Kick-Starter.blog

モトクロス大好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とりあえず出発

2016-10-21 20:44:39 | ひとりごと
全然更新間に合いませんでしたね。。。
とりあえすSUGOに向かいます~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd8IA2H1

2016-10-21 01:39:18 | 全日本モトクロス
全日本モトクロス選手権第8戦関東大会、IA2クラスヒート1の写真です。



















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd7IA1H2

2016-10-01 07:09:13 | 全日本モトクロス
全日本モトクロス選手権第7戦近畿大会、IA1クラスヒート2の写真です。

ヒート2も成田が1周目からトップに立つ展開となりました。序盤2番手を走行する小島をパスした田中はトップの成田の背後に迫りますが、成田はトップの座を譲ることなく走り切り優勝。2位は好調の続く田中。3位には小島が入りました。成田はここまで14ヒート中9勝をマークしてランキングトップをキープ。ランキング2位の新井との差は47ptとなりました。

































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd7IA2H2

2016-10-01 06:19:25 | 全日本モトクロス
全日本モトクロス選手権第7戦近畿大会IA2クラスヒート2、スタートから飛び出した岡野を渡辺(祐)がぴったりマーク。この二人のマッチレースとなりました。しかしレース終盤の15周目に渡辺(祐)が転倒。岡野はスタートtoフィニッシュで今季6回目のヒート優勝をあげました。2位は渡辺(祐)、2ヒートとも岡野に迫る速さを見せましたが転倒で優勝はなりませんでした。そして3位には1周目7番手から追い上げた能塚が入りました。











































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd7IA1H1

2016-09-19 21:30:40 | 全日本モトクロス
全日本モトクロス第7戦近畿大会、IA1クラスヒート1の写真です。

成田のホールショットで始まったこのヒート、3周目には2番手の田中が成田をパスしてトップに浮上します。
しかし続く4周目、成田が再び田中を抜いてトップに立ちます。6周目には小島が田中をパスして2番手に浮上。
その後トップ3のラップタイムはほとんど変わらないものの、少しずつ3人の間隔が開いていきます。
スタートで出遅れた新井は14周目に安原を抜いて4番手にポジションを上げるも、前を行く田中から9秒のビハインド。
結局成田は4周目以降はトップの座を明け渡すことなくレースを走り切り優勝。2位は小島、3位には田中が入りました。

























































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd7IA2H1

2016-09-18 07:13:00 | 全日本モトクロス
全日本モトクロス選手権第7戦近畿大会、IA2クラスヒート1の写真です。

道脇(右)がホールショット。田中、神島、岡野らが続きますが、予選A組トップの能塚は出遅れます。
2周目にトップに立ったのは岡野。その後方から岡野を上回るペースで追い上げてきたのは渡辺(祐)。
渡辺(祐)はレース中盤の10周目にトップに浮上。その後岡野との差を拡げていきますが、13周目に転倒。
渡辺(祐)は再スタートできずリタイヤ。これで再びトップに立った岡野がそのままチェッカーを受け優勝。
2位は1周目8番手から追い上げた竹中、3位には終盤の田中とのバトルを制した能塚が入りました。



















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd6IA1H2

2016-09-10 01:03:43 | 全日本モトクロス






















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd6IA2H2

2016-09-10 00:56:45 | 全日本モトクロス


















































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd6IA1H1

2016-08-06 08:39:40 | 全日本モトクロス


全日本モトクロス選手権第6戦東北大会IA1]クラスヒート1の写真です。
YAMAHAの三原と平田、KTMの星野(優)は欠場。土曜の予選では小島がクラッシュで手を骨折するも決勝レースに出場することに。また今季初参戦となる安原、そしてレジェンドの伊田が出場し全19台で決勝レースが行われました。

ではスタートシーンから。新井が抜群の飛び出しを見せてホールショットを奪います。





後方ではマルチクラッシュが発生。その中には成田の姿も・・・。また深谷はこのクラッシュで負傷しリタイヤとなってしまいます。



成田は再スタートするも、エキパイにダメージを受け、その後ピットインを余儀なくされます。



波乱のオープニングラップのトップは新井。



2番手は熱田、その後方は田中、星野、池谷、馬場、安原、長門、小方、伊藤の順にコントロールラインを通過します。



エキパイを付け替えた成田でしたが、再びエキパイからの異音が発生し再度ピットインします。



トップの新井は快調なペースで周回。3周遅れでコースに復帰した成田はちょうど新井の前を走り、トップと遜色のないペースで周回を重ねました。しかし新井が近づくとラインを譲りましたが、トップと同じペースで走る姿が印象的でした。



レース中盤、トップ新井、2番手熱田、3番手田中はそれぞれ単独走行に。4番手には小方が浮上します。









5番手には星野(裕)に代わって安原が浮上。





その後上位陣の順位に入れ替わりはなく、新井がトップでフィニッシュ。今季初勝利を挙げました。







2位は熱田。タフなレースで2位に入り存在をアピールしましたが、今季はまだ勝ち星なし。久々の勝利が待たれます。



3位は田中。神戸大会ではトップを走行を見せた田中でしたが、今回は最後まで粘り強く走り切り表彰台に上がりました。



今季ここまで元気のなかったカワサキ勢の躍進が光ったヒート1の表彰台となりました。



4位は小方。1周目9番手と出遅れましたが4位まで追い上げました。



5位は安原。ヤマハワークス不在の中で、プライベート体制で5位入賞。



6位は星野(裕)。トップ6になんとカワサキ4台!



7位は伊藤。神戸大会に続いて上位でフィニッシュ。



8位は馬場。



9位は鈴木。



10位には長門が入りました。



以上がIA1ヒート1のトップ10。小島は13位で8pt、成田は17位で4ptを獲得しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JMXRd6IA2H1

2016-07-30 07:32:49 | 全日本モトクロス


全日本モトクロス選手権第6戦東北大会、IA2クラスヒート1の写真です。
前日の予選A組は渡辺(祐)-小川-能塚-横澤-池本、B組田中-古賀-岡野-森-道脇というトップ5でした。

ホールショットは古賀。土屋、道脇、能塚、岡野らが続きます。







オープニングップは古賀-能塚-渡辺(祐)-横澤-道脇の順にコントロールラインを通過。田中は24番手、岡野は転倒で29番手と出遅れます。



4周目、古賀の背後に付けていた能塚がトップに浮上。



6周目、グランドスタンド前で古賀が能塚をパスし、トップを奪い返します。





レース中盤の9周目、それまで3番手を走行していた渡辺(祐)が能塚をパスして2番手にポジションアップ。



渡辺(祐)はその後トップの古賀をプッシュ。



そして13周目、渡辺(祐)と能塚が古賀を捕えます。



15周目、今度は能塚が渡辺(祐)をパスいて再びトップに。



ラストスパートをかけた能塚はその後渡辺(祐)を突き放して17周のレースをトップでフィニッシュ。



開幕から6ヒート連勝した後勝利から遠ざかって能塚でしたが、ここ藤沢で落ち着いたレース運びを見せ優勝。
レース中にトップに立ちながらも勝利を逃した渡辺(祐)と古賀には悔しい表彰台となりました。



4位は横澤。レース中盤からは竹中からの追い上げを受けましたが逃げ切りました。



5位は竹中。予選で足を痛めていたようで、レース後は一人で歩けず肩を抱えられながらパドックへ戻っていきました。



6位はルーキーの森。前回の神戸大会ヒート1に続くシングルフィニッシュ。調子上向きですね!



7位は小川。



8位は岡野。



9位は田中。



10位には鈴村が入りました。



以上IA2クラスヒート1の写真でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加