析ぴかぴか(新しい)の講座を受講してきました。
http://uranai-kyoushitsu.com/class20171223ginza-1/

まだまだ練習が必要ですが、
一応は夢診断ができるようになった(つもりです)。

私が最近見た夢をみんなで分析したところ、
「トラブルを楽しむ素質がある」という結果に。
これからもトラブルメーカーとして頑張りますウッシッシ

よく心理学でも言われる通り、
夢は「意識」と「無意識」の架け橋です。
ただ見て、忘れ去ってしまうのは勿体なさ過ぎる。
夢には、アイデアやアドバイスがぎっしり詰まっているのだ。

夢ノート・夢日記をつけることえんぴつ
見たい夢を見たり、夢からアドバイスを得たりする方法チャペル
クライアントの夢から精神年齢を推測する方法……
などなど、学ぶことが盛りだくさんであった。


2017年は油絵を始めたり、
本を2冊出版したり、以下2本のコラムニストデビューをしたり。

●専門家・有識者460人を突破!情報サイト「Latte Column」
https://latte.la/column/columnist/243705/columns

●Trinity WEB(女性向けスピリチュアルサイト)
http://www.el-aura.com/writer/turquoisemoth/?c=146217

けっこう楽しい一年でありました目がハート

2018年も引き続き、よろしくお願いいたします☆彡
Have a good New Year!富士山

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三度の飯より激辛が好き!!

2017-12-16 | 雑記

激辛好きに益々拍車がかかっている。
今週のランチは、週3回も
激辛と呼んでよさそうなものに手を出してしまったウッシッシ


いくつかオススメ激辛グルメを列挙しようレストラン

●ペヤング 激辛やきそば


●ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば


●カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(から・しび共に鬼増し)


●蒙古タンメン中本(北極ラーメン)


●グリコ ビーフカレーLEE・辛さ×30倍
フォト

●辛辛魚ラーメン 辛辛MAXバージョンII


●カップヌードル チリチリ♪チリトマトヌードル


●暴君ハバネロ ウマ辛ラーメン


どれもこれも、食欲を増強する赤系の色が目立つではないか。

激辛を食べると、
脳内麻薬の別称を持つ「エンドルフィン」が分泌されるという。

エンドルフィンは、腹の底から湧いてくるような
深い多幸感を湧きあがらせる目がハート
ベストセラーになった「脳内革命」でも、
βエンドルフィンがべた褒めされていた。

激辛グルメが、
かっぱえびせん以上に辞められなくなるところは、
いかにも「麻薬病院といえるだろう。


尤も激辛も、所詮は「刺激衝撃」。
激辛好きは、より強い刺激を求めるタイプの人間に多い。

強い刺激が大好きな人間は、
ともすれば、ドラッグや不倫、スピード狂など
反社会的な刺激の虜になる可能性が否めまい。

そうしたことがないよう、健全に(?)刺激欲求を満たせるようにと、
激辛グルメやホラー、絶叫マシンが充実している現代。
これらを発明した人には感謝してもしきれん。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7枚目の油絵完成~!「聞いて地獄見て極楽」の主

2017-11-25 | 絵画

ツイッターでも呟いたが……。

「聞いて極楽見て地獄いい気分(温泉)」ならぬ
「聞いて地獄見て極楽王冠」の代表例がこれだろう。

「世界最大のネズミは体長135センチに達し、
体重が70キロくらいにもなる」と聞けば、
「げっ、そんなデカいネズミがいるの?きもっふらふら
と思ってしまうかもしれない。


しかし、実際にカピバラさんを見たら
みんなメロメロになってしまうのだ目がハート



ということで、7枚目の油絵が完成アート
カピバラさんと愉快な仲間たちですウッシッシ

他の動物に悉く好かれ、いじられ、
遊ばれてしまうカピバラ。
どんなにいじられても、マイペースにヌボ~~~~っとし続ける眠い(睡眠)

人気度とスルースキルは天下一品。
他の野生動物では類を見ない。

そんなカピバラ様に肖りたいと思って描きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカシロヒトリから考える介護問題

2017-11-05 | 昆虫・生き物

以前に書いたアメリカシロヒトリの大群(*´▽`*)。
http://blog.goo.ne.jp/cameleotino/e/4d7a62ab3d6fc649f884f6eca00c4fc0

育児(?)がひと段落してほっとしたのもつかの間、
あれだけ個体数がいると、一定数の慌て者もいる。
数頭、フライング羽化してしまった。
(本来は来春羽化するはず)

外はかなり寒く、リリースするのもどうかと思い、
キウイフルーツを始めとした果物で飼育を試みる。
果物でもけっこう食べてくれるようだ。

それにしても、アメシロが
こんなに落ち着きのない食べ方をするのは、初めて知った……。

●アメリカシロヒトリにキウイフルーツをあげてみた
https://www.youtube.com/watch?v=qvzT_TAyPbQ


フライング羽化や羽化失敗した個体が出るたび、
「介護問題」について考えさせられる。

自力で吸蜜しない個体は、羽をつかみ、
強制的に口を伸ばして、蜜を吸わせるべきなのか、否か……。

どこまで介護するか、は非常に難しい問題だ。
なにしろ、ヒトに対してさえ、まだ答えが出ていない。

日本では、自力で食事ができなくなっても、
口に食べ物を入れてあげたりする。

しかし文化によっては、それを「虐待だ」と考えることもある。
食事を枕元に置いてあげるまではするが、
それを自力で食べられなくなったら、
神様が決めた「最期」と判断するそうだ。

ヒトの中でさえも、わりあい束縛・干渉に強い人もいれば、
束縛されると、冗談抜きで死の危険があるタイプもいる。
(私が後者です)

まして種が違えば、世界観がどれだけ違うかわかったものではない。
すべての生物とコンタクトができるエスパーが現れない限り、
解決しない問題かもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加