弁護士山本行雄 情報提供 札幌弁護士会所属

原発問題やダム問題その他様々な情報を提供していきます。

「制定しよう 放射能汚染防止法」出版しました。

2016-12-24 23:37:54 | 放射能汚染防止法制定運動

  制定しよう 放射能汚染防止法 総理! 逃げた後はどうなりますか

 

 本書は、放射能汚染防止法制定運動をともにしてきた経験を踏まえ、放射能汚染に対する
法制度はどうなっているのか、どのような法制度が必要なのか、具体的に何ができるのか、
などを考えるものです。5年以上にわたって一緒に活動してきた仲間の皆さんのご意見や
ご感想を参考にしてまとめさせていただきました。ご協力に感謝します。

 

目次

第1章 総理! 逃げた後はどうなりますか

第2章 原子力法は人と環境をどう扱っているか

第3章 環境基本法改正と国会の機能不全

第4章 あらかじめ持っておこう 公害法のイメージ

第5章 このように整備せよ 放射性物質の公害規制

第6章 福島第一原発事故 原子力公害被害者の権利

第7章 事故由来廃棄物に対する公害規制

第8章 放射能汚染防止法制定に取り組む

 

*環境基本法が改正され放射汚染は公害となった

*それなのに国は法整備を怠っている

*汚染にも被ばくにも責任を負わない原子力法

*災害法を濫用して被災者を追い詰める行政

*公害規制なき汚染ごみの拡散政策

 <表紙より>

 

発行所 ブイツーソリューション

郵便466-0848 名古屋市昭和区長戸町4-40

電話052-799-7391 FAX052-799-7984

価格1200円+税

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 放射性物質、公害関連法整備... | トップ | 放射能汚染を公害として扱う... »

放射能汚染防止法制定運動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事