足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

週明けから米決算発表が始まる

2018-04-07 10:48:00 | 投資戦略
NYダウ平均は大幅安。
ダウ銘柄では最近の人気株のキャビラー、インテル、ボーングが3%以上の下落になった。
市場の最大の関心事は米中間の貿易戦争だ。最近の米中間の関税紛争は拡大の方向にあり、トランプ大統領は貿易赤字の最大の根源として中国に照準を当てる。3月初めにはじまった貿易戦争は4月4日には対象106品目にまで拡大した。
いまひとつ市場が気にしたのは3月の米雇用統計で新規雇用は17万人予想から10万3000人に期待はずれになったことも、相場に影響を与えた。
ウォーレン・バフェットの僚友であるビル・ゲーツ(マイクロソフトの創業者)が、バークシア・ハザウェイの株式を売却した。理由は税金のシ払いとされている。

この日のウォール街には前向きの材料がなかった。
週明けの金曜日から2018年第1四半期の決算発表が大手銀行のJPモルガンを皮切りに始まる。企業業績の発表が相場の方向性を変えるかどうか、東京市場の行方をみる大きなカギである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 目先は見送り | トップ | ウォール街では警戒信号が目立つ »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事