足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

米中間の懸案問題

2019-02-14 17:00:25 | 投資戦略
ウォールストリート・ジャーナルのネット版は「トランプ大統領は現在の話し合いが順調に進めば、中国との関税問題の決着を60日間延長する」と伝えた。
これまで強健な態度で交渉を進めてきたが、3月末の期限を先送りするとみる。
現在の米中間の貿易問題の最大の焦点だが、米国は中国に対して関税を10%から25%に引き上げると突きつけた。2倍以上になる。このような大幅な引き上げは中国の対米輸出に大きな打撃を与える。最終の決着の期限を3月末から、今後の交渉期限を先に引き延ばす。中国側は水面下で提案の引き上げ幅についての再交渉の話し合いを提案した。
米国との交渉の最終決着期限が60日間延長され交渉が再開された。
現在の米中間の最大の懸案事項だけに、トランプ大統領の強引な行動に中国も水面下での提案に妥協を示し、北京での話し合いが再開された。
現在の東京市場での先行きの懸念材料が好転の方向に進みはじめた。

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« NY株に不透明感 | トップ | バフェットの苦闘 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事