足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

NYはハイテク、バイオガ押し目買い

2017-07-11 07:07:55 | 投資戦略
値固めをすすめてきたNY市場ではイベントも多い
まずイエレン議長の議会証言である。いまところの向こう1年間で4回の利上げがコンセンサスだ。
景気回復はコンセンの予想の範囲にあるだけに、エレン議長と市場の間に隙間があっても気にしない雰囲気にある。

最近のウォール街は金融、エネルギー関連、ハイテクの循環買いであった。

ここ1年間の株価の下落で魅力のある株か散見される。
先週あたりから年間にわたって下げてきた、ヘルスケア株に注目する向きが散見される。
この見方は東京市場でも通用する。バイオ株もはいる。

日本株注目したい
長年、保守的な経営者風を通し、地道な開発を進め、その技術力が実り、成長への糸口をつかんだ日本新薬におどろいた。肺動脈性高血圧症の治療薬の開発成功
投資家にとって難題は株価が7040円で単位の投資には700万円以上が必要だ。
1対3の分割でもすれば株価は簡単に2倍
成長材にはこと欠かない。
われわれは過去40年も関心をもち続けてきた。東京市場でも希有な存在あ。


『株』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 相場の路線は不変・・・個別... | トップ | 相場の環境に問題はないか・・・ »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しっかりしろ (山田太郎)
2017-07-11 10:33:29
常日頃貴殿の相場観は狂っているが今日の日本新薬の単位株を1000と勘違いし700万必要としているが単位株は100でこの様な初歩的な間違いをする貴殿の記事は信用できない。

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事