足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

引き続き押し目買い

2018-07-13 15:21:06 | 投資戦略
米中間の貿易問題の行方が大きな関心事であっだが、懸念材料とは受け止めず下値には買い物がはいってきた。
本欄で注目してきた個別銘柄を見ると亀田製菓(2220)、良品計画(7453)、朝日インテック(7747)、ファーストリテイリング(9983)、ソフトバンク(9984)など、最近の相場を牽引する銘柄には押し目を狙う買い物が継続的にはいる。

日経平均は5月に2万3050円をつけ調整局面にはいり、今月初めには2万1462円と高値から7%下落した。このときは米中間の貿易摩擦が相場の上値トレンドを抑え、しばらくの調整局面に入ったと思わせる局面もみられたが、下値には買い物が引き続き入りはじめた。
根底にはこれから本格的にはじまる米企業の業績発表があり、引き続いて東京市場でも決算が続く。

これまで取り上げてきた亀田製菓(2220)、エムスリー(2413)、日本ペイント(4612)、ヤーマン(6630)、キーエンス(6861)、ローム(6963)、良品計画(7453)、朝日インデックス(7743)、任天堂(7974)などが、相場反騰の中で目立つ動きをしているが、引き続き反騰相場で注目したい銘柄である。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« JCRファーマー | トップ | 下落に買い向かう »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事