生き物好き&占い好き気象予報士・金子大輔(金兵衛)のブログ~通り雨の旅路~

天気ネタ・生き物ネタ等。mixi始めてから過疎化してますが(笑)、コメント等お気軽にどうぞ♪ リンク・拡散も大歓迎☆彡

朝活「あなたが生まれてきたワケ」

2017-03-20 | 心理・占い

この前参加した朝活。
タイトルだけ聞くと、限りなく怪しいけれど(^^;)

ぴかぴか(新しい)「あなたが生まれてきたワケ」ぴかぴか(新しい)
http://sola-morning.com/class20170315/


心理学メインの朝活なので、スピリチュアルに考えるのではなく、
E.エリクソンの心理学をもとに話し合う形式だった。

E.エリクソンは「アイデンティティ」という概念を作った人でもあり、
教員免許を取るときにも、かなり深く学ぶことになる人物だ。

エリクソン自身、「私は何者か」(=アイデンティティの確立)
を生涯悩み続けた人である。

「私は何者か」に自分なりの答えを見つければ
幸福感が増すとエリクソンは考えたようだ。

答えが出なくても、
答えなき疑問を一生悩み続けること自体がとても大切だ、
という価値観を提供した人物でもある。


ちなみに、私自身は……。

この朝活ではスピ系の話はしなかったけれど、
西洋占星術やオーラソーマを学んだ際にも、それなりの答えを見つけている。

「メッセンジャー系mail toであることは間違いないと思っている。



西洋占星術では、土星に着目することが多い夜
土星(宿命)と水星(コミュニケーション)が
ほぼ重なっていて、それが獅子座にあるということで、
『自分が目立つことで、世界に何かを伝えることがミッションだ』
と解釈している。


オーラソーマでも、ソウルボトルが24番の「ニューメッセージ」。
「何かを表現することで、新しい時代にメッセージを
発信していくことが使命だ」と読み取れる。


「私は何者か」「私が生まれてきたワケ」、
それに迫るツールは、いろいろあると思う。

みなさんは、どんな答えを見つけましたか?ウッシッシ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一か八か!出たとこ勝負!!

2017-03-15 | 日記風

一か八か!爆弾
出たとこ勝負!!爆弾爆弾

ギャンブルはやらないのだけれど、この手の言葉が大好きだ。

このシーズン、手が荒れまくって毎日のようにささくれができる。
ささくれなんて、爪切りで切り取れば、
まったく無問題であることは理解している。

だが私は、
(西洋占星術的には)第一ハウスに火星を持つせっかち人間ダッシュ(走り出す様)
ささくれが鬱陶しくて、家まで待ちきれず、
つい引っ張ってしまうのだ。


一か八か!爆弾
出たとこ勝負!!爆弾爆弾


うまくいけば痛みもなく、
ささくれだけをキレイにもぎ取ることができるが、
失敗すると、流血して数日痛むはめになるげっそり

そして、たいていはイチではなくバチになる……。

さっきも見事に失敗して左手に絆創膏を巻いているバッド(下向き矢印)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜種梅雨と催花雨、突然の雪も

2017-03-13 | 天気・気象

季節の変わり目=気温の変わり目です雪桜

そういうところには、前線が停滞して
天気がぐずつきやすくなります雨




日本では、春から夏へと変わるときの「梅雨」が
最も有名ですが、
他にも秋雨、菜種梅雨、サザンカ梅雨、があるのです。

ここ最近、天気が変わりやすくなったと感じないでしょうか?
菜種梅雨の初期症状といえるかもしれません。
冬から春になるときに現れるプチ雨季です。

俳句の季語で使われる
「花曇り」や「催花雨」も菜種梅雨の症状でしょう。

※催花雨:桜をはじめとした春の花を、「早く咲け」とせかすように降る雨


菜種梅雨は、
活発な年とほとんど存在感がない年、かなり差があります。

1992年は、菜種梅雨前線がかなり活発だった年です。
東京でも3月の後半に4回も降雪を見るという、
にぎやかで騒がしい春の訪れでした衝撃

3月18日は、都心で10センチの大雪を警戒する予報が出たり、
(結果的にはうっすら白くなった程度ですんだ)
3月21日は、雷やあられを伴う大荒れの雪模様になったり、
3月23日には「大雪・着雪注意報」が出たり……。


人体の更年期障害や反抗期と同じく、
自然も「変化」が起こるときには、しっかりとシグナルが出るのです。

菜種梅雨を乗り越えると、麗らかな春が待っています♪ぴかぴか(新しい)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雷のおはなし、いろいろ

2017-03-07 | 天気・気象

先ほどツイートもしたけれど、
今年は積雲系のにわか雨は多いわりに、
まだ雷が鳴った日はない雨

「寒冷前線もどき」の通過は多いのに、
「優等生的な寒冷前線」の通過が、まだないからだろう。


雷とは、激しい上昇気流によって、
雲の中で氷の粒がぶつかり合い、
割れたりこすれたりすることで発生する静電気である雷

「激しい上昇気流」と「氷の粒」が必須であることから、
ほとんどは積乱雲で生じ、
ある程度の高さ(厚さ)まで発達した雲であることが必要だ。

冬季なら、厚さが6000メートルあれば十分可能性がある。
夏季の大雷雨だと20000メートルに達するともいわれる)

ところで、2010年以降、
東京で初めて雷を観測した日を調べてみました。
年によってまちまちで、
2010年のように、6月まで無雷なんていう年もあった。

【東京で初雷を観測した日】
2017年:まだ
2016年:3月28日
2015年:4月15日
2014年:2月14日(例の大雪の日)
2013年:4月6日(爆弾低気圧)
2012年:1月23日
2011年:5月17日
2010年:6月4日

さらに、雷日数を調べてみると、
これも年によって差があり、多い年は少ない年の3倍以上ある。

【東京の年間雷日数】
2017年:まだ
2016年:8日
2015年:13日
2014年:20日
2013年:19日
2012年:26日(史上最多)
2011年:13日
2010年:11日


ちなみに、日本で最も雷が多い場所が金沢といわれ、
多い年には、年間で70日を超える雷雷雷

だが、驚くのはまだ早い。
東南アジアの熱帯多雨林気候の地域では、
年間の雷日数が360日を超える雷雷雷雷雷
「雷が鳴らない日」は、非常にレアな存在なのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンシロチョウを見たら、まもなく桜開花か

2017-03-06 | 昆虫・生き物

啓蟄を過ぎた目がハート

南関東でも、ウグイスが「ホーホケキョ♪」と鳴き出したようだ。
(冬の間は「チャッ、チャッ、チャッ」と鳴く)

まもなく、モンシロチョウも出現することだろうぴかぴか(新しい)



過去6年のモンシロチョウの初見日と桜の開花日を並べてみる。

【モンシロチョウ初見】
2011年:3月12日
2012年:4月?日
2013年:3月10日
2014年:3月28日
2015年:3月27日
2016年:3月20日

【桜の開花】
2011年:3月28日
2012年:3月31日
2013年:3月16日
2014年:3月25日
2015年:3月23日
2016年:3月21日

たいての場合、春の花が咲くよりも、
虫が出てくるほうが先である。

桜よりモンシロチョウ初見の方が遅くなっている年があるけど、
単に、私がモンシロチョウに出会えなかったというだけだろうあせあせ

きれいな色をした花は、ほとんどが虫媒花(虫に花粉を運んでもらう)
であるから、虫がいないときに開花しても意味がないのである。

それで、いろいろな虫の出現をパラメターに取れば、
桜の開花予想がより正確にできるのではないか。

そのためにも、
いろいろな虫を飼育して、自然状態で羽化した日を記録するのだ。
税金を使ってでも、もっともっと昆虫園を作るべし(*^▽^*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生で二作目!油絵いと楽し。

2017-03-05 | 絵画

油絵の第一作を完成させました~アート
小学生のときに、一回だけ油絵を描いたことがあるので、
人生で二枚目の油絵となります。

絵具のチューブの成分表を見ると、
カドミウムとかシアン化〇〇、とか
けっこう怖い化合物名が並んでるのも特徴的だげっそり



そういえば、現代絵画では
「うまさ」はあまり評価対象にならないと聞く。

私には、他人の絵を見てうまいか下手か、判定するスキルはないのだが。
セザンヌやゴッホにしても、言うほど「うまくはない」らしい。
うまさ以上に、「人を引き付けるカリスマ性」が
大事ということだろう。

美大出身でない人間としては肩の荷が下りる話であると同時に、
「どうすればカリスマ性を出せるか」を
一生かけて追及していく覚悟が必要になるのかもしれない。

これまで静物画に取り組んできたが、
次作から他ジャンルにも挑戦したいと思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SNSと子供と功利主義

2017-03-04 | 雑記

自分、ありえないくらいおっちょこちょいなんですたらーっ(汗)

今回は、楽しみにしてたこの朝活を
すっかり忘れてしまっていて……。
ドジな自分を激しく呪いましたバッド(下向き矢印)

SNSの心理学の話、聞きたかった。

http://sola-morning.com/class20170304/


SNSはわりと好きで、歴代、メジャーなものは
ほぼ使ってきている。

Cafesta→mixi→gree→Twitter→Facebook→LINE→インスタグラム

今はなきCafestaこそが、元祖SNSと言ってよいのではなかろうか。

平和な時代で、年齢に関するうるさい制限がなく、
小学生と友達になってお話するようなこともできたぴかぴか(新しい)


SNSに限らず、子どもと大人が接することを
過剰に避けようとする風潮、あれはいかがなものだろう?もうやだ~(悲しい顔)

小学生と近所の浪人生(しかも六浪)が友達、
(キテレツ大百科:キテレツと勉三さん)とか、
子どもと近所の変なおじさんが友だち、
(おそ松くん:六つ子とイヤミ、ダヨーン、デカパン)
なんていうシチュエーションは、今では許されない禁止

これは、功利主義的にも正しいとは言い難いと思う。


功利主義とは、ベンサムやミルたちが唱えた、
「最大多数の最大幸福」=なるべく大勢がなるべく幸せになろう、
という思想だ。

決して、「カネ~、カネ~ドル袋ドル袋ドル袋目がハート」と
よだれを垂らすようなイヤらしい思想ではあるまい。

現代社会は功利主義に則って動いていると思っていい。

交通事故の危険があるのに、なぜ車はなくならないか?
「交通事故の危険」と「車の便利さ」を天秤にかけたとき、
後者が勝るからである王冠


しかし、子どもと大人の交流を過剰に制限するのは、
功利主義的に正しいとは言えない気がするのだ。

「子どもが悪い大人に会って事件に巻き込まれる危険性」と
「子どもが年長者と交流せず、人生が貧しくなる危険性」
を天秤にかけると、果たして前者が勝ると言えるのだろうか?


学生のときは、「知らない人と話してはいけません」
と言われ、いざ就職するときになると、
なんとかの一つ覚えみたいに「コミュ力、コミュ力」言われるのだから、
混乱するな、という方が無理な注文である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ油絵へ

2017-02-25 | 絵画

3回目の絵画教室のレッスンアート

前回から書き始めた壜のデッサンを完成~!


そして、いよいよ油絵に入っていくことになった。

「忠実に描いてみますか、自由にアレンジして描いていますか?」
もちろん後者を選んだ指でOK

まずは鉛筆で下書きをし、
茶色一色でデッサン風に色づけしていく。



「いいですね~、いろいろなタッチが入ってきて。
いろいろ遊んでみてくださいね」

画材の匂いがアロマオイル並みに心地いいぴかぴか(新しい)

そして最近、
絵を描く夢をしょっちゅう見るようになった夜

慣れてきたら、昆虫や自然現象、廃墟などのモチーフを組み合わせて、
人間と自然の関係を考えなおしたり、
人類の未来を考えるきっかけになるような絵を描けたらと思う。

それから、リアルにGを描くような、
ドッキリ、イタズラ、実験系の絵も描いてみたいと考えている。

抽象画やシュールレアリスムに向けたような、
こういう指導もしてもらえる。
この教室を選んでよかったと思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒトの性別が2種類であるのはなぜ?

2017-02-22 | ハチャメチャ恋愛論

先日、ある女性と飲み会で話した。

「異性だからって、恋愛を意識しないとならぬハート達(複数ハート)
っていう風潮、メチャクチャうざいよね、とちっ(怒った顔)……。

「男女の友情は成立するか」は昔からある議題だけれど、
なぜ男女がフツーの友達であってはいけないのか?

加えて
「彼氏・彼女が、自分以外の異性と交流するのを嫌がる」
というセコい人も理解できないよね、と。。。


LGBTなど様々な事情はあるにしろ、
生物学的に、ヒトには2種類しか性別が存在しない。

性別が違うというだけで、人間関係に制限をかけるのは、
知的生物として、あまりに寂しいことだと思う。

生物種によっては、性別が3種類以上存在することもある。
特に菌類の中には、性別が1000種を超えるものもあるようだ。


「生物としての生殖」を考えた場合、
性別の種類は多いほうが有利に決まっている。

性別が2種だと、ランダムに出会った個体同士が
異性である(生殖可能である)確率は1/2。

性別が1000種あれば、
その確率が999/1000に跳ね上がる。


だが、地球上の大多数の生物は、
性別を2種類にするという進化を選んだ。


これはいったい何を意味するのか?


生物学的には定説はまだないようだけれど、
恋愛を考えるうえでは、ぜひとも踏まえておきたい現実であるぴかぴか(新しい)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵画教室に入会~

2017-02-11 | 絵画

何年も前から通いたいと思っていたが、
ようやく、絵画教室に入会しました~アート

抽象画やインスタレーションも指導してくれるとのことで、
世田谷の「アートスクール セント・ギャラリー」に。。。

とりあえずはデッサンえんぴつ





絵については、
小学生のとき数年間、絵画教室に通ってたのと、
大学で小学校教員養成課程を取ったとき
美術も必須で軽く習ったくらい。

でも、久々に描いてみると楽しいこと楽しいこと……。
カラオケ並みか、それ以上に気持ちがいいのだ。


デッサンに慣れたら水彩や油彩に入り、
ダリやカンディンスキー、シャガール系の
現代アートチックな絵や抽象画なども描いていきたい。


そして、将来的には個展なんかも開いて、
そこで占い師をやりつつ本も売り、昆虫などの生き物を展示する、
みたいなこともやってみたいと思っているぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加