足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

週末はバフェットが株主総会

2018-05-05 11:28:21 | 投資戦略
米国でも株主総会のシーズン。やはり話題はウォーレン・バフェットの経営するバークシア・ハザウェイだ。
歴史上、株式投資でずば抜けた儲けを達成したバフェットの顔を一目見ようとネブラスカ州オマハに飛ぶ。今週末の現地はお祭り騒ぎだ。
バフェットは世界第6位の資産家で、事実上、株式投資が彼の資産形成に最大の貢献をした。
企業の形態はコングロマリットのような存在だが、中核事業は保険業である。多分野に手を出しているうちに保険中心の企業集団を育て上げた。個人が株式投資を通じて一大財をなし、現在の企業集団を作り上げたケースは歴史上初めてである。

ただ、ことしの成果は振るわない。S&P500は-0.23%と不振であったが、バフェットは--1%である。このようなケースは過去にもみられたが、運用期間が長くなるにしたがって、バフェット運用力が光ってくる。
このようなケースはほかにはみられない。
彼は83歳の高齢だが、写真をみるかいり老いの姿のない超人的な人物である。
手元には10兆円以上の現予金を温存し、グループ化する次なる獲物を狙っている。

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バフェットが持ち株を公開 | トップ | バフェットがアップルの大株主に »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事