心の山を歩いていこう!

単に山頂を目指すより、山歩きそのものを楽しみたい。そんな山日記を綴ります。

北岳は今日も雨だった、その2。

2017-07-14 15:07:01 | 登山
夜、9時。テントから覗くと、満天の星。北岳のシルエットも見える。
そして雲ひとつない晴れは明け方も確認できた。
なのに、日ノ出の時になると、北岳は厚いガスに包まれた。
こんな事ってあるんだ。これぞ山の天気。
 
気を取り直して、草すべりを目指す。


可憐な花々の中を登っていき、振り返れば鳳凰三山が。そして御池が小さく見える。まだ先は長く、そして険しい。



花畑が終わり、森林帯へ入る。
急登が一段階し、ほっとするが、頭上の枝に頭をぶつけないように気を付けないと。



ダケカンバの向こうには北岳が見えるはずなのに、ガスに包まれたまま。この先の天気も気になる。



ダケカンバ帯を抜けるとお花畑が広がる。
一時期、この光景が見られないこともあり寂しく思ったが、またこのように復活して本当に嬉しく感じる。



小太郎尾根分岐に出ると、ガスがかかって前がよく見通せない。



ぼんやりとした視界にハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウの花畑が見える。


両俣小屋分岐を過ぎた先にキバナシャクナゲが咲いている。
よくもまあ苛酷な環境に耐え、と感慨深い。



小雨まじりのガスの中、山頂がうっすらと見えてきた。
あともう少し。


北岳山頂。
標識以外何も見えない。まっ、梅雨の時期はこれが当たり前。
何よりもここにまた来れた事に感謝。



山頂三角点。



今回もこうして北岳への山旅が終わった。
櫛形山から見た時、遠い願いに思えたことが叶えられた。
次にまた北岳に来ること、これが今の願い。簡単な事かもしれないが、明日何が起きるかわからない、そしてそのせいでもう来れなくなるかもしれない。
だからこそ、自分にとっての北岳はひとつの指針であり、願いでもある。

(終わり)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北岳は今日も雨だった、その1。 | トップ | 静と涼、湯ノ沢峠から米背負... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。