足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

イバラの道を通る

2018-06-14 08:16:07 | 投資戦略
NY株は今週にはいってから続伸したあと、この日は上昇トレンドも一服した。
事前の予想通り、米連銀が利上げに踏み込み金融政策のタカ派的な動きに警戒感が一段と高まった。
米景気の好調な回復が続き、ファンドマネジャーの大勢は強気だ。「株式へのオーバーウェ一ト」ガ続く。
運用者も“人の子”で隣の投資家が強気に傾くと、手元資金を投じたくなる。債券王といわれるジェフリー・ガンドラック(ダブルライン)は「相場は行き過ぎだ。経済のマクロ数字には問題はないが、細かくみると貿易戦争など大きな課題が残る。いつまでも一本調子の動きは続かない」と警鐘を鳴らす。
一服して休息を知らないトランプ大統領は、“米国第一主義”を看板にし、次の中間選挙を意識した政策を先行き連発していくだろう。当面のNY株はイバラの道をくぐり抜けることになるが、ここでは物色範囲をしぼり銘柄数を減らす戦略をとりたい。
業種は消費関連銘柄に注力している。

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バフェットは動かず | トップ | 消費関連銘柄から »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事