足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

インド株が動く

2018-07-31 18:10:36 | 投資戦略
インド株が上昇し先週は新高値に進んだ。
これまでは、あまり注目されることが少なかったが、新興諸国のなかでは魅力のある投資対象とみる向きが増え、新興国では第2の大国である市場にようやく光が当ってきた。先週は史上最高値を更新した。
ことしのグローバル運用で、インドに注目したかどうかがファンドの成果を左右した。
株高の背景には企業業績の好転がある。アジアの新興諸国では大国でありながら、注目する向きは少なかった。
中国と並ぶ人口を抱え、すぐれた人材を抱えるだけに成長のエネルギーに点火されえると成長の潜在力は大きい。
インド株の好調とは対照的に、米国、ヨーロッパ、中国の間では関税引上げなどの貿易戦争の気配が強まっている。
インドは他の新興諸国と異なり貿易問題での閉鎖された国であり、アジア諸国の得意なハイテク製品の輸出についても前向きではなかった。世界銀行のデータでは、インドのGDPのなかで輸出は18.9%である。
政情は安定しており、経済成長率は数字の上では世界でのトップクラスの位置にある。世銀の調べでは成長率は7.3%である。成長の源泉は国内需要だが、それが海外との経済面での関係を拡大すれば、世界の投資家の注目度は大きくなる。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 逆連鎖の反応 | トップ | 医薬品株 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事