社労士・松本陽子の法律問答

知っているのと知らないのとでは大違い!知っておきたい法律知識を分かりやすくお伝えします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人の採用の際に、渡す書面とは?

2013-11-01 09:07:16 | 労働基準法

皆さん、こんにちは。埼玉県久喜市の社会保険労務士 松本陽子です。
昨日のブログでは、パートタイムの方を採用した際の注意点について
書きましたが、今日は、人の採用の際に必ず交付しておく必要のある
「労働条件通知書」についてお伝えしたいと思います。

このブログでも、かつてお伝えしたことあるかもしれませんが、
人を採用した際には、「労働条件通知書」というものを「書面で」
「採用した労働者に」渡す必要があります。

労働条件通知書に必ず記載しなければならない事項は、「労働契約の期間」
「就業場所」「従事する業務」「始業・終業時刻」「残業有無」「休憩時間」
「休日」「労働者の2組以上にわけて就業させる場合における就業時転換」
「賃金の決定・計算・支払方法・締め切り・支払の時期・昇給に関する事項」
「退職に関する事項」です。
上記以外にも、制度として設けてあるのであれば明示が必要な事項(退職手当等)
もあります。
いずれも重要な内容ですが、特に「賃金そのもの、賃金の計算方法」について
労使双方の認識の違いが無いようにしておくことが大切です。
労働条件を不明瞭にしたまま雇用を継続することにより、後々
労使のトラブルに発展してしまうことがあるからです。

採用の入り口で、必ず・適切かつ明瞭な「労働条件通知書」の交付を
行うことは、労使のトラブルの予防にもつながります。
  
*------------------------------------------
〒346-0002
埼玉県久喜市野久喜549-1-810
社会保険労務士まつもと事務所
社会保険労務士 松本陽子
TEL 0480-25-0378
FAX 0480-53-6432
メール dm@matsumoto5.com
ホームページ http://matsumoto5.com/
ブログ① http://ameblo.jp/sr53/ (社労士松本陽子のファイトな日々)
ブログ② http://blog.goo.ne.jp/zxcv_1971  (社労士松本陽子の法律問答)
------------------------------------------*


コメント   この記事についてブログを書く
« パートさんを採用した際、労... | トップ | 派遣労働者の就業条件明示書... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

労働基準法」カテゴリの最新記事