ごく普通の21歳の少年達自称ブーン(&他7名)のお遊び日記

3度目の大学受験が終わっていろんな道に進むことになった7人+1匹で更新してるPMMGなブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢のお話

2011-11-07 02:08:03 | ブーン

ちょっと前のツイッターでの書き込みのまとめ。

すごい夢を見たので。

 

すごすぎる夢を見た。 まだ俺が見た事も聞いた事もないようなゲームのルールを、夢の中で教わった。


これはもしや神からの天啓というヤツか?


うちのマンションの103号室、本来は別の人が住んでるんだけど、何故か夢の中での設定はエロビデオ&卑猥グッズ屋さんになっていた どうやら俺はそこで過去に何度かオナホを購入した事があるらしい


しょうがないから恥ずかしいけどお店の兄ちゃん(濃いめの茶髪、セミロングでパーマ気味)に、「○○(オナホの名前)ありませんか?」って聞いた すこしごそごそやった後兄ちゃんは「いやーすいませんねーそれ今切らしてるんですよー」なんて言いだした


しょうがねーからちょっと物色してから家に帰るかなーなんて考えてAVでも眺めてると、突然何故か兄ちゃんから「じつはちょっとディープな趣味の物があるんだけど、ちょっとだけ時間あれば見てかない?」って言われた


普通、そういう卑猥なお店で”ディープな趣味の物”なんて言われたらとても自分の領域の中のものだとは思わない 遠慮してとっとと帰ろうかと思ったらおもむろにその兄ちゃんがデカい箱をいくつか取り出した


なんと・・・!よく見てみるとそれはボードゲームの箱 中には知っているものもある 「ボードゲームって言うんだけどね」 「知ってます!俺、ボードゲーム好きでサークルにも入ってるんですよ!」 「マジ?ちょっとゲームのルール聞いてく?」 こんな感じで何故か盛り上がってしまった


話を聞いてみるとどうやらその兄ちゃんはドロッセルマイヤーズの店長さんと知り合いらしい(いやまぁ架空の人間だから設定だけど・・・) 道理でなんかちょっとガテン系オーラを感じたワケだな 「どのゲームがいいかなー?」 「何かオススメありますか?」 「うーんそうだなぁ・・・これは?w」


彼がカウンターの下からが取り出したのは俺が今までに見た事もないようなバカデカい箱 オマケに外装は全く無く真っ白でそんなに分厚くもない Wiiぐらいの厚さ でかい箱に入ってて、薄くて・・・ときたらウォーゲーム的な何かか? と思った ウォーゲームには興味があったので俺はワクワクした


案の定中から出てきたのはその手のシミュレーションゲームで使うような超でっかいボード しかし青いボードに四角形のマス目が沢山書いてあるだけでマップっぽくない あと左上に丸い風船のような絵があった 風船というよりはフラスコかな? 口部分がとても短いフラスコを想像していただきたい


さてここからはボードゲームのインストパートになります。 いや、俺はこのゲームのエッセンスみたいなのは聞いたんだけど得点方式みたいなのは全く聞いてない・・・ インストの途中で目が覚めてしまったので・・・


あと、俺が夢の中で教わったゲームをリアルで遊ぼうと思ってもできません。 コンポーネントが無いからです。 特殊なコンポーネントを使って遊ぶゲームでした。


俺が脳内からそのゲームの構造を再現すれば遊ぶ事はできるかもしれないし、ゲームマーケットで販売する事はできるかもしれない・・・がそれ程価値のあるものだとは全然思えないw


じゃあルール説明だ! ボードの左上の球体はどうやら子宮らしい そこまで説明を受けてないけど、使ってるコンポーネントの形からして明らかに中に入れようとしている物が精子なので、精子の向かう先であんな球体と言えば子宮しかないでしょう


あーやっぱ書くのやめようかな・・・くだらなさすぎて、なんかもうどうでもいい気がしてきた・・・ww 夢の中で知らないゲームのルールを教わったっていう事実だけで十分驚きに値するからこれ以上はいらんかもなぁw


というわけで簡単に説明すると、広いボード上に手札からさっきの子宮みたいなのに繋がる形で出入口がいっぱいあるピースを配置してって、発射台(ちんこ)から精子を飛ばしてそのピース無いをカキンカキンって反射して子宮内に送りこんでいくゲームっぽい


ボードがバカデカい割には、アブストラクトなゲームというより感性、アクションって感じのゲームって印象だった が、やりこめばkhet 2.0みたいなガチゲーとして楽しめるのかもしれない


この辺りで夢が覚めました。 あまりに下らない話だっただけど、俺の脳内は発掘すればまだまだ未知のゲームが沢山出てくるんじゃないかという面白い予測が立てられました


俺は無意識のうちにゲームを作ってたのか・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糞ゲー

2011-03-01 22:41:29 | ブーン

就職活動

という糞ゲーをやってます。

ブーンです。

 

早くに始まるのは良いんだけど、長い事続くのは勘弁してほしい。せめて春休み前に結果が出るとかさ。

就職活動の早期化と長期化は別の問題だ、とかどっかの誰かが言ってたような・・・

正しく俺も同じ事を思った。

 

うーん。

いろいろ書きたい事はあるんだけど・・・本当にいろいろあるんだけど・・・でもそれより先にエントリーシートとかいうヤツを書かなきゃいけないので・・・

とりあえずちゃんとした更新ができるのはまだまだ先になってしまうかなぁ・・・

とにかく頑張ってきます。それでは。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正義のためなら、人は何処までも残酷になれるんだ

2011-02-12 14:34:36 | jorker

久々の? 帰省>jorkerです。

いや、センター試験の辺りでも帰ってた気はするけど。

ウチには二回目の正直な子がいらっしゃるからねぇ……

一応様子を見ておきたいかな、っていうのがあってさ。

まぁ、平常心は保てているみたいで安心したが、試験の方は(ry

 

ところで、久々に天才を見たわ。

http://club.shogakukan.co.jp/magazine/SH_CSNDY/takkoku_001/detail/

webサンデーの連載なんだが……

福地先生。前に週刊の方でうえきの法則を書いてた人だ。

この42・43話目が凄すぎて笑うしかなかったw

卓球漫画で必殺技っていうと、どういうモノを創造する? 想像でもおk。

ジャンプだと、跳ねない球という割とどうしようもない必殺技を見た様な気がしたが、あれが催眠術や超スピードに思えるレベルの技だったぜ……

・卓球台をぶち抜く

いやぁw この発想は無かったというか、何を食ったらこんなもん思いつくんだろうなw

その技の破り方も凄すぎて笑ったがw

なんか、豪盲牌思い出したわ。

→卓球台が崩壊するまで粘る

こっちは、さっきの必殺技を聞いた時点で思いついた人が居そうではある。

なんていうか、福地先生が天才すぎて困るw

あと、人間の額を書く技量をゲットしたっぽい?

植木の方は、ヒデヨシやハゲみたいな特徴的な髪型にするか、包帯や眼鏡・帽子で額を隠す絵を貫いてた感があったからなぁ。

割と普通の髪型で額付近に何もないのって、植木とバロウぐらいだったんじゃないか? 植木時代は。

もしかすると、何かポリシーがあってやっていたのかもしれんけど。

 

さてさて、今週の仮面ライダーオーズが今までで一番面白かったような。

「悪い奴は許さない……!」

バッタ怪人様マジライダーw

でも、全国のお父さんたちは、子供にバッタヤミーの行動が何故いけなかったのか説明出来るんだろうか……?

というか、下手をしたら日本国民の半分ぐらいはバッタヤミーさんに対して、もっとやれとさえ思うかもしれんな。

まぁ、来週はもっとやり過ぎるから問題ないんだろうけど。

・報復される可能性がある行動をとってはいけない

・そもそも暴力はダメ

子供に説明するとして割と無難そうなのはこの二つの説明だろうか。

多分、オーズはもっと突っ込んで話してくれるだろう。

三条先生はダイ大書いてた時に「コレが力だ! こんなものが正義であってたまるか!」的な台詞を使っていた様な気がするけど、ダブルではあんまり正義について語らなかったな……

と思ったら、今週の脚本って小林さんじゃないのね。

毛利さん……?

何処かの劇団の人らしい。

小林さんの伝手で参加したそうな。この人は将来有望だとしか思えん。

個人的に、米村氏の脚本は特撮よりもアニメの方が光ると言う事に、ハートキャッチを見ていて気付いたんだわ。

米村氏にはこの先ずっと特撮よりもアニメを書き続けて欲しいというのもあって、特撮の方に新脚本家が来るのは大歓迎ですよ。

井上敏樹先生? あのお方についてはノーコメントでお願いします……

 

そんなところかな。

皆さんごきげんよう!

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッターつぶやきまとめ!

2011-01-25 13:24:15 | ブーン

どうもお久しぶり。

ブーンです。

この前ツイッターでブログの記事になりそうな事をつぶやいたからまとめようかなー・・・と思ったんだけど、編集めんどくさいのでそのまま順番に全部載せちゃう。

結構このブログのノリみたいに普通にあっちいったりこっちいったりな文章になってるかな。

じゃあここから。

 

様々な発見を楽しむところからそれを知った上で攻略するとこまで 新鮮さと糞ハマり要素の二つを備えた風来のシレンシリーズ最新作風来のシレンDS5 是非皆さん買ってください

3秒で考えた宣伝文句

やっべーーーーーーラストストーリー超面白そうだなーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒゲのおっさんの顔がずっと右下に表示されてるバトルシステム解説ムービーを見てたらそう思った

PC用のパッケージ販売タイプのオンラインゲームでDungeon Siegeっていうの知ってる人いるかな? アレのオフプレイで味わったような戦闘の楽しさがありそうだなーと感じた

アクションRPGなんだけど、雑魚的との戦闘が一つ一つあるって感じじゃなくてもう毎回戦争って感じに敵と味方とがワイワイギャーギャー。 うまいこと陣形を組んだり仲間に指示を出したりをリアルタイムに行って戦況をコントロールする

ラストストーリーで戦闘中に仲間の行動をAIに任せずにコマンドを直接指示する時に時間が停止するのはどっちかっていうとアクションよりもRPG要素のが強いからだと思うんだけど

っていうかDungeon SiegeのそれはMMORPGで1PTを丸ごと自分が操作してるような感じかなー。 もちろんある程度はAIに任せる事になるんだがそれだけではなかなか勝てない

そういえばDungeon Siegeって3の制作が決定されたとかなんとかって話が去年の6月ぐらいにあったよなぁ・・・

ラストストーリーねぇ・・・就職活動が無ければ買ってみてもいいと思う 内定出たら買うかな

適当に呟き始めたけどこれ割とちゃんと書いてもいいぐらいのネタになったなぁ。 後でしっかりした文章にまとめてブログに書いとくか

ちなみにFF9は雰囲気だけはシリーズ最高にリスペクトしてる俺だからラストストーリーの世界観はそれなりに好きだぜ

無事就活終わったらやりたい事いっぱいあるなぁ・・・気合い入れていくぜ

この時間にふと思いついたノリでちゃんとした事書いても見てくれる人なんて殆どいない。そういう意味ではブログは一つ一つの発言がツイッターよりもよりたくさんの人に伝わるという意味で発言に重みがあるかも

もちろん知名度の問題もあるけど、俺は殆どの場合においては発言単位で見るとそれが目に触れる割合はブログの方がツイッターより上だと思う

情報発信量の問題はさておき。 ツイッターは確かにより気軽に発信できる事もあってブログよりもたくさんの情報が飛び交うよねー

んー? 要するにそれは更に発言一つ一つの価値・・・というか重みを低下させてるんじゃないだろうか

まぁ割とツイッター始めた時に思ったけどさ。 その投げっぱなし感が毒舌だの愚痴だのブログとかには簡単に書かないような事をぶっぱなさせる これはあるだろう

それで俺も適当な事ばっかり書くようになって、正直文章を書く能力が低下したなーと感じるようになった

文章を書く能力は人に自分の意思を正確に伝える能力を左右する要因の一つ

ただでさえコミュ障な俺がより内向的になったように感じるのは実はツイッターを始めたのに起因するところがある・・・のか?w

あーあーツイッターやめようかなー

あるいはROM専になるとか?悪くない

自分がSFCに受かった要因をブログを数年間書き続けて情報発信を続けたことで文章を書く能力が激しく向上したためだ、と分析してるので俺にとってはこうだった、ってだけ

ところで・・・

俺は文章を書くとき、いや決して俺に限った話ではないと思うんだが

その文章を読む人間がその文章を俺が書いた順番に読む事を想定して文章を書く

分かりづらいかな?冒頭→中身→締めくくり  って順番で文章を書いたら当然読者も冒頭→中身→締めくくり  って順番で読むという事。 まぁ当たり前と言えば当たり前の話なんだけれども

ところがツイッターでは連なった文章があった時にそのような読み方をしている人はむしろ少ないんじゃないかと思う! だってタイムラインには最新のツイートから順番に表示されていくんだもん

だからツイッターで140文字以上の情報を書こうとするのは割と無謀。 読者が自分の想定した通りに自分の文章を受け取れない可能性がある

もともとそういう事をするためのサービスじゃないんだろうけどねー。 今俺が長い事グダグダと書いてるこの話もツイッター考えた人の頭の中では間違いなく「ブログでやってろ」って感じだと思う

これは稲川淳二のつぶやき怪談を読んでる時にすっごい思ったw 割と色んな人が感じたかもだけど、アレってリアルタイムで見てかないとオチがTLの一番上に表示されちゃうんだよねww

だからまぁ・・・企画倒れってほどでもないけど、怪談はツイッターでやるようなもんじゃなかったんだろうなーとは思ったw

そんなわけで!! 俺のあまり面白くない長文を「俺が想定したとおりに」読みたい人は俺の発言だけを表示して下の方から読んでいってもらえるとひじょーーーーーに嬉しい

と、書き遺して試験勉強に戻る!

 

こんな感じ。終わり。

ぬるぬるユニラン!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2011-01-25 13:11:11 | jorker

一か月ぶりぐらい?>jorkerです。

なんていうか最近、ブログを更新するモチベーションが上がらんのだよね……

理由は一応自分としては分かっているつもりではある。

そもそも、俺の記事って基本的に近況報告とライダーネタぐらいしか無かったわけだ。

でも、オーズは惰性で見てる感が若干あって、ブログ更新の発火剤にならんのよ……

ツマラナイとは思わないんだけど、人に勧めるべき点は思いつかないなぁ。

タジャ登場したらやる気でるかも?

 

あと、先週末に映画見てきました。

戦隊vsのヤツ。

アクションは割と期待通りの出来だったかな。

シンケンレッドvsゴセイレッドの辺りは特に、中の竹内さんと福沢さんが両方とも本編担当の人だったんで、全く違和感なかったわ。

福沢さんの、背面に刀を回してガードするアクションが凄く好きなんだよね、俺。

若干テンポが遅い気がしたのは、新規視聴者さんの目が付いていけないことを考慮したからなんだろう。多分。

シンケンジャーのOPが流れ出した時には、本編を見直そうかと思ったぐらいだよ。

なかなか出来ないけどね……

あと、まさかの姫様参上に全俺が吹いたw

流石に出演は無理だろうと思ってたから、びっくりしたわ。

前半のシンケン組の挙動が若干変だった気がしないでもないけど、キャラクターの動かし方にも特に違和感は無かったし、個人的には割と好評。

 

……書いてて思ったのが、やっぱりシンケンジャー好きだったんだな、と。

そして今更気付いたけど、オーズとシンケンジャーって脚本家一緒じゃないかw

小林さんの話しかしてねぇ……まぁ、オーズの方はあまりハマっていないわけですが。

なんだろう、俺はただの迷言スキーなんじゃないかって気がしてきたわ……

Wが好きだったのも、実は迷言番組だったからというのはあるかもしれん。

オーズは、決め台詞とかを意図的に最初から設定しない方針って制作側から言われちゃってるのも、俺のテンションに響いてる気はする。

映司の「~でしょ」とかアンクの「何やってんだ!」とか、口癖らしいものは実は散見されるんだけどね。

 

そんなところかな。

皆さんごきげんよう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加