足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

任天堂が動き出した

2018-05-31 04:13:32 | 投資戦略
昨日のHY株、ヨーロッパ株は好調。イアリオはポピュリズムの高まりで選選挙が言われており、お膝元の株は再選挙期待で堅調だった。
アジアはまちまち
東京では諸株が売られたが、珍しく任天堂が独歩高で1,840円高の44,2400円になった。市場に新製品の発売がささられていたが、先発会社のポケモンのスマーフォンが大ヒットし、2016年から2017年の東京の大黒柱になり、世界的に社会問題が発生する人気を巻きおこした。
いずれは任天堂も、その人気に乗ると期待する向きも大かった。これが材料になり、朝からは一本調子の人気を集めた。本式な新製品の発表でなかったが、任天堂のこのようなニュース漏れはめずらしい。
昨今の株価の人気の反動が大きく、会社は戸惑っているうちでのニュース漏れになったのかも知れない。
任天堂は伝統的に余り自社株には気を配らなかっただけに、ニュースが漏れるたのには大慌てであった。
いよいよ月相場がこれからスタートする。今回の任天堂人気のはじまりとおなじだ。売買代金がダントトッの大きい株だけに様々な憶測を呼ぶ。
スマホの技術には今回はサイバーエージェント(4751)も新しくくっわるだろう。

これからは東京市場でも人気のあり方が変わり、経営陣の交代もあって、新生ニンテンドーの時代にはいった。

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 儲けるには最短3年が必要 | トップ | イタリア国債は買いか・ »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事