のせ一級建築士事務所BLOG/練馬・女性建築士、整理収納アドバイザー、インテリアコーディネ-ターと考える住まいづくり

住まいの建築、購入、リフォームを考えていらっしゃる女性のための相談、サポート、セカンドオピニオン専門の建築士事務所です。

既存住宅状況調査技術者講習に参加して参りました

2017年05月20日 | ご近所散歩と草花など

昨日は、一日、既存住宅状況調査(インスペクション)技術者講習に参加して参りました。

平成30年4月1日に施行される改正宅建業法の建物状況調査に対応する資格取得のための講習です。

資格や制度について簡単にご説明いたします。

これまで住んでいた家を売りたい売主がいて、売主が、不動産業者と仲介契約(媒介契約)を結ぶ際に、

不動産業者は、

「建物の状況調査を受けますか?そういう制度があり、調査員(調査する会社=インスペクション業者など)いますが・・・・、どうしますか?」と、説明しなくてはならなくなります。

売主は、希望すれば、費用がかかりますが、売る建物の調査を、調査する資格をもった建築士=既存住宅現況調査技術者によって、受けることができます。

調査で問題がわかれば、売主側には不利な場合もあるわけで、売主が費用をかけて調査を行うかどうかわかりませんが、

制度が多くの人に知られるようになると、「現況調査を受けている建物でないと心配だ!!」と、いう買主も出てくるわけで、調査を受けていない中古物件は、買わないという流れになる可能性もでてくるでしょう。

 

調査を受けたら、売主は報告書等を手にすることができます。

また、不動産業者は、調査を受けたら(調査の日から1年間有効)その結果を買主に対して説明する必要があります。

さらに売買契約締結時に、基礎、外壁等の現況を売主・買主が相互に確認し、その内容を宅建業者は、売主・買主に書面で交付しなければなりません。

 

中古住宅を買う側も、調査の結果を見て最終判断できるので、何もないよりは、第三者が調査してくれてその結果を見て購入できるので、少し安心という制度です。

ただ、すべての壁の中や床下をすべてあけて見るわけではないので、木造の場合、目視できる範囲での調査なので、限界はあるかもしれません。

希望すれば、既存住宅瑕疵担保保険に加入することもできますので、検査のオプションや保険費用もかかりますが、少し安心ですね。

中古住宅は、シロアリの被害や雨漏りの問題は多いようですから、購入を予定されている方は慎重に進めてください。

中古住宅の場合、個人間売買が、約8割を占めるようですが、不動産業者が売主の場合の中古住宅についても、内容は同じです。

保険については、不動産業者が売主の場合の既存住宅瑕疵担保保険がありますから、個人間売買の保険とは別になりますので、ご注意下さい。

 

 

朝10時半から、夕方4時までの長い講習でした。

講義が始まる前に撮ったものです。

一級、二級、木造と建築氏ばかり 200名程が出席しておりました。

そのうち、女性は、2割いなかったかもしれませんね。

いつものように、最後に考査があるので、テキストにもインデックスをつけて、ちゃんと、勉強いたしました。


資格を取得すれば、皆様からの検査のご依頼もお請けできますね。

 


 

今日も暑いですねぇ。

事務所が入っている建物、アパートの入り口部分の薔薇が見ごろです。

この賃貸のオーナーは女性とのことですが、噴水はあり、薔薇も咲き、と、私は大変気にいっております。

住宅街で静かですし。

皆様、どうぞ事務所にお気軽にご相談にお越し下さいね。

どなたか、お散歩の途中でちょっと休んでいただければいいなぁ~と思い、自宅から持ってきて、噴水の前に椅子を設置しておりますが

まだ、誰も座ってくれませ~ん。

『ご自由におかけ下さい。』の文字も自分で書きました~!

板は100円ショップで買いました~!塗料も買って白く塗りました~!

 

【空室あり】の看板が写ってしまいおしゃれじゃありませんね~。残念~。

中庭があり、両側に各部屋が設計されている、ゆとりの設計です。一部屋開いておりますよ~!

 

5月31日(水)は【お住まいのリフォームやご新築のご計画のある方のための整理収納レッスン/女性一級建築士、一級整理収納アドバイザーが教える収納計画・施工実例写真説明付】を予定しております。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳細、ご予約はこちら

 

posted by 野瀬有紀子

いつも応援ありがとうございます。   

お手数ですが、見ましたよ、のサインに下の2つ、ポチッ、ポチッと押して下さると励みになります!   

 にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

***********************************  

のせ一級建築士事務所  写真をクリックしてください。ホームページに飛びます。

スマートフォンでご覧いただく方は、スマートフォンサイトが表示されます。

スマートフォンからのお問い合わせメールも可能です。

下記をクリックしていただきますと、当事務所ホームページ各ページに直接飛びます。

【建築士紹介】 

【ご相談内容】

【ご相談・サポート料金】 

【事務所のご紹介

【アクセス・お問い合わせ】

*アクセスをご覧いただきますと、大泉学園駅改札口から事務所への道順も写真でご案内しております! 

 

住まいの建築、リフォーム、購入を考えていらっしゃる女性のためのサポート、セカンドオピ二オン専門の建築士事務所です。 

家を買いたい、建てたい、リフォームしたいなど 思いはいろいろあっても何をどう進めてよいかわからない、

ご主人は忙しい、無関心、誰かのサポートがほしい、相談できるだけでも心強いなど 思っていらっしゃ方、

建築会社の担当者が建築士でないので不安、担当者が男性建築士なので相談しにくい、など

一生に何度も経験するわけではないので、とかく一般の方には解りにくい建築や不動産のこと、ころばぬ先の杖として、どうぞ、当事務所をご利用ください。

女性の視点でアドバイスさせていただきます。

ご夫婦でいらしていただくことでもOKです。

どんなことでもざっくばらんにご相談ください。

間取りのセカンドオピニオン

キッチンのセカンドオピニオン 

収納のセカンドオピニオン

トイレや洗面空間のセカンドオピニオン 

照明器具、電気配線のセカンドオピニオン

インテリアコーデイネートのセカンドオピニオン

外装のセカンドオピニオン

リフォーム・リノベーションのセカンドオピニオン 

注文住宅のセカンドオピニオン 

御建て替えのセカンドオピニオン  

などに対応させていただきます。

他にもこんなことはできないか?と、何かございましたらお気軽にご相談ください。

もちろん、計画段階、決定までのサポートもさせていただきます。

 

ご計画中、何度でもご相談いただけるように、時間単位での、ご相談、サポート費用設定となっております。

1時間3,400円(消費税はかかりません)、どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談面談1回につき、その後、メールかお電話でのご相談1回は無料で行っております。

 

ご相談、サポート対応日は、毎週火曜日から土曜日(木曜日も対応が可能になりました)

10:00~18:00です。

定休日は、毎週日曜日、月曜日、祝日です。

土曜日は営業しております。


対面相談を基本としております。

お手元にお持ちでしたら、図面や仕様書、見積書などをご持参ください。

ご予約の後、事前に図面等を、郵送、FAX、メールなどでお送りくださり

ご相談の内容を簡単に添えていただきますと、ご相談当日お話もスムースです。

メールやお電話のみのご相談はお受けしておりませんので予めご了承下さい。

 

●専門家プロファイルもどうぞご覧ください。こちらの問い合わせフォームからご連絡いただいてもOKです。↓↓↓

画像をクリックしてください。サイトに飛びます。

小さな小さな事務所ですが、どうぞお気軽にお越しください。↓↓↓ 

〒178-0063 

東京都練馬区東大泉3-22-21 メゾンユニA棟1F (Pパーキングのご用意もございます。) 

電話 03-5935-8330 (不在時は、留守電にご連絡先などを入れてください。) 

 <アクセス>

 電車/西武池袋線・副都心線・有楽町線 大泉学園駅徒歩5~8分 

 バス/吉祥寺より【吉61、62】新座栄行、都民農園セコニック行30分 整備工場下車(大泉学園北口)徒歩3分 

 大泉学園南口行30分 大泉学園南口下車 徒歩10分

 バス/成増駅より【泉33、34】大泉学園北口行25分 整備工場下車徒歩3分

 バス/朝霞駅より【泉32】大泉学園駅北口行30分 整備工場下車徒歩3分  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 階段を上がってすぐの腰壁部... | トップ | 屋根なり(勾配)天井、梁表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。