足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

相場の上昇基調が強まる

2018-10-30 11:28:16 | 投資戦略
今週初めの株価は日米とも軟調にはじまり、その軟調な人気が続くとみたが、世界に先駆け始まった東京市場は快調で一般の投資家の予想を上回る反騰相場になった。投資家にとっては予想外の反騰相場である。
相場を売買代金でみるとソフトバンク、任天堂、ファーストリテイリング、トヨタ自、そニー、ファナック、東京エレクトロン、小松、キーエンスなど、本欄でも有望銘柄として取り上げてきた銘柄が上位を占めている。
業種に偏りはなく幅広く有望と判断した銘柄をタイミングに関係なく資金を投じる。最近では久しぶりの現象である。
市場での人気の高まりは、先行き本格的に始まる9月中間決算の予想外の好調な数字の発表に期待したものである。
これまでの決算発表時には好調な企業は材料を先に折込み、発表後は材料の尽くしで軟調になることがしばしばみられたが、今回はいつもとは異なる。
好決算に株価が素直に反応し次の新しい上昇波動を形成する。

本日の相場の展開をみると、相場の人気形成の背景に変化が感じられる。
注目株はペッパーフード(3053)、UUUH(3990),ダイフク(6383)、良品計画(7453)、ニトリ(9843)。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 相場は気迷い状況・・・新規... | トップ | アップル人気の影響度 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事