ありさの日記

 『ラスベガスの澄み渡る青空より』

余韻に浸って・・・

2016-08-19 | 日記

 あっこちゃんからたくさん写真が届き、楽しかったこと、面白かったことを思い出し、一人でにやにやしてしまいました。

 そして、小学3年生の次男くんが夏休みの宿題の“夏休み新聞”に書いてくれた記事を送ってくれました。

 『KA』を観たこと、バックステージを見たこと、自分が感じたことをしっかりと書いてくれていて、とても嬉しくなりました。

 

 再来週、会社のPRイベントにまた出演させて頂けることを聞き、アパートで久しぶりにLEDスタッフを回してみました。

 前回の本番で突然作動しなくなったLEDも修理から戻り、今のところ順調に作動・・・、久しぶりに回すとかなり重く感じましたが、また楽しみです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名残惜しく・・・

2016-08-12 | 日記

 旅の途中のお洗濯に、あっこちゃんと三男のはるちゃんがアパートに来ました。

 アパートに到着後、早速ミュウははるちゃんに(?)はるちゃんがミュウに(?)遊んでもらい、二人で部屋の中を走り回っていました。

                                                       

 洗濯・乾燥が完了するまでの間、あっこちゃんとたくさんおしゃべりができました。

 

 夕方パリス・ホテルでご主人、長男・次男くんと合流し、バフェに・・・、私もご一緒させてもらいました。

 クレープの山盛りの生クリームを頬張る長男くん、普段は食が細いのにムール貝に目覚めた次男くん、大好物のエビを食べ始めると突然存在を消すかのように静かになる三男くん・・・、ここでもまた楽しい時間でした。

                                

 ホテルにミュウと送りに行き、お別れの場所までは、長男・次男くんが交互にミュウを抱っこ・・・、「ミュウをくださ~い!」と必死で訴える長男くんは、最後のお別れの際、目に涙をいっぱい浮かべ、名残を惜しみながらのお別れになってしまいました。

                                                    

 もうこれで一緒に過ごす時間はおしまいだと思うと、とても淋しくなりましたが、それぞれ個性豊かで純粋で素直な子供達・・・、今度はまた大きくなって、成長した三人に会えるのかなと思うととても楽しみで、なんだかまた会える気がすでにしていました。

 

 素敵なあっこちゃんファミリーとの時間は、本当に楽しくて、嬉しくて、幸せな時間でした。

 大家族ではるばるここまで来てくれ、本当に感謝です。

 

 今日もいっぱい遊んでもらったミュウは、夜は寝言を言いながら、顔をうずめてぐっすり寝ていました。

                      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベラッジオの噴水

2016-08-11 | 日記

 スーパーでのお買い物と洗車を済ませて帰宅すると、あっこちゃんからベラッジオの噴水を観に行くと連絡があり、私も久しぶりに観たくなり、一緒に行かせてもらうことにしました。

 久しぶりの噴水を、あっこちゃんファミリーと賑やかに観ることができました。

 会いたいと言ってくれていたミュウを一緒に連れて行くと、3人の子供達みんなが、「抱っこしたい」、「お散歩したい」と、噴水までの待ち時間もあっという間でした。

                                                                

 噴水の後は、ご主人と長男くんはお買い物に、あっこちゃんと私は次男・三男くんと一緒に飲み物を求めてぶらぶら歩きながらお話しました。

 二人で話している間、次男・三男くんはアイスクリームを食べながら遊んで待ってもらっていて、申し訳ないなと思いながらも、ついついいっぱいおしゃべりしてしまいました。

                                                     

 

 ここ数日暑さがましとは言え、外でいっぱい遊んでもらったミュウは、帰宅後シャンプーとご飯を済ませると、こてんと寝てしまっていました。

                                     

 今日も一緒に楽しい時間を過ごすことができて、とても嬉しかったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ちに待ったあっこちゃんファミリー

2016-08-10 | 日記

 待ちに待った大学時代からの親友のあっこちゃんファミリーが今日ラスベガスに到着しました。

 仕事の前にロビーで再会・・・、会った瞬間から5歳になった三男のはるちゃんが話しかけてきてくれました。

 大きくなった長男・次男くんに会ったのは赤ちゃんの頃、ご主人に会ったのは結婚式以来・・・、それなのに全くそんな気がしない空気に一瞬になりました。

                                                                            

 今日は、先週トレーニングルームで行われたアーチャーズ・デンのワークショップを基に、ステージでのリハーサルがあり、そこでまた前回と同じような演技表現の指示、アドバイスを受けました。

 どうしても、うまく演技できず、自分の中でうっと詰まるものがあり、ワークショップの後にも、その日に講師的にしてくれたカウンセラーズ・サンのマーク・アントワに演技が苦手だと相談し、「僕は演技が苦手と思わないよ・・・みんなやればできるから・・・。絶対苦手と言っちゃダメ!」と言われていましたが、今日のリハーサルの後、彼の顔を見ると、何も言えず、涙がボロボロ出てきてしまいました。

 私の心境を察してくれ、見本になるようなアニメの映像を見せてくれ、アドバイスしてくれました。

 「完璧を求めなくていい・・・、そんなに自分を追い詰めなくていい・・・、やってみて、良いものを見つけて行けば、思っている以上のものになるかもしれない・・・」、そう言ってくれました。

 

 そんな思いになってしまった今日はダイアナのローテーションで今日すでにショーでしなければならないという重圧と、あっこちゃんファミリーが観てくれるから気持ちよく本番を迎えたいという気持ちが入り混じり、どうにかメイクの間に切り替えようと、必死でした。

 

 いつも以上に緊張した中、1回目のショーが始まりました。

 エピローグで、あっこちゃんファミリーが立って手を振ってくれている姿を見ると、今日の色々な心境も加わり、涙が溢れました。

 ショーの後、ホールディング・ロービーで会うと、みんなとても嬉しそうな笑顔でした。

 あっこちゃんやご主人だけでなく、子供たちも本当に楽しんでくれたようで、一機に気持ちが晴れました。

                                                                       

 2回目のショーの後バックステージを案内する予定で、子供たちは夜遅いこともあり、あっこちゃんだけかなと話していましたが、長男・次男くんも大興奮で、「何が何でも起きて、バックステージも見せてもらう!」と、全員で改めて戻ってきてくれました。

 1回目のショーの後にプレゼントした『KA』の帽子とTシャツを3人揃って着て登場・・・、その姿にその場にいた他のアーティストも笑顔になっていました。

                                                                                       

 バックステージもとても喜んでくれ、子供たちの視点でショーを楽しんでくれたことも感じました。

 子供たちにとっては夢の中の時間のはずが、みんな最後までハイテンションでした。

 そんなみんなの姿に本当に癒されました。

 あっこちゃんにとっても私にとっても念願だったことが叶い、家族みんなではるばるここまで来てもらえたことが本当に嬉しく、感謝し、私もハイテンションのまま帰宅しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック開会式

2016-08-05 | 日記

 赤ちゃんの時からロープのおもちゃで遊ぶのが大好きなミュウに、新しいロープを注文しました。

 細いのや小さいのはすぐに破壊してしまうので、少し大きめをオンラインで注文・・・、ミディアムサイズでしたが、ちょっとミュウには大きすぎたようです。

 しばらく扱いに困っていましたが、徐々に我が物顔で振り回し、噛み始めました。

 投げてほしいと持ってきてくれますが、重くてあまり飛びませんでした。

                                        

 

 夜はオリンピックの開会式をテレビで観ました。

 選手の入場行進は、自分の世界選手権の時のことを思い出し、とても懐かしくなりました。

 ただバトンとは違い、あまりの国数、選手の多さに、途中気が付いたらうとうと・・・、目が覚めてテレビを観ると、まだ入場行進中で笑ってしまいました。

 直接関係がなくても、オリンピックはなんだか気持ちを盛り上げてくれます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加