足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

米経済の好況→世界で若い経済要因の現れ→企業業績の好転→トランプ大統領の柔軟性

2019-11-29 21:43:13 | 投資戦略
NY株は2019年の方向性を決める主な指数が歴史的な高値水準に突入し、2019年の相場は投資家を満足させる高値水準で終了しそうだ。
上昇相場を支えてきた要因は好調なファンダメンタル予想を上回る企業収益、連銀の連続の利下げが原動力になってきた。0.25%の利下げは3回にわたった。上昇相場の局面でも投資家は先行きに慎重な行動をとってきた。個人の資金は市場から流出、安全性の高い債券投資に向かった。
このような市場環境の中で楽観論が出てきた。それには次のような理由が上げられる。
①米国経済の継続的な好況。
最近の四半期の成長率は鈍化がみられる。景気後退の懸念は見られない。利回り曲線は右肩上がりである。
②世界経済でも若い筍の芽生えが見られ、ドル高が国際企業に追い風になってきた。投資家の若い筍のような成長が世界経済の成長率を押し上げる。
③米中間で貿易問題が出てきたが企業業績の好調が景気の上昇を支える。
④トランプ大統領は貿易の相手国との友好的な話し合いを継続する。
以上のような環境の中で米中間の貿易問題の話し合いが友好的に進みはじめた。
年初来、米中間での話し合いの行き詰まりの懸念が出たが、個別に友好的な解決が進んでいる。最も懸念されてきた米中間の問題も大きな衝突もなく、個々の問題が解決の道筋を作り上げることに成功している。
 景気の回復は順調に進み、株価の上昇トレンドに大きな貢献を続けてきた。企業間の競争も大きな問題に発展せず先に希望をもたせる。
 最近の世界的な株高は予想外で、株価を動かす大きな原動力になった。景気の落ち込みが和らぎ、次の上昇局面に向かって進行している。現在のような理想的なサイクルが、先行きの新しいサイクルを生み出す可能性が出てきた。
コメント   この記事についてブログを書く
« FOMOという強気投資家の見方 | トップ | 強気相場の天井圏いり »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事