独身お嬢の×一パパ介護日記

独居老人だった父親が認知症になりました。
通ったり、施設に預けた末に現在同居しながら介護中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

収集癖 

2010-03-31 20:46:51 | 日記
 収集癖はさりげなく、さっそく始まった。

 トイレの際、トイレットペーパーの紙を切ってはポケットに入れる。トイレットペーパーの減りが早くなり、洗濯の際にポケットを調べてわかる。父の部屋にはティッシュペーパーがあるが・・・・・・。

 次に、食べ物の収集が始まった。
 キッチンカウンターの果物皿に入れておいたりんごやみかんが朝になるとなくなっている。父の部屋を見に行くと、書棚の隙間に隠してあったり、みかんの皮がゴミ箱にあったり。やがて、冷蔵庫の生卵や牛乳も父の部屋のクローゼットに置かれるようになった。
「こんなところに置かないで!」
 と言うと、「夜中におながが空いた」などと答える。
 
 これは微笑ましく思った。
 収集癖がある、老人に多いと聞いていたから、ゆったり受け止められた。
 それに、私はシロクマが好きでよく動物園のHPを見る。動物は、よくエサを探し回っては穴を掘って貯めておく。年をとって理性が弱っても、生きる本能が出てきたと思って温かく見ていた。
 生鮮食品がダメになったり、料理の予定が狂うのは困ったが、私の使っていたメインの冷蔵庫のほかに、父の家から持ってきた小さな冷蔵庫があり、父には場所を気づかれていなかったので、メインの冷蔵庫には、野菜とか調味料とか、父が手を出さないものだけを置き、父に収集されてしまいそうな果物、菓子は隠し冷蔵庫にしまうことにした。

 ただ、収集癖はさまざまなものに及んだ。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収集癖

2010-03-31 20:36:11 | 日記
老人保健施設を退所して、いよいよ私の借りた新居に同居することになったとき、施設の相談員さんが言った。
「とても穏やかで問題ありませんでしたよ」
でも、次にデイケアとショートステイでお世話になる施設向けの所見欄には
「収集癖あり」と書かれてる。

「これはどういうことですか?」(私)
「ちり紙とか、ティッシュペーパーの切れ端をポケットに入れて集めるんです。老人には多いんですよ」
 確かに、父のポケットはちり紙でぱんぱんだ。たいしたことではないと思った。だが、聞いておいてよかった。同居してみると、その収集癖に悩まされることになる。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕ご飯はカップラーメン

2010-02-23 08:45:07 | 日記
昨日の夕ご飯はカップラーメンで済ませた。

買い置きに坦々麺のカップラーメンを買ったら、すぐ食べたくなって夕飯にした。ねぎやゆで卵をのせて、ご飯とポテトサラダも添えた。手抜きで悪いな、と思ったけど、作りながら気づいた。具やスープを3種類ほど入れるので、これはもう父には一人ではつくれないご馳走。それで食べたらおいしかったし父も喜んだ。

父は喜んでスープを飲み干した。血圧には悪い。次回から麺を食べ終わったらカップを下げることにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お試し外泊 最終日

2009-11-04 01:14:31 | 日記
10時起床。思惑どおり、父はあわてずパンを食べてくれた。食パン2枚とせんべいを置いたら、みななくなっていたが、後から、自分の部屋に食パン1枚とせんべいをしまいこんでいたことがわかった。2日目の夜のように、飢えるのをおそれてるのかもしれない。

今日は祝日だが、私は大事な仕事の打ち合わせがある。

老人保健施設には、家からタクシーで送ろうと思ったが、やめた。父の散歩を兼ね、私の打ち合わせ場所まで一緒に歩きと電車で行き、そこからタクシーに乗せることにした。タクシー代も半分くらいで済む。

家から駅までの道、父は早く歩けず、手をひいて早く歩くように手伝ったが、通常の1.5倍かかった。打ち合わせ場所に着いても、休日のせいかタクシーがなかなかいない。それでもなんとかみつけて、載せて、運転手さんに施設の地図をわたし、多目のお金をわたして「お釣りはいりません」と若干の介助をお願いした。

無事終了。

思ったより手がかからず、食事はパンなりを置いておけばよいことがわかったので、ずっと一緒に住んでも平気だろうと思った。施設で規則正しい習慣がついたのと、父なりに遠慮してるので楽なのだろうと思う。私も仕事があり、ゆっくり話してあげたり喜ぶようなことはしてあげられないけど、内心少しいらいらしながらもおしゃべりして一緒に歩いたり、手はさほどかけられないけど、好きなものをつくって一緒に食べることが少しは孝行だろうなとも思う。

予定どおり、今後、施設に預けっぱなしでなく、自宅にもときどき同居させようと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お試し外泊 4日目

2009-11-04 01:11:42 | 日記
朝は昨日父が買い物で見つけたバナナ。

その後、父の部屋のダンボールに入った荷物を整理してもらった。と、父の生まれたときからのアルバムが出てきてうれしそうだった。私も見て楽しかった。たまたま向かいに当時としては珍しい写真家が住んでいたそうで、よい写真がたくさんある。「お父さんが死んだら、博物館に寄贈してみるよ」と言ってあげた。

昼は、試しにカップ焼きそばをつくらせてみる。だが、難しい。ふたを少しめくってお湯を入れるべきところ、すべてめくろうとするし、ソースを入れるタイミングもわからない。そもそもソースの袋をなかなか開けられない。これでは、カップ麺を置いて外出するというわけには行かないだろう。先を考えると頭が痛い。

午後にシルバー人材センターの人がきた。父の外出介助、家事援助をできる人を頼んで置いたら、すぐにヘルパー2級の資格をもつ71歳の女性が手をあげてくれたそうだ。付き添いできた事務長も老人の男性。元法務省のお役人と言っていた。これも天下りだろうか?でも、実際に顧客先をまわって仕事をしているのだからよしとしよう。

最後の夜。かきのチゲ鍋をつくった。かき、豆腐、からいものと、父の好物を集めた料理にした。でも味はもう一歩。

私は夜マッサージを受けに行き、帰ってから夜3時まで仕事の準備。朝が遅いので、父用に食パンとせんべいを食卓に置いておいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加