変わった日〜

何かが変わった日を記録する為の日記程度です。

変わった日

2016-10-15 22:21:07 | 日記
初めての投稿になります。

タイトル暗めの変わった日とありますが今回は生活環境、常識が変わった日〜今日の事を書きます。

日記程度で始めたので読みづらい可能性があります。

まぁ〜初めに簡単なプロフィールから行きますね!

年齢:22歳
性別:メンズ
職業:個人事業主、大学生

大学はおさぼりが過ぎて留年中。
部類的にはクズ。

性格は割とポジティブ思考です。

そんな僕がこのブログを始めたのは【ある日、変わった】自分の中の何か。

先週いつも通り電車で通学中の事、謎のめまい?息苦しさ?吐き気?手汗?
何がなんだかわからない症状が発症し電車から飛び降りたくなるほど苦しみました。

もともと電車は好きじゃなくて車で通学も多くしていました。
片道の通学時間は1時間程度で電車に乗りっぱなしの状況です。
急行電車を使わないとえげつない時間が掛かる為イヤイヤ急行電車に乗っています。
急行電車の為次の駅までは10分程度は止まらない中でその症状は1〜2分程度で収まりまた発症します。

ん〜過去にこんなことなかったし寝不足かな〜程度に考えて無事大学生へ到着し、しっかりと講義を受講してきました。
帰りの電車ですぐにまた症状が出た為途中下車し落ち着くのを待ちましたが、もう電車が本当に嫌になり、迎えを呼びました。

すぐに迎えの車が来て家まで帰ろうとしたところ、高速道路の橋の上を走行中に同じような症状が出てすぐに車を止めるよう伝えたのですが安全が確保できない為次の降り口まで走行し、高速道路を降りてもらいすぐに停車しその後慌てて車を降り外の空気を吸いに出ました。
何故か手が痺れて足は震えていました。
今考えても恐ろしかったです。

何に怯えてこの様な状態に陥ったのか検討もつきませんでした。

その後10分程度外でリラックスして車へ戻り自宅まで向かいました。

家に帰り寝不足だと自分に言い聞かせて仮眠を取りました。

次の日も学校だったのですが電車には乗りたくないと思い車で行くことにしました。
途中まではいい感じにブイブイ行ってたのですが、トンネルくぐり〜橋を渡り〜景色を見たらまた息苦しくなりすぐにパーキングにGOしました。

気付けば自宅と学校の間くらいの地点まで来てしまった為、友人に電話し相談し落ち着かせる為に世間話などをしてくれた後に心療内科を勧められました。
あまり知らない地での心療内科。
人生初の心療内科。すぐに開けてくれて診断してもらった結果、パニック障害の可能性があると言われ自宅のそばのクリニックを紹介していただきました。

この日、生活環境が変わった日となりました。

特に大きいストレスは自覚なし。
嫌な事は自分で解消して生きています。
友人関係にも満足しています。
経済的面でも大きな苦労はなしです。
周りからの反対はなく、興味のある事は全てやってきました。
そんな僕が何が不満でこうなってしまったのか?
ストレスフリーな人生だと思っています。

あの日から変わったのは、電車や車に乗ることが困難になったこと。
そしてその手段が塞がれれば行動範囲は狭まり楽しみや行事に参加しづらくなったこと。

どんどん生きづらい方向に向かってしまうのでわ?

パニック障害について調べてみると若い方でも発症している方は多くいると知らされました。
前まで気にしていなかったが僕がよく乗っていた電車の中にももしかしたら苦しんでた人がいるのかな〜など考えてしまいます。

なんかこのブログをきっかけに良くなればな〜と思います。

現在、発症3日目!

学校へは行けず以前よりも車での移動範囲も狭まりました!
確実に悪化しています。
普段うるさい人だがこのまま鬱になるんじゃないのとも思いますw
今は専属でセラピーを受けています。
投薬も!初めての抗うつ剤や安定剤!
まさか自分がこんな物を手にする日が来るなんて...

セラピー2日目にして原因となった疑いのある僕の過去が浮上してきました。
それは次回書きます。

パニック障害の方!仲間はたくさんいます!僕も今日から仲間にしてください。
克服出来ることを願って今日からブログやっちゃいます!

長々とありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。