足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

JCRファーマー

2018-07-12 06:32:29 | 投資戦略
第2四半期の決算発表を前にして景気回復による好業績に注目するはずだが、相場は下落した。
いま材料として市場が注目を集めるのは貿易問題である。各政権とも対米輸出の赤字を問題にしてきたが、トランプ大統領のように詳細に各国との赤字問題を追求するのはめずらしく、余波が高まり貿易戦争が限りなく拡大するのを市場は気にする。
歴代大統領に比べてあからさまに相手国を攻撃するのに友好国は戸惑っている。
ウォール街では、景気回復を背景に好決算企業が増加しているが、今後の継続性を気にかけトランプ政策の今後が明確につかめない。
円相場はゆるやかな円安基調が続く。
今月下旬から日米とも四半期の決算発表が始まるが、投資家の期待は意外性のある好決算に集中するだろう。
JCRファーマ(4552)に引き続き注目。東京市場では代表的なバイオ関連企業である。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 迷わず進む | トップ | 引き続き押し目買い »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事