足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

大幅高・・弱気筋に打撃

2019-02-25 09:35:49 | 投資戦略
週明けのNY株は大幅な反騰でウォール街は歓喜で包まれている。物色範囲も拡大し弱気筋にはお手上げの状況である。
先般来、米中間の関税問題がこじれていて、一時は長期の低迷にはいったかとみられたが、この日、弱気筋は地下にもぐってしまった。指数の連投記録は11週間に及び、トランプ大統領就任いらい、しばしば堅調な地合いがみられたが、この日の暴騰はこれまでの上げ相場を寄せ付けない。
新年早々の暴騰だが、投資家の間では強弱見通しが2分されてきただけに、暴騰を投資家全体が喜ばすものでない。
昨日の急騰は空売り筋の買い戻しも加わり、上昇スピードに拍車がかかった。
これまでの相場の推移は10月高値から23%下落していたが底値からの反騰率は+19%に達した。
この日、発表されたフラデルフェア生産指数は2016年以来の低水準に落ち込んだ。VIX(恐怖指数)は13.15ポイントと低水準で安定したまま大きな変動はなかった。早朝の段階では、これといった明快な暴騰の理由も出てきていない。
時間が経つに従ってさまざまな分析が進んでいる。
『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 新成長銘柄の誕生 | トップ | 弱気筋の見方 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事