足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

2018年も上げ基調は不変

2017-12-30 09:14:44 | 投資戦略
2017年相場の最終日である金曜日は、日米ともマイナスに終わった。
年間を通じて好調な相場転換となり、NY市場でのトランプ相場が世界の株価に好影響を与えた。
年間の上昇率は東京市場が+19%、NYが+27%で、相場上昇の勢いは米国株に軍配が上がった。
1年間の景気上昇は米国が目立った。トランプ政策による減税、公共投資の拡大の即効性が大きく、企業を期待以上に押し上げた。
ダウ銘柄の上率をみるとボーイング+90%、キャタビラー+70%、アップル+47%、ビザ+46%、ウォールマート+44%と米国が誇る世界的な企業の上昇が際立った。
2017年の相場は決して順調な材料ばかりでなく、地政学リスク、ポピュリスト問題、各国内での政治問題というマイナス材料もあったが、根底には景気循環からみて当面は世界経済が上昇トレンドに入ったという投資家の前向きな投資マインドがある。
2018年は引き続きこれらの材料が健在である。

2018年も世界的な景気の上昇という好材料を引き継ぐ。日米とも金融政策の正常化に向かっての資金供給の縮小が進展するが、景気の回復の勢いが強く、金融政策の微調整を問題にがしないだろう。
懸念材料は上昇トレンドが9年間も続いていること。

どこかで調整局面を迎えた方が相場の永続性には必要である。

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 平穏な年末・・・世界の株価 | トップ | NY株のリードが続く »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事