Akiba-Watching

コスプレ撮影・ROM制作を最近メインにしてます。

Yongnuo YN560 IV フル発行病 修理

2016年03月31日 | イベント

シェア撮影会などでカメラマンさんが複数集まるとYongnuo製Speedlite YN560 IIIやIV型を 最近よく使用している方を見かけます。 チャンネルがかち合ってしまい困る時も時々あります。

私もYongnuo YN560 は II の頃に3台愛用しており別にワイヤレスコントローラーを付けて1-2年使用しておりました。その時はノートラブルでした。

無線のコマンダー(ongnuo YN560-TX Wireless Flash Controller and Commande)により手元で露光量が変化できるようになったのを見つけて、昨年からYN560の当時最新型である IV を使い始めました。

IIIで壊れやすい記事が上がってましたし、すぐにIIIからいVに変更されたためそのあたり改良して、型番が上がったのかなと思ってたんですけど見事に裏切られました。 3台一気に購入して初めは快調でしたが2ヶ月くらい使用して約1000発くらい発光したところで1台がお亡くなりになりました。基本1/4での発光で使用する事が多いので余り負荷はかけていなかったと思います。 亡くなり方はフル発光しか出来なくなるいわゆるフル発光病でした。 amazonのコメント欄などを見ると時々なるようなのですが、運が悪いとしか思ってませんでした。まあ中国製だからこのくらいは仕方が無いとあきらめてました。便利な機械ですのでもう一台購入して使用再開。しかし最近また一台同じ現象で故障。ちなみに壊れる前の撮影で、なぜか電池の減りが激しく、本体も熱を持っていた記憶があります。このときはまだ一応ちゃんと調光してましたが、何か前腸だった気がしてます。

私は撮影に3台使用することが多いのですが撮影中に2灯になるのは非常に悲しいわけで、値段とかよりも耐久性が上がらないと使えないのではと考えはじめました。仕方が無いので2台新しく買い4台体制にして一台予備を常に持ち歩こうかとも考えました。そのくらい、機材としては魅力的なんです。

ただどうにか出来ないか調べてましたら、修理方法が載っておりました。 

フル発光病のYONGNUO YN560 III を修理する。

http://www.tkmemo.com/473-yongnuo-yn560iii-flashes-full-power-repair.html

まさにぴったりのページでした。海外でも参考にされているような画期的な記事です。

修理できるし耐久性も上がるのならば、この機種を使い続けられます。

記事自体はIII型の記事ですが、海外では内部構造はほぼ同じとの記載も見つけたので、やってみました。

ちなみに故障する部品 IGBT は IV型の場合 RJP4301 でIII型の TIG056BFよりも若干スペックが下がっているような気がします。壊れやすいのが余計壊れやすくなっている感じがしますね。
 

 

修理方法は上記記事を見ていただくとかなり丁寧に書かれているのでそれだけで十分でしょう。大体この手の事がわかる方はできると思うのですが、注意はコンデンサーの放電でしょう。

私はまず電池の蓋を完全に閉めず、手で押さえておいて、テストボタンでフル発光させてその瞬間に手を離して電池の蓋を開けてチャージさせないようにさせました。そのまま1日置いておいて翌日(本当はその日にやりたかったのですが、パーツの到着が1日遅れて翌日に。悪いのは配送会社でチップワンストップではありません) そうするとテスターで当たっても電圧は残っていませんでした。

ここは記事にも書かれていますけど、本当にしっかり電圧等測ってからやった方がイイと思います。 昔別のフラッシュで実際やらかしたことがあります。その時はドライバーでショートしてしまい、バッチっと凄い火花が散って、ドライバーが一部溶接されました。 なので、そこら辺のコツがわかっている方のみ手を出してくださいね。 

後、IGBTを抜く時のコツですが、3本まとめてはなかなか個人的には難しく思います。単にコテのワット数が低いからかもしれませんが。 両サイドの2本のIGBT側の足を基盤近くでニッパーで切断して、真ん中だけ残します。それからまず真ん中の足をIGBTごと引き抜くと楽です。それから両サイドをラジオペンチ等でつまみながら引き抜きます。

基盤がスルホールになっていますので、スルホールから半田を除去する必要がありますので、吸い取り機が無いとちょっと厳しいかもしれません。吸い取り線ではスルホール抜くのは大変です。

スルホールさえ抜ければIGBTを挿入して半田づけするだけです。分解時にレンズを不用意に外すと元に戻す時に少し悩みます(実際やってしまった。。。)
小さなねじを抜いて締め直しですが、一度抜くと外れやすくなるのでねじ止め剤も使っておきましょう。 

さて、修理後きちんと調光して発光してくれてます。

スペックシートを見るとRJP4301 と RJP5001では 耐電圧 耐電流 最大許容電力が上がっているので耐久性は期待できそうです。
交換したフラッシュとオリジナルに発光量の差が出ると困るため、一応2台で比べてみました。

 ほとんど同じくらいでしたのでヨシとしましょう。 元々電池とかの減り具合でどうなっていたか怪しいモノですしね。安いモノブロックだと発光する度に見た目で明るさが変わるモノがありますが、このフラッシュは元々そういった不具合はありませんでしたので大丈夫でしょう。

 

勢いで壊れていない2台も改修してしまおうかなと思って、RJP5001は4個買ってあるのですけど、耐久性とか見てみたいので、壊れるまで使ってみます。最初に壊れたモノも捨てていなかったので2個修理して、結局4個体制になったので安心して撮影出来そうです。

さて肝心の耐久性は、撮影重ねてわかったら報告します。

 

Yongnuo製2.4GHz Speedlite YN560 IV Canon/Nikon/Pentax/Panasonic 対応高出力スピードライト

Yongnuo YN560-TX Wireless Flash Controller and Commander for YN-560III IV ボンド ネジやま救助隊ゆるみ止め 4ml

白光(HAKKO) 簡易はんだ吸取器 ハッコースッポン 20G

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニメjapan コスプレエリア

2016年03月29日 | イベント

久々にイベントに行って写真を撮影してきました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Parrot Bebop Drone

2015年03月02日 | イベント

コスプレを空撮したく、入手してしまいました。 なかなか都会で飛ばすのは困難と思い地方にロケしてきた時に持って行ってみました。 ただ初フライトが、雪。 

吹雪いていて上空に上がるとドローンがどっちに向いているか見えない。。。。

さらにスマホでコントロールするシステムなのですが、画面に雪が落ちていきなり強制着陸モードボタンが押されたようになってストンと落ちたり。 

まあなかなか楽しめました。 雪の中で頑張ってモデルしてくれた2名のレイヤーさんに感謝です。

Parrot Bebop Drone First flight in snow with cosplay

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FreestylerでDMX照明コントロール 日本語環境でも動きました 

2014年12月25日 | イベント

イベントでステージを運営することがたびたびあって、音響と照明を自分でやるようになってます。

基本は趣味でボランティアスタッフでやっているのでなるべく安価に済ませるようにしています。こったことをするようなステージでも無いですし。

いままでは安い電球式のパーライトを使って、アナログ式のコンとローラーを使ってやっておりました。

こういった一個電球込み4000位の安いライトを5-6個こういう1万円くらいのコントローラーでやってました。

 

で最近はやりなのはLEDですよね。少し前までは結構高かったのですが最近中国から直接購入する通販を見つけたため安く購入できるようになってきました。かなり怪しさはありますが、安いのには変えられません。Aliexpressと言うまあ大手の中国内の通販で、基本輸出に対応しているサイトなので、日本まで送ってくれるのがどうかとか考える必要なく、送料がHP上で確認出来ながら商品を選べます。サウンドハウスさんとは比べものにならない激安価格です。一年保障は書いておりますが送り返しの手間や送料を考えると壊れたら自分で修理するくらいの根性が無いと頼めませんけどね。 Aliexpressの評判などはhttp://bicycle.kaigai-tuhan.com/method/aliexpress.php こちらのページが詳しいです。


さてLEDは軽いし電力少ないし良いことずくめです。元々1橙あたり150W位でやっていましたので、最近の製品では明るさも十分です。値段も最近の円安にもかかわらず送料込みでパーライト1個で6000円です。ちなみに同等品はサウンドハウスさんで購入すると25000円位します。サウンドハウスさんも安いのですが製品的に良いモノを持ってきているので高いのは仕方ないです。中国製はどこかのコピーが当たり前なので外見は似ているんですけど中身が全く別物もよく見かけます。個人的には順次LEDに今後変更してゆきたいところです。

ただし、LEDですと色が加わる分コントローラーにチャンネルが多く必要になるため、16チャンネルの今の機材ではチャンネルが足りなくなってしまいます。

多チャンネル仕様のコントローラーもまあ1万円ぐらいで売っていますが、ここらでPC制御にしてしまおうかと画策してみました。PCでは事前に自宅で照明のシュミレーションなんかもできるようですし、パターンを作成するのも3Dで照明具合を見ながら作成できるようです。そういったソフトがフリーであるのを見つけ、対応するUSB-DMXコントロールBOXも新規にアナログ式のコントローラーを購入するのとほぼ変わらないくらいの価格だったため一気に挑戦です。

ただココで記事書くくらい苦戦しました。。。。

まず購入したUSBでDMXをコントロールする機材は、これ。ENTTEC OPEN DMX USB アカリセンターさんで10276円。これが5ピンの端子のため3ピン変換も用意。これはいつもお世話になっているサウンドハウスさんで810円

それとマウスやキーボード操作はなるべく避けたいので、MIDIコントローラー KORG nanoKONTROL2

もサウンドハウスさんで 3326円 

 

さてコントロールするソフトはどうやらfreestylerというのが良さそう。ただ国内での評価はほとんど無く(そもそも国内でPCでアマチュアが照明コントロールなどしていないからか)目に付いたのはこちら http://wwwb.pikara.ne.jp/matusita/dmx/freestyler.htm 非常に良く書かれており参考になりました。普通に使用出来ているようでしたのでなんの心配も無く使ってみました。 

ただ普通に使ってみたところ、なぜか調光が乱れ直線的に変化していない。LEDのonoffだけなら何とかなるのですが、旧来のランプ式パーライト等をデマーで調光しようとするとおかしくなります。

出力しているDMXを直接数値的に見ることはできないのですが、変化を見るとDMX値が128以上になると一旦消えたり隣のチャンネルにデーターが出たり挙動がおかしくなります。テスト用に電球をディマーで調光してみると明らかにおかしいです。最初はドライバーの問題かと思ったのですが、他のソフトを使用した時には問題無く動いているのでドライバー系は問題なし。freestylerに不具合のようです。PC環境なのかなとも思いマシンを変えてみたり、一通り思いつくことはやってみてます。

前記の国内で使っている方に聞いてみようかと思ったのですが、自力で調査していたら freestyler WIKIにありました。freestylerのHP自体には、ほとんど情報は無いのですがこちらのWIKIは情報の宝庫でした。

 結果:ソフト自体が2byteコードに対応していないとのこと (T_T)ガーン そういえば128前後で挙動不審になるのはそれが原因とすればわかりやすい。元々出力の方法がCOMポートの制御をして動かしているので、そのあたりの問題でしょう。comポートを8ビットnonパリティで制御している関係です。

さらに残念なことにこの問題は数年前のwikiに有り、作者さんが英語以外に対応はしないような書き込みを見つけてしまいました。なので待っていても解決され無さそうです。

仕方が無いので、他のフリーソフトにするべく色々試したのですが、freestyler以上のソフトは見つかりませんでした。

試したのはQ Light Controller シンプルでテストに良かったのですが、midiで8chまでしかコントロール出来ないとかちょっと寂しい仕様でした。 ただこれが上手く調光してくれたおかげで原因切り分けには良かったです。

QLC + Q LightControllerの派生で3Dで確認出来たりとかなり高機能になっているので良いかなと思いましたが、同じくMIDIでページ替えが出来ません。全部のマスターコントロールがMIDIに割り振れなさそうだったりちょっと使い勝手が今ひとつそうでした。

そのためやはり、何とか使用出来ないかさらに調査した結果。

\(^_^)/できました。

windows7出しか確認出来ておりませんので他では不明ですが、コントロールパネルの「地域と言語」で形式を英語にします。さらに「管理」タブをクリックして「システムロケールの変更」 でUnicodeでないソフトの使用言語を英語にします。

これによってUnicode対応されていないソフトが内部処理的に1byteで動作するため正常に動作するようになります。

 

このままでも日本語のソフトはUnicodeなので問題無く表示されます。Javaのアップデート通知とかが文字化けしてくるのがちょっと寂しいですが。

ただ、この手のソフトはイベントでの使用が前提ですからノートパソコンでのモバイル運用がほとんどと思います。なので、そのPCに新規のユーザーを作成してそれ用のログインをするようにすれば問題はありません。

freestylerの仕様で不満点 解決策(回避策模索中)
シーンで使用している時にある光源だけフラッシュ的に光らせたい時に2発以上の点灯が出来ない。マウスでは元々一箇所しかクリックできないのでダメで当然。MIDIでできるかと思ったんですけど今のところ無理。やり方が悪いだけだと思うので模索中。。。

 

 おまけ

midiコントロールでKORG nanoKONTROL2を使ったところノートパソコンでのモバイル運用時に認識しない現象に遭遇。ドライバーは認識しているのになぜだかわからない(@_@) これもよく調べたら USB-MIDI デバイスがwindowsで10以上では認識がおかしい仕様によるらしい。 コントローラー使用時にダウンロードしてインストールする KORG USB-MIDIアンイストールツールで不用そうなデバイスを切っていくしか無い。刺すUSBのポートごとにインストールされるので、複数の機材を利用していると10位すぐに埋まってしまうのがミソでした。 MIDIコントローラーの設定などはもし興味がある人がいれば聞いて下さい。いろいろ検索していてFree ソフトでDMXを制御しようとする人は国内ではほとんどいないと思われるので。DASHLIGHTとか買うのでしょうね。

 

 と 万が一日本でFreestyler 使おうかと思っている人がいれば、悩みそうだったので書いておきました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前回の続き 1080p 1080i 変換

2014年09月12日 | イベント

 前回ATEM Television staudio が 1080i しか受け付けない話しですが、その後1080Pから1080iへの変換に関して解決しました。

HDMIの1080Pから1080iへのスケール機能付きのコンバーターは色々捜してもなかなか良さそうなモノが無かったのですが、HDMI->SDIですとSDIの基本が1080iだったりするため結構機種がありました。 その中で選択したのは
VPC-HS2 http://www.videopro.jp.net/archive/hdmitosdi2/ ちょうど9月より値下がりしたのでこちらで2万円ちょっとくらい。  Television staudioと比して高い感じしますが、この機種はUSBで接続してHDMI側の解像度が確認出来たり、SDI出力の解像度等を変更出来るので非常に便利。プッシュボタン式の機種の場合一体なにが出ているのかわかりにくいし、OSDで画面に表示されますと言われても画面に映せるようになるまでにどうするんだよ〜と言う、卵が先か鶏が先かにならないですみます。 出力を 1080i 59.94 に固定しておけば何も考えずにHDMIを接続すればSDIに出てきます。

電源プラグも抜け防止用にねじ式になっていたり、プロ用機材並みの配慮がそこかしこにされているのが嬉しいです。
さらにコレがあれば、いざカメラから
距離を伸ばさなければならなくなったときに、HDMIのカメラを繫ぎSDIでBNCケーブルの長距離伝送することも簡単に安価に可能ですね。HDMI伸ばすよりはBNCケーブルの方が断然安価です。と言う事でお出かけの際にはこれを一個もって行けば非常に強い味方になってくれそうです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加