WJワンピース感想部屋

中の人生きてます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第547話”島破り”

2009年06月22日 | ワンピネタばれ

さぁさぁ、久しぶりの感想記事です。
どうやってかけばいいんだろうかね(・ω・)

表紙

見開きカラーきたー!
インペルダウン脱獄チームの面々ですね~
改めてみるとなんとまぁみんな個性的なことか。
イワさんの髪の毛、紫だったのか・・・。ピンクだと思った。

クロコダイルかっこいいよう。


本編

ドルドルで手足をガードして攻撃!
いよいよ毒攻略?と思いきや、ガードすらも侵食するという
禁断の毒を使用してきたマゼラン。

インペルダウンすらも崩壊させかねない、いよいよ奥義的な技です。

今までにも、ルフィがいくら頑張っても勝てないという
敵が登場してきましたが、今回もいさぎよく逃げることになりそうです。

青キジ戦で仲間を守ろうとして敗北し、
ロブ・ルッチ戦でその悔しさをバネに、強くなって勝利したルフィ。
黄猿・くま戦でまたしても強さにかなわず逃走・仲間を失いました。

今回の目的はエースの救出・そして奪還ということで
マゼランには邪魔こそされても、逃げれば目的は達成される。

勝てない相手と言っても中身はちょっと違いますが
負けを認めていさぎよく逃走する、
こんな展開があるのもワンピースならでは。

さて、軍艦奪還チーム(ジンベエ・クロコ・Mr1・バギー)ですが
七武海に元・七武海、そして殺し屋とそうそうたる顔ぶれ、
軍艦一隻の奪還などたやすいもので。

海から海水を操ってサポート・攻撃するジンベエに加え
圧倒的な戦力で海兵を蹴散らすクロコ&Mr1。

一方、はじっこで伸びているだけのバギー(笑)

バギー大好きなので、完全に笑いのネタになっているのは涙(うる
少しは活躍してほしいなぁ。
ていうかこの戦いから逃げ延びたら、脱獄の主犯格ということで
懸賞金がはねあがったりするんでしょうかね、
みんなに言えることですけどね。
バギーがいなければルフィも進めなかったでしょうし。

そもそも、こいつはどうやって檻から出たんだろうかw

 


さてさて、一方正面入り口で逃げつつ応戦するルフィ一行。

そこへ、やられたと思われたイワさんがヘルウィンクで復活!!
巨大顔面が床を突き破って出てきました(笑)そしてすぐに気絶。
後頭部で思いっきり床突き抜けてきましたからねw

イナズマも抱えており、2人は無事だった様子。
どうやって毒から復活できたのかは謎ですが、
ルフィのように数種類の毒は大量に浴びているわけでなければ
もはやぬけがらであろう看護室・看守室から
解毒剤をとることもできるでしょうし、ホルモンもありますからね。


と、同時にジンベエから軍艦一隻奪取完了、の連絡。

しかしマゼランも迫ってきており船を寄せる時間はない。
ジンベエの作戦はひとつ、海へ飛べ。

信用ならないとあわてるMr3ですが、
「エースの友達だから信じる」とルフィ。さすがだよ・・・

最後にギア3と巨大キャンドルウォールで、マゼランの攻撃を足止め、
目覚めたイワさんのウィンクで海へ吹き飛ぶルフィ達。

ジンベエが呼び寄せたジンベエザメにのって、
全員脱出成功です!

ジンベエザメかわいいようかわいいよう。




軍艦が全てインペルダウンを離れている今、
マゼランの追跡はここまでかな。

魚人&魚パワーで、
ここから一気にマリンフォードに向かうのでしょうか。
そうすると、新世界で動きを見せていた白ひげ海賊団、
いよいよ登場するのかなぁ。

世界を震撼させるショーを見せるとか言って、一瞬でマゼランに
やられた、黒ひげ一味の動きも気になるところです・・・。
まだ監獄内ですよね?

裏切ったシリュウと連携して、何かをするつもりなのでしょうが
さっぱり見当がつきません。
囚人大解放はルフィ一行がやりおおせましたしね。

黒ひげ&シリュウ・マゼランが戦闘になるとしても
エース公開処刑場での白ひげ海賊団VS海軍のほうがよっぽど
世界が震撼しますよね・・・。

ともかく、来週も休載しないようなので、
次回に期待!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エントリの仕方思い出すついでに。

2009年06月19日 | 自己紹介

改めて自己紹介とかしようと思います。

HN:優映
職業:大学生

以上です。
BIRDから改名します。
このHN,名前どうしようかなーって思って、たまたま鳥が
思いついたので、意味なく英字にしたら完成した非常に安易なHNです。

優映ってのも、あんまり由来はないんですけどね。
カワイイ系を目指してみました。
おもにネトゲで使用してる名前です。某ゴルフゲーとか。
といっても女性名だからってネカマ演じてるわけじゃないですよw

名前って、ネットの世界では
それだけで相手の印象を決める大事な要素ですから
印象だけはやわらかく伝えられるようにって
思ってこんな名前になりました。

・・・っていう理由を今思いつきました。
そんなHNです。どうでもいいっすね。


優さんとかゆったんって呼んでくれる人が多いです。
ゆったんかぁいい!






さて、このブログは高校時代に作成した負の遺産です。
記事を今になって見返してみると、

 

・・・はずかしい!気持ち悪い!全消去したい!

こんな駄文が3年以上もネットの隅に転がっていたのかと思うと
サーバー、管理会社のgoo様、果てはWWWの開発者に申し訳が立ちません。

また、当時交流を築いた人もたくさんいるわけなのですが、
いちいち生存確認をしたりするのもめんどくさ(ry

ていうか当時の読者がいるとは思えない、
いたら申し訳ない!土下座しながらそこから3点倒立したい!

というわけで、心の中で謝罪しつつ、数多くの放置したコメントに涙しつつ、
こっそりと連載(?)を再開する所存であります。



よろしくお願いします(ぺこ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やぁ

2009年06月19日 | ワンピネタばれ
やぁ。

大学受験をすっ飛ばして、早くも大学2年となりました。
管理人のBIRDです。お久しぶりでございます。


高校生の時に作ったブログやらサイトやら
今思えばよくやったなぁ、と。

いったん放置すると人間、完全に忘れてしまうもので。
もう、2年近くも放置してたんですねぇ・・。


で、なんでいきなり復活したかと言えば
これまた特に理由があるわけではなく、ただ思い出してアクセスしたら
まだブログがあったから。そんだけです。


ワンピースはまだまだ読んでますし、大好きです。
今、インペルダウン突入編ということで
エース救出劇が展開され、たくさんの懐かしい敵の面々が登場していますね。
毎週月曜日が楽しみでしょうがないです。

97年から09年まで、もう12年間も。
ここまで人を引き付ける漫画もあるもんですな。


・・・このブログを眺めていたら、
久々に読者同士で今週のワンピはここがよかった!
とかここの伏線が回収されてびっくりだ!とかそういうやりとりが
またしたくなってきました。


というわけで、「気が向いた」ので
毎週ジャンプも読んでいることですし

ぼちぼち感想再開してやろうかな!なんて思ってますよ。

期待しないで待っていてくださいね。


では。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

半年ぶりのエントリ><

2007年10月27日 | お知らせ
ええ、楽しみにしてくださった人もいっぱい居てくださったようですが、
半年もほったらかしでした。




すみませんです・・・。




現在、管理人が大学受験中なので長文の更新はできない状況です。
ジャンプも読んでる暇ありません。買う暇もありません。
(日記ブログのほうはちょくちょく更新してますが・・・)



ですので、更新再開するとすれば合格が決まる2月以降になる・・かなぁ



ちなみに、ジャンプも買っていないために今ONE PIECEがどこまで進んでるかも
よくわかりません。コミックスは買ってますけど。


こないだ見たときは、復活したオーズと、一味全員が戦ってました。

しかも、オーズがルフィのゴムゴムの力を使えるようになってるし!
やはり倒すのはルフィでしょう。”力”ってなんのことだろうかね?






うー、はやく感想再開したいです。


まぁ、更新再開は期待しないで待っていてください。


それでは。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第447話”びっくりゾンビ”

2007年03月10日 | ワンピネタばれ

えー・・・三週間もサボってましたね・・・。氏ねよ、って感じですね。私。


とりあえず今週の感想いきたいと思います!
空いた週はそのうち埋めておきます(;・∀・)




表紙

ちょっと待ってね。



本編


スリラーバークの入り口。
こちらは化け物なんて敵じゃない麦わらの一味の主力です☆

先週、ビビってたケルベロスですが、一転やる気になった模様。

余裕の一味ですが、ここでなんとルフィが手懐けるとか言い出したよ!?
 何で??ムツゴロウか??w


お手、と船長。案の定・・・


「ワンワン!!!コォン!!!」


二匹の犬の頭と、狐に思いっきり、ガブッ!!なのに、周りもルフィも余裕ですよw
噛まれたままケルベロスをやさしく叩くルフィ。

「よーし よしよし・・・そうだゆっくり離せ・・・ いい子だな・・・」

ルフィ、キャラ違うなww
でも、ルフィの態度を変に思いながらも噛んだままのケルベロス。その途端に・・

「こんにゃろォ!!!!」「グギャウッ!!!!」


あぁ・・・結局ぶん殴ったw 壁にめり込んだケルベロス。ご愁傷様です。
「伏せ」はどうやら通じたみたいですね(笑)




ロビンは、ケルベロスの身体に刻まれた無数の傷跡を見て、疑問に思う。

「生きてるのが不思議」


これは・・・やっぱり天才外科医Drホグバックの所業なんだろうか?
よく見るとゾンビやライオンにはそれぞれ番号がついてるんですよね。

・・・動物・人体実験をした結果なんでしょうかね。
ヒルドンにも21ってついてましたね。人間+コウモリとでもやったのかな。

考えただけで恐ろしいですが・・・。そんな実験・・・・

ケルベロスの狐も、そう考えると納得ですね。犬+犬+狐みたいな。




そんなケルベロスですが、負けたので乗り物にされちゃいましたw

忠実な乗り物をゲットして、進んでいく一行。


その前には、あの人面樹と、ユニコーンが・・・酒盛りしとる!
何やってるんだお前らは(笑)
で、やっぱり・・・


「はっ!!」


この驚いた顔が非常にツボなんですが、同志いますか?vv

「おっさんの木と・・・ユニコーンが一盃やってる!!」

・・・ルフィがユニコーンって言葉を知っていたのが驚きです(ぁ

ウソップたちの時は逃げちゃったけど、今回はルフィが捕獲成功。
ユニコーンもフランキーがゲット。

見逃してくれー、となんと喋った人面樹。人+樹なのか?



そんな謎の生命体ですが、ルフィから見れば面白ェやつ。なので勿論・・・

「お前ら!!おれと一緒に海賊やら」

「フザけんなァ!!」


いいじゃん。面白そうですよ?wwww でも、こんなの仲間にいたら怖いvv







一方、ホグバックは。


逃げたあの透明人間と落ち合っていました。

野郎・・・やっぱりグルだったな。すごい変な体型だし、善人なわけないよな(ぇ


透明人間の名は、アブサロムというらしい。
ナミを気に入ったようで花嫁にすると騒いでおります。

おのれ、ナミさんは全世界の男性全てに平等な花嫁なんだよ!!独り占めすんな!
(うわーぃ・・・ キモーイ・・・・(;´Д`)ゲロゲロ)




ホグバックの狙いは、首にかけられた賞金のようです。

ナミも一応1600万ベリーの賞金首だからね。

ペローナという船にいたゴーストも、賞金目当て。
っていうか、こいつ足がちゃんとあるよ???足ゴースト。


「今回は6人も賞金首がいるんだ

内1人は1億超え 船長は3億だ!!」



6人・・・・。
そげキングと、チョッパーを除いたのか?


そげキングは、わかるけど・・・・チョッパーは立派な賞金首だぞw
50ベリーだけど(ぼそっ)



今夜は獲物の収穫などと言ってるホグバック。軽く殺意が芽生えました。






屋敷内では、ナミたち。

透明人間を信じないウソップ。
見たでしょ?と、ナミは主張しますが。

「それは誘導尋問だ!!お前はおれに裸を見たと言わせて 金を請求する気だ!!」

「どこまで亡者だ私は!!請求はするけど」

・・・亡者じゃんw
ウソップも、ありがとうを言っちゃってるし、逃れられないでしょうねぇvv


ウソップはこの島でおきたことを全て信じないつもり。

透明人間は気のせい。ゴーストは変な鳥。ゾンビはああいう種族、地底人だ、と。

 壁をすり抜けた事は説明つかないと思うけどな・・・


死者がよみがえるなんて絶対にありえない。
悪魔の実で蘇ったガイコツはいたけどね。それは特例だと。

あれはああいう生物なんだ、と。そう解釈するウソップ。




でも、ホグバックを尊敬してるチョッパーからすれば・・・

確かに医学から考えて死者の蘇生は有り得ない。
・・・ただ、あのホグバックならそんな奇跡だって起こせるのかも、と。

尊敬する気持ちはわかるけど・・
彼はどうやら一味に対して、今回は”悪”のようです。

歩き出す3人。




そんな中、絵の中の海賊の目が3人を追っていく・・・ ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ


食事をしていた部屋に戻った3人。(ていうかプリンをすすった部屋?)

部屋は真っ暗。

ドクトルと、シンドリーの名を呼ぶが返事はない。代わりに現れたのは、


「お二人はもう お休みになられたでし・・・!!」


燭台にぶら下がっているのは、あのヒルドン。
コノヤロ、明らかに墓場に3人を置き去りにしたのに、
平気で寝室に案内しようとしてる。

逃げようとする3人。

ところが、絵の中の女も喋りだしたよ・・・。モナリザ?

「このコ達色々と気づき始めてるわよ・・・
ヘマやって逃げられる前に・・・」

ほっといてほしい、というヒルドンの顔がちょっと可愛いと思った。(ぇ


「帰さないわよ ボーヤ達ィ!!」

・・・女が絵から・・・絵の中から飛び出したァァァァァァァァ!!!??

チョッパーを捕らえちゃった!
すると、今度は壁にかかった豚が突然ウソップに剣を投げつけ・・・
豚はこの部屋の”ゾンビ部長”らしい。ゾンビに上下関係があるのか・・?


そんな中、なんと剣の刺さった熊の敷き物もゾンビ!!
立ち上がる熊の敷き物。うわぁーもう何が何だか・・・

ウソップは果敢に戦う。ゾンビに弱点わかってるからね。ろうそくを投げつけます。
そのスキに脱出しようとするけど・・・


扉が開かない・・・ ・゜・(ノд`)・゜・。

泣いてるナミさん。気持ちわかります。すげぇわかるよ。怖いよな・・・・

敷きグマに追われ、ゾンビに追われ暖炉の中に逃げ込む3人・・・。
もう逃げ場がない!


ところが、なんと暖炉の中に回転扉が。そこから隠し通路に出れました!

慌てるゾンビたち。
曰く、この通路はホグバックの研究所につながってるらしい・・・


・・・絶対に覗いてはいけない研究室だぞ・・・大丈夫かな・・・?



ただ、びっくりゾンビは屋敷中にいるから心配ないと、豚部長は余裕の表情・・・



通路のほうでも、ゾンビたちに追われる3人。
絵の飾ってある廊下では、ゾンビたちがでてきてしまうから。


「廊下はダメよ!!絵のある場所はダメ!!どっか・・・あの部屋へ!!」


間一髪、その部屋の中に逃げ込みます。その部屋は・・・

お皿が嫌いなシンドリーちゃんの写真で壁が埋め尽くされた部屋でした。


うーん・・・こう見るとシンドリーちゃんが可愛く見えてきました(ぁ
彼女は一体何者なんでしょうか・・・?本人はどこに?



そういや、今回のお化け屋敷編?はかの有名ファンタジー
”ハリーポッター”に似てるような気がします。

絵の中の人物が動いて喋ったり、シンドリーちゃんの秘密の部屋だったり・・・・
ゴーストってのもそうですね。魔法とか出てこないかな・・・(それはない)



Drホグバックってなんなんだろう。チョッパーの尊敬する医者本人なのかな。
実はあいつは名前を借りてる偽者で本人はどこかに閉じ込められてるとか・・・

だって、あの変な体型人間が世界一の医者ってのも、癪ですよね?w
彼の目的はなんだろう。ゾンビとグルなのはわかった。
そして、多分彼らを作ったのはホグバックなんだろう。番号ついてるし・・・

でも、そんな医術を持ってるなら、やっぱり彼がホグバック本人なのかな?



もしそうなら、世界一の医者はホグバックじゃなくて”Dr.くれは”ですね。
そして、勿論優しい心を持ったDr.ヒルルク。

なんにせよ、次週に期待ですね。

人面樹ファンはブログランキングにクリック!!

コメント (5)   トラックバック (20)
この記事をはてなブックマークに追加

第444話”ゴースト島の冒険”

2007年02月23日 | ワンピネタばれ

ゴメンね、ものすごい遅れてしまいました。
・・単にサボっただけです。


表紙

エネルのスペース大作戦Vol.14「私の大地!!無条件の怒り!!!」

そういやこの人は限りない大地を独占したくて来たんだよね、月に。
こんなにほかに人(ってか謎の生物)がいるとは思わなかったでしょう。

・・・・てか顔怖い。



本編



罠にはまった一味。
サニー号は島の中に閉じ込められてしまいました。

ここで明らかになる島の構造。

この島は壁に囲まれていて、口の門から出入りできるようになっているらしい。
何て悪趣味な。誰だ造った奴w

つまり、サニーは食べられたという感じになるようで。




ところでブルックは行っちゃったけど・・・船は置きっぱなしでいいのかな?


・・・話し合いの最中に意味もなくポーズ決めてるフランキーが素敵w

脱出する気満々のウソップ、”島に入ってはいけない病”のナミチョパを差し置き、
ルフィだけが冒険準備万端病

しかもゴースト飼う気だ。でもあれって網じゃ捕まらないでしょw

まぁもちろん、船長が島に行く理由としては、一度仲間にすると決めた
ブルックを連れ戻すためってのもありますがね。そこはルフィだから。

島へ行くメンバーはルフィ、フランキー、ロビン。
ここで小船を使って島に行くわけです。・・・サニー号の秘密兵器発動。



「ソルジャードックシステム”チャンネル2”」



0二つに、1,2,3,4 。

船の内部で回転して、対応した番号が外に出る仕組みなんだね。

そして、2は買出し船。装飾は何と・・・・


「ミニメリー2号!!!」


4人乗りの蒸気機関パドルシップ。


おぉ・・・メリーだぁ!!久しぶり!
早速ナミとウソップ、チョッパーが乗り込んでみる。
ちっこいメリー、復活です! 何だかちょっと安心。

他のチャンネルも凄いものばっかりですよ。



チャンネル1!! 一人乗りウェイバー”シロモクバ1号”

チャンネル3!! 三人乗り偵察潜水艦”シャークサブマージ3号”



凄い凄い、潜水艦まである。これで海底の魚人島にいけたりするんでしょうか?
っても、これじゃ3人だけですが。

ソルジャードックシステム、サニーの巡航を補助してくれる兵士達。
頼もしい味方たちですね。4の完成も楽しみ。
フランキーの考え方、私も好きです。頼もしい船大工だ。



ところがその時!


悲鳴とともに霧の中に消えてしまったナミたち。
どうやら・・・島のほうかららしい。一体何が!?

そんな心配をよそに早くメリー代われとせがむルフィ、それにつっこむサンジw
他の奴らの心配もしろ、とフランキーが重ねてツッコミw
やっぱりグロイ想像をするロビンに対し、こちらではゾロが対応(笑)

ボケツッコミにも様々なバリエーションができてきたなぁw



さて、ナミさんたちの異常に続き、船でも・・・。

なんとイカリが勝手におりてしまう。
(ライオンの手みたいになっててかわいいなぁw)

つづいて、ハッチが勝手に開く。
ルフィの顔が突然左右に伸びてしまう!などのハプニングが・・・

こりゃ、ポルターガイスト現象?ゴーストアイランドだし・・・
ただし聞こえるのは、何故か猛獣の声。猛獣ゴースト?

ただ、驚かしているだけかもしれない、と思ったけど、
ハッチに落ちたルフィに、ゾロの刀を投げ込むなど、笑えない現象も。
フランキーが間一髪で助けてくれましたが。

焦る一味。絶対に甲板に誰かいる。猛獣なのかな?


サンジが島へ3人を救いに行こうとしますが、空中で足をつかまれひっくり返って・・・

「ほげーっ!!!」
「えーっ!!? かっこ悪っ!!!」

悪い、サンジ・・。思いっきり笑わせてもらいましたw
船に放り投げられるサンジ。本当にどういう現象だこりゃ。
ゾロにからかわれてるしw

そんな中、ロビンの顔も謎の猛獣に舐め回されてr・・・
おのれ、猛獣ゴーストめ!!!!!許さん!!!(ぁ





ここで、突然波が高くなり、船が流され始めてしまった。


・・・人工島ということもあるし、意図的に仲間を分離させようとしているんだろうか?

・・・個人的には、飛び出すプール見たいな(笑)


一方、島の中。
ナミとチョッパー、ウソップは
岸に乗り上げて堀の下に落っこちてしまったようです。

おいおい、ウソップどこに座ってるんだwチョッパー凄い顔してるし。

過失を可愛さでカバーしようとするナミさんがかわいいw
立て札なんてどこに持ってたんだ、”すいませんでした。”

ちょっと早乙女玄馬を思い出しました。



いちいちびびる男二人ですが、ルフィたちの助けを求めるために
地上の海岸へ向かおうとします。ところがその時現れたのは・・・


ケルベロスッ!!?


・・・・もう何でもありだ、この島。


一匹、キツネだし(笑)


何とか木の上に逃げた3人。

今度はなんと小柄の変な男に出会います。名は、ヒルドン。
木の枝に逆さまにぶら下がった、こうもりみたいな奴だ・・・・


困っている彼らを馬車で屋敷に案内してくれるといいます。

ここらの森は、夜になるとこの世のものとは思えないほど、危険な森になるから・・

・・・この島自体が既に危険オーラだしまくりだよ。




ヒルドンの馬車も、得体の知れない生物が車引いてるし。
右のは、人か?ケンタウロスかな?

左は完全に目がイッちゃってます。

彼が案内してくれるのは・・・


「ドクトル・ホグバッグ様のお屋敷へ・・・」


その名前を聞いて驚くチョッパー。・・・うーん、どうやら知ってる医者みたいだね。

詳細は次週に(今週?)続く!




ブログランキングにクリックよろしくおねがいします!

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第443話”スリラーバーク”

2007年02月09日 | ワンピネタばれ

今週の感想へ参ります!

もうすぐ今週終わっちゃうけどねっ(ボソッ)



表紙

エネルのスペース大作戦Vol.13「大爆発」

爆発したのは箱舟、マクシムだったりして。
宇宙海賊の本船が来ちゃったとかね。

お。コミックス45巻は3月2日発売だそうですよ。

・・・。

サンジの誕生日キターっ!



本編



新しい仲間?ブルック。

とりあえずクルー全員にご挨拶です。
”死んで骨だけ”ブルック。全員に驚かれまくり・・・

そんな中平気でロビンにセクハラ(笑)
冷静なロビンに変わってナミがツッコミ。セクハラガイコツ。



ルフィがブルックを仲間にした理由は・・・

「面白ェから」


・・・安易!

一応、ルフィが今まで仲間にしてきたクルーの話をまとめると・・・


ゾロ→強い剣士+優しい奴だった
ナミ→航海術が凄い、VSアーロン
ウソップ→VS,C・クロ。いざという時の覚悟。
サンジ→海の料理人として確かな腕。
チョッパー→七段変形面白トナカイ(あと、医者)
ロビン→彼女を生かした罪、居場所の無い+悪い奴じゃない

ビビ→うちへ送るため。国を救おうとする強い意志。


さぁ・・・こんな感じでしょうか?


ブルックは単純に面白いから。そりゃ面白い・・・っていうかむしろ怖いよ!




とりあえず、ディナーです。何故か主導権を握る紳士ガイコツ(笑)

ダイニングへ移動。おぉ、確かに立派だ。見る”目”はあるんだかないんだか。
キッチンは対面式。いいよねこういうの。

悪霊退散グッズで身を固めているウソッチョは隅で待機w


・・・うーん、ガイコツはどうやって物を食うんじゃ?
何十年も食べてない・・・一体何歳なんだこの人。

紳士の割りに行儀の悪いブルック。ルフィとは気が合いそうだ。


イエー、カモン


で、このときにやっとまともに船長と会話。

「ところで コロボックル」

「あ ブルックです私 えーと・・・

あ お名前まだ・・・」


「おれはルフィだ ところでお前一体何なんだ?」

「どんだけ互いを知らねェんだお前ら!」ゾロのツッコミ炸裂ッッ


やばい・・・爆笑したw

名前も知らない奴なのに、仲間にしちゃう船長・・・かわいいです。


で、ディナー。やっぱり行儀が悪いブルックw
大きいからって肉を取り替えちゃダメっしょ(笑)
「え、何かしら?」みたいな顔したロビン最高です。








で、ここでようやく本題。何故彼はガイコツなのに動いてるのか・・・


答えは・・・悪魔の実。そうきましたかそうですか。
てっきり本物の幽霊みたいなものかと・・・(ぁ


実の名前は、「ヨミヨミの実」

ブルックの行儀は今は、置いといて。(顔面が・・・vv)

その実の力とは。

ヨミヨミの実を食べると、復活人間になる。
つまり二度の人生が約束される。

そんな力、だそうです。凄いな、っていうかなんていうか変わってる。



彼は復活した経緯は・・・





彼は昔海賊だった。
仲間とともにこの魔の海に乗り込んだが、強い海賊と出会って全滅。
死んだブルックは、黄泉の国から帰ってきて復活しようとしたけど
なんと、魔の海の濃い霧のせいで自分の死体が見つからない!

で、みつけたのは何と一年後。当然死体は白骨化。

でも、こうしてガイコツの姿で復活してしまったと。






・・・悪魔の実怖ェ。


でもこれ老衰とか死んだらどうなのよ?生き返っても苦しいままじゃない?
それともそれ相応に若返るのかな?あと、死体に残っていた傷とかは・・・?

ちょっと疑問がいっぱい残りました。

ちなみに生きている間はただのカナヅチです。使えない!




つまり、彼は人間。人間じゃないけど!

そんな姿になってしまった彼ですが、オバケは大嫌いらしい。
・・・自分がすでにホラーな存在ですけど・・・


そんな彼に鏡を渡すナミ。「あんた鏡見た事あるの?」(汗)


ところが、鏡を拒否るブルック。
その瞬間に鏡を覗き込んでいたウソップは、仰天の事実に気づいた・・・


「お前何で・・・・鏡に映らねェんだ!!!?」




吸血鬼?と、慌てる一味。・・・吸血鬼って鏡に映らないの?知らんが。




しかも何と影もないブルック。


影がないって・・・・どういうこっちゃ!

そのことを話し始ようとするブルック。影が無いのとガイコツなことは関係がない。

・・・・。

・・・ふむふむ、で?


「続く」「話せ!!今っ!!!」サンジツッコミ炸裂ッッ


何回笑わせてくれるんだいブルックさん(笑)
話を戻すブルック。

「"影"は・・・数年前 ある男に・・・奪われました」

奪われた・・・。
影って・・・奪えるものなのかな?

何か思いあたることがあるんでしょうか、ロビン。一人ちょっと考える。


影を奪われてしまった人間はどうなってしまうのか。

それは・・・

影を奪われる、それはすなわち光ある場所で存在できなくなる。

つまり直射日光を浴びると、身体が消滅してしまう



うわぁ・・・悲惨。外出られないジャン。


だから鏡に映らないんだ・・・・大変だな・・・

その散々な人生をちょっと整理。



数十年前  海賊に襲われ、船員全滅。戦死。

→その一年後 黄泉の国から復活、動くガイコツに。

数年前 ある男に影を奪われる。




っていうことかしらね。でもガイコツの影を奪うなんて、その男も変わってるよ。
よっぽど影ほしかったのか?っていうか、そもそも何のタメに?





話を戻しましょ。

こんな状況に置かれているブルック。

人に会えたのは嬉しいけど、仲間入りを断ります。
なんせ、この深い霧があるからこそブルックは守られているのですから。
おかげで日光に当たらなくて済んでるから。


ところが、ルフィ。・・・本当にいい奴だよ・・・泣ける。


「何言ってんだよ水くせェ!!!

だったらおれが取り返してやるよ!!!

そういや誰かに取られたっつったな誰だ!!?  どこにいるんだ!!」




会ったばっかりなのにここまで他人に身体をはれるルフィ。
ジャンプの主人公として立派っす。人として見習いたいね。


自分の為に死んでくれ、なんていえない。断るブルック。

やっぱり敵、強いんでしょうね。影をとるくらいなんだから。
下手して影を取られちゃったら、自分が消滅するかもしれないし。



話題を変えるブルック。出会えた今日の良き日に、歌を歌おう。

・・・へぇ、ブルックって音楽家なんだ!
それって、ルフィがずっと前から欲しがってるポジションだね。

やっぱり本物の海賊にも音楽は必要なんだろうな・・・よく知らないけど。
ちなみにブルックはヴァイオリン弾き。

「えー~っ!!?本当かァ!!?

頼むから仲間に入れよバカヤロー!!」


ルフィ必死。音楽家欲しいし。



でも何だかこれって本当に仲間になる気がしてきたんだけど。

だってさ、ここでブルックと別れて、他の町で新たに音楽家が出てきて
仲間になるのも変じゃない?

音楽家はルフィが欲しがってるから、多分いつか仲間になる役割だし。

ブルック、仲間になれー!



・・・・でも、話してるそばから・・・


壁から何か湧いてるんですが




何かと思ったら・・・

・・・ゴーストかよ!なんと今度は本物。


・・・このゴースト、カワイイ
たらこ唇が特に。



同時に振動が。
ブルックは事情を知ってるらしく外に飛び出す。


するとそこには・・・


島だァー!!




名前は、"ゴースト島"「スリラーバーク」


あの流し樽から飛び出した発光弾のせいで狙われたらしい。
島が動くんだ・・・。まさか動く島?アイスバーグの夢を実現させてしまったのか!?

外観からして何だかオバケ屋敷みたいです。
・・・・何だか、チョー面白そう


この島は”西の海”から流れてきたんだって。

しかも、何故だか、この島はブルックの念願らしい。・・・一体?
自分の居場所だから?(見た感じブルックはオバケだし)

んなわけないか。なんでだろう?



ともかく、すぐに島へ行ってしまったブルック。

残した言葉は・・・

「何とかここから脱出してください!!!」




ナミは言うとおり、やばいものを感じて脱出をしようとしますが・・・



・・・船長がそんなこと聞くわけ無いでしょ♪


船長行く気満々。行かないわけないじゃん!
Let's、冒険。わくわくしてきました。


ブログランキングにクリックよろしく!

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第442話”魔の海の冒険”

2007年02月01日 | ワンピネタばれ

こんばんは。久々に航海シーンが出てきて嬉しくてドキドキ!
やっぱりワンピースはこうでなくちゃ。海洋冒険ロマンだもんね。
では、感想へ。




表紙


エネルのスペース大作戦Vol.12「不届き者に神の裁き」

エネルやはり攻撃。そりゃ攻撃されたら返すわな、彼なら。
しかし・・・宇宙海賊・・・やられてしまったのか?

ってかあの腹の何?時計?w
体内時計か!(違)



本編



エースは放ったらかしで話はルフィたちに戻ってきちゃいました。
引っ張るなァー尾田っち。






一行は、新海賊船”サウザンドサニー号”で次の島、魚人島へ。
まだ慣れないな、サニー。

ルフィとウソップは甲板で二人で釣り。
でっかいサメを釣って船の生簀へ放り込みます。


この二人、およそ10巻に渡って絶交状態だったのに・・元に戻るの早い!(笑)





一方、船の内部。・・・ロビンちゃん網タイツー!!?うひょ(ry)(殴)


サメが入ってきた生簀は船の内部で観賞可能です。
他にもマンボウとか色んな釣った魚も生簀にいますね・・・でも・・・
サメに全部食われたよ。そりゃそうだよ。共存できるか!w

今夜の飯はアホザメに確定。サメは旨いのか?



・・・ナミさんは。

船の後方部にある風呂で入浴。へぇー大浴場かぁ。
ナミとビビがアラバスタで話していたことが実現しましたね。凄いやフランキー。
いままでのバスよりもめっさ広くなりましたね。

っていうかナミ、入浴後じゃなくて入浴中を見せ・・(ry
背中全開の服がセクシーです。




チョッパー。

医療室も造られていました。まさにドクターの居るべき場所だ。
ベッドがチョッパーサイズなのがいいネ。人型サイズじゃ寝れないけど(笑)
医療器具も充実してますね。とってもいい。




ゾロ。



彼はやっぱり見張り番。似合うわ。天職ですよ。
寝ぼけていてもしっかり不審物は確認します。

「おい!! 海に何か浮いてるぞ」

浮いてるのは”海神御宝前”と書かれたタル。とりあえず拾ってみる。


ナミによると・・・・

航海の無事を神様へ誰かがささげたお酒。お祈りすれば飲んでもいいし、
無くなったら新しいお供えを入れればいいんだって。なるほど。

ナミ&ロビンはやっぱり常識人。これは実際にあった風習なのかしら。


ルフィのニンニンポーズの意味がわからんw
ゾロ、ナイスツッコミ。神様は現在月にいますよぉ


拾ったタルをあける一味。ところが、突然飛び出したのは発光弾。

上空に高く舞い上がり、赤い閃光を放ちました。
・・・・これで場所を知られてしまったかもしれないらしい。罠かもしれないらしい。

でも、今のところ誰もどこにも見えない。

・・・ここで気圧の変化を感じ取ったナミ。



「”大嵐(オオシケ)”が来る!!!」「5分後よ!!」



自分には嵐が見えなくても、航海士の言葉を信頼する船長。いいね。






言葉どおり、すぐに始まった時化。
波が高くなってきた。


ここで、サニー号の実力発揮。

新たな装備、「外輪(パドル)」発動です。

「ソルジャードックシステム!! チャンネル「0」!!」

船の横についていた1という文字のところが回転して、0に。
そこから何と外輪登場。スモーカーのビローアバイクみたいな奴。
これで帆船の弱点を克服。外輪で風を厭わず進むわけね。


「コーラエンジン「外輪船(パドルシップ)」サニー号!!!」

やっぱり燃料コーラなのか!!?

凄いよコーラ。万能飲料じゃないか。見直したよ(笑)
コーラの力で「進めーっ!!」





・・・・嵐は、見事越えました。

が、そこは夜でもないのに霧の立ち込める海。
フランキーの言うとおり、そう、もうここは・・・・


”魔の三角地帯

(フロリアントライアングル)”


なのです。この海域は本当にあります。カリブ海のあたり。




オバケにビビりまくるウソップw
この海域には「生きたガイコツ」がいる、とココロさんから聞いたというルフィ。
ルフィの言う事は信用できんわv



サンジもウソップを脅かしますw

「いいかウソップ この海では毎年百隻以上の船が謎の消失を遂げる・・・

さらに死者を乗せたゴースト船がさ迷ってるってだけの話だ」


「ギャアアアアアアいやだァ!!!先に言えよそんな事」

「言ったらどうしたんだよ」

「準備だ!!悪霊退散グッズで身をかためねば!!」

「ウソップおれにもかしてくれそれー!!!」

やっぱりウソップいいわぁw
ウソップとチョッパーのコンビははずせないね。
ってかサンジキャラ違う(笑)
怖い!その顔怖い!









・・・・そ、こ、へ・・・・・


「ヨホホホ~・・・♪」(←暗い感じです)(表現できない!)



何だこの音楽・・・と、耳を澄ませるウソップ。くっつくチョッパー萌えます。

振り向くと・・・



出たー。ゴースト船!!

一味全員白目。・・・否、ロビンだけ冷静だ!
ロビンの白目見たいのに!!!(ぁ


口からデマカセ言いまくるウソップ。やっぱり全部信じちゃうチョパ・・・

一体この歌は・・・?





船上に見える・・・・人影。


それは・・・・



「ビンクスの酒を・・・・・♪

届けに・・・ゆくよ・・・・・♪」



出たー!動くガイコツ!!!!

ちゃっかり何か飲んでる!!!!!






ってか・・・・ガイコツー!!??









・・・落ち着けっ

ふう。





・・・動くガイコツでした。もうそりゃもう動いちゃってますよ。ひえー




で。結局見に行くルフィw
くじで負けたサンジとナミも一緒です。ってか縄、高っ!
ナミさん大丈夫かしら??



荒んだ船上に登ろうとしたその時、・・・

出てきたよ。覗き込んでるよガイコツ。


・・・ってかこの絵フツーに怖い。(がたがた)


ガイコツだから無表情なのが一層・・・ね。

ウソップいつまでも五月蝿いですね。
ルフィを勝手に殺すなよw



・・・で、出てきたのは動くアフロの喋るガイコツ。
何だか突然陽気に。



「ごきげんよう!!! ヨホホホ!!!

先程はどうも失礼!!目が合ったのに挨拶もできなくて!!!」




足長いですね。名前は・・・紳士なガイコツ「ブルック」。

ゴースト船怖いとか。・・・あんたもゴーストだろがっ!
ナミを見て「んビューティフォー!!!」と。

「パンツ見せて貰ってもよろしいですか?」

紳士だけど・・・これは違う(笑)
俗に言う・・・エロ伯爵みたいな感じか。

意外と漫才もいけるブルック。・・・・いいキャラかもしれないw

・・・ここで

「お前うんこでるのか?」

・・・・・・ルフィ(笑)
突っ込むサンジ。確かに疑問は山ほどあるけど・・・けどw

「あ うんこは出ますよ」

フツーに答えたし(笑)・・・うんこ出るんだ。へぇー(納得すな)
爆笑のやり取りです。




アホ船長は置いといて、ガイコツに質問を浴びせようとするサンジ。

何者なんだ。
何で生きてるのか。喋れるのか。
何があったのか。どんな事が起きるのか。


しかしそれを通り越して船長は・・・・何と・・・


「そんな事よりお前おれの仲間になれ!!!」


え・・・・


「ええいいですよ」


えぇえぇぇぇぇー!?


・・・フツーにOKかよっ!ブルック!


でも、私はこのキャラスキかもしれないです(爆)
ガイコツが仲間ってのも面白そうだし?

ま、尾田っちのことだからこの後一騒動あるのでしょう。予想はつかないけども。
仲間問題はまだわからないね。

でもなぁ・・・ガイコツかぁ・・・素でビビッたよ。
スタイルいいですよね、ブルック。足長おじさんか(笑)



では。来週。待ちきれない!



足長おじさんブルックにはまった方、ブログランキングにクリックどうぞ!

コメント (4)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第441話”バナロ島の決闘”

2007年01月24日 | ワンピネタばれ

441話、感想へ参りましょう。
エースと黒ひげ、Dの意思同士の決闘の行方は・・・・・


表紙

エネルのスペース大作戦Vol.11「容赦なし。宇宙海賊」

エネルにも槍で攻撃してきた海賊!
ただし、勿論雷人間の彼に物理攻撃は通じない・・・。
これがエネルの闘志を目覚めさせてしまったかな・・・?どうするエネル。

エル・トールしちゃえ!!(ぇ)

本編


黒ひげの真の力。


それは・・・・


自然系”ヤミヤミの実”を食べた”闇人間”




悪魔の実の歴史上最も凶悪とされる実、らしい。
一体・・・?


島の町の人々はさっき黒ひげの力を見ていたらしく避難しています。
「まだ何かする気だ!」「もう近づくな!」
黒ひげ一味のクルー達も避難しています。
よほど、凶悪なんだろうか・・・・



いよいよ攻撃を開始する黒ひげ、ティーチ。

体から噴出していた”黒いもの”を町中へ放出。
気持ち悪い!吸い込まれそうな闇が地を這う。

「”闇”とは”引力”!!!

全てを引きずり込む力!!! 一切の光も逃がさねェ


無限の”引力”だ」




・・・・要するにブラックホールみたいな?
そんな感じでしょうか?


エースへ力を見せ付けるために町に攻撃のターゲットを絞るティーチ。
建物の下を黒い闇が包む。


「闇穴道(ブラック・ホール)!!!」


・・・ぁ、ブラックホールだ。あってたね。
周囲の建物が全てティーチの放った闇の中に沈んでいく・・・・・。

何コレ何コレ!!??
すっごい気持ち悪い!エネルの時の雷の力よりももっと違う感じ・・・。
別の意味で嫌な感じの能力です。

「”闇”の引力は物体を無限の力で凝縮させ・・・

押し潰す・・・・・・・・!!!」


つぶれていく建物。おいおい・・・どれだけ強力な力なんだ・・・
まんまブラックホールじゃないか・・・・
・・・・ティーチは押しつぶした町を放つ。


「”解放”(リベレイション)!!!」


名前だけやたら格好いいな・・・。
とそんなことは置いといて。

ただの木片となって闇からでてきました・・・。うわっ、全部粉々・・・
人間いたらどうなるんだろ・・・ぐちゃっ。だよね?(グロイ)

これって・・・最強の実、いや最凶の実なのでは・・・・?
っていうかこれでドラムを滅ぼしたんだろうな・・・。ムカツク。





だがエースは動じてない。いいぞ兄ちゃん。こんな奴やっちまってくれ。


”蛍火(ホタルビ)” ”火達磨(ヒダルマ)”!!!


ティーチの体が燃え上がる。やっぱりものすごい熱がってる。
ところがこれにもわけが。

闇の引力は常人以上に”痛み”なども引き込んでしまい、他のロギアの能力者
と違って攻撃を受け流せない、らしい。

なんだ、そんな致命的な弱点があるのか・・・
これなら最強でもないな。かなり頑張れば常人でも勝てるんじゃ?
って思ったのも束の間。

この致命的弱点のリスクと引き換えに、もっと凄い力が。


「"闇水"(くろうず)!!!」


ティーチの左手かららせん状の闇が・・・エースの身体を引力で引き寄せて・・・
あっという間に左手で捕らえられたエース。そして何かに気づいた・・・

次の瞬間、ティーチの目一杯の拳を腹に浴びて吹っ飛んでしまいます。

そのまま崩れた町の残骸に激突。うぅ・・痛い。

エースの身体はロギアだから物理攻撃は受け付けないはずなのに・・
ですが予想通り、これも闇の力。


「殴られるなんてのはずいぶん久しぶりなんじゃねェのか・・・・・!?

おれがお前を掴んだ瞬間・・・!!わかった筈だ!!!

・・・・・・・おれの”闇”が引きずり込むもう一つのものは


”悪魔の力”だ!!!」


悪魔の実の能力者の能力を、無効化できる力。
それはつまり防御不能の攻撃力。

「己の能力に過信する」って言ってるけどそれは黒ひげも同じなんじゃ?
って思ったのは私だけ・・・?


・・・またしても”闇水”でエースを引き寄せようとするティーチ。

脱線するけど、
これ引っ張られる時、びっくりしそうだな・・・グイッっていきなりくるんだよ。
「うわっ!」ってなりそうです。

”I”が”く”になる感じです。ぐいっって引っ張られた瞬間。痛そうだ・・・わかる?w



・・・戻します。
二度目の引き寄せ、でもエースもただ殴られるだけで終わるわけが無い。

「”神火 不知火(シラヌイ)”!!!」

両手から2本の炎の槍を打ち出す。技名がいちいち格好いいぜ兄ちゃん!

間髪いれずに両手の人差し指をクロスさせて・・・・


「”十字火”!!!」

十字状の炎が一直線にティーチのもとへ。でも、
不敵な笑みを浮かべるティーチ。こいつ絶対能力過信してるって。
確かに強いけど・・・。





・・・この二人の争いを離れた丘で眺める黒ひげの一味。
オーガーがまたしても意味深なせりふを吐く。
一体、この戦いが世界においてどんな意味をもたらすんだろうか。

運命はどう転がっていくのだろうか・・・・。


そして戦いは終盤へ・・・・

明らかにエースが劣勢に追い込まれてしまっています。
黒ひげにダメージは与えているのに・・・
ここでまたしてもエースを勧誘する黒ひげ。確かに”炎人間”なんてとっても強いですから。殺すのはもったいないよね。

でも、兄ちゃんがお前についていくわけないだろう!
隊長として言い放ちます。

「・・・”力”に屈したら男に生まれた意味がねェだろう

おれは決して人生に”くい”は残さない・・・・!!!


・・・わかったかバカ」

・・・「生まれた意味」「人生」・・・なんですかこの死亡フラグは・・・・(涙)
今思えばルフィに言った「次に会う時は 海賊の”高み”だ」
までフラグに見えてきたよ・・・orz

トドメをさそうとするティーチ。最後の力を振り絞るエース。

「”大炎戒(ダイエンカイ)”!!

”炎帝(エンテイ)”!!!」







出現した巨大火球。まるでその姿は・・・・

「ゼハハハ!!太陽か!!闇か!!勝者は1人だ!!」

「・・・おれは白ひげを王にする」

やめてくれーっ!そんな最期の顔みたいな表情やめてーっ!
それに最期のせりふみたいなのもやめてー!
兄ちゃん死ぬなー!

マジで心配だ・・・・。


・・・島の大きさにも匹敵する強大な二つの力が激突する。

一体どっちが・・・・。







最後に、最後の煽りの部分に関して。

「後に起こるあの極めて大きな事件の・・・

「引き鉄」として語られる事となる」


って・・・どういうことですか?(ぁ)
後の事件って・・・。どれだ。シャンクス絡みか?


W7編も終わって物語が大きく動き出しましたね。


四皇同士の新世界での激突。

革命軍の動き。

そして黒ひげとエースの決闘。





これらがどう世界に影響してくるんでしょうか・・・
・・・・ワンピースもでっかい漫画になったな。
色々と考察してみようと思います。そのうちアップしたりするかもしないかも。

では次週。


エース兄~~~~~!ブログランキングにクリックどうぞ!!

コメント (11)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第440話”火拳VS黒ひげ”

2007年01月23日 | ワンピネタばれ

すいません、サボりすぎましたorz

ま、気を取り直して感想へ参ります♪
・・・・ぁ、あけましておめでとうございます(遅)



表紙

エネルのスペース大作戦Vol.10「スペーシー中尉、宇宙海賊にやられる」

うわっ、足の長い謎の生命体にやられちゃった。串刺し痛いよ!
・・・エネル危機感なさすぎっ。まぁ神だし(?)


本編


今回はイースト・ブルーに登場したメインキャラの故郷の人々が出てきましたね。
ま、軽く触れましょうか。


まずはバラティエのゼフ!

麦わらの一味の、エニエスの一戦のニュースが流れ込んできたようです。
あの、元・副料理長の手配書とともに(笑)

もちろん、パティ、カルネをはじめとするコックは全員爆笑w
確かに手配書のサンジは特徴だけはしっかり捉えてるからね、そっくりかも。

”黒足のサンジ”。お客の評判やいかに!?



続いてフーシャ村。

ルフィの懸賞金の跳ね上がりように喜んで宴会をはじめる村民さんたち。
やっぱり村長は怒りますね。マキノさんはルフィのお友達を見て笑顔。
村長の言うとおり、確かにゾロとかはお友達には見えないよなw

ここで村長キーワード発言。

「だいたいガープの奴は何をしとるんじゃ!!
我が孫がこんな事件を起こすまで放置するとは!!」


ガープはやっぱり知り合いらしい。でもその次の言葉が・・・

「親子三代どうかしとるわい・・・
ダダンはこれを知っとるのか・・・」


ダダン?誰だろか?母?ルフィ・エースを育てた人?
でも名前からして男っぽいな。

気になるね。



つづいて、ウソップの故郷シロップ村!

そげキングとして出た手配書ですが元・海賊団の3人とカヤには鼻でばれたw
いやぁ・・・カヤちゃん美人になったなぁ・・・☆

医者の勉強も続けてるみたいですねぇ。ウソップ・・・幸せもんだな。



そして次はゾロの故郷、シモツキ村。

道場の師範はまだ健在。ゾロが道場の先輩だと知った後輩たちが
みんな憧れちゃってるw
先生はゾロの悪行の影に隠れた、貫き通してる信念を感じ取ってるようです。



次はココヤシ村。

ナッちゃんの賞金首になって村では評判に。
いつのまにか姉妹の父親にさせられたゲンさんも手配書の写真は
気に入ったみたいですね。求婚者、出てきちゃうよねあれじゃw

航海に出ても笑っているナミ。ゲンさんは安心したでしょうね、心の底から。


今度はサクラ王国です。

愛トナカイが海に出た今、Dr.くれはのそり役はラパーンがやってる。
しかし相も変わらず元気だな・・・それは嬉しい事だけど。

国王となったドルトン、チョッパーたちの手配書をくれはに。

「・・・ヒッヒッヒッヒ

顔を見れたら何だっていいさね・・・

・・・そうかい

・・・何よりの便りだよ・・」


久しぶりの助手の顔・・・悪政に散ったヤブ医者の想いを背負ったトナカイは
今も元気に旅を続けていますよ。
・・・ちなみに賞金額は不手際ではありません(笑)


ここで、パルティゴ、というとあるグランドラインの島が登場。

”南の海”で反乱軍が勝利したという知らせが舞い込みます。
喜ぶ謎の人物達ですが、”勝利を喜ぶな、戦争だぞ”という声。

きっと革命軍だ。

案の定、ルフィの手配書をみたボスらしき人物が外へ出てきた。
総合賞金額、6億6千700万と・・・50ベリー。・・・・チョッパー(笑)

ここで出ました、ドラゴン。ルフィの実の父親。

「思うままに生きろ ルフィ・・・

時代は時として・・・あらゆる偶然と志気をおびて

世界に問いかける!!

我らがいずれ出会う日も来るだろう・・・」


うー、やっぱりメイクが格好いいなぁ父ちゃん。世界最悪の犯罪者って顔してるな。


そして今度は三日前。場所はグランドラインのバナロ島。W7の少し手前。

エースと黒ひげが出会ってしまいました。
シャンクスの願いもかなわずに。


エースの目的はもちろん、白ひげの船で”仲間殺し”という大罪を犯した
ティーチを捕らえるため。

「ティーチ 不要な問答はやめようぜ

人の倍の人生を歩んでるお前がこの状況を理解できんわけがねェ」


ティーチは35歳くらいかな?
コレに対し、仲間の勧誘をしてくるティーチ。しかもルフィをブチ殺すとも発言。

弟の名前が出てきて益々怒るエース。

「・・・つくづく野放しにはできねェな・・・そいつはおれの”弟”だ!!!

ーそして当然おれはおめェの仲間にゃあ」


「ならねェ」

答えると同時にエースの身体を射抜く弾丸。ヴァン・オーガーだ。

さらにあのチャンピオン、ジーザス・バージェスも家を持ち上げてエースを攻撃。

”炎戒(エンカイ)””火柱”!!!

新技じゃあ。カッコイイなァエース☆
体から火柱を立ち上げて家を破壊。

これをみてお前らじゃかなわないと仲間をとめるティーチ。そこへ

”火拳”

エースの必殺技が炸裂。たまらず吹き飛ぶ黒ひげ一味。
ここで仲間より大きな声で熱がるティーチ。これが伏線。

起き上がって罪を洗いざらい白状しだしました。

「4番隊隊長サッチは確かにおれがブッ殺した・・・

仕方がなかったんだよ・・・

あいつがおれの意中の”悪魔の実”を手に入れやがったんだ!!」


つまり、ほしかった実を手に入れるために仲間を殺した、と。
そして白ひげの船にいたのはその実を手に入れるため。

一体、そこまでしてほしかった悪魔の実の力って・・・?
っていうか悪魔の実って図鑑あるんだ・・・・



「見ろ・・・自然系の中でもまた異質・・・!!!

エース!! お前の体は・・・火だろ!?

ゼハハハ!!! おれァ!!!!


”闇”だ!!!!」



闇・・・?

どんな力なんでしょうか?ってもう次週読んだからわかっちゃったけど。
抽象的な能力ですよね。あの出てきた黒いのはなんなんだ?



あ、相互等は勝手にリンク張っておきマスんで確認してください(笑)
ご挨拶に上がります。

コメントのお返事は何だかリアルタイムでうたないと嫌だなァ・・・何か。
タイミング逃しちゃった。
ランダムブログできた方もサーフィンで飛んできた方もうちのブログ隅々まで
見ていってくださいね。時々変な書き方してあって笑えると思います。
(自分でも時々おかしくて笑います)(自嘲です)

よろしくおねがいしますね。



ブログランキングにクリックカマン!(肝)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加