バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

驚きの음악중심出演

2017年04月22日 | クォン・スングァン No Reply
相変わらず番組出演のお知らせが
突然で
ラジオは
全然オンエアーで聞けなかったりするんですが
アプリとかでなんとか聞いておりました。

テレビの出演のお知らせもこれまた突然きました。


しかも
음악중심…

음중…てやつですね
ウマチュンって日本で言ってる人いましたが…
私も以前は毎週見ておりました。
(でも数週遅れのスカパー!の放送です)
幸いにして
放送日が休日。
朝から録画の予行演習までしました。
MBCの登録が休眠状態で
そのお知らせが来た時は
もうリアルタイムで見たい番組なんて
ないからいいやと思ってましたが
今更必死で復活させました。
そしてPCで録画…
これも久しぶりに使う機能で
思い出すの大変でした。

放送前は…
とにかく
心配で…

アイドルにまみれた
かわいそうな
おじさん状態なんですよね…

あの10センチのお二人が
3集発売の時にそういう状態でしたが
ユンくんはともかく
クォンくんは
すごいその状況を楽しんでおりました

同じクォンくんでも
クォン・スングァンくんは
そんなお人柄ではないですし…

この日の出演者
こんなカンジですし…


チョン・ウンジちゃんくらいは
ファンですとかいって
楽屋行ってくれたりしないかなぁ…
多分アイドルグループでも
歌うまい子は
聞いてくれてる音楽だと思いますが…
ちなみにマネージャーさん
ちゃんと撮ってくれた楽屋入り口の写真。




トークも心配…
子どもだらけの会場に
大学の先生(実際そうでしたが)が
何言ったって
聞いてくれるわけがないし…
しら~っとするんやろうな

あと
後日日本で放送されて
わけわからん人たちに
年取ったアイドルとか思われたり
言いたいことは控えますが
いろいろなことが心配で…

ぶっちゃけ
久しぶりのテレビ出演なのに
なぜこれなん??
…という不安だらけでございました

とにかく
かわいそうなことにならないでっ
そんな思いで出演者なみに私も緊張しておりました。

で、本番
久々にPCで音楽番組見ましたが…
なんだか団体戦が多くて…
そしてなんかぴこぴこくねくねした人らが
たくさんで…
みんな顔のデザインが同系統で区別も付かず…
とにかく本人らが登場するまでが
耐え難く
あまり画面をみてなかったんですが
そろそろかなと思ってみてみると…
おっそろしくモザイク
踊ったりしてる人は
何がなにやらわからん紙芝居…

今回彼らの選曲は
先日のコンサートで実はこれを活動曲にしたら
良かったのにね…という結果になった 눈부셔
なぜって
それはまた後日コンサートのレポで詳しく
お伝えしますが
これが意外と踊れる曲…ということがわかりまして
これでスングァンくんが紙芝居になるほど
激しく踊るわけはないと思ってましたが
あまりの画質の悪さに愕然としました…

そしてやっと始まりました
そのコーナー名が
「音楽の発見」

なんてむかつくタイトルっ(怒)

それも
お前らこそ
今日初めてみたわいっ

…と毒づいてもそれは私の事情ですが
アイドル司会者2人に
「これまで知られていなかった
インディーバンドを紹介…」

…みたいな屈辱的な紹介のされ方…

そして…
懸念されたトークはなし
…放送上は…



この程度なら日本で放送されても
そんなややこしいことには
ならないであろう…

しかしですね…
むしろ
これって
何か彼らの魅力伝わりますか…??

的な
びみょ~な放送でした

スングァンくん
ピアノなしっ
座ったまま
まさか本当に
あのダンスをやるのか…??




…と私の心配が絶頂になってしまいましたが
そのまま歌い続けました。
よかった~
でもなぁ…
私らはたいがい慣れてきましたが
テレビの時は
目をあけようよ…

これこそ紙芝居のように
いつアップになってもちっとも
目が開きゃしねえ…
…あっ
いかんいかん
毒舌は封印したのにっ




ウッチェくんそれこそ
画質のせいでのっぺり撮れてしまいましたが
それよりも…
このドラムの方といい
あとベースが一人
キーボードに女の子一人いましたが
いまだかつて見たことのない方々で…

しかしなんというか
サウンドと人の演奏が一致しないんです。
エレキギターの爽やかカッティングは
まさかいくら天才ウッチェくんでも
そのクラシックギターからは出ないやろ?
あとストリングス連れてきてませんよね…


この3名さんのバックバンドさんは
実はエアー状態??
MRでやった??
まさか口パク???

もしかして
どうせMRなら…
ピアノ持ってく労力が惜しくて
今回こういうスタイルだったのか…??

ま、ぜったい本人望んで
出演してないのだけは
確かなので
これが韓国の音楽番組の体質ってやつでしょうね

お疲れ様というより
お気の毒でした…と
声を掛けてあげたいカンジでした。


とりあえず
苦労して録画したんですが
放送後数十分後
即つべに上がってましたので
そちらを貼っておきます。



(追記)
実は
この記事のアップ後にわかったのですが
この放送時間に合わせて
Vアプで本人たちのインタビューが
流されておりまして…
そーとー気まずい沈黙の多い
インタビューの存在が
発覚いたしました
昔はこんなのなかったから全く盲点だった…
登場はガールズグループの後で
その雰囲気に完全に呑まれ、
30代半ばの2人の男が
両手をふりふりしながら登場してしまう…という
珍しい姿をご披露…
かわいかったけど…
僕たちが自分で作って
自分たちで演奏している音楽です

…と強調するとこはできてたので
たいへんよくがんばりました



(文中の暴言・失言お詫びします)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ちかねたあの動画が… | トップ | Noreply アルバム発売記念コ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む