足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

NY株の読み方をかえる

2018-03-01 08:17:31 | 投資戦略
米連銀パウエル議長の議会証言で世界の株価が撹乱された、2日目もその材料が相場に影響を与え世界的な株安の展開をになった。バイエル連銀議長の発言に株価は大きく反応した。利上げが、これまでの予想よりふえることは確実になった。株式市場との関連では、景気現状よりも、金利正常化が最大の材料になった。相場の先行きに現在のような場面がでると。株価は必ず下がるというパネルが準備された。

ここでひとこと強調しておきたいのは、トランプ相場の下方硬直性相場が終焉したことだ。適温相場と湯船に長い間、入っていてもすこぶる気持ちがよかった。
これからはトレーディング銘柄の品数をふやさす、「トイトンスクエア通信」でとってきた
投資戦略を絞るのは最高の戦術である。
今月はIPO(新規公開)が急増する。かなり有望な銘柄がでる。
おおきなチャンスはここにある。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 米連銀パウエル議長の発言に失望 | トップ | ノーベル賞の山中信弥教授の... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事