このゆびと~まれ!

「日々の暮らしの中から感動や発見を伝えたい」

シルクの世界 (シルクは繊維の女王) 〔第3話(終了)〕

2017-05-01 | 日本
(世界のシルクの歴史) シルクの利用がはじまったのは、5,000~6,000年前の中国からといわれています。野生の蚕の繭を集め、糸をつむぎだして絹織物を作ったのがはじまりと考えられています。その後、蚕を家の中で飼育し、効率的にシルクを生産できるように改良が重ねられて、現在の家蚕(かさん)になったと推察されています。   はじめは中国の宮廷内だけで秘密に行われていた養蚕も、紀元前10 . . . 本文を読む
コメント

シルクの世界 (シルクは繊維の女王) 〔第2話〕

2017-04-29 | 日本
それでは、蚕が作り出したシルクの特長をご紹介します。   シルクは真珠のような気品のある光沢を持ち、古くから高級品とされています。 真珠といえば白く高貴に輝く姿が、宝飾品の中でも特別な存在とされています。そんな『真珠』と姉妹と称されているのが、『シルク』です。シルクのツルンとした光沢ある輝きは、真珠に優るとも劣らない美しさです。   その高級感や貴賓に溢れた『シルクと . . . 本文を読む
コメント

シルクの世界(シルクは繊維の女王)〔第1話〕

2017-04-27 | 日本
先日、「日本の着物文化」についてお伝えしました。 その着物文化を支えたのはシルク(絹)です。 シルクは日本の着物を文化にまで発展させましたが、それを実現させたのは日本の「銀と銅」のおかげでした。   江戸時代には、シルクをもう輸入できないぐらいまで、銀や銅を使い果たしたのです。 そのシルクは世界の人々が昔から愛し続けた素晴らしい繊維だったのです。 今日は女性の目線も入れて、そ . . . 本文を読む
コメント

未来は変えることができる

2017-04-25 | 人生
自分の心を変えることで未来は変えることができるのです。 人間は、「考える力」によって、いろいろなものを変えていける存在でもあるわけです。これは、「考え方次第」ということでもあるでしょう。   例えば、人間の目には、水晶体というレンズに当たるものがあって、これを調節してピントを合わせます。ところが、それを「不随意筋」という自由意志では動かせない筋肉で行なっているため、いったん目が悪く . . . 本文を読む
コメント

世を変える力

2017-04-23 | 人生
諸人よ、これより後、 あなたがたは、修行するのみではならない。 あなたがたは、単に自己修行のみに生きてはならない。 あなたがたが、修行をする姿そのものが、 多くの者たちを目覚めさせるものでなくてはならない。   あなたがたの修行が、 修行するあなたがたの群れが、 世の中を変えてゆくものでなければならない。 私は、そう思う。   欲望によって成り立っているこ . . . 本文を読む
コメント