足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

物色銘柄の人気が広がる

2021-05-10 15:39:37 | 投資戦略

週明けの株価は日経平均の上値を超えたのをみて、外人投資家の間で強気人気が急速に広がり、鉄鋼、石油関連、薬品なども相場のリード役になった。

売買代金の上位を任天堂(7974)、ソフトバンク(9984)、ソニー(6758)、日本製鉄(5401)、トヨタ自(7203)、東京エレクトロン(8035)、マネックス(8698)などのこれまで人気銘柄が占めた。

外人投資家の買いは日本電産(6594)、アドバンテスト(6857)、三菱UFJ(8306)、みずほF(8411),野村(8604)などにも及んだ。最近はソニー、任天堂、ソフトバンクが相場の人気を牽引してきたが、外人の間での物色人気の幅が広がりをみせている。

人気の牽引役のソニーでは「昨年11月に人気のPS5を売り出したが、部品の半導体が不足で、現在の需要をみたすには現状では時期の明示には時間がかかる」としている。この種の人気商品には、一度に需要が殺到するため需要サイクルは過去と同じ動きを繰り返している。

本欄で最近、取り上げてきた銘柄がしばらく相場のリード役を続けるだろう。

NY株の回復は買い人気の加速を引き上げる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 回復軌道いりか? | トップ | 任天堂、村田製作所が日経平... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事