猫好き野郎のNC旋盤加工日記

日々の仕事の事やらなんやらを、気が向いたら書いて行こうかと。主にNC旋盤の加工日記です。

切削アカデミーに行ってみた

2017年04月26日 20時13分13秒 | 仕事
先日、さいたま新都心にある三菱マテリアルさんにお邪魔して、
切削アカデミー(加工セミナー)に参加してきました。

受講したコースは応用ターニングコース。

内容は以下の感じでした。
・被削材に応じた超硬材質の選択
・切削抵抗の三分力
・コーティングの種類と違い
・簡単なトラブルシューティングと対策
・工具カタログの見方と選び方
・グループディスカッションと実演
などなど




グループディスカッションとか、
就活してた時以来だから少し緊張しました(笑)

あるブランク形状から、
指定の形状に仕上げるには
どの工具を使って、どんな条件でやるか考えて下さい。その後考えた内容で実際に加工します。
って感じでした。

今回は二つのグループしか無かったのですが、上手い具合にチップと条件が分かれたので、
切り子のハケ具合とか分断具合とか、
見比べることが出来たので結構面白かったです。


まあ、全体的に得られる知識としては
浅く広くって感じだったので少し物足りなかったかな。
気になる項目があってもすぐ次に行ってしまうので、「そこを掘り下げて!!」って心で何回叫んだことか(笑)

旋盤初めて、2~3年くらいの人に
一通り学んで貰うには丁度いいのかもしれません。



ある程度経験を積んでる人は、
他の知りたいテーマに特化したコースを受講すると、楽しめると思います。

ただ、当日のPowerPointをファイリングしたやつに加えて、
多分ですが過去に三菱マテリアルが工具提供とかした参考書の内容を掻い摘まんでひとまとめにしたっぽい資料を貰えるのですが、

これがまた豪華で、
これだけで2000~3000円位の価値あるんじゃないかなって物でした。



次は「難削材加工コース」に行ってみたいと思ってます。
講師の方いわく、ぶっちゃけ赤字ですが景気よく削って学んで貰いますよとの事だったので期待ふくらみますね(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オイルミスト

2017年04月10日 06時46分08秒 | 仕事


うちの複合旋盤達にはミストレーサー(ミストコレクタ?)をつけてないのですが、

今までのタレット型だと、
ミーリングの回転が6000までしかあがらないのもあって、
そんなにオイルミストで機内が充満するなんてのは少なかったのですが、

NTXが来てからは回転数も上がるしミーリングもガッチリやるので、
ドアを開ける度にモワッと来ます(@_@)

眼鏡も即曇るので、
1日曇った状態で過ごして、
帰りに眼鏡取り替えるとものすごくクリアな気分になります(笑)


やはりミストレーサー付けないとダメかなぁ。。(^^;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一滴の力!

2017年04月04日 07時55分13秒 | 仕事


最近使い始めた接着材です。

樹脂の品物で別部品を接着して作るって言う時は、このアルテコがいい感じです。

まあ、このアルテコがと言うか粘度が低いために浸透し易いので非常に接着の効率がよいです。

部品の幅に対して、
10~20μくらいのクリアランスでも、
いい感じで染みていきます。


アルテコのなかでも、
粘度違いで色々出てるようなので、
なんか不具合があったら、
粘度を変えてやってみようかと思ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M3M

2017年03月24日 20時49分47秒 | 仕事



最近、ちょいちょいSUS630をよく削ります。しかも、一個に対する切削量はなかなかのもので、、(@_@)

今までは、京セラのCA6525のMSブレーカーを使って荒加工をしてたのですが色々条件を調節してもイマイチ長続きししなくて。
303とか304だと問題なかったのに。



在庫も底をついたので、
今回はイスカルのIC6025のM3Mブレーカーのものを使ってみました。
(金色のやつは京セラのチップ)


これがまたかなりいい感じで、
同じ量を削って京セラだと2つ消費したところ、2コーナーで済んでしまいました。
なんか抵抗が少なくて、サラサラ削ってる感じ。
MSブレーカーは砕いてるなって感じがするんだけど、全く感じが違いました。


まあノーズRを大きくしたって言うのと、そもそもブレーカー自体もMSは中荒切削程度が守備範囲で、
M3Mは割と荒加工寄りの物のようなので、実際の完全な比較にはなりませんかね。。


それぞれの加工内容に応じて、
沢山のチップを揃えたいところですがむやみに買いあさっても無駄遣いだと上に怒られそうなので(笑)、

在庫を増やしすぎないようにある程度守備範囲的に程良いものを買ってしまうのですが、

難削材を加工する事が増えてきたのでそれぞれの加工内容に特化した工具を揃えていった方が、
結果的に安く済むような気がしてきました。

削りづらい材料ほど、
工具にマッチする条件の幅が狭いですね。
ガラス入り樹脂はどうやってもダメですが(T_T)

工具の選定と条件選びは、
奥が深すぎて面白いけど面倒いですね(笑)




参考(外径荒加工時)
京セラ→ap=2mm f=0.24 Vc=70
Vcはこれ以上あげるとすぐ死にます。
切り込みを1.5mm位で、送りを0.3位まであげればよかったかも。


イスカル→ap=3mm f=0.3 Vc=80
もうちょいVcをあげれそうな感じ。
(割といけるけど、120だと摩耗がかなり早まります)

刃先がかなり摩耗してきても、
ブレーカーは最後まで効きました。
切り込みを4mmにしたら、
少し音が怪しくなって、ブレーカーも効かなかったのでやめました(笑)


内径、外径合計6コーナーで
こんだけ削れました↓


普通ですかね?



なにかご指摘があれば、
教えて頂けると嬉しいです。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東大で打ち合わせ

2017年03月06日 23時48分01秒 | 仕事



今日は夕方から、東大の教授さんと研究室の生徒さんと打ち合わせ。
先日大田区からの紹介で仕事を頂いて。

形状はシンプルなんだけど、
結構薄くて平面度も5μとめちゃ厳しい内容でした。
まあ、切削だけだとどうにもうまくいかなかったので、手で曲げてなんとか公差に収めたのですがね(笑


打ち合わせ中にあれやこれや、
次はこんな形の物を作ってあーだこーだと意見が出たのですが、

その度に、「え、、これ、俺が作るの?マジか…」と密かに引いてました(@_@)


打ち合わせが終わり、
初めての東大を観光して帰りましたとさ。


あ、写真とり忘れたけど
なんか東大生が研究して?作った、
一枚にミドリムシが1億個入ってると言うクッキーが売ってました(爆

何かしらのいい研究結果が出てたとしても、決して食べる気にはなれませんね。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加