足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

バフェットの魔術

2018-05-11 10:39:32 | 投資戦略
NY株が6日間の連騰。
背景は企業業績の好調である。現在までにS&P500採用企業の90%が発表した。80%近い企業が事前の予想を上回っている。
目立つのはハイテク企業でインターネット関連の業績が牽引している。時価総額が世界最大のアップルの動きが目立つが、ほかでは人気株のフェイスブックもそれに追随する。
もともとハイテク株嫌いで、その投資歴をみてもハイテク株投資で成功した事例のないウォーレン・バフェットがポートフォリオのトップにアップルを選択する時代にきた。
アップルに続いてアマゾンの人気も目をひくが、これらの株に重点をおくファンドマネジャーの数が増えてきた。
最近は米中の貿易摩擦問題が浮上したが、ハイテク業界には関係がない。それにかつてのよにハイテクとインターネット関連の区分も意味がなくなった。
バフェットの銘柄選択をみて気がつくのは、その投資銘柄は長期間保有するほどパフォーマンスが上がるという特徴がある。
この銘柄選択の視点について、最近は大きな関心を持つ。目下、「なぜ?」かを調べている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« NY株は底堅い  イラン問題... | トップ | 投資戦略を前向きに »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事