センター突破 これだけはやっとけ 鳥取の受験生のための塾・予備校 あすなろブログ

鳥取の受験生のための塾・予備校  あすなろ予備校の講師が、高校・大学受験に向けてメッセージを送るブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俺はどうやらもう少しで死ぬところだったっつうじゃないですか その1

2016-11-04 16:15:23 | 職員徒然コラム(お茶受けにどうぞ)
どういうわけだか小さい頃から痛みの輪郭をイメージしようとする。具体的な形を与えることで対処しやすくしようとしている、というか、自分の心づもりでは痛む範囲を隔離しているイメージで体の中の痛む場所、その範囲と形をなぞっていくのである。

ちょっとした胸の痛み。
いきなり全力疾走したあとで呼吸するたびに感じられるような、鳩尾の上あたりから背中に突き抜けるような、大きくはないけれど知らないふりをしていられない痛みがあった。少し前から、速あるきをした後に時々感じるようになっていたが、数分間ゆっくりと大きな呼吸をしているうちに治まっていた。春先から夏にかけて、アレルギーのため実際に呼吸器系が炎症を起こす。痛みを感じはじめたころはその炎症とも重なっていたので、呼吸器に問題があるものだと思い込んでいた。

のだが。

その日はどうやら様子がおかしくて、1時間以上経っても治まらない。長時間にわたって途切れることも強弱の変化もなく、ずっと同じ痛みが持続していた。かなり冷や汗をかいていたので、
相当ひどい容貌だったのだろう。校長から帰宅を勧められ、治まらない痛みを感じながらそれを聞いているうちにどうやら授業どころではないような気がしてきた。

帰路に就いたのはどこの診療所も午前の診察を終える頃合いだったので、午後の診察時間までの間に治まれば残る半日自宅で寝ていようし、治まらなければどこかで診てもらうか。それならこれまで受診したことのない初めてのところが好いと思って自宅近くにある内科医院に電話して午後の診療時間の確認をした。午後3時から。煙草を喫うので、しかも喫う量が多いので肺癌と診断されるのではないかと覚悟をしたから、しばらく横になった後ベランダに出て最後の一服のようなつもりになって喫ったのがなんとなく止まらなくなって、何本目かを喫っているうちに午後の診察時間が近くなったが痛みも止まらない。

どうにも我慢できなくなって診療所に着いたのが午後2時50分。インターフォンで来意を告げると中に入って待てという。入って受付に保険証を提示するとこれに記入しろと問診票をよこしてきた。必要なことを記入して待つ間、何もすることがない分痛みに気がいって、否も応もなく意識してしまう。

胃よりも上、体のど真ん中に漢字の「小」を中心に寄せ集めたような、3本のパイプを束ねたような形で、真ん中のてっぺんは体の前後を貫くようにも感じられる。イメージが固まるにつれて冷や汗も多くなり、やめとけばよかったという思いとともに待合室のソファに置いてあるクッションにしがみついて、受付カウンター内で談笑している女性たちを眺めていた。

そうこうしているうちに時間になって、中の待合に通されたけれど、ここでもひどい容貌をしていたのだろう。まず大丈夫ですかと声をかけられた。そう声をかけてきたのが先ほどからカウンターで談笑していた2人のうちの1人、さっきあんたらがおしゃべりしながら笑ってる間に尋ねてくれてたら大丈夫だったかも…

どうされましたかぁ。

さっき書きましたが… 冷や汗をかきながら半笑いで一通りの説明を終えるとこのソファで少し待てという。しばらくすると奥から先ほどの女性と何かやり取りをする男性の声が聞こえてきて、女性がどうぞと呼んだので、奥へ入ってよろしくお願いしますと頭を下げた。

で、どうされました。

3回目!

痛みに冷や汗をかきながらようよう説明し終えてレントゲンを撮ってみたら、呼吸器系に問題はなさそうだとのこと。それでは心電図を、ということになった。体毛が濃いので心電図をとるための吸盤がうまく吸い付かない。痛みが治まらないための脂汗と何度か失敗していることによる看護師の微苦笑とを経てようやく採れた波形を見ながら、これまで心電図で何か異常は出なかったかと尋ねられた。定期健診では毎年心電図についての所見はない。それを伝えると、ここねぇ、と波形のプリントアウトを示された。規則正しく上下する各ブロックの同じ箇所で、下向きに突出しているところをボールペンの先で指しながら、マイナスに振れるのが異常なのだという。異常なのだといわれるとただ事ではない心持ちになってきて、胸の痛みがさらに明確化したように思われる。紹介状を書くからすぐに大病院に行くようにといわれ、市立のところと県立のところと国立のところの三つのうちどこがいいかと尋ねられた。心臓疾患の手術件数が鳥取県内で一番多いと聞いたような気がする、といううろ覚えな理由で、自宅からも職場からも一番離れている県立の病院を選んだ。

紹介状を待っている間、痛みで朦朧としかけてまっすぐに座っていられない。ソファにおいてあるクッションにしがみついて、ひたすら脂汗を流していた。やっと名前を呼ばれて紹介状を受け取って支払いを済ませると、レントゲンと心電図を担当してくれた看護師が大丈夫ですかと尋ねてくれた。自覚はないがよほどひどい様子だったのだろう。靴を履いて出るときにもう一度、本当に一人で大丈夫ですかと尋ねられた。看護師に向かって微笑んで(そのつもりだった)、ありがとうございます、大丈夫です、と返してはみたものの、駐車場に置いた車までがやたらと遠く感じられた。ようやく車に乗り込んで仕事中のヨメに電話をかけ、ここまでの顛末とこれから大病院に行く旨を伝えた。夕方のラッシュになる前のことで交通量はそれほど多くない。しんどいけれど車の多くない道を選って行けば大丈夫だろうと走り始めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粗忽長屋 改訂版

2016-05-18 13:42:13 | 職員徒然コラム(お茶受けにどうぞ)
“Wow! What a crowd! What happened? – Hey! Hey, mister! Excuse me, hey!”

“What?”

“It’s so crowded, here’s very large mob. Would you tell me what’s going on there?”

“Oh, sorry, I can’t. I don’t know that.”

“You don’t know? You’re standing here when you don’t know anything?”

“Look, there are so many people before us. I can’t see beyond them what’s happening at the center of this crowd.”

“You may say so, but I’d love to see what that is. How do you think I can reach the core through this crowd?”

“Well, why don’t you go through between ones’ legs?”

“Oh, that’s a good idea, I got it! Well, well, well, go through their thighs…”

“Hey! Wait! Hey! – Ah, he’s gone…”

“Oh!”
“Hey!”
“Ah!”
“Here’s the thief!”

“Thief? Me? Hey, man, what have I stolen from you!?”

“When you go between my legs, you peeled my plaster on the ointment with your head.”

“Shit! It’s so dirty…”

“Wow! I made it! I’ve reached the center…”

“Hey, you, go back! I’ve said none can come closer. Hey, get back!”

“Oh, hello, what are you doing? Are you a street performer?”

“Eh? What do you think is going on?”

“A juggling?”

“No, it’s not a juggling, it’s a dead person lying on the roadside.”

“What? Will you play that? When it’s starting?”

“Oh, my… Listen, it’s not a play, look carefully at this man.”

“Oh, he’s sleeping so tight. Hey, hey, wake up. It’s beautiful morning, hey, wake up.”

“Don’t do that! Don’t touch him! Don’t you understand? He died. You know, he is already dead!”

“Oh, I got it. That’s why he’s turning his face away. He must shame on his way of dying.”

“Sigh… hey, have you been satisfied yet? It’s over, enough, isn’t it? Please go back.”

“Hey, don’t talk in such a way. Why can’t you let me see him?”

“U-huh, let you see him, well… oh, yeah, you might happen to be his acquaintance, O.K., please, this way.”

“Thank you. – Oh! Ah! Shit! Oh my God! Hey! Kuma! Kuma-ko! Why are you here!?”

“Do you know him?”

“Me? Know him? YES! Yes of course! Listen, He and I are living next door to each other, and we treat each other like real brothers. And we promised though we were born separately, we’d die separately!”

“… Ordinary, isn’t it?”

“Of course, ordinary! Do you think it so bad to be ordinary?”

“I didn’t mean that… By the way, could you please inform his wife of his death?”

“He’s a bachelor. He’s a lonely man.”

“Oh, then inform his family of this…”

“No, no. He doesn’t have any blood relation; he’s a really lonely, poor guy.”

“Oh, he’s poor. But, what should I do… Oh, can you conduct his funeral?”

“Really? May I take his body home? – But won’t you say, ‘that guy took the body though he’d come so late’? I don’t want anyone to say such a thing afterwards…”

“No, I won’t. You know him well, don’t you?”

“Yes, I know him very well. I met him this morning too.”

“Wait a minute. Did you meet him this morning?”

“Yeah, I see him every day.”

“Oh, you’re making a big mistake. This man has been dead here since last night.”

“I know it. He’s such a man, it must be that he hasn’t recognize his own death.”

“What?”

“He hasn’t notice he died last night, and returned home leaving his body. I know he’s such a man.”

“Are you sane? Do you know what you yourself are saying?”

“What? Do you doubt me? Well, well, well, well. So I’ll fetch him here. Then you’ll understand he is he.”

“Who do you bring? The dead man’s brother?”

“NO! Didn’t you hear me? He’s a really lonely man! Hey, don’t be surprised to wet your pants, you know? I’ll bring here the very man that died here!”

“Hey! Hey! Wait! Wait a minute! Don’t go! Come back! Hey!! Please get him back! NO!”

“Did you hear him? He’ll bring the dead person here. Can you believe it?”

“The man like him might really do that.”

“No kidding!”

“Hey! Hey, Kuma! Kumagoro! Kuma-ko! Hey, Kuma! Open the door!!”

“Oh, he’s so disturbing, it’s so noisy. He’s knocking on the wall… He says, Kuma-ko, Kuma-ko. Why doesn’t Kuma-ko open the door? – Uh, I’m he, Kuma-ko.”

“KUMAAA!!”

“Hey, stop! Stop it! Don’t knock the wall so roughly! I’m here. The door is unlocked. Hey! Come in!!”

“Kuma! Listen to me. You mustn’t smoke like that. You should be calm down!”

“It’s you who should be calm down. Well, what’s the matter, did I make any mistake?”

“You made a terrible mistake!”

“What’s that?”

“This morning, I went there, there… there.”

“Where?”

“There! In Asakusa, in Asakusa, the… the… the Buddhist temple, the…”

“Kan-Kan?”

“Yes, Kan-Ka… No! Kwan-on! Yeah, I went to the Kwan-on in Asakusa!”

“To buy Kwan-on?”

“Not to buy it, you know, they don’t sell it, because they have only one Kwan-on. By the way, I went to Asakusa, and in front of the temple of the Kwan-on, at the Kaminari-mon Gate, there were very large mob. I wondered if something interesting were performed, so I went through the crowd. Then the man there told me there was a lying person on the roadside.”

“Wow! You were lucky!”

“Not lucky. The guy had died and I observed him carefully to notice that he was you.”

“Pa, Pa, Pa, Pardon?”

“Listen carefully, hey, you died last night.”

“Ha! Stupid! I’m alive, not dead.”

“You say such a thing, so you’re stupid. I repeat, YOU ・ DIED ・ LAST ・ NIGHT.”

“Eh… even, even if you say so, I don’t feel dead.”

“Of course you can’t feel yourself dead because it’s not very long since you died. You haven’t yet recognized you died. As I say, you must have died.”

“But I…”

“Shut up! Then I ask you. What did you do last night?”

“Well, after I finished my work, I went to Yoshiwara to look through without buying prostitutes as usual. And then, I drank at the bar on Uma-michi…”

“And then?”

“Then, well, the cattle fish I ate might have been bad, so I felt sick. And I had a short rest at the Kaminari-mon Gate – I might have taken a nap. Then I felt chilly and came home to go to bed.”

“That is it! You died when you took a nap at the Kaminari-mon Gate; you died there! But you didn’t notice you’d died, and you must have come home leaving your dead body.”

“Wow! It’s terribly bad!”

“Right, terribly bad. Then, the man guarding your body told me to inform your family of your death, and I answered him you’re so lonely man, but I’d fetch the very man being dead, you. After hearing that, he wasn’t able to say anything. Hey, come with me and receive your body.”

“Well, I won’t. I don’t want to do that. It’s so awkward to say ‘It’s my body and I came here to receive my own body. Let me take my body, please.’”

“Hey! Whether it’s awkward or not, you must receive your body. Anyway, let’s go! – Hey, look, Kuma, it’s that man who took care of your body this morning. Go and thank him. – Hey! Mister! I met you a little while ago. Do you remember?”

“Oh, he came again… Hi, the man you talked about was wrong guy, wasn’t he?”

“No, not a wrong guy, but the very man. He is he. Hey, Kuma, greet him.”

“Hello, I heard you took good care of my body. Thank you very much. I came here to take my body, please let me do it.”

“One more idiot … Hey, calm down, please. The dead man isn’t you…”

“What? I myself came to receive my own body. If you prevent me, I’ll accuse you of doing that, because that body is mine!”

“That’s right!”

“Hey! Me! What a terrible situation I’m in. If I had known my own fate like this, I’d have eaten many more kinds of dish…”

“Before saying such a stupid thing, hold yourself tight!”

“Hey! Stop it! Don’t touch the body!”

“Shut up! He’s about to say goodbye to his own body. Aren’t you moved to see such a beautiful situation? Go back and see him with your mouth shut! Hey, Kuma, take it.”

“Yes, of course. – But, wait a minute, it seems something’s wrong.”

“What’s wrong?”

“Is this really mine? This body looks so dirty…”

“Because it’s been lying on the road.”

“The face looks longer than mine…”

“It’s expanded because it exposed to the night dew all through the night. You can’t recognize your own face because you don’t shave your face every day. I shave myself and see my face reflected on the mirror every day, so I know my own face well. And every day I see your face, so I know your face too. I know your face well, and I say it’s yours, so it must be yours. Look carefully!”

“Ah, I got it! It is I!”

“That’s right! Hold it! Hug it! I’ll help you hold your legs.”

“Oh, what a poor man I am, I’m sorry to myself… Eh, wait a minute, I’ve got confused.”

“By what?”

“The body I’m holding is mine. He is I. – But I, holding me held by me, am… Who am I?”

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おひさっ★

2016-02-18 16:33:51 | 大学入試
こんにちわ!

みなさん元気にしていますか?

僕はバリバリ元気です!アイムファインです!!笑

さぁ、
私大受験のみなさんは徐々に結果も出てきました★

国公立大受験のみなさんはついに、アットラスト
来週に戦いが迫ってきました!

国公立二次直前講座も明日で終講になりますね!

体調には気を付けて無理のない程度に、最大限に今を
充実させていってください!

科目の質問があれば職員室まで♪
メンタルがやばくなっても職員室まで!

もう少しだ!ふぁいとっ!ヾ(・ω・ )
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さぁもうすぐ2月!

2016-01-28 14:28:26 | あすなろ予備校
こんにちは!
あすなろ予備校の大久佐です!

遅くなりましたが、センター試験お疲れ様★
寒かったですね。。


センター試験も終わり、皆さんが次に向けて再始動し始めているのではないでしょうか。

私大を志望している受験生は、
「赤本解いて先生に添削してもらって傾向を知る!」
時間ももう限られてくるので、少しずつの時間も勉強に専念させよう☆

国公立大を志望している受験生も、
「赤本解いて先生に添削してもらって傾向を知る!」

またか!笑 みたいな笑

でも、ほんとです!!大学によって傾向が全然違う!

例えば数学では
「ここの入試、微積にかたよってるぅ」
とか
「毎年確率でてるー」
とか
「場合分けたくさんじゃね?」
とか
「なんでここまでの難問がこの大学に出るの!?」
とか

のようにかなり様々です。

でも、大学入試って結局のところ、
「大学に入ってからの講義についていけれますか?」
とか
「工学部では微積が基本言語です」
とか
「この学部で学ぶことは、論理、場合分けが欠かせません」
とか
「数学マニアのみなさん、実力を見せてください」
とか…

大学ってから日々勉学に励むことができるための基礎・土台は持っているかしてみます。」

が大学入試ですよね、大学からのメッセージがきっと込められているはずです♪
その大学の期待に、きっと答えてあげるねって気持ちで問題に挑戦していきましょう★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆明日はセンター試験!★

2016-01-15 17:52:38 | あすなろ予備校
はい!こんばんは!

あすなろ予備校の大久佐です!

みなさん,ついに!
つ・い・に!!
つ い に !!!

明日はセンター試験です☆٩( 'ω' )و


センター試験の激励のための「がんばろう会」が今日行われました!
生徒のみんなと同じように,僕も緊張しました!汗


伝統ある予備校の旗



真剣に講師からの話を聞く生徒のみなさん



後ろからはこんな感じ



いくぞー。うっ・・・

▲われらが校長 丸橋先生

しゃーー!!


センター突破っちゃっちゃっちゃ、よーー パンッ!!


パチパチパチ★


「難しいなぁ,と思って問題が解けない」
っていうのも
「時間が足りない,って思って問題を解いてない」
っていうのも
センター試験では,同一のものとして扱われてしまいます。

センター試験そのものが,
「難易度的に難しいのではなく,時間制限的に難しい」
という教科がほとんどだと思います。

去年の数学IIBもそうでしたが,
「序盤から難しい。。」
と思っても
「少し飛ばせば,いつも通りの問題で解ける問題が待っている」
そんなことだってあります。

よって,解ける問題を見つけ,そっちを先に解くべき!です!そっちのほうが賢い!!

緊張感を楽しみながら,戦ってきてくれたらヾ(・ω・ )  と思います。

しっかり寝てください♪(*´ω`*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センター目前!!

2016-01-13 17:05:59 | あすなろ予備校
みなさん、こんにちは!
またもあすなろ予備校の大久佐です!

年末年始も終わり,もう明々後日にはセンター試験が始まります!

この時期まで来れば,もう新しい知識はあまり頭にいれず,今までの知識が自由に使いまわせるか,を確認していくべきだと思います!

「超絶いい武器で扱い方がわからない」よりも,
「まぁまぁいい武器で自由自在に操れる」ほうが敵を倒せる!

みたいな感じです。笑

もう少しだ!!
がんばろぉ!受験生★


年末あたりの写真も載せておきますね!














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さぶいっ!

2015-11-27 12:36:54 | あすなろ予備校
こんにちは!!
あすなろ予備校の大久佐です(・ω・)

今日の朝は雪?みぞれ?が降りましたね!

綺麗だなぁー。
けど,さぶいなぁー。
ついに,受験シーズンかぁー。

そんなことを考えながら感動に浸りました★

ということで,
もうすぐ冬期講座の受付も始まります!

最後のスパートはまだまだこれからだっ!(∩´(エ)`∩)

体調管理には,くれぐれも気を付けて

がんばれ!!受験生!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学園祭

2015-09-02 14:41:41 | あすなろ予備校
こんにちは

今日は昨日に比べて随分と過ごしやすい天気になりました。

いくつかの高校で、ちょうど学園祭の真っ最中です。

大人になってから高校の学園祭を思い出してみると、
楽しい思い出ばかりではないですが、いい日々だったなと思います。

とにかく、全力で取り組むことが今の自分につながっているんだなと
改めて感じているところです。

高校生の皆さんとにかく、めいいっぱいハジケテください。
でないと、なかなか気持ちの切り替えができません。

そのあとは、しっかりと入試にむけてラストスパート!!!

がんばっていこう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2学期が始まります!

2015-08-21 20:14:27 | あすなろ予備校
夏期講座のいよいよ最終タームが始まりました。
夏期講座もあと2日で終わりです。

暑い夏が終わると、2学期のスタートです。
2学期は9月1日(火)より始まります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東高 テスト対策

2015-06-15 18:17:31 | あすなろ予備校
こんにちは!

6月も中旬になりました。

さすが、もうすぐ夏至です。太陽の出ている時間がながいですね~
分かっていても、夜7時を過ぎても明るいとびっくりしてしまいます。

総体も終わったし、本格的に受験勉強をはじめよう!!!!!


さて、
今日は、東高テスト対策についてのお知らせです。
あすなろ予備校をフル活用して、考査を突破しましょう!!


鳥取東高テスト対策講座
6月27日(日)13:00~17:30
参加無料(校外生の方もどんどん参加してください。)
参加特典あり

詳細はこちらまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加