足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

目先、トレーディング対象にしたい株

2020-02-19 15:59:55 | 投資戦略
先週からの3日連続安のあと反騰した。
個々の銘柄によってはテクニカル面から目先きに注目したい銘柄が出てきた。

25日移動平均と日々の乖離率の開いた銘柄を選んだ。
寿スピリッツ-15.28%、エムスリ-5.71%、MonotaRO-6.8%、串かつ田中-9.90%、USLグループ-2.11、日本新薬-5.18%、日本ペイント-6.41%、リゾートトラスト-6.71%、資生堂 
-4.30%、住友鉱山-5.76%、SMC-5.63%,ダイキン-2.85%、日本電産-4.24%、ヤーマン-10.18%、ソニー-6.65%、ホシデン-13.5%、キーエンス+0.93%、シスメックス-5.69%、メガチップス-3.40%、ローム-6.54%、HOYA-4.51%,朝日インテックス-10.1、任天堂-4.56%、東京エレクトロン-2.40%、ソフトバンク+0.53%。

銘柄の選択は本レポートで日々の株価の動きを追いかけている銘柄のうちから選択した。
業種別では日ごろの株価の人気度の高い株を選択した。
短期的な値ざやを目的にする場合には、25日移動平均と時価の乖離率の開きの大きい銘柄を選択するのが成功の確率の高い銘柄選択法である。
コメント   この記事についてブログを書く
« NY市場は休場 | トップ | 足元に注意 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事