足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

バフェツトの新年の戦略を探る

2019-12-28 22:20:58 | 投資戦略
あと4日で2020年代にはいる。
メデイアでは新年の相場についての予想記事が一斉に掲載され始めた。
新年を前にして世界最高の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学が紹介されている。これまで市場に流れた情報を10項目に整理した。
① 業績予想には不確実性が高いといわれるが、確実性の高い楽観的な見通しのほうが高いい。
② 相場の先行き1ヵ月先、1年先を予想するのは難しい。2008年の金融危機の底をだれも予想はできなかった。
③ 景気の先行きの予想よりも、企業業績の適格な予想を立てるほうがはるかに難しい。企業は1人のエコノミストより、はるかに多くの社員を抱えている。
④ 投資は株価を買うのでなく、企業そのものを買うことである。株式投資で成功するには毎日の株価を追いかけるのでなく、企業の長期動向を分析することが投資で成功するうえでの大きなカギである。
⑤ 理解するのが難しい企業への投資には関心を持たない。
⑥ 競争相手に対して価格競争力があるかどうかの判断に時間をかけて分析する。
⑦ 空輸株への長期投資は避けたい。(この項目はバフェットの長年の持論であったが最近は見方を替えた兆候がみえる。)
⑧ 来年11月に大統領選が行われる。トランプ大統領の再選を予想。
⑨ 長期投資を避けてきた空輸株だが、資金は短期的には考えを変えて中期的な視点で株主に顔を出した。バフェットの運用にも柔軟性が出てきた感じがする。
⑩ 銘柄の選択は短期的でも2020年を超えた時点を設定している。これまでのバフェットの運用に柔軟性が出てきた。自らの口からのコメントはないが長年、彼を追跡していると投資戦略の微修正が感じ取れる。(この点は2020年の戦略で、これまでの哲学の微修正が出たのかに関心を持ちたい)

以上が新年に向けての最近のバフェットの投資哲学である。
コメント   この記事についてブログを書く
« ウォール街はクリスマス休暇 | トップ | トランプ大統領のお年玉・・... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事