足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

下値不安は少ない

2018-09-28 07:58:50 | 投資戦略
米連銀が3ヵ月振りに利上げを断行し年利2.00%~2.25%にした。
年初に想定していたよりも景気回復の足取りは強く、超低金利政策からの正常化への道筋を明確にした。往年の米国の国力を取りもどし、金融政策の裁量の余地があることを明確に示した。
自らの経済政策に自信をもってきただけに、政策の予備的な決定には、いまだ万全の支持を与えていない。今回は6回目の利上げで、連銀議長は年内にあと1回、来年に4回という意向を明確にしている。パウエル議長はタカ派、ハト派と明確な区別がなく、前連銀イエーレン議長のもつ柔軟な路線を歩む。景気対策に対しても柔軟性をもち、現実路線をとる。

米経済は日本と異なり景気回復の兆しは一歩早くでてきた、大統領は景気対策にも歴代でも最も柔軟性が、政策運営は単純明快。景気の環境もトランプ大統領には選択肢が大きい。

株式相場で気になるのは上昇局面が10年目にはいること。トランプ政権はどこまでも現実路線をとるが、相場の上昇のに勢いは期間が長引くほど上昇エネルギーは弱くなる。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 米国が金融政策を転換 | トップ | NY株が史上最高値 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事